Tag Archives: ローソン

地下鉄駅の好徳(ローカルコンビニ)

上海公共交通カードへの現金チャージならローカルコンビニが便利!

昨年12月から上海の100駅もの多くの駅で、現金による上海公共交通カードへのチャージ取り扱いがなくなった。

基本的には充値機(チャージ機)に切り替えられたのだが、このチャージ機というのがちょっとは厄介もので、現金によるチャージが出来ない。

上海公共交通カードチャージ機

上海公共交通カードチャージ機

 中国の銀行発行の銀聯カードがあり口座にお金が入っていれば事足りるので居住者にとっては概ね問題ないのだが、口座のない短期滞在者などにとっては、現金チャージが出来ず結構不便なのである。

 また長期滞在者であっても、駐在者の付随家族などの立場で自分の口座を持っていなければ、いちいち家族に頼まなければいけないことになり、非常に面倒くさくなった。

 このように中国で電子決済が進むことは大変便利であると感じる一方で、電子マネーでなければ決済できない場合があり現金を手にしていても平等なサービスを受けられないというサービス格差が生じつつある。
 つまり現金が手元にあっても、役に立たないことがあるのが中国の現状である。

 その象徴の一つがこの公共交通カードのチャージ機である。

 しかし、どうやらそのような不便さを感じていたのは我々外国人だけではないようで、中国のニュースサイトにおいても今回機械化された駅周辺を中心に現金チャージが出来るスポット一覧というものが紹介されていた。

 その中心となるのがローカルコンビニチェーン及び銀行などである。

地下鉄駅の好徳(ローカルコンビニ)

地下鉄駅の好徳(ローカルコンビニ)

さすがに面倒くさいので全店舗の紹介はしないが、チェーンブランドを挙げると
好徳
可的
良友
聯華OK(スーパー)

などであり、確実に全店舗かどうかわからないが概ね現金チャージ可能なようだ。
そのほかは
浦東発展銀行
郵便局
なども対応できる模様。

上海の郵便局

残念ながら日系のコンビニ(ファミマ、ローソン、セブン)などは対応不可であり、台湾系のC-STOREなども含まれておらず、中国系のコンビニからはじき出されたような格好になっている。
まあやや不便になった上海公共交通カードだが、現金チャージに困った時は駅を出て、ローカルコンビニを探してみれば解決する可能性があるようである。
ぜひご参考に!

ローカルコンビニは減った?

 普段からよくお世話になるコンビニだが、そういえば最近はいわゆるローカルコンビニを見かける機会がめっきり減ったような気がする。

 ローカルコンビニと言えば、好徳・可的・良友などであるが、このうち良友はまだそこそこ見かけるが、好徳などは最近どこで見かけたのか思いだせないくらい見かけていない気がする。

上海虹橋空港T1のローソン

上海虹橋空港T1のローソン

 もちろん、100%無くなったわけではないし、探せばそれなりにあるのだがどうも印象に残らなくなっている。

 というか、ローカルコンビニに頼らずとも、ファミマ・ローソン・セブンイレブンの店舗数が充実してきているため、この3つの位置を把握していれば基本は事足りるので、ローカルコンビニに行く必要もないし位置を把握する必要もなくなっている。

 空港や地下鉄駅にあるのも基本はほとんどがファミマかローソンになっている。

上海浦東国際空港のファミリーマート

上海浦東国際空港のファミリーマート

 まあ、この日系とローカルのコンビニに関して中国人達はどう感じているのか知らないが我々日本人にとっては雰囲気とサービス、品揃えに圧倒的な差がある印象である。

 特に品揃えに関しては、ローカルコンビニは日系メーカーの納入を拒んでいるのかどうか知らないが、台湾系や中国系のメーカー製品ばかりでかなり物足りない。

 しかも茶系飲料などは、日系とそれ以外でクオリティに差がある(好みの問題かもしれないが)ので、日系の飲料を扱っているお店に行くとなると、どうしても日系のコンビニになってしまう。

 それ故に、どうしても緊急で飲み物が欲しい時など以外は、ローカルコンビニは利用しなくなっているし、やはり店舗数自体が減っているような印象がある。

 実際の統計上の数字は見てないが、どう見ても競争力と出店の勢いの面で圧倒的に差があり、上海でも日本同様に日系3社の独壇場になりつつあるという気がするのが上海のコンビニ状況である。

ローソンのお弁当が復活

先週から姿の見えなくなっていたローソンの弁当だが、予告通り今日から復活していた。

95554_1

 復活第一弾なのだから弁当のメニューのラインナップにも多少の変化があるのかなあぁと思いきや、全く変化がなく、以前と同じような商品ばかりであった。

 まあ多少のリニューアルを期待していた私にとっては、少々拍子抜けではあるが、まあ弁当が戻ってきて何よりである。

ローソン弁当事件の続き、復活は来週?

この週末にローソンの弁当が欠品していた件の続報だが、今朝近所のお店を覗いたところ、全く違うブランドのお弁当が置いてあった。
 で、張り紙にはやはり御飯工場の改造で、来週月曜から新しいお弁当となりますとあった。

95242_1

 うーん、解決が1週間も先とはやはり何かあったに違いない。

 取りあえず今朝はサンドウィッチは配達されており、サンドウィッチ工場は問題がなかったようだが、お弁当は明らかに代用品であり繋ぎの商品だった。
 その証拠にそれを買ったお客さんが温めてくれと頼んでも、何分温めていいのか分からないような状態だった。

 果たして一週間後に正常に回復するのか?まだまだ予断を許せないローソンのお弁当欠品状態である。


ローソンに弁当が無い!工場が改造中?

 昨日今日と近所のローソンに弁当が配達されていない事態が勃発している。
 いつものお弁当コーナーには張り紙がしてあり、工場が改造中なのでお弁当の販売がありませんとある。
 全部のローソンで欠品しているのかどうかは知らないが、私の近所の複数のローソンで弁当が欠品していた。

 お弁当のないコンビニなどコンビニとしての価値が半減というか、ほぼ価値を失っているとも言え、かなりの異常事態だ。

 まあ肉まんなどのファーストフードは辛うじて売っているが、これでは客足はあまり稼げまい。

 恐らく張り紙の言い訳は単なるお客向けの建前であって、実態はもっと深刻な別の状況が発生しているに違いない。

 当たり前の話だが上述の通りコンビニにとって弁当は看板商品なので、予め分かっている弁当工場の改造なら、別の仕入れ先を予め手配するなどの対応が可能だからだ。
 
 それが欠品の状態になってしまったということは恐らく、対応策が立てられない程に急に状況が生じ、欠品にせざるを得なかったということだろう。

 例えば、衛生管理などについて当局の指摘を受けて弁当工場を停止するような事態があったとか?
 或いは日系のコンビニということでこの日中関係の悪化の影響を受けて急遽取引を停止されてしまったとか?
 或いは春節明けで弁当工場の人員確保が出来なかった、或いは大気汚染関連で急遽排煙対策を要求されたなどなど、中国ならではというような理由が幾つか想像できる。
 
 まあちょっと前ならローソンは中国側の商社の資本もかなり入っていたから、多少の事では大打撃を受ける前に融通を効かせることも可能だっただろうが、現在は日本側で株を買い直してしまったようで、完全に日本主導の企業となっている。

 こういったところが欠品の事態を回避できなかった一つの要因でもあると考えられ、寧ろ嫌がらせを受けてもおかしくない状態となっていたわけだから、今回のようなとんでもない事態の発生は何となく理解できないでもない。

 この点で他の日系のコンビニは台湾経由で資本を入れており、名目上は台湾の資本の会社として中国に展開しており、日本からの直の投資よりはリスクが少ない状態だと思われる。

 いずれにしても、この弁当無しローソンの状態は何時まで続くのか、しばらくは観察が必要な事態だと思っている。