Tag Archives: 運賃

上海(中国)のタクシーに対する誤解

先日、ある上海に来たばかり方のブログで上海のタクシーでぼったくられたようだというようなことが書いてあった。
そのブログによると、途中からメーターの上がり方が速くなったとのこと。

まあ実際にぼったくられたかどうかは、当時の事実関係を細かく調査しないとわからないが、こういった被害情報の一部は上海や中国のタクシーの運賃体系を知らない点からくる誤解も多々あるような気がする。

以前にも、「遠くに行くほど割高になる中国のタクシー」で書いたが、上海のタクシーは実は乗車距離が15キロを超えると運賃単価が50%アップするような仕組みになっているのであり、途中から料金の上がり方が速くなったという現象は、この状況と合致するからである。

つまり遠くへ行けば行くほど運賃が割高になるような運賃体系なのである。

上海のタクシーに限らず、中国のタクシーの運賃体系は概ねこのような体系で、運賃単価が上がる距離ポイントはそれぞれ異なれど、ほとんどが遠くに行くほど割高になる仕組みになっている。

何故こんな体系になっているかというと、タクシー運転手に対する回送補償が含まれているからで、つまりあまり遠くに行ってしまうと戻る経路では営業ができずガソリンを無駄に消費するので、その分を補償するために運賃に上乗せしている。

いずれにしても上海(中国)のタクシーは、市内の一定距離を超えると運賃が高くなる仕組みとなり、それを勘違いしてボラレたと思ってしまうケースはあるのかと察する。
中国に対する先入観も大きく影響しているだろう。

もちろん、遠回りなどをして多く料金を取ろうとする雲助タクシーも未だになくならないが、少なくとも上海においてはそういった被害の報告はかなり少なくなっている。

その理由として、GPS追尾装置の発達で、運転軌跡の調査が容易になり、タクシーセンターに訴えることで意図的な遠回りはすぐばれてしまうので、不正は行いにくくなっているといった技術の進歩がある。
よって、上海でタクシーを利用する際には、先日紹介した「百度マップ」の機能で料金相場観を把握しておけば、必要以上に疑心暗鬼になって被害を怖がらなくてもよいのである。

万が一酷いなと思った時だけレシート(ファーピャオ)をもとに、被害調査を依頼すればよいのだと思われる。

中国でルート検索やタクシー運賃予測に便利な百度(バイドゥ)の地図

日本だと、交通機関のルート検索などはGoogleマップなどの活用が一般的なのかなと思うが、中国だとインターネットの環境の都合で、Googleマップは使用できない。
しかし、中国国内では百度(バイドゥ)の地図で、ほぼ同様の検索ができる。
(パクリという意見は今回横に置いておいて、、)

●百度マップのアドレスhttps://map.baidu.com/

というか、本音を言えば私自身はGoogleマップが便利に普及してし始めた頃に上海に来てしまったため、本当の意味でのGoogleマップの使いこなしは知らないのだが。

でこの百度マップは何ができるかというと、Google同様に地点検索はもちろんのこと、A地点からB地点までの各交通機関のルート検索が可能になっている。
しかも、各交通機関の運賃まで計算される。

百度MAP検索

鉄道など公共共通機関に関する費用算出はたしかGoogleマップでもできていたと思うが、百度マップはタクシー運賃まで算出できる
まあ、ルート距離にタクシーの運賃算出を付加したものなので、そんなに複雑な機能ではないだが、知っておくと便利だし、よく利用させてもらっている。

百度MAPでタクシー検索

さらにこの百度地図が日本人にとっても便利なのは、日本語漢字で入力しても対応してくれるということ。
つまり日本語漢字で入力しても中国簡体字を基に、地点の候補を表示してくれる。

例えば「東」は簡体字だと「东(dong)」の表記になるのだが、東と日本漢字で入力しても検知して「东」で検索してくれる。
故に簡体字のピンインを知らない地名でも検索が可能である。
但し、駅という表記は中国では使用せず「站」となるので、駅を検索したいときは站と入力するか、「駅」を省略した駅名のみを入力を検索するほうがいい。

ちなみに英語での入力を試したところ、地図データが英字で登録されているような施設以外は反応せず、空港など国際性のある場所でさえ実用に耐えるレベルでは使えなかった。

やはり漢字利用にとどまるようである。

このような利用条件のもと、移動時間などを検索すると、大よそ正確な値が示され、その情報に沿った行動するとほぼ時間通りに行動できる。
仕事上で、初めて行く場所の客先の場合は、ほぼこの百度マップを利用している。

ただしルート上にバスが含まれてしまう場合は、バスの運行頻度に不安があるので、その運行頻度の想定分だけ保険をかけて時間を余分に見る必要があるが、基本的にはかなり正確な時間が算出される。

またこの情報はショートメールなどへも共有が可能で、スマートフォンではないガラケーや、移動中の外部での通信量を抑えたい場合などはテキスト保存できるので便利である。
まあ多少の中国語の理解力や入力の知識(ピンインなど)は必要だが、中国で移動される場合はぜひご利用いただきたい。

LCCは往復で買わない方がいい

 中国の春秋航空や日本のピーチ航空、バニラ航空などですっかり知名度の上がったLCC(ローコストキャリア)だが、従来のフルサービスキャリアと様々な点が違うため利用の方法も、やはり同じような感覚で扱わない方がいい様な気がする。

 特に従来の大手キャリアと大きく違うのは料金設定と、荷物の扱いである。

 まあ悠々会社のお金で大手キャリアを使って移動できる方は読んでもらわずともいいのだが、少しでも安く帰りたい方は、LCCの特徴を是非掴んだほうがいいと思われる。

 まず料金について、大手キャリアはほとんどの航空会社で片道と往復料金が設定されていて、往復は片道の2倍より遙かに安い金額が設定されており、なるべく往復利用を促す料金設定がなされている。

 これに対してLCCの場合は往復料金の設定がほとんどなく、原則として片道1便ずつの設定となり、往復で同じ航空会社を利用してもメリットがない料金設定となる。

 よって、例えば行きと帰りでそれぞれ安い日を選んで買うような方法になることになり、もし複数のLCCが飛んでいるルートなら、無理に往復を同じ航空会社で買い揃える必然性はなくなることになる。

 そしてもう一つの大きな違いとして航空会社ごとの荷物条件の違いがある。

大手キャリア、例えばJALとANAのような日本の二大キャリアの場合は、ほとんど条件が同じであり、路線にもよるがエコノミーで23キロを2個までと、機内手荷物1個などの条件となっている。

 しかしLCCの場合は、この荷物条件が一律じゃないのである。

 つまり手荷物料金や委託荷物の扱いが航空会社ごとにバラバラであり、制限重量や手荷物条件などがそれぞれ異なっており、航空会社の選択によって運べる荷物や料金に大きな違いが出ることになるのである。

 特に海外旅行や、海外赴任者の一時帰国のような往復で荷物の量に極端な差が出るような場合、つまり旅先でお土産を大量に買い込んだり、一時帰国で日本食を大量に持ち帰るような場合は、こういった荷物条件の差を意識して往復の航空会社を別々にしたほうが得な場合が生まれてくる。

 一つの例を挙げると、私のように上海から東京などに一時帰国する場合、上海から日本へ行くスーツケースの中身は着替え程度しか持たないので、結構スカスカの場合が多い。
 逆に日本から上海に戻るときは、食料品などを大量に買い込むためスーツケースがいっぱいになり、結構重量制限ギリギリになる。

 よってこの差を考えてチケットを買うことを考える。

 まず上海から日本への便として春秋航空の利用を考える。

 春秋航空の場合、手荷物が5キロまで、このほか委託荷物が10キロまでという制限になるため、大きめのスーツケースでもスカスカなら追加料金なしで預けることが出来る。
 つまり基本のチケット料金だけで荷物を運べるのであり、格安のチケットの日を選ぶとかなり安く移動できる。

茨城空港の搭乗通路

 
 しかし、今度は日本から上海へ戻る便を利用する場合を考えてみると同じようにはならなくなる。
 荷物が増えて重くなるからである。

 春秋航空の場合は例えば20キロの荷物を追加すると5000円近くの料金が発生する。
 元の15キロ枠があるので、委託荷物には30キロまで預けられるのではあるが、ちょっと高い追加料金である。

 これに対して、例えば羽田-上海浦東間のピーチ航空は、委託荷物は全て有料だが、手荷物枠が10キロまで無料となっている。
 また委託荷物は20キロまでが1個あたり2800円となっているため、これは春秋航空に比べるとかなり安い。
 つまり合計30キロで2800円となる。

 よって、もしチケット料金が同じレベルであれば、日本から上海に戻る際の荷物が多ければピーチ航空が断然得ということになる。

 じゃあ、上海から日本に戻るときもピーチでいいじゃないかという方もいるかもしれないが、上述した通りピーチの委託荷物枠は全て有料なので、スカスカの5㎏程度のスーツケースでも同じ料金を払わないと預けられないのであり得策とは言えない。
 
 故に、上海発は春秋航空、日本発はピーチ航空などというように、往復のキャリアを荷物などの条件によって使い分けることによって、運賃に差が出てくるのがLCC利用の特徴なのである。

ついつい往復で同じ航空会社を利用したくなるのが人の心情だが、LCCの場合は往復で買うことが必ずしも得とならず、それぞれ片道ずつ分けて検討するべきなのである。

ピーチ航空で上海に戻れず、着陸できない!?その3(後処理編)

上海に行く予定の飛行機が意図ぜず戻ってきた羽田空港周辺は、皮肉にも天気が非常に良かった。

快晴の羽田空港

以前も、国内線では欠航の憂き目にあったことは何度もあったのだが、国際線は初めてでしかも搭乗後の欠航となると全く経験がなく、今後どう処理すべきかわからぬまま空港に着いた。

羽田に到着した直後、地上から乗り込んできたと思われる職員から早速案内があり、欠航に対するお詫びの言葉とその後の処理に関する説明があった。
その説明によると
1、航空チケットに関しては、払い戻しもしくは別日便に振替の対応となるとのこと。
2、出発前に空港で買った免税品に関しては日本国内への持ち込みが出来ないので、ピーチ航空が責任をもって買い取るとのこと。
3、イミグレに関しては再入国ではなく出国取消の扱いとなり専用通路を通るということ
4 詳しくは紙を配るのでそれを参照してください
というものだった。

1に関しては、当然のことと思うものの、果たして振替便に空きがあるか不安だった。
2の免税品に関しては知り合いに頼まれたタバコがあり、2カートンだけだったが指示に従えば買い取って貰う必要があった。
3の出国取消については、私は日本国籍なので何の問題もないが、中国人など一次ビザなどで入国していた場合は、欠航によって再入国できなくなってしまう恐れがあるので、「再入国」でなく欠航による「出国取消」なのであろうに推測された。

A4の説明書にも、おおよそ上記のことが同様に書かれており、特に振替もしくは払い戻しに関しては、カスタマーセンター或いはWEB上から手続きを行ってくださいとある。

その指示に従って、まずイミグレで出国取り消しの手続きをしてもらう。

そしてターンテーブルで預けたスーツケースをピックアップした後、その脇に設けられたピーチ航空搭乗者専用の対応のテーブルに、免税品を払い戻す人たちの長い列が出来ており、私も当然免税品の払い戻しが必要だと思いその列にまず並んだ。
しかし先頭部の人がコミュニケーションなどでトラブっているのか列が一向に進まない。

免税品払い戻し待ちの行列

すると、関係者らしき人が話しかけてきて、どんな免税品ですかと聞かれたので、「タバコ2カートンだけなんですが・・」と答えたところ、ああそのくらいなら大丈夫だから、そのまま出てもいいですよ。」と言われた。

何が具体的に大丈夫かわからかなったが、荷物に入れてしまえば問題なく、いずれ出国時に持ち出すものなのだから問題ないというような意味らしい。
ただ、こちらとしては免税品の扱いの他に、チケット処理の問題があるので、出来れば直接担当者と交渉して次の行動を決めたかったのだが、それも全部WEBサイトで出来ますよと言われたので、それを信じることにした。

まあ列の長さから考えて、どのみち順番を待っていては翌日便(当日夜)の空席があったとしても埋まってしまうだろうから、早めに行動した方がいいと腹を決めて列から離脱した。

さて税関を抜け、ロビーに出て早速上海へ再出発するための情報収集にあたった。

まず紙に書いてあったカスタマーセンターに電話をしてみる。
すると、営業時間外という自動応答が流れた。
「時間外?航空会社なのに朝8時に電話応対もないとはどういうことだろう?」

ふともらった紙を見直すと、「カスタマーセンターの営業時間は平日の9時から18時」までという文言が目に入った。

「平日?9時~18時?」

非常に嫌な予感がした。

その日は日曜日だったのである。
とりあえずその時点で9時まであと30分程度だったので、9時を待って再度電話をすることにした。
その間にパソコンを広げてインターネットに繋ぎ、ピーチ航空のサイトで未来の空き状況を調べたところ、なんと一週間先まで全て満席であった。
その時点で、ピーチ航空で上海に戻るのは無理と判断した。

もちろん、キャンセルせず振替えたほうが費用的には余分な出費がなく、実家に戻って待機する限りコスト的には安く済むのだが、当たり前だが今の仕事先は上海であり、1週間も余分に休んでいられる余裕はなかったのである。

仕方なくネット上でそのほかの手段を探していくと2日後の茨城空港発の春秋航空がかなり安く確保出来ることが判明し、ピーチ航空との差額もそれほど大きく無い様だった。

それ以外の羽田や成田から上海へ向かう便にもそれなりに空席は有ったが、直近ということで運賃がやや高めであり、就航記念の格安チケットとの差額を考えると、かなり無駄な出費という意識が働き、結局上記の春秋航空のチョイスとなり日本滞在の2日間延長が決定した。(前述の上海人母娘は当日の夜便で帰ることにしたらしい)

さて、上海へ戻るのにピーチ航空を利用しないことを決定したのは良いのだが、ピーチ航空側のキャンセル作業にとても難儀した。
まず、紙に書かれている通りURLにアクセスし、払い戻し手続き画面を開けようとしたが、その画面にたどり着けないのである。

中国語の簡体字画面で予約したので、簡体字ホームページから追っていっても繁体字(台湾用)画面が出てきてしまい、しかもキャンセル手続き画面が現れないのである。

ならばということで、今度は日本語ページから払い戻し画面を開き、予約番号を入れてみたが、データが確認出来ませんと表示されてしまう。

恐らく中国本土線は就航したばかりでこんなに早くキャンセル画面が必要な場面が訪れるとも思わず、システムがチェックされていなかったのであろう。
或いは本社機能が平日しか稼働していないため、欠航データがまだシステムに反映されないのかもしれない。

何れにしてもWEB上では全く処理できず、もう拉致があかないので9時を過ぎたところで再び先程のカスタマーセンターに電話を掛けてみるが、やはり繋がらなかった。

さすがLCCというか何というか、「週末に電話が繋がらない」「WEB上での手続きシステムに不備」のこのサービス体制には、ちょっとこちらもキレてしまった

上海からの便で好印象を受けていた自分の中でのピーチ航空に対する評価はこの時点でガタ落ちである。

いくらコスト削減だからといって、土日に航空便が飛んでいないのならともかく、土日も航空便は運航しているのだがら最低限の電話応対くらいすべきだろうに思うのである。

結局このキャンセルの件は、翌日の平日の時間帯に電話する他には手段が無くなった。

そしてその日は実家に戻って宿泊し、翌日の営業時間内に電話をすると、ようやくオペレーターが出た。
予約番号を伝えてキャンセル手続きは問題なく進んだが、運賃の払い戻しは購入時に支払ったカード会社を通じて行うので、一ヶ月ほどかかりますとの回答。

こちらは「そうですか」と答えるしか無かったが、払い戻し金を別途購入する春秋航空の運賃費用に充てるつもりだったのだがあてが外れた。

まぁ今回は大した立替え金額ではなかったのだが、学生時代の貧乏旅行の時だったら、このような対応を受けたら非常に困っただろうに思う。

かの時代はギリギリで旅行していたため、突然の欠航ですぐにお金が返ってこない上に宿泊費だの新たな航空チケット代だの突然の出費は非常にキツイのである。
こういう体験をしてみて、どうもLCCは本当の貧乏人には危険な乗り物だという気がした。
何故なら今回のように欠航などが発生した場合、カバーできる保険が無いため、旅先で立ち往生する危険があるからであり、LCC利用は諸刃の刃だなということを感じるのである

このように、LCCのメリットとデメリットを短期間にいっぺんに体験し、LCCとはなんたるかを身をもって知った今回のピーチ航空初搭乗であった。
(次は茨城空港&春秋航空初体験の話)

パスポートに押された出国中止のスタンプ

上海地下鉄の1日券・3日券は意外とお得

上海で仕事をしていると1日のうちに3か所も4か所も回らなければならない日も出てくる。
もちろん、ハイヤーやタクシーを乗り回せる贅沢な身分であれば、それに乗って回ればいいのだが、残念ながらそんな贅沢な身分ではない場合は、公共交通を利用することになる。

その代表格が地下鉄とバスで、このうち地下鉄はネットワークが充実しつつあることにより、場合によってはタクシーなどより時間に正確かつ確実に目的地にたどり着ける。

そんな地下鉄ヘビーユーザーにお得なのが上海地下鉄1日券と3日券(中国語表示では一日票と三日票)で、上海で広く利用されている公共交通カードよりお得になるケースが多いのである。

上海地下鉄1日券(一日票)

デザインはいろいろある。

上海公共交通カードは、チャージ式のICカードで地下鉄・バス・タクシー・フェリー・駐車場など幅広く使えるが、割引率という点ではやや弱く、バスと地下鉄の乗継や、バス同士の乗り継ぎで1元割引されたり、地下鉄の利用が1か月70元を超えると、10%割引きとなったりするが、割引としてはその程度である。

ところが1日券は24時間乗り放題で18元、3日券なら72時間乗り放題で45元定額制になり、利用頻度によってはかなりお得となる。

18元という価格が、例えばどの程度で元が取れるかというと、初乗りの3元区間の3回の往復利用で18元、恐らく地下鉄の平均利用料金は4~5元であろうから、5元区間なら2回の往復で元が取れる計算となるのである。

つまり例えば朝通勤する時点で、午前と午後に外出のアポが入っていることが分かっているような場合は当日1日券を買って乗車すればその日の交通費の節約できることになる。

或いは1日券の24時間カウントは最初の改札入場時から起算されるという仕組みを利用して、予め数枚のストックを購入しておき、地下鉄利用が多いと予想される日はそっちを使うようにしてもよい。

ただまあ、この1日券の欠点というか、使いにくいところの一つとして、使い始めの時間がカードの表面上に記録されないため、何時から起算され、何時まで利用できるかは自分で把握しなければならないという点にある。

恐らく窓口に出せば教えてくれると思うが、やや格好悪い。

さらに同様にカードが使用済みかどうかもわからないため、使用済みのカードで入場しようとして拒否されるようなこともあり得てしまう。

またバスは利用できないため、当然バスとの乗継割引も無く、移動にバスが含まれる方はそこは注意したほうがいい。

こういった意味で、まだ完成度が高いとは言えない1日券・3日券だが、うまく使いこなせば大変お得になるとも言えるので、是非ご活用いただきたい。

(参考:上海ガイドブック手帳:上海地下鉄の一日票・三日票(1日券・3日券)上海公共交通カード