Tag Archives: マクドナルド

対ドルで円安だが、円と人民元のレートは横ばい?

 最近のドル円相場で、5月初めにくらべ円安に振れてきており、今日お昼の相場で1ドル110円台後半までじわじわと動いてきて、昨日は一時111円台まで戻った。

 某首相の消費税率引き上げ延期発言が功を奏したのか、はたまた全く別の原因か分からないが、現時点は1ドル=110円付近で推移している。
 こうなると、気になるのは仕事や生活に直接関係のある円と人民元の関係だが、実はドル円相場の数字ほどには変動が起きておらず、1RMB=16.75円前後となっており5月初めの16.3円に比べ2.7%しか動いていない。

 ドル円が4.7%も動いているのに比べ、ずいぶん差がある状況となっている。

 この差を生んでいるのが何かと言えば、ドルと人民元のレートであり、1ドル=6.58人民元までドルに対して下落しているのである。
 このおかげで円は対人民元で、対ドルほどの下落とならなかったようである。

 この動きの原因をどう見れば良いかについては、専門家に分析を任せるとして、日中間の経済の中で暮らす私にとってはひとまず安心材料である。

 上海の物価について、幾つかピックアップしてちょっと換算すると下記のようになる。

上海のビッグマック

上海のビッグマック

 マクドナルド ビッグマックセット 25元=419.5円
 サントリー烏龍茶 500ml 1本 3.8元=63.78円
 地下鉄初乗り        3.0元=50.36円  
 タクシー初乗り(3㎞まで)  14元=235円
上海ディズニーランド 大人1日券 499元=8378円
 最低月額賃金         2190元=36767円

 こうやってみると、人件費はまだ低い面もあるが、庶民的なものの価格は日本の5~6割、全く同じ品質を求めるとほぼ日本の物価とさして変わらないか、高いくらいのものとなっている。
 最近何となく振り幅の大きいレートが、凄く気になっており、油断すると数%くらいすぐ動いてしまうので、なかなか緊張感の有る状況が続いている。
 

「恐怖の食卓」に出演した芸能人の怖~いその後

 10年ほど前、つまり私が上海にくるちょっと前の時期に、日本のフジテレビで「恐怖の食卓」という番組が放送されていた。
 芸能人のリアルな食生活をウォッチして、医師達が将来起こりうる病気のリスクについて警告するといった内容だった。

 やや過剰な内容かと思わせる部分もあり、行き過ぎた内容も時々含まれ一度謝罪を余儀なくされるようなこともあったようだが、いい加減な食生活を送っていると寿命は短いということを警告するものとしては十分だった番組だったような気がする。

 そして放送から10年経ってこの番組を振り返るとちょっと驚くべき状況となっている。

 特に2006年1月12日の回に出演した方の現在まで生存率が凄いことになっている。

 情報源として見つけたのは「青木晃のアンチエイジング日記」という出演していた内科医の方が書いたブログだが、その回のゲストというのは大原麗子さん、うつみ宮土理さん、山下真司さん、松原のぶえさん、今井雅之さん、飯島愛さんで、豪華なゲストとして表現されている。

 しかし、ご存知の通り上記出演者のうち、大原麗子さん(62歳)今井雅之さん(54歳)飯島愛さん(36歳)は既に亡くなっており、いずれもそれほど高齢ではないのに若くして亡くなってしまった。
 実にゲストの半分が10年で亡くなっている事実となっている。

 番組で指摘された理由はそれぞれだが、飯島さんは収録後わずか2年後に肺炎で、大原さんは3年半後に不整脈で亡くなっているし、今井さんもワインをがぶ飲みする生活を指摘され、9年後の今年の5月に大腸がんで亡くなった。

 そして驚くことに先日肝内胆管ガンで亡くなった川島なお美さんもやはり2005年4月放送のこの番組に出演していたようで、具体的な指摘内容はちょっとわからなかったが、10年後の今年に54歳という若さで亡くなってしまった。

 まあ、放送時に指摘された食生活と亡くなった時の死因のそれぞれの因果関係は不明だが、それぞれ褒められた食生活を送っていたわけではなかったのは確かなようで、日常の食生活が寿命に大いに影響を与える可能性があるという見本となってしまっている。

 特に飯島さんと大原さんに関しては、番組内で相当厳しい警告が出されていて、その通りに数年内に亡くなってしまった。

 もちろん人にはそれぞれ事情があり、必ずしも100%理想通りの食生活が送れないのは仕方ないことかもしれないが、なるべく世間の常識通りの食生活を送ることが長生きの秘訣だというのは、かの芸能人たちの状況を見てよくわかった気がする。

 やはりコンビニ弁当やハンバーガーばかり食べていてはいけないのである。

画像はイメージ

画像はイメージ

上海のマクドナルドは店舗により50%も価格が違う。

 先日マクドナルドの新商品受け渡しシステムについてブログを書いたが、あればどうやら私の職場の近所だけだったようで、他の場所の店舗に入ったところ従来のシステムのまま販売が行われており、私の近所の店舗は試行テストを行なっているということのようだった。
 ところで、こうやって何店舗かの異なるマクドナルドに入店していたら、あることに気がついた。

 それは、商品の価格が店舗によってかなり差があるということである。

 しかもこの店舗による価格差は、行政区分のような大きな地域単位とかではなく、店舗ごとの立地条件によってかなり差が出ており、距離的に大して離れていないような場所でも値段に大きな差があるようなのである。

 例えば、現在マクドナルドではダブルバーガーキャンペーン中であるのだが、この商品のダブルフィッシュバーガーとポテトとコーラのセット価格は、上記のお店では24元であった。

 ところが、この店舗からそれほど遠くない人の集まる上海駅南広場東側の店舗(鉄道切符売り場隣)に入ったとところ何と同じ商品が31.5元で売られていたのである。
 その差何と7.5元で、実に30%も高かった。

上海のマクドナルドの店舗

こちらでは31.5元

 この時は結局、あまりの価格差に馬鹿馬鹿しくなり商品を買うのをやめてしまったのであるが、直後にまた驚くべき発見をする。

 このとき、こういった価格差状況をもう少し調べたいという興味が湧いてきて、歩いて行ける範囲の店舗をもう少し調べてみることにしたのだが、そこで入ってみたのが、この31.5元の店舗から直線距離にしてわずか150m程度の同じ上海駅南広場の正面のデパートの地下の店舗である。

正面の時計台の向こうに見えるの安い方、左に行くと高い店

正面の時計台の向こうに見えるの安い方、左に行くと高い店

 上海浦東空港への機場5線バス乗り場の前の場所で、2店舗は非常に近いので、まさか価格が違うことはないだろうと思っていたが、早くも予想を裏切られる。

 何とこの店舗では件のセットが24元だったのである。

 2店舗は目と鼻の先しか離れていないのに、この価格差があることに私は思わず笑ってしまった。
 確かにこの地下のお店は、地下のために立地が悪く、お客もあまり入っていなかったが、このちょっとの選択の差で7.5元とは恐れ入る商売戦略である。

上海駅正面のマクドナルドの店舗

こちらの店舗では24元

 で、今度は高いと言われる空港のマクドナルドの価格も知りたくなって、物好きにも上海虹橋国際空港に行ってT1の1階のマクドナルドも覗いてみた。

 するとなんとこのお店では件のセットが37元となっていた。
 今のところの最安値の24元に比較すると何と13元も高く、54%も差がある

 いくら空港とは言え、ちょっとボッタクリが過ぎる様な印象である。

 ただ逆に言えば、空港でマクドナルド食べたいと思った場合、ちょっと離れた場所の店舗を探せば30%以上も安くなるという事を意味する。

 まあ、空港には空港の需要があり、駅前には駅前の需要があるので、その場その場では一々価格差など気にしていられないのかも知れないが、同じものを食べるならなるべく安く済む方が良いわけで、焦らないで幾つか店舗を探せる余裕があれば、探せば安くなる可能性があるというのが、上海のマクドナルドのようである。

 ちなみにネットで買うデリバリーの同じ商品(真ん中の写真)は33.5元で駅前より高く設定されており、配達料を別に取る以外にも価格差が存在するようであり、安上がりに食べたい時はやはり店舗に行くべきのようである。

上海のマクドナルドのネット購入画面

上海のマクドナルドのネット購入画面

上海のマクドナルドのシステム変更通知

マクドナルドの商品受け渡しシステムが変更になった

 最近、久しぶりのマクドナルドに立ち寄ったところ商品受け渡しシステムが変更になっていた。
 どう変わったのかと言うと、商品注文ごとに受付番号が発番されて、受付番号ごとにお客に商品を渡す体制になっていたのである。
 そのため、注文して会計した際に渡される番号札には大きく受付番号が記されており、その番号を見てお客は商品渡しを待つことになっていた。

上海のマクドナルドの受付カウンター

商品受け取り口の上にモニターが

 そして受け渡し口上部にあるモニターに従って、表示された番号順に商品を受け取ることになる。

 何故こうなったのかと言えば、以前は商品供給の状況に構わず、注文受付担当がどんどんと注文を受け付けていたために、供給スタッフに混乱が生じ、後から注文を受けたお客の商品が先に出されてしまうようなこともあったので、それを是正するためにこのシステムを導入したのだと思われる。

 以前から空いている時ならともかく、混んでいる時はこの商品受け渡しを巡ってトラブルとになり、余計に商品供給を遅らせる場面を度々見ていたので、今回のシステム変更は単純な対応とは言え、上海に来て以来初めてと言っていいほどのマクドナルドの画期的な改革であった。
 今回のシステム変更は、立て看板をつくってPRもされており、今年の夏の賞味期限切れ鶏肉問題で、大きな打撃を受けていると言われるマクドナルドだが、さすが大手企業というか、ただでは起き上がらないという凄さをこのシステム変革に見た気がしたのである。

野菜無しビッグマックは間もなく解消の模様

 中国のマクドナルド(麦当労)で間もなく野菜無しハンバーガーが終了し、中旬から野菜が復活するとの報道を目にした。
 7月の件のチキンマックナゲット事件以来、上海のマクドナルドではメニューが制限され、一時はフィレオフィッシュくらいしかメイン商品がないような事態が続いていた。
 影響はマクドナルドに留まらず、バーガーキングなどでもロクに商品がないような事態が続いていたのである。
 その後8月中旬くらいにマクドナルドビックマックは復活したが、なんと野菜が無い状態だったのである。

野菜無しビックマック

パンと肉とチーズだけ

 カウンターの販売員に野菜がないがいいか?と聞かれて、構わないと答えていたので、文句が言える状況ではなかったが、野菜なしのビックマックはいかにも栄養バランスが悪すぎる。
 しかも値段はそのままで、実質値上げである。
 野菜が無い分値下げすべだろうとは感じたが、事前告知で承知して注文している訳だから仕方ない状況であった。
 このままいつまで野菜無しの状態が続くのだろうと思っていたが、先日中国のマクドナルドが新しい野菜納入業者を決め、今月の9月12日以降に出荷が始まるとの報道があった。
 およそ第3週には以前のような状態で商品が提供されることになりそうだとのことで、マック好きな私としてはようやく安心してお店が利用できる状況になりそうである。