Author Archives: 上海ワルツ

甲子園はおまけみたいなもの

 数か月前に見始めたアニメ「タッチのネット配信だが、結局なんだかんだで最終話(の1話前)まで見続けてしまった。
 大まかなストーリーは昔見たのでもちろん知っていたが、ここの詳細まで全部覚えていたわけではないので、結構楽しめた。

 で、そのクライマックスのシーンの直後に対戦チームの監督が言ったセリフが「甲子園はおまけみたいなもの」というセリフ。

 多少ネタバレになるが、これは誰しもが敬遠を考えるだろうシーンで敢えて勝負にいった経過に対して言ったセリフである。
 勝負を避けて、モヤモヤとしたものを抱えて勝ち上がるより、真っ向勝負でぶつかったことに対する清々しさの感動というか称賛の気持ちがそこにはあった。

 そこはマンガだからという人もいるかもしれないが、実は同様のシーンは実際のスポーツの真剣勝負の場でも存在している。

画像はイメージ

 4年前のラグビーのW杯日本代表対南アフリカ代表との闘いである。
 あの試合の最後のシーンで2点ビハインドだった日本代表は、残り5分でキックで同点を狙うことも出来たが、失敗のリスクを恐れずに逆転のトライを狙う選択に出た。 
 そしてその勝負への気迫で相手を圧倒し見事逆転勝利を挙げるのだが、あの勝負に対する姿勢は現地でも称賛され、4年たった今でも日本のラグビー界で語り草になっている。

 明後日に日本で始まるW杯への期待も4年前のあのシーンの感動に対する余韻が今でも残っている面が大きいという気がする。

 逆にモヤモヤ感を残してしまったのが昨年のサッカーのW杯のポーランド戦の最後の15分間の戦いである。
 勝ち上がることを優先して、目の前の真剣勝負を捨ててしまったシーンであった。
 結局、あの後のトーナメントの一回戦のベルギー戦で、逆転負けを喫したらしいのだが、私は既に観戦するモチベーションを失って観戦することを放棄したので見なかった。
 見る価値を感じなかったからである。
 むしろ後から逆転負けの敗戦のニュース聞いてどちらかというとざまーみろの気分であり、あれ以降サッカーの日本代表の試合は見なくなったし、報道で伝わる動向記事もほとんど読まないし気にしなくなった。
 真剣勝負の行われないスポーツなど見る価値がないからである。
 
 こういった流れの中で、今年になって岩手・大船渡高校の佐々木投手が、決勝戦を投げずにチームが敗れたということの是非が、ネット上でも結構話題になっていた。
  まあ細かくはチェックしてはいないが、将来のためとか大人の知恵で登板を回避させたらしいが、本人の本当の気持ちはどうだったのだろうかと心配になる。

 投げることに違和感があるような状態であったならば、もちろん無理をさせてはいけないが、もし投げることに支障がない状態であったなら、真剣勝負を避けるような大人の知恵は、高校生には邪魔だったような気もする。

 まああの時、投げたとて甲子園に行けたかどうかは分からないが、真剣勝負でぶつかった結果であれば誰もがモヤモヤ感を残さずに済んだし。「甲子園はおまけだった」ことに気づいたのではないだろうか。
 今の世の中、大人の知恵で勝ち上がることや将来への道を残すことを優先してしまう傾向にあるが、それを優先しすぎてしまうと実は勝ち上がること自体の価値を失わせ、真剣勝負で得られる価値を失わせてしまうことになるのではないかと危惧するのである。

長寿のお祝いに見る二重行政

 日が変わってしまったが昨日9月16日は敬老の日で、日本国内全体にて長寿のお祝いに対する話題が各メディアで取り上げられた。
 その中の一つとして、ラジオで聴いていた話題がちょっと気になった。

 それはあるリスナーの親だか叔母だか100歳になった方の状況についての様子がラジオに投稿され、読まれていた内容のこと。

写真はイメージ

 それによるとその方の100歳のお祝いとして、内閣総理大臣の名前で記念品、都知事からも記念品、区長の名前でお祝い金、さらには町内会の名義で記念品など沢山の品物が届いたとのこと。

 これを聞いて私は凄いなと思うのと同時になんと縦割りの二重行政の長寿祝いなのだろうと感じた。

 もちろん100歳のお祝いについては大変めでたいことなので、祝うこと自体を否定するつもりもないが、国や地方自治体までがそれぞれ別々にお祝いすることでもあるまいと思ったのでる。
 内閣総理大臣や都知事の名を記したお祝い状や記念品などは、どうも選挙目当てのパフォーマンスの匂いがプンプンしてならない。

 記念品贈呈への授与側名義など「私は福祉に力を入れていますよ」とアピールするには絶好の場だからである。

 まあ100歳くらいの高齢者の方だと、そういった有名な行政府の長からのお祝いが届くことは権威主義的な感覚で嬉しさを感じる面もあるのかもしれないが、私ならば自分のことをろくに知りもしない人から突然祝われるのはとても違和感がある。

私の感覚から言えば、もし自分が100歳になってお祝いをもらうならば、お祝い主体として一番嬉しいのはおそらく市区町村などの地方自治体であろうか?

 同じ自治体の人々は、直接の顔見知りではなくても同じ町の同じ風景の中で暮らしてきている人々であり、共通感覚を持って生きているという認識があるからである。
 また、国や県などの行政窓口に行く機会は直接の仕事をしていない限り滅多にないが、市区町村の窓口の場合は誰しも年に一回や二回は行く機会があり、比較的身近な存在として自治体の存在を感じる。

 そういった意味で、市区町村から贈られるお祝いなら一番嬉しい気がする。

 しかも、できることなら首長名義ではなく市民一同といった形で、個人名義を外してもらうほうがより良い気もする。

 まあとにかく、そういった比較的身近な人たちのお祝いがあれば、二重にも三重にも行政府からお祝いを受ける必要がない気がするのである。

 まだ100歳の半分にも達しておらず、恐らく100歳は無理だろうと感じている自分だが、ちょっと気になった行政による敬老のお祝いに対する疑問なのである。

ヴィヴァルディの四季が春から始まるのは何故か?

 日本人に大変親しまれているイタリアの作曲家ヴィヴァルディ作曲の「四季」
合奏協奏曲ともヴァイオリン協奏曲ともいわれるが、邦題だと「和声と創意への試み」という12曲の作品群のうちの最初の「春」「夏」「秋」「冬」4曲が、「四季」の愛称で呼ばれている。

 私ももちろん好きな曲でありブームの火付け役になったイムジチのCDはコンサートマスターが変わる度に購入し、五枚目のフェデリコ・アゴスティーニさんの版までは全て買っていた。

ところで、最近この曲に対して素朴な疑問を持った。
何故、この四季の曲は春夏秋冬の順序なのだろうか?

 我々日本人は4月1日を年度替わりにおいているので、春をスタートとした季節順序には全く違和感がないので当たり前に受け止めているが、イタリアなどの欧州は学校などの年度始まりは夏の8月或いは秋の9月になっている。

 これは中国もアメリカも同じであり、欧州サッカーなどのシーズンも同様に8月などの夏をスタートとし、6月か7月に終わるので年度の感覚は夏が境目になっているはずである。
 よってその感覚に従えばヴィヴァルディの四季も「夏」から始まっても良さそうな気がする。

 一応各曲にはそれぞれ、RV○○○と言ったリオム番号という整理番号が付けられているが、番号が若い順に春→秋→冬→夏となる。

 しかし実はこれは作曲順ではなく、後の時代の研究家が調性に基づいて整理してしまったもので作曲順序とは全く関係ないようだ。
 よって春夏秋冬の順序を探る根拠にはならない。

 ちなみに、他の作曲家の例で言えばチャイコフスキーもピアノ曲で「四季」という名前の曲を書いているが、これは1月が12月までの月ごとに各月の情景をテーマに描いたものであり、数字の順列に従ったものであって、まあその順番の理由は理解できる。

またリベル・タンゴで有名なアストール・ピアソラも「ブエノスアイレスの四季」という季節シリーズの曲を残しており、これは「夏秋冬春」の順序で、シーズン感覚は夏が年度のスタート的に扱われている。
(※アルゼンチンは南半球のため秋である3月頃が年度始まりらしく11月か12月に年度が終わる)

 このように、欧州文化の中では1年というか季節のスタートは標準的に「夏」或いは「秋」なのであり「春」スタートで書かれる四季の順序は異様な存在に見える。

 しかし、やはりもう一例「春」から始まる「四季」の曲があり、ハイドン作曲のオラトリオ「四季」は、やはり「春夏秋冬」の順番で書かれている。

 但し、このハイドンの曲の順序には理由があり、スコットランドの詩人ジェームズ・トムソンの作品を基にしていて、この詩人の作品「四季」が「春夏秋冬」であり、ハイドンはそれをそのまま受け継いだだけであり、春をスタートとする理由はこれだけではわからない。

 このトムソンの四季(1726~30)と、ヴィヴァルディの四季(1725年)はほぼ同年代ではあるがヴィヴァルディのほうが少し早く、ヴィヴァルディがトムソンに影響を受けたという仮説も成り立たない。

 結局、何故「春」をスタートとする「四季」となったかについては振り出しに戻ってしまった。

 ひょっとすると、一番最初に「春」を作曲してみた後、じゃあ四季の全部を作ろうという順序で作曲が決まったため春が先頭になったという単純なことかもしれないと考えた。

 しかし、それでは少々面白みに欠けるのでちょっと大胆な仮説を立ててみた。

 以前、「日本発祥の扇子が活躍するバレエとフラメンコ」でも書いた通り、15世紀には既に日本は南蛮貿易を通じて、ヨーロッパとの交易が始まっていたことから、その中で絵画などが渡っていた可能性があり、その絵を通じて日本の季節感のインスピ―レーションが伝わったのではないかという仮説である。

 日本の安土桃山時代には狩野派など、色彩感豊かな絵画が既に生まれている時代である。

 ジャポニスムが起きる100年以上前ではあるものの、日本の色彩感覚はヨーロッパ文化にとっては新鮮な印象を与えた可能性はあるかもしれないのである。
 しかし残念ながら具体的にヴィヴァルディのいたベネツィアに日本画が伝わったという具体的な記録は見つけられず、この可能性はかなり低いようだ。

 或いはベネツィアの先人マルコポーロが開いた中国との交易のルートにおいて、ポーロ自身やその後裔や後進たちが持ち帰った資料が、影響を与えた可能性も考えてみたが、やはり具体的な繋がりは見いだせない。

 ここで、基本に戻って世界の暦の成り立ちを調べて直してみると、ようやく答えが見えてきた。

 実はヨーロッパで広く使われている太陽暦であるグレゴリオ暦では春分の日を基準として、1年が定められているのである。

 その前身のユリウス暦でも同様に春分を基準に暦を定めており、キリスト教の宗教観の中では春が1年の始まりであり、復活祭(キリストが処刑の3日後に復活されとする日)を含め、春夏秋冬を1年のサイクルとして順序を定めていたようだ。

 つまり春をスタートとして季節を数えるのはキリスト教圏の世界では正当だったようである。
 よって、かのヴィヴァルディの四季もこのキリスト教的季節観の中で習慣づいた季節順序だったことになる。

 では逆に湧いてくる疑問が、何故世界の学校の多くは秋冬春夏など秋や夏を起点にしたサイクルをとっているのか?

これは恐らく、ユダヤ人の使っていたユダヤ暦の影響が大きいと推測される。

 ユダヤ暦は太陰太陽暦で決まる暦であり、上述のキリストの復活と絡んだ春を起点とする宗教暦と、秋に始まる政治暦があり、ユダヤ人は主に政治暦を使っていたようだ。

 つまりこの秋冬春夏の季節サイクルは、ユダヤ暦の政治暦を世界中に散らばって政治の裏舞台で活躍したとされるユダヤ商人たちが広めた結果だと推測されるのである。

 故に、ヨーロッパのキリスト教信者にとっても日本同様に春が季節のスタートである感覚自体は変わりが無いようだが、ユダヤ人によって敷かれた政治的経済的の仕組みにより、クリスチャンであっても両方の年度サイクルをこなしていることになる。

 たかが曲の順番への疑問であったが、調べていくと色んな世界の歴史が繋がりがわかってくる。

ワードプレス(WordPress)がSEOに強い理由

 ブログなどをネット上にアップするのに広く使われているワードプレス(WordPress)だが、よくSEOには強いとは言われるが、そもそも何故SEO(検索エンジン適合化)に強いのか理解して使っている人は実は多くないのではと感じている。

 ワードプレスを紹介しているサイトを見まわしてもその理由まで詳しく触れているサイトはあまりなさそうな印象である。

 もっともこれはSEOを生業としている業者にとっては一種の飯のタネでもあるので、おいそれと無料のサイト上では公開できないのかもしれない。

 またSEO対策については、公開されていないGoogleなどの検索エンジン側のアルゴリズム(検索順位を決定づけるデータ)との闘いでもあるので、絶対的な正解が見つかるものでもない。
 ただ、やはり一般的なSEO対策と言われる方法は、時期によってそれぞれの効果度合いの匙加減の上下変動はあれど、基本を守ることによって、そのSEO効果にはプラスとなることには間違いがなさそうだというのが私の個人的な印象である。

 一般的にSEO対策の基本とされているものに、外的対策内的対策の2つがあるとされている。

 このうち外的対策とされているのが、被リンクの対策であり、別のドメインから自サイトへのリンクをどれだけもらうか、あるいはなるべく価値の高いサイトからリンクをもらった方が良いとされており、これを求めてリンク合戦的なSEO対策が横行した時期もあり、リンクばかりを集めたリンクサイトが沢山生まれた。
 しかしそういった手法は最近ではGoogele側で評価しなくなったこともあり、かなり下火になったらしく、その象徴であったページランクという評価ツールも停止となったようだ。
 ただ、外部から被リンクをもらったほう有利という基本ポイントは変わってない印象で、被リンク元のサイトが関連するテーマを持つ正常なサイトであり、自然な範囲のリンクである限りにおいては、やはり今でも効果があると感じている。
 
 一方の内的対策だが、ここがワードプレスが強いとされる理由の肝となるのだが、実はこのSEOの内的対策の何たるかがわかっていないため、ワードプレスを使ってもSEO効果を発揮できてないサイトは意外と多い。

 ではSEOに強くなる内的対策のポイントとは何か?

 第一に、ページ数の多いサイトであることが重要となる。
 私の主観ではあるが巨大なサイトほど、そのサイトドメインはパワーを持つのである。
 もちろん、各ページそれぞれがきちんと意味を持った内容であることが重要なのは言うまでもなく、そういった関連性の近い意味のある情報がたくさん集まったサイトは評価されることになりSEOに有利となる。

 第二に内部リンクが充実していることが重要となる。
 サイトの中にはトップページを頂点としたカスケード式のリンク体形で構築しているものもあるが、それでは末端のページは孤立状態になり、トップページを経由してからではなければたどり着けず、ページ評価としても低くなるし、実際アクセスもしづらい。

 従って、同じサイト内において複数のアクセスルートを確保するためのサイト内部における各ページの相互結合リンクが重要になる。

 これにより、検索エンジンのロボットは複数のルートを通ってそのページにたどり着くことになるので、そのページが評価されていると判断を受けるることになり、実際の評価もカスケード構造より高くなることになる。

 もちろん、機械的に単にリンクを貼りまくれば良いというわけではなく、当然ながら関連性において意味のあるリンク関係が結ばれている必要がある。

 このようにサイト内部の内部リンクが充実すると、各ページそれぞれの評価があがり、結果としてサイト全体の価値評価も上がることなる。
 サイト全体のページ数が多ければ、それだけ内部リンクも多く増やせることになり、評価をお互いに受け渡すことが出来るので、やはり上述のように巨大なサイトであればあるほど、SEOに有利な状態を生み出せるのである。

 実はこの考え方は、外部からの被リンクと一緒であり、Googel側でどういった評価比重を配しているかはわからないが、内部も外部も被リンクが重要だということには変わりがないことになる。

写真はイメージ

 では、この基本ポイントに対してワードプレスがどう作用するのか?

 重要なポイントとしてはカテゴリタグの設定にある。
 ワードプレスだけの特別な機能ではないが、この2つの設定が最も重要だと私は考える。

 「カテゴリ」は投稿された記事を、系統で分類するための区分であり、タグというのは、記事に含まれる要素を単語単位で抜き出したものと考えればよいだろうか。

 ただ、呼び名は違っていてもこの二つは基本的には同じような効果をもたらすものであり、無理に使い分ける必要もないが使い分けることによる効果も期待は出来る。

 まずカテゴリは、記事を大枠で分類することにより、関連性の高い内容の記事をグルーピングすることが可能になる。
例えば「旅行」を親カテゴリにして「海外旅行」「国内旅行」などと、各投稿ページでカテゴリ分類を設定すると、「旅行」といカテゴリのページが自動的に生成され、そこから各記事へのリンクも自動も貼られることになる。

 これだけで、関連ページが増えるし、各投稿記事は関連リンクも受けることができる。

 さらに、「海外旅行」などの子カテゴリもまたそのキーワードでグルーピングがされるので、やはり「海外旅行」カテゴリのページが自動的に生成され、そこから海外旅行関連の各記事へのリンクも自動も貼られることになる。
 このようにワードプレスを使用すると、投稿記事一つに対して、カテゴリ項目の分だけページ数も増やせるし、関連キーワードの記事を引き寄せてリンクで繋ぐことができるので、そのキーワードにおける評価価値を高めることが出来るのである。

 またタグについても効果作用としてはほぼ同様であるが、こちらはグルーピングというよりカテゴリ分類を飛び越えて単語単位で串刺しにするものであり、関連性がそのキーワードのみによって括られるので、形式的には同じ作用でも、実際のSEO効果としては自然とカテゴリ設定の方が高くなると思われる。

 ちなみに最近流行りのハッシュタグ「#」は、キーワードでページを繋ぐという意味では同じ作用ではあるが、ハッシュタグはツイッターなどの同一SNSのプラットホーム内で広く繋がるのに対して、ワードプレスのタグはネット全体を意識してサイト内の関連性強化のために設定するものである。

 つまりハッシュタグはSNS内からの呼び込みのために設定するものであり、タグはネット上全体からの評価を高めるためのものであるため、実際どっちに集客力があるのかとは一概には言えない。
 もちろんサイトをSNSにリンクして拡散を目指す場合は、そこにハッシュタグの設定は必須なのだが、SEOを含めたユーザー集客も考える場合には、サイトを強くするタグ設定は怠らないほうがよく、ハッシュタグにだけ頼るとワードプレスの良さが宝の持ち腐れとなることになる。

 なおワードプレスのSEOへの親和性については上記の「カテゴリ」「タグ」以外にも、リンクのアンカーテキストの設定が楽だとか、プラグイン導入によるページキーワードの設定が楽だとか、細かい機能によるものも幾つかあるが、いずれも自動的にSEO効果が得られるものではなく、効果が得られやすい状況を設定しやすくなる程度のものである。

 ただ、そういった細かい設定を怠らずやることによって、効果がそれなりに高まるのも事実であり、規則正しい生活や食事の内容一つ一つに気を配ることによって健康が保たれるのと同じでマメさが必要である。

 掲載する文章も同様で、検索エンジンは「言葉」をキーに検索されることを考えれば、「この都市」などの代名詞的表現は極力排して、「上海」など固有名詞を優先して使用するなどの気遣いによりSEO効果が高まることになる。

 ネットの潮流は時代とともにどんどん変化していくため、ワードプレスなどもいずれ時代の主流ではなくなる時は来るだろうが、ただ単にSEOに効果があるという言葉を信じてその理由も知らずに使うよりは、理屈をわかって使うほうが、いずれ乗り換える時代が来たとしても、納得して切り替えることができるであろうに思うのである。
 自らWEBサイトを構築したのに効果に悩んでいる方がいらっしゃれば、参考にしていただければ幸いである。

買い溜めは無駄?消費税による実質の上げ幅は1.85%

 日本では10月1日から消費税が従来の8%から10%に引き上げられることが決まっている。
 誰にとっても物の値段の値上げは嬉しくない話ではあるが、買い溜めなどを検討するような慌て方をしている方は、もう少し冷静になったほうがいい。

 確かに税率としては2%上がるのだが、従来の8%からの実質の値上げ率は110÷108で、1.0185=101.85%となる。

 税込み1万円の品物であれば10185円になる状況。

 確かに値上げは値上げだが、この程度の価格変動要素は世の中に幾らでもあり、野菜や魚の季節変動や天候変動に比べたらそれほど気になるものではないという気がする。
 個人的にも上海では毎年のように3%も5%も物価が上がっている状況を体験してきているので、1.85%の上げ幅では驚かないのである。
 
 また、例えば1リットルのお酒の1.85%と言えば18.5mlとなり、大さじ1杯が15mlであることを考えると、大さじとちょっとの量である。

 その量のために、税の引き上げ前に買い溜めして取っておくことにどれだけ実質的な効果があるだろうかというところになる。
 ちょっとした料理の味付けのさじ加減や、コップに多めに注いてしまえば18.5mlなどあっという間に消費してしまう。

 それでなくても買い溜めして大量に保管してあるという意識があるとどうしても使い方が粗くなる。
 大量の在庫だと保存が悪くて腐らせてしまうこともあるだろう。
 そういう粗い使い方をしてしまえば、18.5ml分を意識して買い溜めすることは決してプラスにならない。

 むしろ税率が上がったあとに買って、「高いのだから」といって丁寧に大事に使うほうが、よほど増税分を回収できる使い方となり、無駄が無くなるという気がする。

 税率引き上げによる値上げの心理的負担は確かに小さくないが、数字の大きさを正確に受け止めないと必要以上に損をする可能性があるという気がするのである。