Category Archives: メンタル

ようやく気分を持ち直す

 野球やサッカーなど贔屓のチームを持っている方は、どなたでも同様の傾向はあると思うが、私もやはり贔屓の北海道日本ハムファイターズの成績によって気分が左右される。
 いや、正確に言えばファイターズの成績によって気分が左右されるというより、気分が落ち込んでいるような状態の時にチームが勝てないといったほうが正しいかもしれない。

ファイターズスタジアム

ファイターズスタジアム

 前向きに応援できているときは、チームの調子も良いし、どうも気持ちが乗らないときや興味が逸れている時は何故かファイターズの調子も悪い。

 つまりファイターズの試合の結果に左右されていると言うより、バイオリズムが一致してしまっており、私の心の好不調の波がファイターズの状態とシンクロしてしまっているようなのである。

 よって、先々月末にスタートしたチームの急降下に合わせて私の気分というか心理状態は暑さも手伝って非常に重苦しい低空飛行を続けていた。
 ちなみに8月の成績は5勝20敗1分けで、7月末に首位に0.5ゲーム差まで肉薄していた位置から9連敗と8連敗があり一気に最下位まで急降下した。

 この間、自分の気分もかなり低空飛行であった。

 しかしようやく一昨日の金曜からバファローズ相手に3タテを果たし、ようやく下げ止まった印象で、最下位からも脱出した。
 この下げ止まった状況でようやく冷静に立ち位置を確認できるような状況になった。

 まあ数字の上では、ファイターズの自力優勝は無くなってはいたが、優勝自体の可能性はまだ完全には消滅していないようであり、CSまで含めて考えれば、まだまだ諦める段階ではないような状況であることを確かめることが出来るようになった。

 自分自身についても然りで、この週末は少し落ち着いた気分で周囲を見渡せるようになった気がする。 
 決して現時点で浮上出来ている訳ではなく、頭がすっきりした状態ではないのだが、気持ちの落ち込みからは持ち直した状況であり、週明けからはもう少し上を目指せるような気持ちになっている。

 余談だが、今年加入した抑えのエースの秋吉投手は実は私の地元の中央学院大学出身らしく、結構親しみを持って応援しているのだが、上記の連敗期間には彼が打たれて負けてしまったなどは特にこちらの落ち込みも大きかった。

 ひょっとすると、彼が私のバイオリズムがチームと同期してしまった要因なのかもしれないとも感じている。

WECHATの仕事利用には問題が多い。

 中国では日本のLINE同様のWECHAT(微信)というSNSが浸透していることは多くの方に知られていると思うし、中国に来ている日本人の方もほとんどが利用されていることかと思われる。

 このWECHATはプライヴェートでの連絡に使う分にはまあ好きに使えば良いが、ビジネス連絡に使うには問題があるというか、必ずしも使い勝手が良いとは言えない気がしている。

写真はイメージ

 その第一の理由として、フォルダ分類が不可能なため、広告用の通知もビジネス通知も、プライヴェートな通知も全部いっしょくたに表示されるからである。

 特にイベント情報などのサービスの公式アカウントをフォローしてしまうと、あっという間に未読件数がたまってしまい、その中に大事な連絡が混じっていてもフォローしきれず見逃してしまうことがある。

 現時点で確認したところ私自身157サービスもの公式アカウントのフォローをしてしまっており、少なくとも毎日数十件の通知が届くので、すぐに個人からの通知も埋もれてしまう。

 よって、基本的なビジネス連絡については、メール(電子メール)での連絡を基本にしているし、してもらっている。
 電子メールなら基本的にフォルダ分類が可能であり、SNSに比べ検索も容易なので重要な連絡でも見逃すケースはほとんどないのである。

 第二の理由として、wechatの場合は情報の保全性に不安があるといえる。
 電子メールの場合は、現在WEBメール管理をしているので、まあサーバーごと壊れなければ情報が無くなってしまうことはないが、SNSの場合はスマホのちょっとした操作ミスでデータが飛んでしまうことがある。
 特にWechatでは、最近は減ったが、ヴァージョンアップの過程で連絡先データやチャット履歴データが消えてしまうことが度々あったため、信用度がかなり低いと感じており、とてもそこに重要な情報を置きたくないのである。

 さらに、データの保存量に限度があるということもある。
 スマホ上で重いデータをやり取りしているとあっという間に内蔵メモリやSDカードがいっぱいになってしまい、データ整理が必要になる。

 もちろん、SNSはファイルの転送や写真の送信などが非常に容易なのがメリットではあるが、やはり程度問題で、受け止めるだけでスマホにキャパが無いと途端に使い勝手が悪くなる
 今はかなり大きな容量のメモリを積んだので当面は大丈夫かと思うが、やはりパソコンの比ではないので、スマホでの保存は避けたいのである。

 故にSNSのビジネス利用というのは、あまり良いとは思わず極力避けているのが現状である。

 ついでに言うと、電話での通信もあまり得意ではないというか、やはり避けている。
 電話では記録に残しにくいために、後で「言った・言わない」のトラブルが起こりやすく、それを避けるために極力重要な連絡事項は電話も避けている。

 もちろん待ち合わせ上の連絡など、記録の必要性が低く即時性が必要な場合は電話での連絡もやぶさかではないが、それ以外はやはり電話での連絡は避けるようにしているのである。
 まあ世の中には電話での連絡に頼りたがる顧客もいるのだが、そういったお客に限って一度伝えたことを何度も確認したがったりするのでなるべくメールに誘導するようにしている。
 
 そして相手のビジネスマナーの問題もある。

 電話だと遠慮するような距離感の関係の方でも、スマホのSNSでの連絡だと心理的敷居が下がるのか、時間帯問わず平気で連絡してくることがある。
 しかも突然知らない人から営業時間外にアカウント申請があり、友人から紹介されましたと言って来る。

 まあこういった申請も一応顧客候補なので100%無下には出来ないが、返信や承認はよほど緊急性が見られない限り営業時間の範囲に返信するようにしている。

 時間外のSNSでの申請にいちいち対応していると、こちらの気が休まらないしし、身が持たないからである。
 もちろんチャンネルが多ければ、それだけビジネスチャンスに繋がるのはわかっているが、精神的に参ってしまっては元も子ないので、WECHATをビジネスツールとして使うのはやはり得策ではないと考えている。

誕生日を祝う意味

 今日はある友人の誕生日である。
 その友人は物理的にそばにいる人間ではないので、おめでとうのメッセージだけ送った。

 若い頃はともかく歳を経てくると、誕生日を祝われることを遠慮する人もいるが、やはり誕生日を祝うということは大事な意味があり、祝うだけの価値があるのだと思う。

写真はイメージ

 それは「生まれてきておめでとう」という意味より、今年も「無事誕生日を迎えられてよかったね、また来年も無事誕生日を迎えられるようにまた1年頑張りましょう」という意味があるからである。

 例えばその友人も、決して体は強くなく幾つかの持病的なものを抱えていることを聴かされており、まあすぐに命がどうのこうのではないものの、常に健康問題には悩まされている。
 またつい10日ほど前に友人の祖母が亡くなったということで、相当気分が落ちこんだ状態のようだ。

 さらに、飼っている犬も老犬でかなり弱ってきているとのことで、もうそう長くはないだろうと言われており、これも気持ちを悩まされている要因となっている。

 このように命がある時は当たり前のように感じてしまう存在も、やがてはいずれ去り行くものと考えれば、無事誕生日を迎えられたことは、貴重な祝うべきことなのような気がする。

 私自身の周囲でも、同級生など同世代の人間がこれまでの人生の中で何人か亡くなっており、私が無事に今生き残れているのは、幸運だと感じている。

 また、恐らく自分の人生の折り返し地点は過ぎていると考えれば、自分の残りの人生とてかなり限られたものであるわけで、その1年1年が無事でいられるかどうかは神様のみぞ知るところである。
 そういった存在の当たり前さが当たり前ではないと気づけば、やはり誕生日は祝う意味があるのだと思う。

 誕生日おめでとう!


 

タワーマンションだと子供の成績が伸びないらしい

 先日、ある家庭教師の方のブログを読み、ちょっと驚きの現象があることを知った。
 タワーマンションの高層階に住む子供は成績が伸び悩む傾向にあるらしいとのこと。

タワマン上層階の子「成績は低迷」の理由

 その要因として、そのブログの筆者は高層階における環境の刺激の少なさなどを理由に挙げている。
 高層階は確かに窓から景色も良いし、地上近くの雑音も少ないので勉強の環境にはもって来いのような印象に映るが、実は逆にこの刺激の少なさが成長における体験の機会を奪って刺激への反応が鈍くなってしまうとのこと。

画像はイメージ

 またタワーマンションの高層階では窓をほとんど開けられないし、木々のざわめきや鳥の鳴き声、虫、日の角度など主に地表近くで起きる四季の変化を感じにくくなり、感受性を育てる環境に不足があるのだという。
さらにエレベーターという移動障害が存在するために、外出するのもおっくうになり、外で遊ぶ機会もますます減り、砂場遊びや石ころ遊びをしなくなるため物の数に対する自然体験がなくなり、これにより足し算引き算の意味することが概念的に理解できないなどということが起きると、このブログには書かれている。

 またエアコンによる室温コントロールが行われてしまっているため、「寒い暑い」の刺激も不足し、この環境の安定は実は集中力をもたらすのではなく、やはり刺激不足で集中力の持続に影響を及ぼすのだという。

画像はイメージ

 つまり大人には快適に見える環境も、未成熟な子供たちにとっては成長段階において生きるために心身に刻み付けるべき学習要素として必要な刺激を受けられないため、脳が学習できないことになってしまうようだ。

 このほかタワーマンションでは、ガス事故を避ける意味もあってキッチンのIH化が浸透してしまっているため、火を全く見たこともない子供も少なくないという
 これにより、煙などといった命に危険を及ぼす存在を察知する能力さえ衰えてしまっている可能性があるという。
 
 我々大人はそれまで生きてきた経験則や体験によって何が快適かそうでないかを知り、その経験や社会知識によって危険を回避したり、環境を快適に整えたりしているが、経験を経ない子供に同様の環境を与えても、決してプラスにはならないようなのである。

 まあこのことだけで、タワーマンションの存在をいきなり否定するわけではないが、大人が良しとする快適な環境が必ずしも子供にとってプラスなわけではないとは言えるということになる。
こういった視点は街や社会を進化させる上で見逃してはならないポイントのようだ。


 

晴れない上海の冬

 例年のことではあるが、上海の冬の空は関東の冬のように晴れてはくれない。
 どちらかというと日本海側のごとく、曇った天候が続きぼんやりとした天候が続く。

上海の空

 気温も上がらず1ケタ台の気温が続くので、日照時間の少なさも手伝って毎日寒々しい思いで過ごさなければいけないのが、上海の平均的な冬の顔である。
 暦の上では既に立春を過ぎ、春節も過ぎ去ったというのに、春という印象からはまだほど遠い。
 この2週間ではっきりした青空が覗いたのは1日くらいしかなかったのではないだろうか。

 大気汚染という要因も確かにあるにはあるのだが、雨の日などは汚染物質の値は低く、視界の悪さは汚染物質だけではない要因であるようで、この地域の持つ気候環境がこの寒さや陰鬱さをもたらしているようだ。

 その割には以前「上海人はあまり脱がない」で書いたように、ストーブなどの暖房器具などをほとんど利用しないのがこの上海地域の特徴でもある。

 このような気候が続くと、当然行動力は鈍くなるし、気持ちも重く成る、

 医学の世界では冬季性うつ病という言葉もあるように、太陽光を浴びる時間が少なくなるこの季節は、うつ病に近い心理的状態になる人もいるようだ。
 そのための治療用ライト(照明)なども世の中にはあったりする。

 まあ私とて、底の底まで気持ちが落ちているわけではないが、やはり決して爽快な気分でこの気候を過ごしているわけではない。

 音楽などを聴いて意図的に気持ちを前向きに持ち上げたり、外出機会を増やして引きこもりにならないよう努めているが、やはり気持ちは重い。
 関東で育った人間にとって冬は寒いが、空は青いのが当たり前なので、この重い空は結構堪える。
 晴れた青空が待ち遠しい今日この頃である。


<目覚まし用ライト>