上海市内は2021元日からレジ袋禁止、有料提供も駄目

先週突然に情報が出回って、既に大方周知されていると思うが、上海市では2021年元日から使い捨てレジ袋の提供が禁止になる。

 今までも完全有料化は行われており、無料提供は禁止されていたのだが、一歩進んで有料提供も禁止となる。
 スーパーやコンビニなど小売り販売店の全てである。

上海市内のコンビニエンスストア

 但し禁止されるのは使い捨てのビニル袋であり、紙袋などは許可される。

既に大手のファーストフードチェーンなどは紙袋への切り替えが進んでおり、また分解性のショッピングバッグなどの販売などへ切り替えられると思われる。

 同時に禁止はされていないがプラスチック製のストローなども、スターバックスでは既に紙製のストローが採用されたり、マクドナルドではストローなしの蓋へ切り替えられるなど対応が進んでいる。

私自身も、今朝いつものようにコンビニで食事を買って、袋に詰めてもらったところ、「明日からは提供できなくなります。」と言われた。
 私としての対応策として、いつもショッピングバックを持ち歩くようにしているが、果たしてこれで間に合うのかどうか、元日以降が心配である。
 暫くの間は不便かもしれないが、まあじきに慣れるのではないか。

それにしても上海市は環境に対する行動が速い。
日本がごにょごにょ反対している間に、先に進んでしまうのがこの街なのである。

ベートーベンのショッピングバック

ベートーベンのショッピングバック





にほんブログ村 海外生活ブログ 上海情報へ ブログランキング
上海(海外生活・情報) ブログランキングへ
ブログ王ランキングに参加中!
ブログの惑星ランキング




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

CAPTCHA