Tag Archives: インターネット

今時の中国向けレンタルWIFIルーターはVPN付き

 昨今の中国のインターネット事情は不便を増すばかりであり、ますますスムーズさを欠いて、日本のサイトへの接続速度がひどくなりつつある。
 頼みの綱のVPNも、よく途中で途切れるようになった。
  まあ動画などを見ている最中に途切れるようなことはあまりないのだが、YAHOO検索などをかけたときに突然ぷつりと途切れてしまい、回復に時間がかかる。

 以前からも中国の重要な会議などが行われる時期などは非常にパフォーマンスが低下することがあったがここ1~2週間はちょっとひどい。

 恐らく最近の要因はトランプ大統領の発言などを発端とした貿易戦争などが原因と推測するが、まあこの国はそんなはっきりしたことは言わないで、ただ突然に繋がりが悪くなる。

 この国はインターネット環境さえもう少し良ければ、まだストレスなく過ごせる国なのだが、どうもここが一番の生活ネックである。
 ところでこのように住んでいる者にとっても不便なネット環境の中国であるから、短期で訪れる旅行者にとってはもっと不便だろうと思っていたのだが、最近はちょっと事情が違うらしいということを知った。

成田空港の香港航空機

 どうやら日本の空港でレンタルされるWIFIルーターに、予めVPN回線への接続がセットされているようである。
 つまり、中国に入境した後、中国側のWIFI環境には繋がず4G回線などの公衆回線に繋がるWIFIルーターを使い、そのルーターにセットされたVPNポイントに接続することによって、例えばLINEやグーグルなどの中国国内では直接利用できないサービスが利用できるようなのだ。

 よく考えてみるとこれは、賢いというか当然のサービスであり、利用者は日本同様のネット環境を持ち込みたくて、当然のごとくスマホやノートPCを持ち込むのでこれはとても需要が高いサービスと言えるである。
 もし、それらのサービスに繋がらないようで有れば、スマホは単なるカメラ付き携帯電話と化してしまうので意味がなくなくなるのである。
 先日このレンタルサービスを行う業者のサイトを覗いたところ、「特別回線」など表現されているが、これは明らかにVPN回線のことであり、まあ横文字に弱い人のことを考えてこういった表現にしてあるのだと思われる。

 レンタル料は1日1000円前後であり、決して安いとは言えないが、中国現地でグーグルマップなどでの位置情報やYAHOOなどで情報検索する必要性を考えると、できれば付加すべき機能ではある。
 もちろん中国語の現地情報などはあるが、外国人にとって自国言語で書かれた地下鉄路線図などのほうが使いやすいのである。

 幸いWIFIルーターの場合は複数人接続が可能なので、旅行同行者全員で共有しても良いだろう。

 もっとも、VPN回線契約だけならば月1000円程度なので、現地のスタバなどでのWIFI接続を主にして利用するのであれば、短期のVPN契約をして、ルーターを借りずに済ます手もある。
 しかし、海外ローミングでの4G回線(公衆回線通信)利用はやはり通信費が馬鹿にならないので、4G対応のスマートフォンを持っていたとしても、WIFIルーターを利用するのが賢明なのではないかと思われる。

 いずれにしても、旅行者にとっては中国のインターネット環境に対してそれほど極度に構える必要はなくなってきたと言えるだろう。

成田空港出発検査場入り口

 ただ、ここで気を付けておきたいのは、恐らくVPN回線は完全なフリーパス回線ではないでろうということ。
 どういうことかと言えば、恐らく通常は警察に止められている道をVPN回線は許可証を見せて警官の前を通り過ぎているようなものであって、決して警官の見えない裏道を抜けているわけではないだろうと察せられる。

 つまり、VPNであろうとなかろうと常時通信内容などを見られている可能性があるわけで、法律的に禁じられている違法な行為はやはり違法で、場合によっては逮捕されたりする可能性があるため、くれぐれもネット上での言動や行動は慎重に行った方が良いだろう。
 そこを忘れなければ、短期旅行者であっても中国国内で一応は日本と同じようなネットサービスは受けられる環境になったようなのである。

酵素効果?2か月で5キロ痩せた。

 ここ1~2か月で急激に体重が減って驚いている。
 測りだしの時期の体重はいつに何キロだったかは正確には覚えていないのだが、まあ長らく自分の体重の平均値だったはずの重量から現時点で確実に5キロは落ちている。

 昨年末に体重が増えた頃に比較すると、7~8キロは減ったのではないだろうか?
 おかげで長年超えられなかったダイエット目標値をあっさり割ってしまった。
 
 どうしてそんなに減ったのかと言えば、恐らく野草酵素を飲み始めたことに理由がある。

 そもそも「ダイエットしてやる!」って言うほど、気合が入ってなかったのだが、ネットで野菜酵素が腸など体にいいことを知り、2月上旬に買って飲み始めたのである。
 すると飲み始めは、水をやたら飲めたり、腸にガスが溜まったり度々トイレに行かなければならないほど頻尿になったりした。

 ただ、これは酵素が効き始めている証拠だとやはりネットに書いてあったので、やはり継続的に飲み続けた。

 そうして1~2週間続けていった頃、ふと体重計に乗ったところ、結構体重が落ちていることに気が付いたのである。

 従来の平均値から3キロくらい減っていた。

野草酵素

 特別食事を変えたわけでもなく、まあ普段通りというか、どちらかというと寒さと天候不順で運動不足気味の生活を送っていたので、体重が減る理由は無かったのにも関わらずである。
 確信は持てないが恐らく酵素が効いているのであろうと判断した。

 で、3月に入っても、摂取を続けたところ、やはり体重が徐々に減っていった。

 3月は送別会などが多く、宴会食などが多かったのだが、さすが宴会の翌日はややリバウンド気味だったものの、それ以外の日はほぼ前日値より下がっていた。
 そしてとうとう4月を迎える前に、目標体重を切ることが出来たのである。

 もちろん体重は季節的な変動もあるわけで、酵素サプリが効いたとも言い切れないではあるが、これまでなかなか超えられなかった壁を意図も簡単に突破したことを考えれば季節的変動だけでは説明できない。

 またちょっと警戒しているのは、実はガンなどの病気の影響で体重が落ちたのを酵素のおかげで勘違いした可能性もあるだろうということ。

 がんや糖尿病、ネフローゼ症候群など、ネット上に書かれている症状に重なるところも気にならないわけではない。
 こればっかりは、実際に検査してみなければ分からないが、そこまで深刻そうな自覚症状が出ているわけではないので大丈夫なのかなとは思っている。
 
 万が一そういう病気だった場合はそん時はそん時だなと考えるようにするしかなく、とりあえずは気にしないようにしている。

  ただ、大きな自覚症状はないが、やや体重減の身体に慣れていないのか、少々ふわふわしている感覚はある。

 体重が減ってくれることは嬉しく、少なくともあと5キロくらいは痩せる余地がありそうだが、体力的な影響もあるだろうから摂取は続けながらも体重減少が急激になり過ぎないよう食べるべきはきちんと食べるべきなんだろうなとは思っている。

 また野草酵素の摂取を続けていると、相変わらず頻尿気味でガスも出るので、コンサートとか迂闊にトイレに行けない予定がある時の前日などは控えた方が良いようである。
 このように気を付けながらではあるが、夏までにスリムな自分になることをぜひ期待している。

上海で(運が良ければ)コンサートチケットを半額以下で買える方法

 一昨年くらいから上海において、コンサート通いを復活させ始めているが、クラシックのコンサートのチケットは決して安くはない。

 まあたまに20元とか30元とかで聴けるコンサートもないわけではないが、大体が最低でも1回180元くらいの出費となる。

 私などは席の位置にこだわらないし、コンサートホールの響きの中に身を置いて、生の演奏に接することが出来れば満足な人間なので、どんなに端っこの方でも構わないのだが、そんな席でさえ100元以下が設定されていることは滅多にない。

 しかも月1回程度の出費なら止むを得ないが、それではなかなか物足りなくなってくるので月2~3回通うことになり、その分だけチケット代が嵩んでくる。

 これらをもっと安く済ませる方法を探していたところ、運が良ければチケット代が半額以下になる可能性のある方法を見つけた。

 それは、2次チケットエージェントを通して買う方法である。

 中国には「摩天輪」や「票牛」などのサイトなりアプリなどのチケットサイトがある。

票牛のスマホサイト

 これらのサイトでは、公式サイトではSOLDOUTになったようなコンサートでもチケットを扱っていたりするので私も時々覗いている。

 このサイト、人気の公演などではチケットは残っていても、金額が上乗せされているような状態になっており、いわゆる日本のオークションサイトのような状態になっている。

 ただ、逆にそれほど人気のない公演だったりすると、販売額が額面割れしているような場合もあり、運が良ければ額面の半額以下になっているようなこともある。

 先日も、この票牛のサイトで、上海フィルの公演について額面が380元のチケットを、135元で手に入れて聴くことが出来た。

 完全に半額以下である。

 まぁ、ここまで安くなっていることは滅多にないのではあるが、額面より1~2割安くなっている公演は結構見かけるので、こういったシステムを利用すると、コンサートチケットを安く手に入れられるし、運が良ければ半額以下になる場合もあるのである。

票牛の購入画面

 支払いは微信支付支付宝などの電子マネー払いであっという間に終わり、支払い後にチケット手配完了と受け取り方法を知らせるショートメールが届く。

 なお、この方法でのチケット購入には、若干の中国語力が要求される面もある。

 一番面倒なのはチケット受け取り時である。

 何週間も前からチケットを購入した場合は、事前に指定先へバイク便で送ってくるから住所さえスマホ上で打てれば中国語力はそれほど必要ないが、直近で購入したりした場合は当日の公演直前に会場受け取りとなる。

 配送員が当日の公演開始1時間前くらいにやってくるので、電話で連絡を取りながら配送員を見つけ、チケットを受け取ることになる。

 当然先方は日本語も英語もできないので、中国語で意思疎通をする必要があるのである。

 どういった仕組みでこのようなチケット手配システムが成立しているのかわからないが、恐らくダフ屋が正式にビジネスとして立ち上げたダフ屋連合的な仕組みなのであろう。

 恐らくこれらは公演主催者にとっては非公式のサービスであり、このチケットについて公式窓口に問い合わせても、うちは関係ないといわれてしまうので、あくまでも連絡先は購入サイトととなる。

 中国で白タクがビジネスとして公式化してしまっているのと同様に、ダフ屋も公式ビジネス化してしまっているのだと推測される。

 その証拠として、会場近くでチケットを渡してくれる人はダフ屋の一人と目される人だったりするのである。

 しかも複数のサイトのお客を一人で扱っている人もいる。

 そういえば、中国語でダフ屋は「黄牛」であり、「票牛」の「票」は「漂亮=綺麗の意味」に繋がる面もあって、差し詰め「まっとうなダフ屋」という洒落なのかなとも察する。

 まあこのビジネスが社会的に法律に全く反しないのかどうかは分からないし、いつまで続くビジネスかわからないが、今のところトラブルもなく便利に利用させていただいている。