Tag Archives: 芸能人

SMAPの解散とキムタクのO型気質

 日本の芸能ユニット「SMAP」が年内解散を発表した。

 今年年頭に勃発した解散騒動は、1/18の生出演での謝罪によって一旦は収まっていたように見せていたが、メンバーの亀裂は修復できなかったようだ。 

 まあ、私は特にそれほど強いファンという訳でもなかったが、彼らは歳も近い同世代芸能人であり、日本の芸能界の顔と言ってもいい存在であったことから、彼らの解散はとても残念に感じている。

 しかも個人的には2020年の東京オリンピックのテーマ曲に「世界に一つだけの花」を推していたので、当然2020年の開会式にはSMAPが主役として活躍するのではないかと想像していただけに、その夢が潰えたという点でもやはり残念である。

写真はイメージ

写真はイメージ

 今回解散の報を聞き、初めて1月18日の生謝罪の映像をYOUTUBEで見たが、謝罪と言いながら週刊誌やネットで報じられている通りキムタクと中居君たちの溝を感じさせる雰囲気であったことを改めて確認した。

 どうもキムタクだけ一人KY気味に語っており、他の4人が嫌々言わされているという表情たっぷりで、今回の解散に繋がったメンバー内の雰囲気がありありと分かる状況である。

 あまりにも薄っぺらく感じたキムタクの言葉に、もしやと思って血液型を調べたところ、やはりO型であり、思慮の浅いO型の気質そのものがモロに出ていたようである。

 しかも先ほどニュースに出ていた解散に関する各メンバーのコメントも、キムタクだけ毛色が違っており、他のメンバーとずれていたのが見てとれる。
 どうも彼だけファンに対して言葉が向わず自分の心境を述べており、彼が周囲の仲間より自らの保身を選んだと言われるのが分かるようなコメントなのである。

 私の経験からするとO型の人は、基本として自分本位で周囲への配慮が出来ず、義理が薄く利用できる人だけしか大切にしないので、ああいったコメントになるのかと思う。

 週刊誌の報道が正しければ、マネージャーと共に独立するより保身を優先して確実な仕事を得られる残留の選択となったのだろう。

 逆に会社が傾きかければ真っ先に退社するのも実はO型だったりするので、そこには仲間と共に戦うといった貧乏くじを自ら引くという意識は無いのである。

 ちなみに稲垣吾郎くんもO型(残りの3人はA型)のようだが、恐らく本人が日常の仕事などを考えてSMAPの仲間と行動を共にする方が得という計算が無意識に働いたというような気がする。
 ここが、SMAPメンバーとしてではなく、単独のネームヴァリューで稼いできたキムタクとの差であるかと思う。

 まあ将来的にジャニーズ事務所が傾けば、キムタクの方から再び水を向けることもあるかもしれないが、他のメンバーが義理堅いA型であるから恐らく再結成は無理であろう。
 O型人間はしがらみを考えない分だけ行動力があるようにも見えるが、最後にケツをまくれないので仲間としては信じられない厄介な存在なのである。 

「恐怖の食卓」に出演した芸能人の怖~いその後

 10年ほど前、つまり私が上海にくるちょっと前の時期に、日本のフジテレビで「恐怖の食卓」という番組が放送されていた。
 芸能人のリアルな食生活をウォッチして、医師達が将来起こりうる病気のリスクについて警告するといった内容だった。

 やや過剰な内容かと思わせる部分もあり、行き過ぎた内容も時々含まれ一度謝罪を余儀なくされるようなこともあったようだが、いい加減な食生活を送っていると寿命は短いということを警告するものとしては十分だった番組だったような気がする。

 そして放送から10年経ってこの番組を振り返るとちょっと驚くべき状況となっている。

 特に2006年1月12日の回に出演した方の現在まで生存率が凄いことになっている。

 情報源として見つけたのは「青木晃のアンチエイジング日記」という出演していた内科医の方が書いたブログだが、その回のゲストというのは大原麗子さん、うつみ宮土理さん、山下真司さん、松原のぶえさん、今井雅之さん、飯島愛さんで、豪華なゲストとして表現されている。

 しかし、ご存知の通り上記出演者のうち、大原麗子さん(62歳)今井雅之さん(54歳)飯島愛さん(36歳)は既に亡くなっており、いずれもそれほど高齢ではないのに若くして亡くなってしまった。
 実にゲストの半分が10年で亡くなっている事実となっている。

 番組で指摘された理由はそれぞれだが、飯島さんは収録後わずか2年後に肺炎で、大原さんは3年半後に不整脈で亡くなっているし、今井さんもワインをがぶ飲みする生活を指摘され、9年後の今年の5月に大腸がんで亡くなった。

 そして驚くことに先日肝内胆管ガンで亡くなった川島なお美さんもやはり2005年4月放送のこの番組に出演していたようで、具体的な指摘内容はちょっとわからなかったが、10年後の今年に54歳という若さで亡くなってしまった。

 まあ、放送時に指摘された食生活と亡くなった時の死因のそれぞれの因果関係は不明だが、それぞれ褒められた食生活を送っていたわけではなかったのは確かなようで、日常の食生活が寿命に大いに影響を与える可能性があるという見本となってしまっている。

 特に飯島さんと大原さんに関しては、番組内で相当厳しい警告が出されていて、その通りに数年内に亡くなってしまった。

 もちろん人にはそれぞれ事情があり、必ずしも100%理想通りの食生活が送れないのは仕方ないことかもしれないが、なるべく世間の常識通りの食生活を送ることが長生きの秘訣だというのは、かの芸能人たちの状況を見てよくわかった気がする。

 やはりコンビニ弁当やハンバーガーばかり食べていてはいけないのである。

画像はイメージ

画像はイメージ

愛川欣也さんに抱いてもらったことがある。

 先月、タレントの愛川欣也さんが亡くなったと伝わったが、実は私が赤ん坊の時に愛川欣也さんに抱いてもらったことがあると両親から聞かされたことがある。

 私がまだ1歳にも満たないような時のことで、当時母親がラジオの懸賞か何かに投稿し、見事ハワイ旅行を当ててしまったとのこと。
 あのころは海外旅行もまだ珍しかったため、こんなチャンスは滅多にないと大胆にも生まれたばかりでまだ乳飲み子だった私を連れて、友人に付き添ってもらってハワイに行くことにしたようだ。
 (父親は留守番だったようだ)

 そんな時に羽田空港で偶然出会ったのが愛川欣也さんで、母親は有名人に会ったうれしさからか、私を愛川さんに抱いてもらったとのことのようだ。

 ネット上の愛川さんの経歴から推測すると、パックインミュージックというTBSラジオのDJで人気が出始めていた27歳くらいのころであり、松下電器のラジカセのテレビCMで「あんた松下さん?」という流行になったセリフで有名になったころであろうか?
 少なくとも、トラック野郎への出演やテレビの司会業で忙しくなる前の時期であり、愛川欣也さんという存在を母親がよく知っていたなと思えるほどの時期である。

 ただ、私の実家は当時自営業で食堂をやっていたといこともあり、ラジオは一つの必須ツールだったし、特にTBSラジオ(当時は東京放送)は非常に身近な存在であった。
 そんな母親が私を妊娠中にもラジオをよく聞いていたことは考えられ、結局そのハワイ旅行でさえもラジオからもたらされたものであるから、そのラジオの人気DJとなっていた愛川欣也さんは、電波の向うのちょっとしたスターだったのかもしれない。

 実家には私が愛川さんに抱いてもらった当時の写真が確か残っていたと思うが、そんな印象からか、愛川さんに対してはどこか親戚のおじさんのような近親的な印象を持ち続けており、普通の芸能人とは違う印象を持ってずっと彼を見ていた。

 まあ結局その後はテレビ以外では一切彼を見かけることはなかったが、先日の訃報を聞いて、なんだか親戚が亡くなったような懐かしい感覚を受けたのは自分にとって不思議なことであった。

 今回の訃報は非常に寂しいニュースではあるが、自分にとっては赤子の時のことに思いを巡らすきっかけとなり、悲しさより懐かしさが勝る状況となっている。

 愛川さんには、どうかゆっくりとお休みいただきたいと思っている。

中華圏では台湾と大陸の芸能人は区別されないようだ

 普段からあまり芸能界に特別な興味を持っていない私だが、さすがに滞在期間が8年を超えてくると、時々見かけるCMなどで、ごく一部のトップクラスの俳優や女優、モデルの名前と顔くらいは覚えるようになった。

 そこで気がついたのは、これらの中国の俳優やモデルの中に台湾や香港出身の人がかなり含まれていたとのこと。

 まあ同じ中国語圏であるということもあってか、その辺の区別と言うか垣根はあまりないようである。
 もちろん、出身が違うという事は戸籍が違うので、何もかも全く同じという事もないのかもしれないが、少なくとも画面を通して見る存在としては、そんな垣根が存在しないように映る。

 例えば中国の国民スターのジャッキーチェン(成龍)さんは香港であり、林志玲さんは台湾であるが、普通に大陸のCMなどに出ている。
 故テレサテンさんも台湾出身だが大陸でも国民的歌手である。

 改めて言う事ではないが政治上では、大陸と香港では一国二制度の言葉の通り制度が違い、大陸と台湾では政治的に別の勢力が統治して、ほぼ別の国家に近い状態になっている。

 しかしこのようにエンターティメントの世界では、同じ中華圏・中国語圏であり政治で敷かれた境界線はほとんど存在しないかのような動きを見せる。
 周囲の中国人たちに訊いても、やはりその出身の垣根を意識している人はほとんどおらず、あれは台湾人だからどうとかといった偏見などもない。

 これは、日本語=日本という単一言語が単一国家体制でしか使われない我々日本人にとっては、結構新鮮な感覚であり、言葉が通じれば国境はあまり関係ないのだという事を思い知らされる。
 昔から日本にも欧米系のタレントさんがテレビに出ていたり、最近では台湾・韓国の芸能人などもテレビに登場もしているが、あくまでも「日本語を話せる外国人芸能人」であり、イロモノの域を脱しきれない状態でどこかに垣根が残っている。

 やはり自分の住む領域と別の領域にいる人々が、何の違和感もなくテレビやドラマに映し出される姿は日本人にはちょっと見慣れず、中華圏のこの現状は違和感があるのである。 
 
 そういえば、ビートルズなんかも私はちゃんとした知識を得るまでは、英語=アメリカの印象が強く、ジョンレノンの事件なども有ったことからアメリカのアーティストだと勝手に思い込んでいたが、後にイギリスのアーティストであることを知り、言葉が通じればやはり国境はあまり関係ないのだということを知り驚いたという記憶がある。

 こういう面を見ていくと、日本と言う国は単一言語国家であるがゆえに、言葉の壁により外国からの情報に守られている面あるが、それ故に逆に孤立している面もあるという気がする。
 まあどちらが良いとも悪いとも言えず変えようもないのだが、日本に育った私としてはない物ねだりもあって中華圏のこの現状は羨ましくもある気がするのである。

被害者の心理と言動

先日、某お笑いタレントの男性が女性から強姦被害を訴えられていた裁判で、被告の男性側の言い分が認められ、お互いの合意の下での関係だったとの判断が下されたとのニュースがあった。

 まあ、この事件の詳細を確認した訳ではないが、訴えていた被害者側の言い分と言うか言動を見ていると、明らかに男性側に訴えられているような内容はないなという気がしたので、判決は妥当だったのではないかと見ている。

am500_pl035

 何故なら、私の偏見かもしれないが、強姦の様な辛い被害にあった女性はその事実を消してしまいたい心理の方が強く、今回のように相手を強く攻撃するような言動は取らないような気がするからである。

 相手を強く攻撃するということは、相手を傷つけたい、事件の仕返しに相手にも傷跡のをしたいという心理がその根底にあるのだが、このような相手に跡を残したい心理反応というのは性犯罪の被害者心理とは相反する面がある気がするのである。

 性犯罪の被害者は恐らく、全てを無かったことにしたい、忘れたいというのが心理であるような気がしており、それ故に加害者にでさえ、その跡が残って欲しくないと思っていて、本来は裁判にさえ出たくない場合が多いという気がする。

 故に強姦を訴える女性の多くは周囲の協力の下で被害届を出しており、原告側の強い主張があったとしても、それは本人を気遣った周囲の人間の主張であり、そのあたりは裁判関連の記事の文脈を見ていると微妙な差があることがわかる。

 逆に本人自身がこういった攻撃的な言動を取り、犯罪行為だと訴える行動は、相手に自分を認めさせたい、相手には自分という存在がいたという証拠を残したいという愛情の裏返しの憎しみの心理なのではないかという気がする。

 もちろん単なるお金目当ての美人局の場合もあるが、そうではない場合は元々愛情が存在していたのに別れた事実を受け入れられず、裏切った相手は許せない、傷つけてやれといった自らを正当化する為のエクスキューズとして相手を攻撃している気がするのである。

 それ故に冒頭のお笑いタレントの裁判の件は、原告側の主張がかなり攻撃的だったため、少なくとも最初は合意の下での関係が成立していたのだろうという推測が成り立つのである。

 このことは、実はかの柔道の某金メダリストの事件にも言え、あの裁判の一審では無茶苦茶な判決理由で被告は有罪となったが、私の推測では合意か強制かの判断で言えば当時は合意の下での関係であったと推測し、問われている準強姦罪の罪に関して言えば無罪だと感じている。

 そのくらい原告側の言動が攻撃的であるように感じ、実際報道で伝えられている2人の行動には強制的な関係だったと判断するには矛盾があると言われている。

 恐らく原告の女性は、被告と愛情関係を結べると思って行為に応じたのに、その直後に他の女性の部屋に遊びに行ってしまうほどの遊び人だと知って、裏切りを感じたのであると思われる。

 女性からすれば愛情の詐欺にあったようなものだが、結婚の約束をしたわけでもなければ自由恋愛の世界では、なかなか裏切りに対する仕返しをすることが出来ず、それ故に関係を強制されたと主張になったのであると推測でき、かの強い主張が出て来たのだと思われる。

 ただまあこのように、法律上の事実関係の点で言えば犯罪は成立していないとの推測はできるのだが、現実的に被告の行なってきた行為は社会マナーに反すると非難される行動であるのは間違いない。

 それ故に既に被告の社会的地位は失墜しており、もし上告審で無罪が認められたとしても今後日本の社会の中で生活するのは困難であるという気がしている。

 であるならば、現実の事実はどうであれ、この件に関しては一度服役したという状況を経てから社会復帰したほうが彼の為でもあるかもしれないという気がする。

 このように本来は攻撃的になりにくいはずの性の被害者が、攻撃的な主張をするというのは何処か事実に矛盾があるという気がしている。

 そういう点で言えば現在も問題になっているかの慰安婦問題も同様で、慰安婦の苦しみを訴えて銅像などを建てて後世に残したいと言う行動は、一般の性被害者の心理傾向から考えればどこかその心理に矛盾があるように感じるのである。

原文