Category Archives: 地下鉄

中国のインターシティトレイン

インターシティトレイン(intercity-train)と言えば、ヨーロッパの都市間を結ぶ特急列車の俗称で、正確な定義は無いようだが、大きな都市同士を結ぶ特急のような列車を指す。

日本だと昔のL(エル)特急のような役割だとイメージすれば、良いのではないだろうか?
1時間に1本など本数が多く、いつ行っても乗れるので利用しやすいようなイメージの列車というのが大まかな定義ということになる。

ところで、実は中国にもインターシティトレインが走っていることに最近気が付いた。
ただ気が付いたのが最近であるだけで、存在自体は実は10年くらい前から知っている。
知っていたのに気が付かなかったとは変な言い方だが、要するに訳語の問題で気が付かなかったのである。

中国で走っているインターシティトレインは「城際鉄路」と表現されている。

「城」はつまり、中国語の城市の略であり、つまり都市=シティを指す。
そして「際」が間(あいだ)の意味で使われ、インター(inter)の訳語として使われる。

インターナショナル(inter national)が「国際」と訳される延長上にある訳語なのかもしれない。

ちなみに「inter」には埋葬という意味もあるらしいが、これについては関連があるのかどうかはちょっと不明である。

よって、この「城際鉄路」という名称は、200~300キロ程度の近距離都市を結ぶ鉄道の名称に使われており、まさにインターシティである。

中国の高速鉄道列車

では一般に言う高鉄(ガオティエ=高速鉄道)とどういう住みわけが行われているのかと言えば、設置駅数が異なることにより、到達時間に差が付けられているようである。

上海―南京間で説明するのが分かりやすいが上海虹橋駅から南京へ行くのには2つの路線が敷設され「京滬高速鉄道」と「滬寧城際鉄道」が存在する。

京滬高速鉄道は上海―南京南駅間に7駅しか設置されておらず所要時間が1時間20分、そしてそのまま北京へ通じているに対して、滬寧城際鉄道は17駅も設置されていて約2時間がかかり南京が終点ということになっている。

まあ走っている車両は同タイプのようで運賃にも差が無いようだが、到達時間には明らかに差がある。

中国国内でも同一区間に双方のタイプが存在することはかなり珍しいようだが、だからこそ各々別の役割があって、それぞれ存在させているということのようだ。
 長い間「城際」という言葉の意味を捉えあぐねてきたが、ヨーロッパにインターシティという列車が走っていることを思い出して、最近ようやく腑に落ちたのである。

 なお、上海―南京間には従来の在来線というか国鉄の路線もあって、電気機関車が引っ張る旧来の客車型列車が走っており、特急タイプで4時間弱、快速タイプで5時間半もかかる。
ちなみに 「動車組」という言葉もあって、通称「動車(dongcha)」と呼ばれていたが、これは全車両(恐らくMMユニット方式なので2両に1両だが)にモーターが設置される方式の電動列車を指す。

何のことはない日本の通勤型列車に使われているいわゆる「電車」を指すのだが、中国は長らく機関車+客車方式で運用されてきたため、路線の電化後も長距離列車に電車は存在してこなかった。

中国のディーゼル機関車

そこへ突然外国から引き入れた技術が新幹線型の各車両(2両1組)にモーターを積んだ電車車両であり、中国では珍しい車両形式だったので「動車組」と呼ばれ、さらに高速になる「高鉄」の車両が登場するまでは、新幹線的列車の代名詞で「動車(dongcha)」という言葉が使われていた。
動車組の「組」はどうやらユニットのことを指すようである。

なお、上海などの地下鉄(軌道交通)も恐らくユニット型電車車両が使われているとは思われるが、こちらは「動車組」とは呼ばれず「動車組」はもっぱら高速列車の代名詞で定着してしまっている。

 城際鉄路の名称も恐らくインターシティの概念を輸入して翻訳した言葉だと思われ、中国における鉄道は、今のところ概念も技術も外国の影響を強く受けたものとなっているようだ。

 

新しい北京大興国際空港の実運用は10月27日から?

先月の9月25日に開港したと日本のニュースにも流れた北京の新空港「北京大興国際空港」だが、ネットで運行状況などを調べてみると、開港したというニュースは沢山出てくるのだが、それ以上の情報が全く出てこない。

北京大興国際空港

北京大興国際空港
引用元

「おや?」と思い、CTRIPなどの旅行会社の予約サイトや航空会社の予約情報をあれこれいじってみたが結果は同じだった。

何より、空港の公式サイトがまだ開設されていないようなのである。

「中国らしいドタバタだなあ」とも思ったが、従来の玄関窓口で、航空便の一部が移ったはずの北京首都国際空港のサイトすら満足に繋がらない。

さらに、乗り入れているはずの北京市軌道交通(地下鉄)の公式サイトに至っては、改造中の表示が出てしまい繋がらなかった。

北京地下鉄公式WEBサイトの表示

北京地下鉄公式WEBサイトの表示

いくら国慶節の連休であろうが、連休中の地下鉄利用者だっているだろうに、ちょっと驚きの状況であり、日本では考えらえない対応となっていた。

はてはて、どうしてこんなに情報が無いのだろうと、再び北京大興国際空港に乗り入れ予定となった航空会社の情報を探してみた。

すると、ある結論を得ることが出来た。

今回新しい北京大興国際空港には従来の北京首都国際空港から12の航空会社が引越しすることが決まっているようなのだが、そのほとんどが冬春ダイヤへの切り替え時期である10月27日からの運航開始となっているようなのだ。

具体的に細かく書くと、南方航空(CZ)は冬ダイヤから、東方航空(MU)、中国国際航空(CA)、中国聯合航空(NK)、北京首都航空(JD)、河北航空(NS)、吉祥航空(HO)、ロイヤルブルネイ航空(BI)、英国航空(BA)は10月27日から、ポーランド航空(LO)は10月28日、フィンランド航空(AY)は11月3日から、厦門航空(MF)は2020年の3月からとなっている。

つまり逆に言うと、少なくともこの冬春ダイヤへの切替時期までは北京大興国際空港は恐らく利用されないということの様なのである。

まあ上記のように、北京大興国際空港に関する情報がほとんどない状態であり、また現地に実際赴いて確認したわけではないので、10月26日までは飛行機の離発着が実際にないのかどうかは確認することが出来ない。

しかし、情報を見る限りは特別機程度の離発着はあるにせよ、やはり実稼働は10月27日からであろうというのが私の推測である。

このあたり中国の建国記念日である国慶節の10月1日に開港を間に合わせたかった国家側の事情と、ダイヤ切り替え時期が10月末に迫っている中途半端な時期に大規模な航空ダイヤの改編を行いたくなかった民間航空会社のそれぞれの事情が噛み合わなかった故の開港日と実稼働開始日のずれという気がする。
(航空ダイヤ切替は国際線もあるから中国の都合だけでは動かせない)

この空白というか、タイムラグ事情について説明している中国のニュースは見つけられなかったが、まあこの国の国民にとっては言わずもがなの状況ということなのかもしれない。

世界に向けて新しい巨大空港の開港は大々的にアピールはされはしたが、一般利用者が実際にその巨大空港を体験できるのはもう少し先だということの様である。

上海の地下鉄で音声認識自動券売機を発見

 先日、上海虹橋国際空港の第二ターミナルの駅において、なんと音声認識で地下鉄のチケットが買える券売機を発見した。

 普段は上海公共交通カードを利用しているので、チャージ専用端末ばかり使用して券売機に近づくこともなく気が付かなかったのだが、どうやらあとでネット調べて見ると、昨年の5月には上海に登場していたようだ。

 何故、この音声認識券売機に気が付かなかったと言えば、上述の通り日常は上海公共交通カードを使用しているのと、この音声認識タイプは全駅にあるわけではなく、一部の主要駅にしかないため目にしなかったということになる。
 確かに空港高速鉄道のターミナル駅のような、外地から人が流入するような場所でなければ需要は少ないとも言え、日常から上海で暮らす人にとっては交通カードやスマホ決済が普及しているので、必要ないのである。

 さて、この音声認識券売機が実際どんなものかと面白がって近づいて実験してみる。

 こちらも正確な発音に自信がないため、比較的安易に発音できる駅名から試してみることにした。

 音声認識モードへの切替へのボタンにタッチして、画面が聞き取りモードに変わる。

音声認識券売機の認識モード

音声認識券売機の認識モード

 「静安寺(ジンアンスー)」と発してみる。

するとすぐに画面が切り替わり、静安寺駅までの運賃が表示される。
また、支付宝Wechatなどの電子決済マネーにも対応しており、現金がなくてもチケットが買える。

静安寺までの運賃表示

静安寺までの運賃表示

「おおー」

面白がって、何度も挑戦したが、結構うまくいく。

 このシステム、よく見ると駅名だけでなく、主要スポットを伝えると最寄り駅までの経路及び運賃までも表示してくれるらしい。

 もちろん、これも試してみる。

 「東方芸術中心(ドンファンイーシューチョンシン)」

と発声してみると、見事「上海科技館駅」までのルートが示され、それに納得すると、上海科技館駅までのきっぷを購入するための画面に切り替わる。

 「おおー、凄い」

こういった単純なことに感激してしまう。

 恐らく高機能スマホが普及した現代となっては、それほど技術的に難しいものではなく、音声認識のインターフェイスで認識した文字情報で、駅名や地名を検索させ、ヒットした情報で、券売機の販売情報に接続させただけのことである。

 まあ、通常の券売機よりそういったフロントの部分の作り込みの分だけ少しコストがかかると言えばその通りだが、スマホの音声認識機能を考えたら地下鉄用の特注だとしても、そんなにコストはかからないだろう。
 
 ちなみに外国語でも通用するのかどうか試そうと
「Airport(エアポート)」と発してみたが認識してくれなかった。

まあ、私の英語の発音が悪い原因もないとはいえないが、恐らく外国語は認識されないだろう。
日本語は試さなかったが、やはり駄目だろうに思う。

とにかく、日本ではテスト段階の話しか聴いたことがないこの音声認識券売機だが、上海では実用化されていることになる。
 ちなみに顔認証システムもテストが始まっており、一部駅で実験が始まっている。
 

顔認証改札システム

顔認証改札システム

これらが日本で何故まだ実用化されないかを考えると、まず周囲の雑音や方言、男女や年齢による癖などの問題で、認識制度を上げることが難しいのでは思われる。

 またカナにすると同一駅名や似た駅名も多く、上海地下鉄のような500程度の駅名しか扱わない環境と比較して、音声認識と検索に対する要求が中国語より高いためなかなか実現に結び付かないのであろう。

 何より日本の場合は、完璧を求める要求が高いため8割でOKということにならないのだろうと思われる。

 まあ、中国で先に実現したからと言って、日本が技術の面で後れをとっているとは即座に感じるわけではないが、「まずやってみよう」という精神の分だけ先にに実現したこの音声認識券売機だという気がする。

上海のコンサートの19時半開始の習慣はありがたい。

 上海でのクラシックのコンサートなどエンタメ系の夜の公演は、たいてい19時半開始になっていて日本より遅い。
 これは非常に利用しやすい時間だと感じている。

 日本のコンサートや演劇の類は、平日の夜の公演は大半が19時開始の慣習になっている。

 まあ土曜日など週末は昼の14時や18時開始の公演などもあり、プロ野球のナイターなどは18時開始が多いが、コンサート系の平日夜公演はやはり19時開始である。
 これらは恐らくいずれも帰宅する時間を意識した時間設定と思われ、およそ21時に終了することを目安に開始時間が設定されていると推測される。

 しかし聴衆・観衆にとっては、19時開始に合わせて出かけようとする場合、18時定時の仕事だと会社を慌てて出ても60分しかないことになる。

 まあ駆けつけるだけなら60分あれば、山手線周辺から都内の主要コンサートホールや劇場などは何とか間に合うようにたどり着ける。

 しかし、出来ることならサンドウィッチの一つでもお腹に入れた状態で、開演15分前にはホールに入って着席したいのだが、18時からの移動ではとてもそこまで余裕は持てないはずである。

 以前に日本時代に働いていた会社は17時半終業であったため、かなり余裕をもって何れの会場に到着することができたが、もし18時終業の会社であったなら、なかなか難しかったのではないかという気がする。

 これに対して上海のように19時半開始ならプラス30分の余裕がある。

 コンサートによっては上海交響楽団のように20時開始に設定されている場合もある。

上海交響楽団ホールの客席

上海交響楽団ホールの客席

 いずれにしても上海中心部での職場なら、18時の定時で仕事を終了することができれば、移動と軽食の時間を考慮しても開演には何とか間に合わせることができる。

 まあ今の私の仕事は17時には会社を出られるので、いずれの時間でも間に合うタイミングで駆けつけることができるのだが、もし仕事終了が18時であったとしても19時半なら十分間に合うのである。

 ただ開演が遅いと逆に心配になるのが、終演後の帰宅の足である。

コンサートなどはおよそ2時間を目安にプログラムが組まれているので、平均21時半終了、或いは22時までとなる。

 上海市の場合はもし22時が終演になったとしても、地下鉄の足は一応確保されており、大よその地下鉄路線の終点駅まではたどり着くことができる。
 すべての地点を検証したわけではないが、地下鉄は22時30分に最終列車が始発駅を出発するようにダイヤが組まれているので、よほど遠くなければなんとか帰れるはずである。

 また最悪途中でタクシーを利用せざるを得なくなっても、タクシー料金を考えれば、東京に比べそれほどひどい出費が必要になるわけではないし、深夜バスが走っている区間もあり、それなりに足はある。

 そういった意味では上海での音楽鑑賞環境は東京に比べ恵まれていると言える。
 もちろん聴衆マナーを含めて考えると本当に良い環境であるかは疑問符が付くのだが、昼間の労働者が勤務後にエンタメを楽しむためには非常に嬉しい時間設定の習慣とも言える。

 この上海の状況に比べると実は日本の東京などのエンタメ環境は、それほど洗練されているとも言えないということになる。
 19時開始では都心の劇場やコンサートホールの夜公演はその周辺で働いている方か、勤務終了時間が早いなど時間が比較的自由になる人しか利用できない状況になっているからである。

 まあプロ野球など、遅れて入場しても問題なく観戦しながらお弁当が食べられるような環境の催し物の場合は、18時や19時開始でも良いかもしれないが、コンサートや舞台は最初から楽しみたいのが当然なのであり、遅れたくなく、その設定として19時開始はちょっと苦しいのである。
 
 特に私のようにコンサート通いを趣味にしたい者にとっては、コンサートのたびに会社を休めないので、30分遅くスタートしてくれる上海の環境は意外と美味しいということになる。
 最初はこの30分遅い時間設定にやや違和感を感じていたのだが、今となっては恵まれていたのだなと感じる今日このごろである。
 東京も出来れば、開演時間がもう少し遅い時間になると嬉しいのだが、出演する側の拘束時間や観客などの帰宅の足を考えると、なかなかこの習慣を変えるのは難しいのかもしれない。
 日本の場合は法律で22時以降は残業代の深夜割り増しの対象になるので、劇場従業員のコストアップとなることもその要因だろう。

 ところで余談だが、上海の日本人コミュニティの宴会の開始時間もやはり19時開始に設定されていることが多い。

 やはりこれも日本人的時間感覚の習慣の現れという気がしており、18時終業後に移動して駆けつけるのにちょうどよい時間なのでそうなっているのだと思われる。
 そして飲み放題の時間制限も2時間などという枠が多く、19時から21時までが結局宴会のコアタイムとなる。

このように我々日本人の日勤者にとって19時スタート21時終了というのは夜のエンタメタイムとして染み付いた時間感覚であるようで、中国人たちがそうでないリズムであることを見せられて初めてその特異性に気付かされるのである。

今時の中国向けレンタルWIFIルーターはVPN付き

 昨今の中国のインターネット事情は不便を増すばかりであり、ますますスムーズさを欠いて、日本のサイトへの接続速度がひどくなりつつある。
 頼みの綱のVPNも、よく途中で途切れるようになった。
  まあ動画などを見ている最中に途切れるようなことはあまりないのだが、YAHOO検索などをかけたときに突然ぷつりと途切れてしまい、回復に時間がかかる。

 以前からも中国の重要な会議などが行われる時期などは非常にパフォーマンスが低下することがあったがここ1~2週間はちょっとひどい。

 恐らく最近の要因はトランプ大統領の発言などを発端とした貿易戦争などが原因と推測するが、まあこの国はそんなはっきりしたことは言わないで、ただ突然に繋がりが悪くなる。

 この国はインターネット環境さえもう少し良ければ、まだストレスなく過ごせる国なのだが、どうもここが一番の生活ネックである。
 ところでこのように住んでいる者にとっても不便なネット環境の中国であるから、短期で訪れる旅行者にとってはもっと不便だろうと思っていたのだが、最近はちょっと事情が違うらしいということを知った。

成田空港の香港航空機

 どうやら日本の空港でレンタルされるWIFIルーターに、予めVPN回線への接続がセットされているようである。
 つまり、中国に入境した後、中国側のWIFI環境には繋がず4G回線などの公衆回線に繋がるWIFIルーターを使い、そのルーターにセットされたVPNポイントに接続することによって、例えばLINEやグーグルなどの中国国内では直接利用できないサービスが利用できるようなのだ。

 よく考えてみるとこれは、賢いというか当然のサービスであり、利用者は日本同様のネット環境を持ち込みたくて、当然のごとくスマホやノートPCを持ち込むのでこれはとても需要が高いサービスと言えるである。
 もし、それらのサービスに繋がらないようで有れば、スマホは単なるカメラ付き携帯電話と化してしまうので意味がなくなくなるのである。
 先日このレンタルサービスを行う業者のサイトを覗いたところ、「特別回線」など表現されているが、これは明らかにVPN回線のことであり、まあ横文字に弱い人のことを考えてこういった表現にしてあるのだと思われる。

 レンタル料は1日1000円前後であり、決して安いとは言えないが、中国現地でグーグルマップなどでの位置情報やYAHOOなどで情報検索する必要性を考えると、できれば付加すべき機能ではある。
 もちろん中国語の現地情報などはあるが、外国人にとって自国言語で書かれた地下鉄路線図などのほうが使いやすいのである。

 幸いWIFIルーターの場合は複数人接続が可能なので、旅行同行者全員で共有しても良いだろう。

 もっとも、VPN回線契約だけならば月1000円程度なので、現地のスタバなどでのWIFI接続を主にして利用するのであれば、短期のVPN契約をして、ルーターを借りずに済ます手もある。
 しかし、海外ローミングでの4G回線(公衆回線通信)利用はやはり通信費が馬鹿にならないので、4G対応のスマートフォンを持っていたとしても、WIFIルーターを利用するのが賢明なのではないかと思われる。

 いずれにしても、旅行者にとっては中国のインターネット環境に対してそれほど極度に構える必要はなくなってきたと言えるだろう。

成田空港出発検査場入り口

 ただ、ここで気を付けておきたいのは、恐らくVPN回線は完全なフリーパス回線ではないでろうということ。
 どういうことかと言えば、恐らく通常は警察に止められている道をVPN回線は許可証を見せて警官の前を通り過ぎているようなものであって、決して警官の見えない裏道を抜けているわけではないだろうと察せられる。

 つまり、VPNであろうとなかろうと常時通信内容などを見られている可能性があるわけで、法律的に禁じられている違法な行為はやはり違法で、場合によっては逮捕されたりする可能性があるため、くれぐれもネット上での言動や行動は慎重に行った方が良いだろう。
 そこを忘れなければ、短期旅行者であっても中国国内で一応は日本と同じようなネットサービスは受けられる環境になったようなのである。