Tag Archives: 上海虹橋国際空港

上海浦東・虹橋国際空港間を結ぶ空港連絡線が年内着工へ

 先日発表されたニュース報道で、上海の二大空港を結ぶ空港連絡線が年内にも着工されることになったと報じられている記事を見つけた。

 上海の二大空港である上海浦東国際空港上海虹橋国際空港は直線距離にして50キロ以上離れていて、国内線中心の虹橋空港から国際線中心の浦東空港への移動はよく利用されるが、現在はバス路線で1時間ほどか2時間近くかかる地下鉄を利用しなければならないのが実情である。

 この連絡線の具体的なルートとしては現在建設中の上海東駅を基点として、南側を回って2019年供用開始が見込まれている上海浦東国際空港サテライトターミナル(T3)を経由し、現在の浦東機場駅に停車、その後ディズニー駅、張江駅、三林南駅のあと黄浦江を超え、華涇を過ぎた後北上し、七宝を経て虹橋枢紐へ至るルートとなっている。
 虹橋枢紐では空港だけでなく、上海虹橋駅にも隣接するので高速鉄道への乗り継ぎにも使われるだろう。

上海空港連絡線のルート図
引用元

 距離にして68キロ、車両は中国の国鉄タイプの車両つまりは新幹線の外観の車両が使われるようだ。

 以前のブログにも書いたが中国の鉄道は、機関車が客車を引くタイプの車両運用が主流であり、電車というといきなり新幹線タイプになってしまいその下のカテゴリがない。(中距離列車のない中国
 また地下鉄などの都市内の軌道交通は新交通システム的な位置づけで、都市間鉄道とは別のカテゴリと扱われているのが中国の鉄道区分となっている。

 故にたかが60キロそこそこの路線の列車でも新幹線タイプの車両を使うしか選択肢がないのがこの国の鉄道事情となっている。

 ただ想定されている所要時間などから推測すると最高速度200キロを超えるような高速車両ではなく、最高速度160㎞/h程度の車両のようだ。

 発表通りに建設されるとなると、全線の9割が地下を走るルート設定から考えても200キロを超えるような高速走行環境は現実的ではないのかもしれないし、トンネル口径も大きくなるからコスト的に高くつくため必要な範囲に抑えたのではないかと推測される。

 運行頻度は、当初の想定だと1日107往復とのことだから、朝6時から24時までの18時間稼働として大よそ1時間に6本、つまり10分間隔のようで、現状の上海地下鉄2号線の空港支線と同程度、日本の成田空港の京成とJRを合わせた数などと比べるとやや少ない印象である。

 なお開通予定は2020年と掲げられているが、大規模な地下工事になるため、専門家はとても2年弱の突貫工事では無理だと言っており、早くても5年後の2023年になるとみられているようだ。
 いずれにしても実際に着工されることが決まったからには、5年くらい後には上海の2台空港の乗り継ぎがより便利になっている時代が来そうである。


上海のマクドナルドは店舗により50%も価格が違う。

 先日マクドナルドの新商品受け渡しシステムについてブログを書いたが、あればどうやら私の職場の近所だけだったようで、他の場所の店舗に入ったところ従来のシステムのまま販売が行われており、私の近所の店舗は試行テストを行なっているということのようだった。
 ところで、こうやって何店舗かの異なるマクドナルドに入店していたら、あることに気がついた。

 それは、商品の価格が店舗によってかなり差があるということである。

 しかもこの店舗による価格差は、行政区分のような大きな地域単位とかではなく、店舗ごとの立地条件によってかなり差が出ており、距離的に大して離れていないような場所でも値段に大きな差があるようなのである。

 例えば、現在マクドナルドではダブルバーガーキャンペーン中であるのだが、この商品のダブルフィッシュバーガーとポテトとコーラのセット価格は、上記のお店では24元であった。

 ところが、この店舗からそれほど遠くない人の集まる上海駅南広場東側の店舗(鉄道切符売り場隣)に入ったとところ何と同じ商品が31.5元で売られていたのである。
 その差何と7.5元で、実に30%も高かった。

上海のマクドナルドの店舗

こちらでは31.5元

 この時は結局、あまりの価格差に馬鹿馬鹿しくなり商品を買うのをやめてしまったのであるが、直後にまた驚くべき発見をする。

 このとき、こういった価格差状況をもう少し調べたいという興味が湧いてきて、歩いて行ける範囲の店舗をもう少し調べてみることにしたのだが、そこで入ってみたのが、この31.5元の店舗から直線距離にしてわずか150m程度の同じ上海駅南広場の正面のデパートの地下の店舗である。

正面の時計台の向こうに見えるの安い方、左に行くと高い店

正面の時計台の向こうに見えるの安い方、左に行くと高い店

 上海浦東空港への機場5線バス乗り場の前の場所で、2店舗は非常に近いので、まさか価格が違うことはないだろうと思っていたが、早くも予想を裏切られる。

 何とこの店舗では件のセットが24元だったのである。

 2店舗は目と鼻の先しか離れていないのに、この価格差があることに私は思わず笑ってしまった。
 確かにこの地下のお店は、地下のために立地が悪く、お客もあまり入っていなかったが、このちょっとの選択の差で7.5元とは恐れ入る商売戦略である。

上海駅正面のマクドナルドの店舗

こちらの店舗では24元

 で、今度は高いと言われる空港のマクドナルドの価格も知りたくなって、物好きにも上海虹橋国際空港に行ってT1の1階のマクドナルドも覗いてみた。

 するとなんとこのお店では件のセットが37元となっていた。
 今のところの最安値の24元に比較すると何と13元も高く、54%も差がある

 いくら空港とは言え、ちょっとボッタクリが過ぎる様な印象である。

 ただ逆に言えば、空港でマクドナルド食べたいと思った場合、ちょっと離れた場所の店舗を探せば30%以上も安くなるという事を意味する。

 まあ、空港には空港の需要があり、駅前には駅前の需要があるので、その場その場では一々価格差など気にしていられないのかも知れないが、同じものを食べるならなるべく安く済む方が良いわけで、焦らないで幾つか店舗を探せる余裕があれば、探せば安くなる可能性があるというのが、上海のマクドナルドのようである。

 ちなみにネットで買うデリバリーの同じ商品(真ん中の写真)は33.5元で駅前より高く設定されており、配達料を別に取る以外にも価格差が存在するようであり、安上がりに食べたい時はやはり店舗に行くべきのようである。

上海のマクドナルドのネット購入画面

上海のマクドナルドのネット購入画面