Category Archives: タクシー

上海(中国)のタクシーに対する誤解

先日、ある上海に来たばかり方のブログで上海のタクシーでぼったくられたようだというようなことが書いてあった。
そのブログによると、途中からメーターの上がり方が速くなったとのこと。

まあ実際にぼったくられたかどうかは、当時の事実関係を細かく調査しないとわからないが、こういった被害情報の一部は上海や中国のタクシーの運賃体系を知らない点からくる誤解も多々あるような気がする。

以前にも、「遠くに行くほど割高になる中国のタクシー」で書いたが、上海のタクシーは実は乗車距離が15キロを超えると運賃単価が50%アップするような仕組みになっているのであり、途中から料金の上がり方が速くなったという現象は、この状況と合致するからである。

つまり遠くへ行けば行くほど運賃が割高になるような運賃体系なのである。

上海のタクシーに限らず、中国のタクシーの運賃体系は概ねこのような体系で、運賃単価が上がる距離ポイントはそれぞれ異なれど、ほとんどが遠くに行くほど割高になる仕組みになっている。

何故こんな体系になっているかというと、タクシー運転手に対する回送補償が含まれているからで、つまりあまり遠くに行ってしまうと戻る経路では営業ができずガソリンを無駄に消費するので、その分を補償するために運賃に上乗せしている。

いずれにしても上海(中国)のタクシーは、市内の一定距離を超えると運賃が高くなる仕組みとなり、それを勘違いしてボラレたと思ってしまうケースはあるのかと察する。
中国に対する先入観も大きく影響しているだろう。

もちろん、遠回りなどをして多く料金を取ろうとする雲助タクシーも未だになくならないが、少なくとも上海においてはそういった被害の報告はかなり少なくなっている。

その理由として、GPS追尾装置の発達で、運転軌跡の調査が容易になり、タクシーセンターに訴えることで意図的な遠回りはすぐばれてしまうので、不正は行いにくくなっているといった技術の進歩がある。
よって、上海でタクシーを利用する際には、先日紹介した「百度マップ」の機能で料金相場観を把握しておけば、必要以上に疑心暗鬼になって被害を怖がらなくてもよいのである。

万が一酷いなと思った時だけレシート(ファーピャオ)をもとに、被害調査を依頼すればよいのだと思われる。

中国でルート検索やタクシー運賃予測に便利な百度(バイドゥ)の地図

日本だと、交通機関のルート検索などはGoogleマップなどの活用が一般的なのかなと思うが、中国だとインターネットの環境の都合で、Googleマップは使用できない。
しかし、中国国内では百度(バイドゥ)の地図で、ほぼ同様の検索ができる。
(パクリという意見は今回横に置いておいて、、)

●百度マップのアドレスhttps://map.baidu.com/

というか、本音を言えば私自身はGoogleマップが便利に普及してし始めた頃に上海に来てしまったため、本当の意味でのGoogleマップの使いこなしは知らないのだが。

でこの百度マップは何ができるかというと、Google同様に地点検索はもちろんのこと、A地点からB地点までの各交通機関のルート検索が可能になっている。
しかも、各交通機関の運賃まで計算される。

百度MAP検索

鉄道など公共共通機関に関する費用算出はたしかGoogleマップでもできていたと思うが、百度マップはタクシー運賃まで算出できる
まあ、ルート距離にタクシーの運賃算出を付加したものなので、そんなに複雑な機能ではないだが、知っておくと便利だし、よく利用させてもらっている。

百度MAPでタクシー検索

さらにこの百度地図が日本人にとっても便利なのは、日本語漢字で入力しても対応してくれるということ。
つまり日本語漢字で入力しても中国簡体字を基に、地点の候補を表示してくれる。

例えば「東」は簡体字だと「东(dong)」の表記になるのだが、東と日本漢字で入力しても検知して「东」で検索してくれる。
故に簡体字のピンインを知らない地名でも検索が可能である。
但し、駅という表記は中国では使用せず「站」となるので、駅を検索したいときは站と入力するか、「駅」を省略した駅名のみを入力を検索するほうがいい。

ちなみに英語での入力を試したところ、地図データが英字で登録されているような施設以外は反応せず、空港など国際性のある場所でさえ実用に耐えるレベルでは使えなかった。

やはり漢字利用にとどまるようである。

このような利用条件のもと、移動時間などを検索すると、大よそ正確な値が示され、その情報に沿った行動するとほぼ時間通りに行動できる。
仕事上で、初めて行く場所の客先の場合は、ほぼこの百度マップを利用している。

ただしルート上にバスが含まれてしまう場合は、バスの運行頻度に不安があるので、その運行頻度の想定分だけ保険をかけて時間を余分に見る必要があるが、基本的にはかなり正確な時間が算出される。

またこの情報はショートメールなどへも共有が可能で、スマートフォンではないガラケーや、移動中の外部での通信量を抑えたい場合などはテキスト保存できるので便利である。
まあ多少の中国語の理解力や入力の知識(ピンインなど)は必要だが、中国で移動される場合はぜひご利用いただきたい。

中国での行動にはBプランCプランは必須

 中国で長く生活していると、当初予定していた計画がうまくいかないこと多々ある。

 うまくいかない理由には色んな要素があるが、特に交通機関に絡む移動時間に関する不確定要素は非常に大きい。

上海の道路

最近でこそ上海は地下鉄網が発達してきたので、移動時間の読みにおいてはかなり正確性が高くなってきているのだが、それでもやはりバスやタクシー、あるいは航空機が絡む移動の場合は、まだまだ波乱要素は多く、予想した通りの時間で移動できる確率はまだ低い。

 そんな時に、大事なのはBプラン・Cプランの準備である。

 Bプラン・Cプランというのは全てが順調にいく想定で立てた予定をAプランとして、いずれかがうまくいかなかった場合の代替案をBプラン、Cプランと呼ぶのである。
 先日のオリンピックのカーリング種目の中継でも解説者から同様の言葉が使われ、ストーンをスローしたあと、理想通りの位置に届かないなどと判断した場合に、善後策としてBプラン、Cプランに導き、最小限の効果を得るという意味でつかわれていた。
 
 私も長い上海生活において、こういったBプランCプランの想定というのは自然と身についてきており、最悪列車が遅れたらどうするとか、道路が渋滞したらとかなどの想定を含みつつ行動をするようになった。

 しかし、日本から来たばかりの人というのは、日本のあまりにも定時性の高いシステムや交通機関に慣れきってしまっているので、予定の立て方がタイトになり、Aプランのみで行動しようとするので、ちょっとの狂いで計画がバタバタと壊れやすい。
 さらにAプランが実行できないばかりか、Bプランを用意していないので、全ての目的が果たせず、大きなやり直しや無駄が生じてしまうケースが少なくなく、そんな失敗をよく目にする。

 そうならないためにも、日常の些細なプランにおいても何が不確定要素で、遅れや間違いが生じやすいのか、よく見極めてBプランを含めた行動計画を立てるのが、中国でイライラせず行動するコツであり、大きな失敗を避けるための必須条件だという気がする。

タクシーより早く着く?上海の公共バス専用レーンは意外と強力

 上海で公共バスと言えば、遅い交通機関の代名詞のような存在だったが昨年あたりから異変が起きている。
 朝晩のラッシュ時はタクシーよりバスで移動したほうが早く到着するケースが増えてきているのだ。

 どういうことかというと、上海市内の主要幹線道路において公共バス専用レーンの設置が増えているからである。
 報道によると上海市では2015年末までにこういった公共バス専用レーンを市街地の主要幹線道路に32区間総延長300キロ設置したとのことで、既に市街地は概ね網羅したとのこと。

 実際上海市内を移動してみても片側三車線以上ある道路には概ね専用レーンが設置されたという印象になっている。

上海の公共バス専用レーンの標識

上海の公共バス専用レーンの標識

 この公共バス専用レーン、午前は7時から10時まで、午後は16時から19時までのそれぞれ3時間ずつ設定されており、沿道を出入りする車両と右折車両(中国は右側通行)以外は通行が禁止されており、誤って侵入した場合は罰則を受けるようだ。

 しかも実は渋滞の激しい平日だけではなく、週末を含め1年365日このルールが適用されるとのこと。

 この結果、朝晩のラッシュ時には渋滞を横目にすいすいと走り抜ける公共バスの姿がよくみられるようになったのである。
 タクシーも一般車両同様にこの公共バスレーンを走れないため、かつて公共バスより早く移動できるはずだったタクシーが追い抜かれる現象が起きている。

専用レーンを走る公共バス

専用レーンを走る公共バス

 もちろん朝晩ラッシュ時のバス内は相当混んではいる。

 しかし、タクシーより早く目的地に着く可能性が高いため、私も時間を急ぐ場合はバスを選択するケースが増えてきた。
 (まあ右折車両や沿道を出入りする車も少なくないため、度々走行が阻害されるケースもあるが、それでも渋滞に並ぶよりは速い印象)

 ただ、この状況には一般ドライバーから不満の声も出ており、不平等であるような意見のほかに、あまりバスが走らない区間にも専用レーンが設置され渋滞に拍車をかけているとされる。
 しかも迂闊に専用レーンに入ってしまうと、元のレーンに戻るのも容易ではない上に、罰則のプレッシャーもあるため、朝晩は常に緊張感のある運転が求められるようだ。

 しかしまあ上海のドライバー達には申し訳ないが、個人的な立場から言えば、上海で運転しない私にとっては公共バスの定時性は大変ありがたい話であり、車上の混雑さえ我慢出来ればタクシー費用も節約できて一石二鳥なのである。

 もとより、環境対策としてもマイカー通勤を止めてバスや地下鉄に切り替えることは大きな効果があるとされているわけで、PM2.5などの大気汚染に悩む上海市にとってはこの専用レーンの設置は一つ重要な施策であろうに察せられる。

 私としてもこの専用レーンの設置を含め、上海の交通網の更なる公共集約化によって上海の大気環境が1日も早く改善されることを是非期待したいのである。

輸送力が足りない上海虹橋駅と上海虹橋国際空港の足元

 最近よく地下鉄10号線を利用するのだが、龍渓路駅より西側の部分の運行本数が少なく、いつも混雑していることがとても気になっている。

 10分に1本程度しか運行されていないのである。

地下鉄10号線の案内板

地下鉄10号線の案内板
(2番目の列車は10分後)

 本来、10号線全体では5分に1本程度の輸送力は確保されているのだが、以前もブログで書いた通り車両車庫のため龍渓路から支線が龍柏地区の方に分岐している。
 (上海地下鉄10号線に支線がある理由

 そして分岐線での運行割合を1:1で割り振っているため、支線区間では10分間隔の運行となっているのである。
 確かに龍渓路駅より西には4駅しかないが、それぞれ上海虹橋国際空港のT1とT2上海虹橋駅、さらには虹橋長距離バスターミナルも抱えているわけで、そんじょそこらの3駅の乗降客ではない。

 つまりこれらの空と陸のターミナルへ流入してくる旅客を受け止めるべき存在であるはずなのに、この区間で10分間隔というのはどうも少なすぎると言った印象なのである。
 ただ、これらのターミナルには並行して地下鉄2号線も乗り入れており、こちらも含めればそれなりの輸送量となる。

 しかし地下鉄2号線に関しても一つ市内側の淞虹路駅で半分の列車が折り返してしまうため、市の中心部では最短3分間隔のものが、この区間では6分間隔程度になってしまっている。

 この結果、この上海虹橋枢紐ターミナルから市内へ向かう列車は常に非常に混んでおり、ラッシュ時間帯以外でも年中通勤時間帯のような様相を呈している。

夕方に市内へ向かう10号線

夕方に市内へ向かう10号線
(3月に撮影)

 このような状況を見て、ひょっとすると輸送力キャパが根本的に足りていないのではないかという印象を持った。

 そこで地下鉄のキャパと、ターミナル側の利用客数を簡単に計算してみた。

 まず地下鉄2号線だが、6分間隔とすると1時間10本となり、8両編成なので1時間80両となる。
 これから1両150人で計算すると、1時間に12000人の輸送キャパとなる。

 また地下鉄10号線は10分間隔とすると1時間6本なので、6両編成なので1時間36両となり、1両150人で計算すると、1時間に5400人の輸送キャパとなる。 
 つまり地下鉄2本合計で1時間に17400人の輸送力という計算となる。

 これに対して虹橋枢紐への流入は、まず空港が1時間に30本程度の発着があるとして、航空機の輸送客を1機150~180人とすると、4500~5400人/hという数字になる。

 で問題は上海虹橋駅だが、杭州方向と南京方向併せて1時間に20本程度の列車が運行されており、1編成が8両か16両でかなり輸送客数が違ってしまうのだが、まあ半々と仮定して1編成610~668人のほぼ中間値640X1.5X20=19200人/hという値がはじき出される。

 但しこのうち上海虹橋駅で降りずに南京方向から杭州方向へスルーする乗客が2割程度いると仮定すると、上海虹橋駅での降車客は最大16000人/h程度いるとなる。
 つまり上海虹橋駅と上海虹橋国際空港合計で1時間あたり2万人を超える利用客があることになり、これだけで地下鉄のキャパをはみ出してしまうのだ。

 さらに虹橋枢紐では長距離バスが1時間に50本ほど運行されており、定員40人として最大2000人/h、まあ平均乗車率6割として1200人/hが上記の数字に上乗せされる。

 そして忘れてはならないのが通勤客などの一般利用客の存在である。

 これについては参考となりそうな具体的な数字が拾えなかったのだが、大雑把に地下鉄全体で1日700万人の利用客として、これを350駅で割って1駅あたり1日2万人、営業時間18時間で割ると1時間あたり1000人ちょっととなるので、ここから言えば低く見積もっても上海枢紐周辺駅全体で2000~3000人/hの周辺住民の一般乗客がいるのではないだろうか?

 そして2号線の終点には国家会展という巨大な展示会場が設置されており、イベント開催時にはさらに利用客が集中することなることになる。

 もちろん、空港から高速鉄道の相互乗り換え客、あるいはタクシー・自家用車への流れる利用客もあるのだが、タクシー乗り場だと1時間で1レーン200~300人がせいぜいであり、自家用車利用者と併せても全体で1,000~2000人/hというところであり、相互乗り換え客も全体の1割くらいかなという推測である。

上海虹橋国際のタクシー乗り場

上海虹橋国際のタクシー乗り場

 こうやって計算していくと何やかんや1時間当たり最大2万5千人程度の利用客が虹橋枢紐に集中することになるり、全部が地下鉄に集中してしまうとと、1万7千人/h程度のキャパの地下鉄ではとても捌けないのである。

まあ、これらの数字の計算は私が拾った数字による大まかな概算でしかないが、10号線の混雑が輸送力の低さに起因するのは明らかであり、上海虹橋枢紐周辺は地下鉄が2本も乗入れながら、輸送力に余裕がないというか足りていない状態であって、それ故の混雑の常態化なのであろう。

 しかも今後、上海虹橋火車駅には青浦区からの17号線乗り入れが予定されており、既に建設も始まっていて将来的には利用客がさらに増えること必至である。

 これを解消するには輸送力の増強しか道はなく、個人的にはまだキャパに余裕のある10号線をどうにかするしかないと考える。

 つまり
  ①運転間隔の短縮②編成の増強
 である。

 このうち①の運転間隔の短縮は、合流部分で1時間20本の3分間隔で運転を行えば、分岐部で6分間隔、つまり上海虹橋枢紐へは3600人/hの輸送力アップとなり、これによって上海枢紐全体における地下鉄キャパはほぼ2万人/hを超えることになる。

 さらに②の編成の8両化を行えば輸送力は30%以上アップすることになり、これでようやくキャパが2万5千人/hに近づくことになりトントンといったところである。 
 地下鉄当局がどの程度この混雑状況を重く見ているかわからないが是非改善を検討してもらいたい10号線の実態である。