Tag Archives: 睡眠

毎朝が脱水症状との闘い

 以前書いたように、野草酵素の効果もあって現在順調に体重が落ちており、年初からの目標体重に先日達することが出来た。

 ダイエット効果の具体的状況については、現在の新目標が達成できたときに改めて書こうとは思うが、残念ながらその体重減の副作用というか、体調に少し影響が出ている。

 どのような影響かと言えば、毎朝脱水症状気味になっていることである。

 体重を気にし始めた頃から、最近は毎朝毎晩体重を測っているのだが、晩と朝では体重が1キロくらい違うことに気が付いた。
 つまり人間の身体は寝起きが一番体重の軽いタイミングということになる。
 (正確に言えば朝のお通じの直後だが)

 何故寝起きが一番軽いかというと、寝ている間に汗を書くからであり、以前スポーツ飲料のCMでもやっていたが、人間は睡眠平均500ml、多い時には1Lの汗をかくとのこと。

 つまりこの分だけまるまる体重が落ちることになる。

 また寝しなや寝起き直後の排尿の量もばかにならず、ペットボトル1本分近く、つまり500mlほどの水分は余裕で排出されるようだ。

 これ故に就寝前と比べ1キロ程度体重が落ちることになる。

 このように就寝前に比べ体重が減っているということは、その分だけ水分が身体から失われた状態で朝を迎えているということになり、身体は結構カラカラの状態であるということになり、脱水症状の危機を迎えていることになる。

カラカラ

画像はイメージ

 人間の身体は5%水分が失われると脱水症状が出るとされ、人間の体重の60%が水分であることから考えると、例えば80㎏体重ならば5%の水分というとたった2.4Lで危険になるわけで、そういった数値から見れば、就寝中に1Lの水が身体から抜け出るというのは結構な割合となる。

 特に私は現在酵素の影響で排尿量が増えており、さらに水分排出量は多いはずで、普段より体内の水分量が少ない状態になっている。

 よって脱水状態に近づいているような反応を毎朝体験している。

 その代表格として実は毎朝やたら足がつりやすい状態に陥っている。

 ふくらはぎはもちろんのこと、足の甲の部分や脛(スネ)までつる。
 スネがつるというのはこの年になって初めて経験した痛みで、脛がつってしまうと痛みからの脱出方法が先ずわからず苦労する。

 痛みを乗り切った後に水を飲むと、血流にスムーズさが戻るのか、身体はかなり楽になるのが、油断して水分を控え目に摂取した状態で朝を迎えてしまうと、痛い目にあう。

 もっとも「つり」の原因は水分量にだけあるのではなく、足を就寝中に冷やさないことが大事で、布団から足が出てふくらはぎが冷えてしまったような状態の時につりやすい。

 逆にこの部分をサポーターなどでケアしておくとつり防止にもなることがわかり、防寒用のタイツ(ヒートテックの股引)をパジャマ代わりにして寝ている。

 これでふくらはぎだけが冷えてしまうことは避けられるようになったが、やはり水分不足になると、足がつりかけてピリピリしているのがわかり、なるべく水分不足にならないように枕元にペットボトルを置いて小まめに水を飲んでいる。

 このほか、恐らく血流がドロドロであろうという雰囲気で、体中が固くなっているのが分かる。
 やはりこれも水分を取ることで身体を起こしていくが、目が覚めてから歩いて動けるまで結構時間がかかるのである。

 とにかく、トイレを恐れて水分を控えるのが一番よろしくない状態の様で、無理のない範囲でがぶがぶ水を飲んでいるのが現在のダイエット途中経過である。

二度入院する夢

今朝入院した夢を見た。

 しかも一度ならず二度も入院した。

 夢の話なので、あまり詳しくも覚えていないのだが、一度目は何らかの時に気を失って起きたら病院だったという状況だった。

 そしてはその入院先で動こうとしたら、更にまた倒れたらしく、起きた時はがんじがらめの状態で、また別の病院に転院させられていた。

 そこへやってきたパートナーらしき人(誰だか分からない)に、私は転院したのかと尋ねたら、その人は頷いたようだった。

 「そうなのか・・・」

 そんなところで目が覚めた。

 ちょっと特異な夢だったので、ネットで夢占いを調べてみると、体調に黄色信号をが灯っている象徴のようなことが書いてあった。

 どうやら休養が必要な状態らしい。

 まあ確かに、最近ちょっとした頭のふらつきや胸に鈍い苦しさがあるのかなと感じるような時もあり、どこか体に不調があるのかなと感じる場面も少なくない。

 そんなに過激な運動をしているつもりはないが、逆に暑さを嫌って表にあまり出ず、運動不足になっているというのは有るのかもしれない。

 心身すっきりとさせるため、少し今日は外出した方がいいのだろうか。

 そんなことを感じた今朝の夢だった。

弱が強すぎる中国の扇風機

 連日暑い日が続いているが、家では扇風機とエアコン何とか組み合わせて、電気代をおさえようと生活している。

 ところで、中国の扇風機を使っていて思うのは「弱」が強すぎるように思うのだ。

 弱が強いとはなんのこっちゃかと思うが、中国の扇風機も日本のものと同じように出力が何段階かに分かれており、日本の物と同じようにほとんどが「強・中・弱」3段階調節となっている。

 このうち私が思うのは「弱」のレベルの風が強すぎると言う事であり、音楽で例えて言うならピアニッシモが大きすぎるということになり、つまりもっと弱い風を出せるようにならないのかという気がしている。

 非常に暑い際に「強」にするのは当然としても、それ以外は出力を落として使いたいのであり、寝るときなどは出来れば微風にして一晩中扇風機を回しておきたいのだが、中国の扇風機はそういった調節が出来ず、弱にしても微風にならず強すぎるのである。

 日本の扇風機では1/2揺らぎとか、ファジーリズム風力調節とか、いかにうちわで扇いだような気持ち良い風を送るかに苦心があり、たかが扇風機とはいえ非常に心地よい風が送られてくるのだが、中国の扇風機にはそういった配慮がなく、ただ強い風を一律に送り出すだけである。

 すると寝る時に扇風機を回しっぱなしにしずらくなり、仕方なく身体に向けず部屋の中を間接的に空気が循環するように調節するようになるのだが、これではなかなか心地よい涼しさが得られない。

 かといって体に直接風を当てすぎると冷えすぎるので体に悪いのである。

 しかも音も結構うるさく寝る時には意外と気になる。

 まあ微風を出す仕組みと言うのは日本にあれだけあるのだから技術的に特別難しいものではないと思われるので、こういった商品が売られていないのはやはり需要が無いのかもしれないが、日本的な絶妙な風加減を送ってくれる扇風機の登場を是非願いたいものである。

 日本のメーカーにも是非こういったところに目をつけて商売してほしいという気がしている。

原文

飲んだらコーヒーを飲む

 昨夜、久しぶりに日本人同士の会合に出席した。

 宴席は嫌いではなく、いろいろ話題が盛り上がったこともあり、ビールをジョッキで2杯飲んだ後、ハイボールを3杯くらい飲んだのは記憶している。

 まあその程度では泥酔するほどにはならず、ほろ酔いで自宅へ帰ったのだが、冷たい飲み物はパンチが後から利いてきて異常に眠くなった。

 ここ数日は睡眠時間が短かったため身体にストレスがかかっていたのかもしれない。

 パソコンに僅かに向かってSKYPEで知り合いに話しかけるも、すぐに反応が無かったので横になったらそのまま寝てしまったようだ。

 そして目が覚めたのは午前3時頃、冷房がかかりっぱなしで寒さで目が覚めた。
 それ故、頭が痛いし吐き気と言うほどではないが気分も悪い。

 完全な二日酔い状態である。
 
 この状態から早く脱出せねばと思い、水を飲む。
 血中のアルコール濃度を下げるためだが、これだけだとアルコール自体が減らないので、アルコールの分解にかかる時間はあまり変わらないというのが私の考え方である。

 そこでブラックコーヒーを淹れて飲む。(インスタントだが)

pic_f086

 コーヒーは利尿作用があるのでアルコールを早く分解して早く体外に出してくれるので、私は酒をお飲んだ後は必ず飲むようにしているのだが、昨夜はそれをするより先に寝込んでしまったので飲み忘れてしまった。
 それ故のこの身体の辛さであり、酒の後にコーヒーを淹れて飲んで寝るかどうかで、起きた後の辛さが数倍違うのである。

 そしてまた仕方なく寝る。

 結局お昼近くまで寝てしまったが、アルコールは分解されて大量の尿になって排出されたようで、気持ち悪さはなくなって目覚めはすっきりしている。

 飲んだらコーヒーを飲む、これは私にとって大事な鉄則である。

脳の休ませ方

 仕事上で頭が煮詰まっている時には頭の思考を一旦止める時間を持つ方がいいのだが、日常の生活の中ではなかなか寝る以外に脳を休める方法がないと思っていた。

 が、先日あるストレスドッグのセミナーでいい方法を聞いてきた。

 まあ完全に受け売りになってしまうが、結構効果が有ったので紹介したい。

 方法としては実に簡単で、目をつぶって手のひらを内向きに合せて、約1ミリの間隔を30秒なり1分なり保つ。

 この1ミリの間隔というのがミソで、つまりくっつけてもいけないし、離してもいけないので、掌や指先に神経を集中させざるを得ない。 

 そうすることにより指先に神経が集中され、頭の思考が一旦停止し脳が休めるのである。

 何分も長い時間やることはないが、1分くらいやるだけで脳は相当休めるし、リフレッシュした後の再スタートは頭がかなりすっきりしている。

 これを教わって見て、いつぞや体験した気功なども恐らくこの原理を利用したものだと気が付いた。
 気功やヨガがリラックスできるのは身体に神経を集中させることにより脳を休ませることができるから、体にいい影響があるのだと思われる。

写真はイメージ

写真はイメージ

 つまりあのポーズや呼吸法は脳への働きかけに意味があり、ポーズや呼吸法だけを真似てみてもあまり効果がないのではないかという気がする。

 また私が推奨する好きな音楽をガンガンにヘッドフォンで聞くという方法も、やはり脳の活動領域の中心を移動させることによって、熱くなって混乱していた脳の一部分を休ませる働きがあるのではないかと思っている。

 いずれにしても、思考に疲れた時は時々脳を休ませてあげたほうが、作業などを進める上で効率的であり、詰め込み過ぎは良くないなと感じる今日この頃となっている。


原文