Tag Archives: 烏龍茶・ウーロン茶

サントリー社製そっくりのウーロン茶ペットボトル

 先日、上海虹橋空港内の自動販売機でウーロン茶を購入しようとしたところ、どうも見慣れたパッケージとは異なる商品が並んでいることに気が付いた。

 「ん?一見サントリー(中国名:三得利)のウーロン茶そっくりだけど、どこか違う気が」

まがい物ウーロン茶

 パッケージをよく見ると、「匯源」というブランドになっている。
 
 「うわぁ、久しぶりに見たパクリものだぁ」

 上海にもウーロン茶のペットボトルは何種類も発売されているが、いずれも独特のデザインでありサントリー社製と見間違うことはないが、これは明らかに見間違って買うことを意識して作った商品である。
 まぁそれだけサントリーのウーロン茶が中国市場で絶大なシェアを誇っているということなのだろうが、それにしてもひどい。
 
 ただまあ物は試しということで、一応そのまがい物を買ってみた。
 裏を見ると、北京匯源食品飲料公司上海分公司となっており、北京の会社のようである。

まがい物ウーロン茶パッケージ

 で、実際飲んでみると、そこそこサントリー製に似せてはあるが、やや薄く切れ味がない印象である。
 決してまずいものではないが、本物とは違うようである。
 
 気になって、空港内のファミリーマートを覗いたところ、なんと!やはりまがい物が納入されていたので本物を手に入れることが出来なかった。
 で、家の近くのスーパーで探したところ、ようやく本物を見つけることが出来た。

本物のサントリーのウーロン茶

 そして飲んでみると、やはりいつものウーロン茶の味であり、まがい物がまがい物であることがはっきりした。

 実はパッケージがあまりにもそっくりなため、まさかサントリーが販売権を譲ったようなことがあるのではないかとまで疑ってみたが、ネット上で調べてもそんなニュースはなく、やはりパクリ物のようである。
 で、本物とまがい物のパッケージを見比べてみると、奇妙な発見をした。

サントリーのウーロン茶のパッケージ

 本物の方の製造会社は「匯源三得利(上海)飲料有限公司」委託となっており、中国側の正規の製造会社にも「匯源」の文字が入った会社名となっているのである。
 恐らく会社設立時の合弁相手の会社の名前を入れたのであろう。

 果たしてこの正規の「匯源三得利」と、パクリとみられる「北京匯源」に関係はあるのか、ないのか。

 普通に考えて、サントリー側があのパッケージデザインで北京匯源に上海で商売させることを許可したとは考えにくく、やはりまがい物だと思われる。

 はたして、このパクリ・ウーロン茶の正体と行方はいかに?

上海はジワリと値上げの春

 毎年のことだが、上海は物価が年々上昇を続けており、今年、じわじわとあちらこちらで値上げが行われている。
 今日もコンビニで買い物をしてきたのだが、先月まで14.9元だった弁当が15.6元に値上がりしていた。
 飲料類も、サントリーの烏龍茶(500ml)が3.8元から4.2元に、その他の伊藤園のおーいお茶などが4.2元から4.5元に値上がりとなった。

 リポビタンDの150mlも確か9元だったものが9.5元に値上がりとなった。

4.5元になったおーいお茶

 こういった値上げの波は近所の食堂にも及んでおり、8元だった牛肉麺が10元になってしまった。
 いずれにしてもこの春をきっかけにあちらこちらで値上げの波が起きている。

日本はここ25年ばかり値上げという言葉を忘れてしまったかのように物価水準がほとんど変動していないため、中国で安易に値上げが行われている状況を見ると、非常にドキッとしてしまう。
 しかしよくよく考えると、中国のように徐々に価格が動く方が経済としては正常というような気もしないでもなく、どちらがいいか悪いかということは一概には言えない。
 しかし、賃金の伸びが一定水準に抑えられている一方で、物価が値上がりしていると生活は当然苦しくなるのであり、その度にドキリとさせられるのである。
 上海の春、のどかな天候とは裏腹に、あちらこちらで物価が容赦なく値上がりしている。

防腐剤は本当に悪か?

 先日、自然食品に関するセミナーや販売を行っている方が、とくとくとネット上で自然食品の大切さを語り、防腐剤の悪影響を語っていた。

 その人によれば、我々が日常に飲んでいる烏龍茶や緑茶などにも防腐剤が含まれており、その防腐剤ががん発症の原因になっているのだという。

 人間は古来から防腐剤など入っていない自然食品を食べてきたのだから、自然食品こそが身体に良いのだというような主旨の主張だったと思う。

 まあ、自然食品が身体に良く、防腐剤ががん発症をもたらす可能性があるという意見自体はそれほど否定すべきものではない。

 しかしだからといって茶飲料などに含まれている防腐剤を全て悪だと決めつけてよいものだろうかとちょっと疑問に思ったのである。

 まともな食品会社なら防腐剤が強すぎたり、品質が悪ければ身体に悪影響を与える可能性があることはよく知っているわけで、それでも防腐剤を使っていることを考えると、防腐剤を使うメリットがあるはずなのである。

スーパーに並ぶ飲料

スーパーに並ぶ飲料

 確かにかの自然食品論者の言う通り、現在市販されている茶飲料から防腐剤を一切排除すれば、社会全体のがん患者の数は減らせるかも知れない。

 しかしながら、自然の状態のままの茶飲料などを飲む場合、腐敗の進行は自然任せなのだから、当然のように腐ったお茶や食品でお腹を壊したり病気を発症する可能性が生まれてくることになる。

 これが抵抗力の低い子供や年寄りであれば当然死に至る可能性も高くなるはずである。

 つまり食品から防腐剤を排除することのトレードオフとして、腐敗した食品で人が病気になったり死んだりする可能性が出てくることになるのである。
 具体的な数字はあまり持ち得ていないが、例えば大自然で暮らすアフリカの原住民たちの平均寿命(余命)は40歳前後と言われ、自然食品だけを食べているはずなのに現代人より長生き出来ていない実態がある。

 特に乳幼児死亡率が高いため、平均寿命に大きく影響を与えているようである。

 これに対して、現代文明に生きる我々、つまり防腐剤の入っている食品を日々摂取している現代日本人の平均寿命は男女とも80歳を超えており、防腐剤の影響で寿命が縮まったとは言えないような状況なのである。

 もちろん日本人は長生きした分だけがんの発症率は高まっているかもしれないし、その原因の一端が防腐剤である可能性はあるのだが、一方で防腐剤などによる腐食防止によって、食品や飲料の安全が保たれ、乳幼児死亡率がかなり低くなっているという事実もあるのである。
 まあ長寿命を支える要因には様々なものがあるから、防腐剤一つを理由に語ることは到底できないが、少なくとも防腐剤がある社会の方が長寿命傾向にあるということはできるのである。

 故に食品への防腐剤を悪とみるか善と見るかは、目先の衛生管理をとるか、数十年後のがんリスクを取るかという二者択一の問題に置き換えることもできるといえる。
 人によっては防腐剤入りの食品によっていたずらに寿命を伸ばすということは自然の摂理に反するから、例え衛生悪化のリスクを負ってでも防腐剤を排除するという考え方もあるかもしれない。
 しかし、もしそこまで防腐剤を悪にする考え方があるとすれば、それは私から言わせれば一種の宗教のようなもので、普通は長生き出来る方法を選択するのではないかという気がする。

 防腐剤を排除してがんの可能性を低減できるには越したことはないが、それによって逆に早死にしたのでは本末転倒なのである。

 現代のまともな食品会社においては、防腐剤の使用は最小限に抑えられているはずであり、少なくともデータ上でがん発生の傾向に明確な影響が出るほどの量の防腐剤使用はされていない。

 近年の自然食品ブームで防腐剤は何かと悪者にされがちだが、適切に使うことによって使わないより現実的な安全性は高くなるというのが実際のところであり、安直な健康記事や自然食品業者の話をただ鵜呑みにしてやたら高い食品などを買わされないよう是非気をつけられたい。

対ドルで円安だが、円と人民元のレートは横ばい?

 最近のドル円相場で、5月初めにくらべ円安に振れてきており、今日お昼の相場で1ドル110円台後半までじわじわと動いてきて、昨日は一時111円台まで戻った。

 某首相の消費税率引き上げ延期発言が功を奏したのか、はたまた全く別の原因か分からないが、現時点は1ドル=110円付近で推移している。
 こうなると、気になるのは仕事や生活に直接関係のある円と人民元の関係だが、実はドル円相場の数字ほどには変動が起きておらず、1RMB=16.75円前後となっており5月初めの16.3円に比べ2.7%しか動いていない。

 ドル円が4.7%も動いているのに比べ、ずいぶん差がある状況となっている。

 この差を生んでいるのが何かと言えば、ドルと人民元のレートであり、1ドル=6.58人民元までドルに対して下落しているのである。
 このおかげで円は対人民元で、対ドルほどの下落とならなかったようである。

 この動きの原因をどう見れば良いかについては、専門家に分析を任せるとして、日中間の経済の中で暮らす私にとってはひとまず安心材料である。

 上海の物価について、幾つかピックアップしてちょっと換算すると下記のようになる。

上海のビッグマック

上海のビッグマック

 マクドナルド ビッグマックセット 25元=419.5円
 サントリー烏龍茶 500ml 1本 3.8元=63.78円
 地下鉄初乗り        3.0元=50.36円  
 タクシー初乗り(3㎞まで)  14元=235円
上海ディズニーランド 大人1日券 499元=8378円
 最低月額賃金         2190元=36767円

 こうやってみると、人件費はまだ低い面もあるが、庶民的なものの価格は日本の5~6割、全く同じ品質を求めるとほぼ日本の物価とさして変わらないか、高いくらいのものとなっている。
 最近何となく振り幅の大きいレートが、凄く気になっており、油断すると数%くらいすぐ動いてしまうので、なかなか緊張感の有る状況が続いている。
 

人参烏龍茶

人参烏龍茶

人参烏龍茶

 以前人からもらって飲んで、非常に気に入ったお茶の一つに「人参烏龍」というものがあった。

 飲み切ってから自分で買いに行こうと思っていたのだが、瞬く間に名前を失念してしまって、スーパーなどでお茶の葉コーナーを見ても、ピンとくるものが無くかなり長い間買いそびれていた。

 スーパーでは台湾の凍頂烏龍は良く見かけるのでそれかなとかとも思ったが、ネットで説明を読む限り、イメージと違う感じだったのである。
 
 で、先日たまたま田子坊の臻茶林さんを訪れた時に見つけ思い出したたのが、この人参烏龍であった。

臻茶林店内

臻茶林店内

 お店で試飲させてもらうと甘味があり確かに記憶の味と一緒だったのである。

 店の女の子に普通の店でも買えるのかと尋ねると、スーパーとかではあまり売っておらず、お茶専門店じゃないと無いのではないかということだった。

 道理で見つからなかったはずである。

 で、早速購入することにするが、この人参烏龍は普通のお茶に比べるとかなり高く、50gで50元もする。

人参烏龍茶のパッケージ

人参烏龍茶のパッケージ

この人参烏龍の人参とはいわゆる高麗人参のことで滋養強壮に効き、確かに以前飲んだ時は身体にいい影響があったと記憶しているし、それ故の高級茶となっている。

 ネットでその効能を調べてみても
・疲労回復
・中性脂肪やコレステロール値の低下
・脳の血流改善
などなど、私にとってはいいことづくめの効能が並んでおり、まあお茶としては結構高級品だが、日々の健康管理の薬だと思えばそんなに高い物でもないわけで、今後毎日飲み続けようと考えている。

 それ故に ようやく思い出したこの人参烏龍の名を忘れまいと、ここのブログに名前を残すことにしたという次第である。

 皆さんも是非お試しあれ。