Category Archives: びっくりニュース

駐在員の悩ましい年金等級問題、出向すると受給額が下がる?

 日本では老後2000万問題の報道がなされた後に、やれ年金制度が大丈夫なのかとか、政治家の発言は無責任なのかなど、様々な声が飛び交っている。

 また来月9月1日から日中間において社会保障協定が発効し、駐在員などが日中両国で社会保険料の二重支払いを避けられる仕組みが制定されるなど、ここのところ社会保険料に対する世間の関心が高まっている。

 そんな中、ある出向駐在の方が、日本と中国における給料の支払い割合の関係で、社内で問題が生じていると話を伺った。

 その方によると、そもそも中国出向後もほとんどの部分を日本で賃金を受け取っていたのだが、日本の税務署からの指摘で、日本国内での業務実績のない従業員に高額の賃金を払っているのはおかしいとされたとのこと。
 つまり幽霊社員的な扱いになるので、特に海外が絡むと所得隠しやマネーロンダリングなどの犯罪の温床となるので、業務実態に合わせた支給を行うよう指導されたようだ。

 そこで日本の会社側は、本人への支給を現地支給の比重を高くしようと計画したのだとか。
 もちろん本人に不利のない金額で設定し、日本国内での賃金支給額を下げようとしたようである。

 ところがである。

 その出向者本人にしてみれば、日本国内での賃金が減ってしまうと社会保険料の等級が下がってしまうので、将来貰える年金の受給額に影響が出るので、日本国内給与の引き下げには応じられないという主張をしているようだ。

 確かに日本の年金制度は、加入期間に支払い続けた納付額(等級)によって、受給開始後の年金支給額に影響が出る仕組みである。
 さらに、その将来の受給額に影響がある標準報酬月額等級は、日本国内において支給される賃金を対象にして決められるので、海外で幾ら補填されていても合算して標準報酬を上げることが出来ないのである。

 つまり支給通貨比率を変えられてしまうと、賃金としての総支給額は変わらなくとも、将来的な年金支給額が下がってしまい、従業員にとって不利な変更となってしまうようだ。

写真はイメージ

 こういった問題については、上述の日中社会保障協定では、加入・非加入の話が整理されて二重払いを防ぐことが決められているだけで、徴収される社会保険等級までは配慮されたものではないので、実は役に立たない。

 このように日本の税制と社会保険制度の制度は、あまり海外出向という処理を想定して制度が組み立てられていないようで、こういった狭間の労働者を救済するような制度は調べた限りでは用意されていないようである。

 今のところの各企業の現実的な処理としては、厚生年金基金や確定拠出年金などの上乗せ部分を会社で負担して、等級が下がった部分を補填するのがせいいっぱいのようである。
 しかし、そこの本来本人負担であった費用負担分を税法上どう処理するのか?など細かい問題が残り、本人の所得になり課税されないのかなど色々問題があり、なかなか正しい正解などはないという気がする。

 このあたり、日本の外交官なども同様の問題が発生する環境はあるはずだが、税務署的には問題ないのか、日本の賃金を下げられる扱いがないのか特に話題に上がることはない。
 ひょっとすると特別のウルトラCがあるのか、ぜひ今度駐在の方に会った時にお伺いしたいものである。

 

大家夫婦が離婚していた。

春先に「大家夫婦が喧嘩?家賃の支払先が二転三転」で大家夫婦の関係が不穏だと書いたが、どうやらその後に進展があって、とうとう離婚に至ってしまったようだ。

 具体的な原因はよくわからないが、どうやら奥さんの方にお金の使い方或いは浮気その他の何か素行の悪いことがあって、旦那の方が追い出したらしい。

 そういえば、ここのところ大家の家のおばあちゃんの顔に元気がなく、精神的に何か抱えたような状況に映っており、心配していた矢先の事実発覚である。
 きっと息子夫婦の関係が心配だったのだろう。

本文とは直接関係ありません。

 この離婚に際して私が借りている部屋の所有権などは動かされず成立したようで、店子の私には影響がないので直接関係ないと言えば関係ないのだがややショックな事実発覚である。

 思い起こしてみれば、約半年前に建物入居の顔認証用の写真を、小区(住宅エリア)のセンター施設に撮影しに行ったときは、大家のお子さんとおばあちゃんは一緒に来ていたが、奥さんの姿だけ見えなかった。
 もうその時点で夫婦関係は悪化していたのだろうと推測できる。

 ところで今回初めて大家の歳を聞いたのだが55歳だそうである。(もっと若いと思っていた)
 55歳での離婚とは何かと大変そうだが、私も人のことを心配している場合ではなく、中長期の未来のことをじっくりと考えねばならないのである。

私が自分からこの部屋を離れるまで、平穏無事であってほしいものである。

中国で時速600キロのリニアモーターカーの構想

 先日、「上海リニアモーターカーが営業休止となる日も遠くない?」で中国はリニアに興味を失っているのではないかと書いてしまったが、どうやら中国では新たに時速600キロのリニアモータカー構想が持ち上がっているような記事を目にした。

 記事によると山東省の青島市で試験車両が完成し、予定では今年後半にも実験線に投入され軌道上における運行テストが開始されるとのこと。
 さらに来年2020年には時速600キロを目指して高速走行実験が始め、2021年には実用化の目途を立てたいとしている。

 まあ、この記事にどれだけの真実味があるかわからないが、少なくとも600キロ走行を実現させたいという意図があるのは確かのようだ。

 ただ、超電導リニアの記録については、安全性を度外視して事故のリスクを無視して走らせるだけなら、今の日本の技術でも習慣的な速度記録を達成することは可能なのかなと思える。
 実際に日本の実験線では既に607キロが記録されている。
 
 しかし、これは瞬間的な速度トライアルの記録なのであって、継続的に600キロの速度を出し続けて安定的に走行できるのかは別の話となる。

 車両強度や安定走行性、風などの環境対応、騒音対策、さらに軌道側も精度の高い状態を保つための耐久性など安全性を担保するための技術検証の必要がある。
 これらをクリアして初めて営業運行が可能な状態になるのであって、車両をつくったところで一朝一夕に技術が確立されるものではない、

 ただまあ80%の技術でも完成したんだと世に出してしまうのが中国の怖いところでもあり、特に列車技術は人命に関わるので、残り20%の詰めを行わなかったばかりに事故が起きれば、温州での事故の二の舞にならないとも限らない。
 果たして今回の時速600キロ構想が大風呂敷なのか、しっかりと地に足のついた計画なのか、もう少し様子を見ないとわからないのである。

 ちなみに中国初の国産旅客機C919は当初2016年に初就航予定だったが、ようやく2017年に飛行テストを開始した状態で、納入自体は延びに延びて2021年まで延期されている。

 慎重に慎重を重ねるのは良いことではあるが、やはり当初のアドバルーンは見通しが甘いのが中国の計画であり、600キロリニアも予定通りには進まないだろうというのが私の見立ではある。

ブレーキ踏み間違え防止システムが発売に

 ここ数カ月というか数年、日本ではブレーキとアクセルを踏み間違えた高齢者ドライバーによる事故が相次いで報道されている。

 先日の池袋における事故も、まだ事故原因は断定されていないが、やはり同様の原因なのではないかと言われている。

 こういった事故が増えた原因の一つは、AT車(オートマチックトランスミッション車)の急激増加とMT車(マニュアルトランスミッション車)の現象と、高齢者ドライバーの増加だと言われている。

 特にMT車は操作ミスをしてアクセルを踏み込んだ場合でもクラッチペダルを同時に踏み込んだ場合は、クラッチが切れるので車が急加速する心配はなく、やがて減速して止まれるので、暴走の可能性はAT車よりは低くなる。

 私も免許取得時は大変苦労したが、MT車で免許を取ったので、AT車の運転は物足りないというか逆に慣れないのである。
 (中国渡航以降、現地でも免許は取ったが中国はもちろん日本でもほとんど運転していないが、、)

 故に、私のようにMT車を知っている世代にとってはAT車よりMT車の方が安全に感じる。

 そして、そんなAT車増加とともに高齢化進行で高齢者ドライバーも増え、彼らも恐らくは免許を取得したころはAT車だったのだろうが、歳をとってAT車に乗らざるを得なくなって、不幸にも事故を起こしてしまっているのであろう。

 もちろん歳をとってからの身体反応の衰えもかなり影響している部分もあると思うが、それを考慮にいれるならなおさらMT車の方が危険は少ない。

 しかし、そうは言っても世の中で販売される自動車の98%はAT車になっているようだから、MT車を選択しづらいのも現実である。

 そんな、社会の現状を見据えたとして、アクセルとブレーキの踏み間違え防止システムを開発した方が某ラジオ番組で紹介されており、間もなく発売になると紹介されていた。
 それが下記のナンキ工業さんのSTOPペダルである。

 ナンキ工業さん「STOPペダル」

 このペダルの仕組みはいたって単純で、万が一の際にとっさに誤ってアクセルを踏み込み過ぎると、STOPペダルユニットが作動して自動的にアクセル機構がオフになり、同時に連結しているブレーキが働くシステムとのこと。
 このため、止まるつもりでブレーキを踏み込んだ時に、誤ってアクセルを強く踏み込んだとしても、ブレーキが作動して減速して止まれるとのこと。

 もちろん通常のアクセル操作の際には装置は作動せず、深く踏み込んだ時だけ作動するようになっていて、作動点は調整できるようだ。

 この装置には、一時解除機構もついているようで、高速道路への合流など急加速が必要な時は解除ができるようであり、加速後は元に戻せばよいとのこと。
 まあこの機構解除操作については、この装置がついているという車の特性を把握した上で運転しないと高速上で思いっきり加速しようとした時にブレーキがかかってパニックになる可能性もないとは言えないが、通常の踏み込み幅では機構が作動することはまず無いようだ。

  大手の自動車メーカーもこの装置を見学しに来たこともあるようだが、電子プログラムレベルで対応できると取り合わなかったらしい。
 しかし、結局同じような思想のシステムは実現されていなのが現状であろう。

 開発者さんによるとこのような単純な機構であるゆえに、ほとんどの自動車に取り付けが可能で、本体価格は99,800円(消費税・取り付け費用は別)とのこと。

 まあ人によって感じ方はそれぞれだとは思うが、車全体の値段と安全性を考えたら安価なのではないだろうか。

 今回この開発者さんたちに頼まれたわけでもなく、ラジオで聴いただけの立場ではあるが、最近の高齢者ドライバーの事故に憂いている一人として、少しでも安全につながればと思い、微力ながらネット上にでている情報を紹介させていただく。

◇ 開発会社
  ナンキ工業さん「STOPペダル」

◇ 取扱い業者
 パートナーズ株式会社 

あの元大臣は私の地元選挙区選出

先日辞任されたあの某大臣は実は私の地元選挙区選出である。
選挙区どころか、実はもう少し縁があるのだが、私自身の出自に繋がるのでこの話は控えさせていただく。(苦笑)

さて、かの元大臣は色んな失言など、マイナス面で知名度が全国区(世界規模?)となってしまい、選出選挙区の有権者としては、日本全国に対しては面目ない思いでいっぱいではある。

柏そごう

ただ私自身の名誉のために言えば、あの議員に票を投じたことは一度もなく、彼を国会に送り込む手助けはしたことはないのである。
とは言え、彼のあの人となりを知って、票を投じなかったということでもない。
(もちろん、知っていれば当然投じなかったと思うが)

かつてその対抗馬だった方に、多少の縁があってそちらを応援していたので、私は彼に票を投じなかったのである。

しかしながら正直に言えば、その応援していた方もやはり人となりをそれほど知って応援していたわけでもなく、言うなれば双方とも人となりをほとんど知らない2人の中から選んで投票をしていたのが現実であった。

政見放送くらいは見た気がするが、路上の選挙演説でさえ両方とも一度も出くわしたことがない気がする。
そんな実態で、選挙で票を投じていたのである。

 ただこれは私だけのことではなく、元大臣の彼は大臣に任命されるまでに毎度の選挙で何回も当選を繰り返し、毎回何万票も票を投じられてきたはずだが、果たして彼に投じた人の何割が彼の人となりを知って彼に票を投じたのであろうかという疑問が湧く。

 おそらく大半の方が彼の個人キャラクターなど殆ど知らない状態で、党首の政策に賛成か反対で投票行動を決めてきたような気がする。
 もし現実に彼の人となりを知っていたら投じない人も増えただろうし、逆に人当たりは良い人だというから、知っていたら投じた人も増えていたかも知れない。
しかし、いずれにしても本人の人となりを知らないで票を投じた有権者が大半だったという気がする。

これがもっと地方に行けば、その代議士と地元の関係性はより濃くなるので、国会議員がどういうキャラクターなのかということは語らずとも知れ渡っている可能性はあり、それによって投票行動を決める可能性は十二分にある。

しかし彼のような東京郊外のベッドタウンエリアの選挙区では地元の横の繋がり自体が希薄で、代議士のキャラクターが伝わってくるような機会は非常に少ないのが現実であり、人となりを知って投票行動をするのはとても難しい。

まあ建前の理想を言えば、提出されたマニュフェストの政策・主張を基準として投票行動を決定するべきなのだが、いずれの党・候補者とも玉虫色の理想を語るので、投票行動を決めるほど決定打にならず、結局投票行動の基準は所属政党の色となる。

今後、彼が次の選挙で当選するのかどうか(立候補するのかどうか?)はわからないが、彼を選出してきた選挙区の責任として、有権者として候補者との距離感を含め、見極め方をもう少し工夫して考えていくべきだなと思った先日の彼の大臣辞任の一件である。