Category Archives: コミュニティ

上海のコンサートの19時半開始の習慣はありがたい。

 上海でのクラシックのコンサートなどエンタメ系の夜の公演は、たいてい19時半開始になっていて日本より遅い。
 これは非常に利用しやすい時間だと感じている。

 日本のコンサートや演劇の類は、平日の夜の公演は大半が19時開始の慣習になっている。

 まあ土曜日など週末は昼の14時や18時開始の公演などもあり、プロ野球のナイターなどは18時開始が多いが、コンサート系の平日夜公演はやはり19時開始である。
 これらは恐らくいずれも帰宅する時間を意識した時間設定と思われ、およそ21時に終了することを目安に開始時間が設定されていると推測される。

 しかし聴衆・観衆にとっては、19時開始に合わせて出かけようとする場合、18時定時の仕事だと会社を慌てて出ても60分しかないことになる。

 まあ駆けつけるだけなら60分あれば、山手線周辺から都内の主要コンサートホールや劇場などは何とか間に合うようにたどり着ける。

 しかし、出来ることならサンドウィッチの一つでもお腹に入れた状態で、開演15分前にはホールに入って着席したいのだが、18時からの移動ではとてもそこまで余裕は持てないはずである。

 以前に日本時代に働いていた会社は17時半終業であったため、かなり余裕をもって何れの会場に到着することができたが、もし18時終業の会社であったなら、なかなか難しかったのではないかという気がする。

 これに対して上海のように19時半開始ならプラス30分の余裕がある。

 コンサートによっては上海交響楽団のように20時開始に設定されている場合もある。

上海交響楽団ホールの客席

上海交響楽団ホールの客席

 いずれにしても上海中心部での職場なら、18時の定時で仕事を終了することができれば、移動と軽食の時間を考慮しても開演には何とか間に合わせることができる。

 まあ今の私の仕事は17時には会社を出られるので、いずれの時間でも間に合うタイミングで駆けつけることができるのだが、もし仕事終了が18時であったとしても19時半なら十分間に合うのである。

 ただ開演が遅いと逆に心配になるのが、終演後の帰宅の足である。

コンサートなどはおよそ2時間を目安にプログラムが組まれているので、平均21時半終了、或いは22時までとなる。

 上海市の場合はもし22時が終演になったとしても、地下鉄の足は一応確保されており、大よその地下鉄路線の終点駅まではたどり着くことができる。
 すべての地点を検証したわけではないが、地下鉄は22時30分に最終列車が始発駅を出発するようにダイヤが組まれているので、よほど遠くなければなんとか帰れるはずである。

 また最悪途中でタクシーを利用せざるを得なくなっても、タクシー料金を考えれば、東京に比べそれほどひどい出費が必要になるわけではないし、深夜バスが走っている区間もあり、それなりに足はある。

 そういった意味では上海での音楽鑑賞環境は東京に比べ恵まれていると言える。
 もちろん聴衆マナーを含めて考えると本当に良い環境であるかは疑問符が付くのだが、昼間の労働者が勤務後にエンタメを楽しむためには非常に嬉しい時間設定の習慣とも言える。

 この上海の状況に比べると実は日本の東京などのエンタメ環境は、それほど洗練されているとも言えないということになる。
 19時開始では都心の劇場やコンサートホールの夜公演はその周辺で働いている方か、勤務終了時間が早いなど時間が比較的自由になる人しか利用できない状況になっているからである。

 まあプロ野球など、遅れて入場しても問題なく観戦しながらお弁当が食べられるような環境の催し物の場合は、18時や19時開始でも良いかもしれないが、コンサートや舞台は最初から楽しみたいのが当然なのであり、遅れたくなく、その設定として19時開始はちょっと苦しいのである。
 
 特に私のようにコンサート通いを趣味にしたい者にとっては、コンサートのたびに会社を休めないので、30分遅くスタートしてくれる上海の環境は意外と美味しいということになる。
 最初はこの30分遅い時間設定にやや違和感を感じていたのだが、今となっては恵まれていたのだなと感じる今日このごろである。
 東京も出来れば、開演時間がもう少し遅い時間になると嬉しいのだが、出演する側の拘束時間や観客などの帰宅の足を考えると、なかなかこの習慣を変えるのは難しいのかもしれない。
 日本の場合は法律で22時以降は残業代の深夜割り増しの対象になるので、劇場従業員のコストアップとなることもその要因だろう。

 ところで余談だが、上海の日本人コミュニティの宴会の開始時間もやはり19時開始に設定されていることが多い。

 やはりこれも日本人的時間感覚の習慣の現れという気がしており、18時終業後に移動して駆けつけるのにちょうどよい時間なのでそうなっているのだと思われる。
 そして飲み放題の時間制限も2時間などという枠が多く、19時から21時までが結局宴会のコアタイムとなる。

このように我々日本人の日勤者にとって19時スタート21時終了というのは夜のエンタメタイムとして染み付いた時間感覚であるようで、中国人たちがそうでないリズムであることを見せられて初めてその特異性に気付かされるのである。

WECHATの仕事利用には問題が多い。

 中国では日本のLINE同様のWECHAT(微信)というSNSが浸透していることは多くの方に知られていると思うし、中国に来ている日本人の方もほとんどが利用されていることかと思われる。

 このWECHATはプライヴェートでの連絡に使う分にはまあ好きに使えば良いが、ビジネス連絡に使うには問題があるというか、必ずしも使い勝手が良いとは言えない気がしている。

写真はイメージ

 その第一の理由として、フォルダ分類が不可能なため、広告用の通知もビジネス通知も、プライヴェートな通知も全部いっしょくたに表示されるからである。

 特にイベント情報などのサービスの公式アカウントをフォローしてしまうと、あっという間に未読件数がたまってしまい、その中に大事な連絡が混じっていてもフォローしきれず見逃してしまうことがある。

 現時点で確認したところ私自身157サービスもの公式アカウントのフォローをしてしまっており、少なくとも毎日数十件の通知が届くので、すぐに個人からの通知も埋もれてしまう。

 よって、基本的なビジネス連絡については、メール(電子メール)での連絡を基本にしているし、してもらっている。
 電子メールなら基本的にフォルダ分類が可能であり、SNSに比べ検索も容易なので重要な連絡でも見逃すケースはほとんどないのである。

 第二の理由として、wechatの場合は情報の保全性に不安があるといえる。
 電子メールの場合は、現在WEBメール管理をしているので、まあサーバーごと壊れなければ情報が無くなってしまうことはないが、SNSの場合はスマホのちょっとした操作ミスでデータが飛んでしまうことがある。
 特にWechatでは、最近は減ったが、ヴァージョンアップの過程で連絡先データやチャット履歴データが消えてしまうことが度々あったため、信用度がかなり低いと感じており、とてもそこに重要な情報を置きたくないのである。

 さらに、データの保存量に限度があるということもある。
 スマホ上で重いデータをやり取りしているとあっという間に内蔵メモリやSDカードがいっぱいになってしまい、データ整理が必要になる。

 もちろん、SNSはファイルの転送や写真の送信などが非常に容易なのがメリットではあるが、やはり程度問題で、受け止めるだけでスマホにキャパが無いと途端に使い勝手が悪くなる
 今はかなり大きな容量のメモリを積んだので当面は大丈夫かと思うが、やはりパソコンの比ではないので、スマホでの保存は避けたいのである。

 故にSNSのビジネス利用というのは、あまり良いとは思わず極力避けているのが現状である。

 ついでに言うと、電話での通信もあまり得意ではないというか、やはり避けている。
 電話では記録に残しにくいために、後で「言った・言わない」のトラブルが起こりやすく、それを避けるために極力重要な連絡事項は電話も避けている。

 もちろん待ち合わせ上の連絡など、記録の必要性が低く即時性が必要な場合は電話での連絡もやぶさかではないが、それ以外はやはり電話での連絡は避けるようにしているのである。
 まあ世の中には電話での連絡に頼りたがる顧客もいるのだが、そういったお客に限って一度伝えたことを何度も確認したがったりするのでなるべくメールに誘導するようにしている。
 
 そして相手のビジネスマナーの問題もある。

 電話だと遠慮するような距離感の関係の方でも、スマホのSNSでの連絡だと心理的敷居が下がるのか、時間帯問わず平気で連絡してくることがある。
 しかも突然知らない人から営業時間外にアカウント申請があり、友人から紹介されましたと言って来る。

 まあこういった申請も一応顧客候補なので100%無下には出来ないが、返信や承認はよほど緊急性が見られない限り営業時間の範囲に返信するようにしている。

 時間外のSNSでの申請にいちいち対応していると、こちらの気が休まらないしし、身が持たないからである。
 もちろんチャンネルが多ければ、それだけビジネスチャンスに繋がるのはわかっているが、精神的に参ってしまっては元も子ないので、WECHATをビジネスツールとして使うのはやはり得策ではないと考えている。

3.11イベントへの遠慮

 震災から8年が経ち、日本国内では多くの追悼イベントなどが行われている。
 チャリティコンサートのようなイベントだったり、流し雛のようなイベントなど様々行われている。

 日本国内だけでなく、こちら上海でも東北地方の関係者が色々集まって、イベントが実施される。
 まあ、それらのイベントについては、とても有意義なことであり続けられる限り続けたほうがいいとは思う。

 ただ自分個人としては、そういったイベントごとに参加することに対しては、やや気兼ねを感じてしまう。
 その理由として自分自身は震災当時に既に上海におり、震災を体験していないということが大きい。

 あの震災によって、自分は被災してないし家も家族もほとんど被災してないこともあって、自分は震災の被災当事者ではないという気持ちが小さくないのである。

 まぁ親戚の一部で避難生活を送っているところもあるようだが、亡くなったような友人や親せきはおらず、そこまであの日が自分にとっての節目になったような強い印象がないのである。
 もちろん、被災者の気持ちに寄り添いたい気持ちは十二分に持っていて、彼らの苦しみを感じているつもりだが、毎年のように行われる追悼イベントへの参加となると、やはり心に遠慮が生じてしまう。

 「その場へ足を運ぶ資格が果たして自分にあるのだろうか。」
 
 何の被災もしていない自分がのこのこと本当の被災者たちと顔を並べても、被災者の一人のような顔して同じ時を過ごす資格があるのだろうかと感じていたたまれなくなってしまいそうなのである。

 そういう居心地の悪さの予測が、震災の追悼イベントなどにはなかなか積極的に足を向けられない原因になっている。
 参加しないことも参加することにも何れも胸が苦しいが、今のところ参加しない選択をしている。

 故に本当の被災者の方々には申し訳ないが、この日の震災イベントなどは、外側から静かに応援させていただくことに留めている。 

LINEのアカウントは持ってない

 日本では当たり前のインフラのようになってしまったSNSLINEであるが、実は私はアカウントを持っていない。

 理由は簡単でLINEのサービス自体が中国大陸では基本遮断されており、私が中国に渡航してから始まったサービスであるからである。

画像はイメージ

 まあVPNを通せば使えるのかも知れないが、現時点でそういった交流が必要な相手が日本国内にほとんどおらず、古い友達もメールで連絡すれば足りるのでLINEを使う必要性を感じない。

そうでなくとも先日書いたように老眼が始まっているのでスマホを通したSNS交流は最近控えているので、ますますLINEを希求する状態ではなくなっている。

 故に今後日本に戻ることがあれば、LINEのアカウントぐらいはすぐ設置するかもしれないが、しばらくの間は使い慣れないので浦島太郎状態が続くのではないのかと想像する。
 ただ中国にも似たようなSNSとしてWECHAT(微信)があり、似たようなものだと日本から来たばかりの方々が言っていたので、感覚的にそれほどついていけないものではないのではという気もしている。

 また自分ではアカウントを持っていないが、昨年日本に一時帰国した際に母親が端末変更後に、旧端末からLINEアカウント移行ができなかったものを処理してあげたりすることは出来たので、LINEのアプリ自体には触れたことがあり、今の自分の状態であれば感覚的に対応できそうな気がしている。

 もちろん、これから徐々に老いが近寄ってくるので、将来日常のインフラ知識が理解できるのかは不安でもある。

 以前、「上海にいる私はマイナンバーをもらえない」でも書いたが、未だにマイナンバーすら取得していない状態であり、日本生活の常識と徐々に乖離している状態がやや気になりだした最近の自分である。

上海に馴染める日本人・馴染めない日本人

上海には毎年多くの駐在員さんが入れ替わり立ち代わり派遣されてくるが、これらを見ていると上海生活に馴染める人と馴染めない人がいるのが分かる。

このうち知り合えるのはほとんど無事に馴染んで駐在業務をこなしている人たちばかりなので、馴染めない人の実態はあまり把握しづらい。
しかし、そういう人達が実際いるという状況は時折噂が漏れ伝わってくる。

そもそも派遣される前に拒否している人や、家族が中国というだけで拒否反応を示し帯同を拒否されて単身赴任になったケースも少なくないと聞くが、まぁこれらは実際来れば馴染める可能性もあり、実際本当に馴染めないのかどうかは分からない。

最も上海に馴染めないタイプの人としては、やはり神経質で几帳面な人が多いようだ。
血液型で言うとA型というか、その中でもAAタイプの性格イメージの人。

こういうタイプは、中国の持つ大陸的気質や、町中にまだ散見される不潔な環境の部分、或いは大気汚染、そして日本メディアの情報として伝わる中国の様々な悪い多くのイメージに意識が潰されてしまうらしい。

これらの方々はおおよそ赴任直後から職場と自宅の往復ばかりで週末は家に閉じこもりきりとなる場合が多く、2~3か月でノイローゼ状態となるらしい。
そして終いには体調を崩して帰国してしまうパターンが多いようだ。

場合によってはもっと切羽詰まった状態になり、部屋をそのままにして誰にも告げず勝手に日本に帰国してしまったようなケースもあると聞く。

そこまで酷くなくとも、1年ほどで心身ともに疲れ切ってしまい、ギブアップして帰国されるようなケースは意外と多いようだ。
実は、数年前に実際にそうなってしまった人と倒れる直前に話をする機会があったのだが、口から出てくるのは中国人スタッフに対する愚痴ばかりで、文化や考え方の違いにアジャストできない状況が良く分かったのである。

そしてその人が直後に倒れたと聞いて、驚きもしたが納得もしたのである。

まあ、そこまで追い込まれなくても、日本との文化やリズムの違いに普段からイライラしている人も時々見かけ、性格上の理由で馴染めないのはいかんともしがたいようだ。

じゃあ逆に馴染める人というのはどういう人か。
これは良い意味でも悪い意味でも、アバウトな性格の人が基本的に合うという気がする。
悪く言えば、ちょっといい加減というのか、そこそこ適当な人間である。

時間やルールに対してはアバウトに向き合い、本質的に失敗しなければ細かい部分を気にしない性格ということになる。

血液型のイメージで言うと、B型とかO型のタイプであり、実はこれは中国人の血液型分布の主力と一致する。
言うなれば中国人の社会はB型やO型気質が支配する社会である。

B型やO型の日本人は、仕事や日常に対してそこそこ適当に構える中国人気質と一致するのであり、中国人社会と馴染みやすい性格で、即ち上海に馴染める性格となるようだ。

 また上海に来ている駐在の奥さん達の話も時々聞くが、中国に来る際に周りからは心配されたが、上海は来てみれば非常に暮らしやすく、駐在だから待遇も良いので生活はルンルンで、帰らないで済むのならもう暫く住み続けたいと言っている人も少なくないのである。

かくいう自分も上海生活は10年を超え、ほぼ干支を一回りする状況になってきたわけであり、上海に馴染める適当な人間であることは自認している。