Category Archives: びっくりニュース

サントリー社製そっくりのウーロン茶ペットボトル

 先日、上海虹橋空港内の自動販売機でウーロン茶を購入しようとしたところ、どうも見慣れたパッケージとは異なる商品が並んでいることに気が付いた。

 「ん?一見サントリー(中国名:三得利)のウーロン茶そっくりだけど、どこか違う気が」

まがい物ウーロン茶

 パッケージをよく見ると、「匯源」というブランドになっている。
 
 「うわぁ、久しぶりに見たパクリものだぁ」

 上海にもウーロン茶のペットボトルは何種類も発売されているが、いずれも独特のデザインでありサントリー社製と見間違うことはないが、これは明らかに見間違って買うことを意識して作った商品である。
 まぁそれだけサントリーのウーロン茶が中国市場で絶大なシェアを誇っているということなのだろうが、それにしてもひどい。
 
 ただまあ物は試しということで、一応そのまがい物を買ってみた。
 裏を見ると、北京匯源食品飲料公司上海分公司となっており、北京の会社のようである。

まがい物ウーロン茶パッケージ

 で、実際飲んでみると、そこそこサントリー製に似せてはあるが、やや薄く切れ味がない印象である。
 決してまずいものではないが、本物とは違うようである。
 
 気になって、空港内のファミリーマートを覗いたところ、なんと!やはりまがい物が納入されていたので本物を手に入れることが出来なかった。
 で、家の近くのスーパーで探したところ、ようやく本物を見つけることが出来た。

本物のサントリーのウーロン茶

 そして飲んでみると、やはりいつものウーロン茶の味であり、まがい物がまがい物であることがはっきりした。

 実はパッケージがあまりにもそっくりなため、まさかサントリーが販売権を譲ったようなことがあるのではないかとまで疑ってみたが、ネット上で調べてもそんなニュースはなく、やはりパクリ物のようである。
 で、本物とまがい物のパッケージを見比べてみると、奇妙な発見をした。

サントリーのウーロン茶のパッケージ

 本物の方の製造会社は「匯源三得利(上海)飲料有限公司」委託となっており、中国側の正規の製造会社にも「匯源」の文字が入った会社名となっているのである。
 恐らく会社設立時の合弁相手の会社の名前を入れたのであろう。

 果たしてこの正規の「匯源三得利」と、パクリとみられる「北京匯源」に関係はあるのか、ないのか。

 普通に考えて、サントリー側があのパッケージデザインで北京匯源に上海で商売させることを許可したとは考えにくく、やはりまがい物だと思われる。

 はたして、このパクリ・ウーロン茶の正体と行方はいかに?

茨城の客寄せパンダのアドバルーン

 先月、茨城県の大井川知事が日立市の神峰動物園にパンダを誘致する構想を発表したことがニュースになっていた。

 就任以来ほとんどニュースにならない大井川知事から出た、突然の政策発表のニュースのため、どうも突拍子もない印象だった。

 「客寄せパンダ・・・」という言葉が真っ先に頭に浮かんだ

 魅力度ランキング連続全国最下位の茨城県ではあるが、パンダを飼育しただけで何か改善が期待できるのだろうか?
 そもそもその手段として、パンダの誘致というのは安易すぎるのではないだろうか?
 
 確かにパンダを呼べれば、それなりの集客は期待できるだろうが、それは単なるパンダ人気であって、茨城の魅力とは何の関係もない。
 それでも経済効果を狙って誘致するという判断もなくはないだろう。

 果たして実際どのくらいの本気度で、実現性というか交渉はどの程度進んでいるのか?
 その辺の状況について先日ちょっと機会があったので。茨城県の人に聞いてみた。

 するとどうやら、まだほとんど知事の頭の中の構想の域を出ておらず、先日の発表についても、の関係機関などに真意の説明を始めたような段階であり、全く根回しなどがされていないような状況らしい。
 県の予算も、本当の初歩の初歩レベルらしく交渉すら出来るかどうか怪しいレベルのようだ。

 肝心の知事自身も就任後に一度も中国を訪れたことが無いらしく、当然まともなパイプすらなさそうである。

 本気でパンダ誘致を目指したいなら、まず知事自身が、視察名目でもなんでも良いので四川の飼育センターなどを訪れるべきであっただろう。

 そして現地の政治的有力者などを表敬訪問するなどして、雑談の中で「当県にもパンダを貸していいただくことは出来ませんか」などと話してみれば、先方も無下には出来ず、とりあえず現地の状況くらいは知ることが出来、話の端緒くらいには付くことが出来るだろう。

 まあ運が良くてもなかなかとんとん拍子で話が進む可能性は低いだろうが、実現への道筋くらいは見えてくるかもしれないのである。

 もちろん、そこでは国家間の交渉を必ず通さなければならないが、希望する主体者がまず足を運ぶというのは、熱意を伝える一番の武器であり、交渉成功の近道なのである。
 それなのに、茨城から動かず部下などに交渉をやらせようというようなやり方では、中国相手に本気度が伝わるとはとても思えない。

 こうやって考えると、今回のパンダ誘致構想というのは実は知事自身のアドバルーンなのではないかと思えてくる。

 つまり自分自身に注目を集めるための客寄せパンダ的なアドバルーンである。

上海野生動物園のパンダ

上海野生動物園のパンダ

 聞くところによると、大井川知事は地元のメディアとの関係性が良くなく、知事の発言や行動があまり記事に取り上げられない状態とのこと。
 ならば東京のメディアでもとりあえず飛びついてくれるだろう話題としてパンダ誘致構想を掲げたのではないか?そんな視点も出てくる。
 
 いずれにしても、今回のパンダ誘致構想は実現までは遥かに遠そうで、とても現知事の現在の任期中には実現しなそうなレベルの話のようである。

インバウンド対応を謳うのにUSB電源供給口がない日本の私鉄車両

 何やら最近、日本の大手私鉄で新たな有料特急座席指定列車が増設されるニュースが相次いでいる。

 もちろん、従来の日本人通勤客への便宜という意味もあるが、どうやらここ数年急激に増えた外国人観光客向けのアピールなど、インバウンド需要などを狙ったと謡っている会社も少なくない。

 通勤者向けというのは、これから日本の人口が少しずつ減少することによって、通勤客も目減りするという事情もあって、通勤客の囲い込みと増収策の意味で有料座席列車が増えているという状況のようだ。

 一方で、外国人向け対応として、新たに製造した新車両にWIFIAC電源の設備を設けたと得意気に謡う私鉄も少なくない。

車両説明資料より(引用元


 しかし、そもそもこれらはノートパソコンの普及した20年くらい前に対応しておかなければならない事項で、今ようやく「つけました」というのは今更感がすごくある。

 さらに、私が気になったのは、AC電源として2つ穴の日本仕様のコンセントは用意されるようになったようだが、USB電源に対して全く考慮されていないということ。

 今時、世界中のどこの空港に行っても、その国の電源供給コンセントに加えて、USB電源口を備えているところが多い。
 何故なら、世界中で電源コンセント規格がバラバラであるが、USBは基本的に世界統一規格であるからである。

上海虹橋空港の電源とUSB給電口

 しかも、たいていの観光客はノートパソコンを持ち歩いていなくとも、スマートフォンは持ち歩いており、その電源としては通常電源よりUSB給電口が便利なのである。
 もちろん観光客に変換プラグを買わせれば、AC電源からも充電は可能なのだが、短期間しか滞在しない外国人観光客にわざわざ変換プラグを買わせるような対応はかなり不親切であろうに思う。

 まさか電源設置費用を変換プラグ販売の利益で回収しようなどという魂胆でもあるまい。
 つまりこれらの私鉄の車両はインバウンド向けの対応と言いながら、車両開発者は世界の現状に目が行き届いておらず、日本の常識だけで設計してしまったようである。

 いや、外国人だけでなく、日本にだってとっくにスマートフォンが浸透していることを考えればUSB電源対応は視野に入ってしかるべきで、結局は日本人が使用する視点(持参のACプラグを使用する)でしか準備されておらず、外国人の視点に立てず井の中の蛙状態の発想で設計されたものと言われても仕方ないだろう。

 古くから存在する施設が改良されないのは仕方がないことではあるが、わざわざインバンド対応を謳って新たに準備したのに、視野が狭いおかげで中途半端になってしまったのはとても残念に思う。