Tag Archives: タクシー

対ドルで円安だが、円と人民元のレートは横ばい?

 最近のドル円相場で、5月初めにくらべ円安に振れてきており、今日お昼の相場で1ドル110円台後半までじわじわと動いてきて、昨日は一時111円台まで戻った。

 某首相の消費税率引き上げ延期発言が功を奏したのか、はたまた全く別の原因か分からないが、現時点は1ドル=110円付近で推移している。
 こうなると、気になるのは仕事や生活に直接関係のある円と人民元の関係だが、実はドル円相場の数字ほどには変動が起きておらず、1RMB=16.75円前後となっており5月初めの16.3円に比べ2.7%しか動いていない。

 ドル円が4.7%も動いているのに比べ、ずいぶん差がある状況となっている。

 この差を生んでいるのが何かと言えば、ドルと人民元のレートであり、1ドル=6.58人民元までドルに対して下落しているのである。
 このおかげで円は対人民元で、対ドルほどの下落とならなかったようである。

 この動きの原因をどう見れば良いかについては、専門家に分析を任せるとして、日中間の経済の中で暮らす私にとってはひとまず安心材料である。

 上海の物価について、幾つかピックアップしてちょっと換算すると下記のようになる。

上海のビッグマック

上海のビッグマック

 マクドナルド ビッグマックセット 25元=419.5円
 サントリー烏龍茶 500ml 1本 3.8元=63.78円
 地下鉄初乗り        3.0元=50.36円  
 タクシー初乗り(3㎞まで)  14元=235円
上海ディズニーランド 大人1日券 499元=8378円
 最低月額賃金         2190元=36767円

 こうやってみると、人件費はまだ低い面もあるが、庶民的なものの価格は日本の5~6割、全く同じ品質を求めるとほぼ日本の物価とさして変わらないか、高いくらいのものとなっている。
 最近何となく振り幅の大きいレートが、凄く気になっており、油断すると数%くらいすぐ動いてしまうので、なかなか緊張感の有る状況が続いている。
 

中国販売シェア20%のVWと中国の大気汚染

 先月に発覚した独フォルクスワーゲン(以下VW)社の不正車両問題だが、中国でも事件について触れられているものの、ニュース上ではどちらかと言うと対岸の火事的扱いになっている。

 と言うのも、今回不正ソフト搭載が発表されたVW社の車種というのは中国全土で2000台弱しかないというのだ。

 つまり、一部の金持ちだか誰かが輸入しているだけで、中国国内の対象車種は非常に少ないので、ほとんど問題ないというスタンスらしい。

 果たして本当にそうなのだろうか?

 実は近年中国においてVW社の新車販売における市場占有率は20%前後を推移し、圧倒的な強さを誇っていて昨年2014年は年間368万台も販売しているメーカーとなっている。

 もちろんこの数字全体にはガソリン車も含まれているが、とにかく物凄い勢いでVW社の車が中国の路上に増え続けている状況となっている。

 しかも上海のタクシーはほとんどがVW社製である。

 ほかの都市の状況は知らないが、それなりに多くの都市でVW社の車両が導入されていてもおかしくないだろう。

 このようにVW社は高い市場占有率を誇り、多くの車両が日々運行される状況になっているが、そこに出てきたのが今回のVW社の排気規制逃れの不正ソフト問題である。

 規制値の40倍もの排気ガスを出す車両が見つからないように設定されたというニュースなのである。

 普通に考えてあの不正操作は現場だけで実施できるものではないことから会社ぐるみで行われていることはほぼ間違いないだろう。

 つまりそういった不正体質に染まったメーカーの車両が中国に大量に入り込んでいるこんでいることになる。
 そして規制値の最大40倍も有毒物質を出している可能性があるともなれば、近年問題になっている大気汚染の元凶としても疑いの目がかかってくる。

 さらに加えて、中国の文化土壌である。
 袖の下の加減で物事が許可になったり不許可になったりするこの国のことであるから、もしVW社の不正が意図的に見逃されていたようなことがあったとしても何ら驚かない状況がある。
 故にガソリン車とかディーゼル車の区別に関わらず、実は中国の検査基準をパスできない車が入り込んでる可能性は否定できないのである。

 もちろんこの事は中国の検査体制に問題、つまり行政体制のメンツにもかかってくるので、はっきり明るみに出ない可能性はある。

 ただ、これらの状況から察するにVW社の車両にメスを入れることによって、もしかしたら中国の大気汚染解決に近づくのではないかといいう発想が捨てきれない今回のVW社の不正問題のニュースとなっている。

上海のタクシーが値上げを検討しているらしい

 国際燃油市場の値下がりによって航空機やタクシー運賃に加算されていた燃油特別加算運賃、いわゆるサーチャージは全国的に取消や値下がりの傾向にあるのだが、どうやら上海では逆に値上げを検討しているという東方網のニュースを目にした。

 現在3キロまで初乗り13元(+燃油費1元)となっている運賃を1元引き上げて14元にしようというのだ。

 さらに距離加算運賃を1キロ2.4元から0.1元引き上げて2.5元にしようという案が出ているという。

 或いは初乗りは13元のままで距離加算を1キロ2.7元に引き上げるという別案も有るらしい。
 いずれにしても値上げを検討しているのは確かのようで、現在の燃油費の扱いがどうなるか分からないが、少なくとも距離加算は値上げするのが既定路線らしい。

 記事によると昨日10日に公聴会が開かれ、識者だか市民代表から意見を聞いたが、概ね値上げに賛成だとしているようだ。
 もちろん反対者もいたようだが、日本の首相の私的諮問機関の如く出来レースなのかどうか知らないが、どうもそのまま案が通ってしまうような雰囲気の記事だった。
 具体的にいつ値上がりすると、そういったことまでは書かれていないが、原油の値下がりよりも人件費の値上がり分のコストの影響が大きいようで、雰囲気的には上海のタクシーは春くらいまでにまた値上がりが避けられないような印象になっている。

上海のタクシー

上海のタクシー

遠くに行くほど割高になる中国のタクシー

 日本と中国で同じように各都市ごとに運営されているタクシーだが、実は料金体系の慣習について、日中で大いなる差が存在する。

 それは中国のタクシーは遠くへ行くほど運賃が割高になるように設定されている点である。
 これはどういう事かと言うと、中国ではある一定以上の距離を越えると、出発地点へ戻るための営業補償として、距離加算が割増しになるという仕組みが慣習として取り入れられている。
 つまり僻地などへお客さんを運んだ場合に戻りのタクシーは営業が保障されないのでその分の補償を、僻地へ連れていったお客が面倒を見るという発想になっている。

上海のタクシー

上海のタクシー

 たとえば上海の場合を例にとると、現在初乗りは3キロまで燃油費込みで14元、3キロ以降は10キロまでが1キロあたり2元、10キロを越えると1キロあたり3元となり、10キロを境に距離加算費が50%もアップする。(参考:空港ドットインフォ
 実際の料金で言えば3キロまでが14元、10キロちょうどで28元、20キロちょうどで58元、30キロで88元とどんどん割高になる印象となる。
 このあたり、料金の単価は違えど中国のどの都市でも一定距離を越えると割増運賃が加算されるのがこの国の慣習となっている。

 しかしこの点について、日本の東京のタクシーの状況を見ると、2キロまでの初乗りが730円、その後280mごとに90円増しと設定され、合計金額が9000円を超えると超えた分が1割引きとなり、こちらは距離が伸びるほど割安になるように設定されている。

 まあ東京のタクシーは元々の運賃単価が上海より遥かに高いということはあるのだが、遠くへ行くほど割安になるのが日本のタクシー運賃設定であり、中国とは真逆の対応となっている。

 それ故に、例えば30キロの距離ならばタクシーを乗り通すより10キロごとに2回乗り継いだ方が安上がりになるという現象も発生する。

 ただタクシーに乗るときは大体そういうケチ臭い料簡では乗らないはずなので、乗り継ぎなどはとても面倒くさく、結局はその料金体系によってうまくタクシーに儲けられてしまうのが中国のタクシー事情となっている。

混み過ぎ!浦東空港の機場6線リムジンバス

 先日、上海浦東空港からの市内に戻ってくる時間が遅くなってしまったのでリムジンバスの機場6線を利用することにした。

 この機場6線は元々、上海市内の中山公園と浦東国際空港を結ぶリムジンバスだったのだが、地下鉄2号線が浦東空港まで繋がってしまったので利用客が激減し日中の運行が廃止された。

 しかし地下鉄の終電が22時で(当時は21時)終わってしまうので、その後の足として、現在も21時~0時までの間だけ空港→中山公園方向のみ片道運行のリムジンとして残されている。

 ということで乗れる機会が激減してしまった機場6線だが、今回たまたまそれに乗れるチャンスというか、乗らざるを得ない状況になってしまったので挑戦してみることにした。

 (本当は静安寺行きの機場2線のほうが圧倒的に早く着く)

機場6線の案内標識

機場6線の案内標識

 さて、この機場6線は30分置おきの運行との案内であったので、22時5分から待ち始めた自分は恐らく22時半まで待たなければならなかった。

機場6線の案内情報ボード

機場6線の案内情報ボード

 まあ急ぐつもりならこのバスには最初から乗るつもりもないので、それは構わなかったのだが、結局バスが来たのは22時35分頃で想像以上に待たされた。

機場6線車内

人影で車内が真っ暗、後方はもっと狭そうだった。

 そして驚いたのはその混み具合である。

 深夜路線なので、ガラガラの状態で客が数人という状況を想像していたのだが、それはとんでもない誤りであったことを思い知らされる。

 私は長く待たされたこともあり運よく早いタイミングで乗り込み、座席を確保できたのだが、乗客がゾロゾロ後から後からやってくる。

 最初2人掛けの隣に荷物を置いてのんびり構えていたが、あっという間に席が埋まってきたので、手荷物は足元に置いた。

 すると比較的体の大きい私を上回る相撲取りクラスの大男が私の隣に座った。

この時点で私は、
「何でわざわざガタイの大きい2人で狭苦しく並んで座らにゃならんのか」
と思ったのだが、そのうちそれはまだマシな状態であることを知らされる。

 まだまだ客が乗ってくるのある。

 そして立ち席客が何人もいる状態でようやく22時50分頃第1ターミナルを出発する。

預けた荷物の引換券

預けた荷物の引換券

 そしてまさかとは思ったがやはり第2ターミナルにも停車。

大勢の人が待ち構えている。

 そしてさらにどんどん乗ってくる。
バスは中央通路はおろか乗降ステップまでギュウギュウの寿司詰状態となった。

 「うわぁ、乗りすぎだよ、通勤ラッシュのバスじゃないんだから。。。」
 酷い混みようである。

 こうやってみると、椅子に座れたことはラッキーであり隣の大男のおかげで中央通路の乗客のプレッシャーを受けずに済んだことがラッキーだったようだ。

 まあ今回、この機場6線を遊び心で乗ってみたが、今後はできるだけ避けようと思うほどの混み具合だった。

 24時間空港として恐らく深夜便が増えているはずの上海浦東空港だが、市内への足は実は成田空港などに比べかなり貧弱であることは否めない。
 昼間でさえリニア1本と地下鉄1本、バス8路線では少なすぎる気がする。

 ましてや他の手段が次々に無くなる夜間は、タクシーに比べ大幅に安いリムジンバス(バス24元VSタクシーは200元弱)に集中するのは当然のことのように思えるのだが、その割には30分に1本しか運行されない状態というのはどうもバランスが悪い。

 深夜時間帯の飛行機の便数の計算などはちゃんと考慮されていないのではないかと疑いたくなる。

 深夜にゆったりと飛行機で帰ってきても地上の足がこれでは、どうも国際空港としての名折れのような気がする。

 ところで機場6線は中山公園行きと書いたが正確には、安化路X定西路に到着し、地下鉄の中山公園駅とはちょっと離れたところに到着し、駅のそばには停車しない。

 それほど大した距離ではないが地理感覚が分かる人ならいいが、分からないひとは事前に確認してから使ったほうが良いであろう。