Tag Archives: 環境

タワーマンションだと子供の成績が伸びないらしい

 先日、ある家庭教師の方のブログを読み、ちょっと驚きの現象があることを知った。
 タワーマンションの高層階に住む子供は成績が伸び悩む傾向にあるらしいとのこと。

タワマン上層階の子「成績は低迷」の理由

 その要因として、そのブログの筆者は高層階における環境の刺激の少なさなどを理由に挙げている。
 高層階は確かに窓から景色も良いし、地上近くの雑音も少ないので勉強の環境にはもって来いのような印象に映るが、実は逆にこの刺激の少なさが成長における体験の機会を奪って刺激への反応が鈍くなってしまうとのこと。

画像はイメージ

 またタワーマンションの高層階では窓をほとんど開けられないし、木々のざわめきや鳥の鳴き声、虫、日の角度など主に地表近くで起きる四季の変化を感じにくくなり、感受性を育てる環境に不足があるのだという。
さらにエレベーターという移動障害が存在するために、外出するのもおっくうになり、外で遊ぶ機会もますます減り、砂場遊びや石ころ遊びをしなくなるため物の数に対する自然体験がなくなり、これにより足し算引き算の意味することが概念的に理解できないなどということが起きると、このブログには書かれている。

 またエアコンによる室温コントロールが行われてしまっているため、「寒い暑い」の刺激も不足し、この環境の安定は実は集中力をもたらすのではなく、やはり刺激不足で集中力の持続に影響を及ぼすのだという。

画像はイメージ

 つまり大人には快適に見える環境も、未成熟な子供たちにとっては成長段階において生きるために心身に刻み付けるべき学習要素として必要な刺激を受けられないため、脳が学習できないことになってしまうようだ。

 このほかタワーマンションでは、ガス事故を避ける意味もあってキッチンのIH化が浸透してしまっているため、火を全く見たこともない子供も少なくないという
 これにより、煙などといった命に危険を及ぼす存在を察知する能力さえ衰えてしまっている可能性があるという。
 
 我々大人はそれまで生きてきた経験則や体験によって何が快適かそうでないかを知り、その経験や社会知識によって危険を回避したり、環境を快適に整えたりしているが、経験を経ない子供に同様の環境を与えても、決してプラスにはならないようなのである。

 まあこのことだけで、タワーマンションの存在をいきなり否定するわけではないが、大人が良しとする快適な環境が必ずしも子供にとってプラスなわけではないとは言えるということになる。
こういった視点は街や社会を進化させる上で見逃してはならないポイントのようだ。


 

タクシーより早く着く?上海の公共バス専用レーンは意外と強力

 上海で公共バスと言えば、遅い交通機関の代名詞のような存在だったが昨年あたりから異変が起きている。
 朝晩のラッシュ時はタクシーよりバスで移動したほうが早く到着するケースが増えてきているのだ。

 どういうことかというと、上海市内の主要幹線道路において公共バス専用レーンの設置が増えているからである。
 報道によると上海市では2015年末までにこういった公共バス専用レーンを市街地の主要幹線道路に32区間総延長300キロ設置したとのことで、既に市街地は概ね網羅したとのこと。

 実際上海市内を移動してみても片側三車線以上ある道路には概ね専用レーンが設置されたという印象になっている。

上海の公共バス専用レーンの標識

上海の公共バス専用レーンの標識

 この公共バス専用レーン、午前は7時から10時まで、午後は16時から19時までのそれぞれ3時間ずつ設定されており、沿道を出入りする車両と右折車両(中国は右側通行)以外は通行が禁止されており、誤って侵入した場合は罰則を受けるようだ。

 しかも実は渋滞の激しい平日だけではなく、週末を含め1年365日このルールが適用されるとのこと。

 この結果、朝晩のラッシュ時には渋滞を横目にすいすいと走り抜ける公共バスの姿がよくみられるようになったのである。
 タクシーも一般車両同様にこの公共バスレーンを走れないため、かつて公共バスより早く移動できるはずだったタクシーが追い抜かれる現象が起きている。

専用レーンを走る公共バス

専用レーンを走る公共バス

 もちろん朝晩ラッシュ時のバス内は相当混んではいる。

 しかし、タクシーより早く目的地に着く可能性が高いため、私も時間を急ぐ場合はバスを選択するケースが増えてきた。
 (まあ右折車両や沿道を出入りする車も少なくないため、度々走行が阻害されるケースもあるが、それでも渋滞に並ぶよりは速い印象)

 ただ、この状況には一般ドライバーから不満の声も出ており、不平等であるような意見のほかに、あまりバスが走らない区間にも専用レーンが設置され渋滞に拍車をかけているとされる。
 しかも迂闊に専用レーンに入ってしまうと、元のレーンに戻るのも容易ではない上に、罰則のプレッシャーもあるため、朝晩は常に緊張感のある運転が求められるようだ。

 しかしまあ上海のドライバー達には申し訳ないが、個人的な立場から言えば、上海で運転しない私にとっては公共バスの定時性は大変ありがたい話であり、車上の混雑さえ我慢出来ればタクシー費用も節約できて一石二鳥なのである。

 もとより、環境対策としてもマイカー通勤を止めてバスや地下鉄に切り替えることは大きな効果があるとされているわけで、PM2.5などの大気汚染に悩む上海市にとってはこの専用レーンの設置は一つ重要な施策であろうに察せられる。

 私としてもこの専用レーンの設置を含め、上海の交通網の更なる公共集約化によって上海の大気環境が1日も早く改善されることを是非期待したいのである。

ちょっと気になるアピタの包装の多さ

 昨年オープンした上海のアピタ(ユニー)であるが、我々上海在住の日本人の間でも好評で、私自身もちょくちょく食料品やお弁当などを買うようになっている。
 店内の清掃状況や陳列、店員マナーはほぼ日本のショッピングモール並みで、しかも物価も日本ブランドのスーパーとしては比較的良心的な価格で抑えられており、例えば「のり弁」なども15元以下で、円換算したとしても納得できるような安さである。

 このお店のオープン以降、周囲の商店に与えた影響も結構大きいようで、近くの匯金百貨の地下のスーパーで働いていたレジのおばさんが、ちゃっかり途中からアピタのスーパーに転職しているような状況すら見かけた。
 そのくらい客が流れているということである。

 そんな中、最近ちょっと気になったのは日本並みの包装の多さである。

 例えば、ここでお弁当を買うと、その都度液漏れ防止のためにポリ袋にお弁当を包んでレジ袋の中にいれてくれるのだが、何度も弁当を買っているうちにこのポリ袋が自宅に結構たまっていることに気がついた。

 まあ1回あたり1枚程度とは言え、溜まると結構な枚数になり、ごみとして考えると気になる量である。

 さらに、かのお店ではエコバッグ的なものを推奨している雰囲気があまりないような気がする。
(制度はあるかも知れないがあまり推奨された覚えがない)

 ご存知のように中国では環境対策の一部としてレジ袋が有料になっており、どこまで実効性があるのかはともかく、一定の歯止めになっているはずなのだが、ここではエコ袋の推奨がないため包装の多さばかりが気になり、中国の社会状況に逆行しているような印象さえ受けるのである。

 まあ、もちろんアピタ側も全く環境対策を取っていないわけではなく、例えば上記の弁当容器は日本からもちこんだ再生可能な容器の用であり、気を使っている面はある。
 とはいえ、弁当一個一個の包装はやりすぎだという気もしなくはない。

 しかし残念ながら、現時点では受け入れ側の中国社会にその分類を生かすシステムがないと思われ、弁当の容器はゴミを増やすだけの環境となっているような気がする。

まあこれらを過剰包装だと非難する気はないが、日本並みの清潔感をアピタが折角持ち込んだのに、受け入れる社会が整っていないがため、結局ゴミを増やすだけの状況になっているのが今の状況のような気がするのである。

 この状況は企業側が解決すべきなのか、行政が解決すべき問題なのかは分からないが、過剰包装を喜ぶような我々の生活に対する考え方は是非改めたいものだとは思う。

上海アピタ店内

上海アピタ店内

上海の天気・空気の悪さは悩ましい

 11月の梅雨空のような毎日からようやく解放され、12月になって晴れ間が見えるようになった。

 

11月28日の上海の空

11月28日の上海の空

当たり前のように見えていた青空が、長い間見えなくなるだけでどうも心は蝕まれていくような印象である。
 毎日の仕事に追われているうちはまだよいが、週末にぽっと空を見上げても灰色の空、遠くを眺めても灰色の空気しか見えないのでは、どこに出かけたくなくなるし、文字どおり心も晴れないのである。
 音楽を聴いたり、おいしいものを食べたりして、何とか心を紛らわせようとしても、やはり青空が見えないというのは辛いことだと初めて知った気がする。

もやがかかる上海市内

もやがかかる上海市内

 私は日本の関東で生まれ育ったので、梅雨時以外は長期間晴れないということはあまりなく、一週間雨続きで太陽が見えなくても心が重くなる。
 今年の上海は夏以降、カンカンに晴れたケースはそれほど多くないと感じており、雨続きの印象である。
 特に11月はひどい印象で、11月3日あたりに晴れた空を携帯電話の写真で撮ったが、それ以降はほとんど晴れた記憶がないのである。

 ようやく、晴れ間が見られるようにあったのはいいが、今度は空気の悪さがなる状況になった。
 いわゆるPM2.5問題で、今行われているCOP21という国際会議でも中国の空気の悪さは世界から指摘されており、今日は79㎍でまだマシな方だが、これでも世界基準の25㎍の3も悪い状況である。
 日によっては200や300がザラであり、上海よりも北京などの北の地域で更に深刻な状況になっている。
 先日もVWが原因の一端ではないかと書いたが、まあ個別の車がどうのこうのというより、中国の車の多さを見れば大気汚染が深刻なのも納得できる状況ではあり、車を減らしたり一台一台を改善しなければ、やはり大気汚染は解決しないと思う。

 もちろんこの国の政府とて、それなりに努力しているという情報は伝わってくるが、実際結果として繋がっているようには思えず、努力の後は見られない。
 空気が悪い場所は、呼吸器系統への影響も懸念がある上に、心理的にも悪影響があるということを是非理解して取り組んでもらいたいものである。

 

母親の細菌が決める子供の健康とスポック博士の育児書

以前スポック博士の育児書という子育てに関するベストセラーが最近否定し始められているようなことを書いたが、つい最近それを裏付けるような事実があることを見つけた。

それはここにこちらに「女性の細菌が健康と幸せを決める鍵」というブログで紹介されている話。
ほぼそのまま引用するが、微生物学者JASON TETRO氏の研究結果として人体内には100兆もの細菌(microbiomes)が存在するとし、子供に対して

母親や育児に関わった女性のmicrobiomesが、母親の産道から〜キスや触れ合い〜母乳〜など愛情深く育てられるなかで体内に入り、これらの女性由来の微生物が免疫系も含め人間の原初の健康の元になっているということ

つまり母親とのスキンシップが、子供の健康の基礎となるというのである。
さらに、それは乳児期間に限らず、成長過程においても、

お母さんが素手で磨いで炊いた、細菌一杯のごはんを、またまたお母さんの素手で漬けて揉み込んだ、細菌一杯のお漬け物と、自家製のこれまた細菌一杯のみそ汁と一緒に食べて、みんな健康で幸せになる!

と影響を及ぼすことになるらしい。

a0277700_16351447

この話を読むと、かのスポック博士の育児書で記されている「個人の自立を促すため、泣いても抱っこせず泣かせなさい」「母乳と抱っこに頼りすぎると大人になってから自立が難しくなる」といった記述が、実は赤ん坊の健康を保つ細菌環境醸成に対しては反する行為だということがわかる。

つまり、母親とのスキンシップ不足となった子供は免疫に必要な細菌を母親から与えてもらえず、免疫不足に陥る可能性があると考えられるのである。

実際この免疫不足となる現象が、スポック博士の育児書が読まれた時期の直後の1980年頃からアトピー患者が増加しているという時期とちょうど重なる。
 つまり育児書に従った母親による子供とのスキンシップ不足がアトピー患者増加の一因でないかという推測が成り立つのである。

 さらにこの免疫力低下に関する犯人は「スポック博士の育児書」だけにとどまらず、レトルト商品や調理済食品の増加により、母親の手を経ないで作られた食品を食べることが増えたのも原因なのではないかと言う推測ができることになる。

 つまり調理済みの既製品の食生活では、お腹は満たせても上記の健康を保つための細菌環境の母親からの譲渡という意味ではマイナスの環境となるのであって、それがアトピーあるいは花粉症などという免疫に起因する症状を生み出しているのではないかということになる。

 もちろん、アトピーなどに関しては食生活の変化による化学調味料の多量摂取などが原因ということも考えられるが、時期的なタイミングで言えば、化学調味料より調理済み(母親の手を経ない)食品の浸透が原因と考える方がしっくりくる。

このことから考えると最近の極端な殺菌商品の普及もひょっとすると子供の健康に必要な母親から子供への細菌の受け渡しを妨げる可能性もあり、神経質すぎる殺菌・滅菌商品の乱用は実は子供の健康を守るどころか成育能力の低下を招いている可能性もあるのである。

母親のスキンシップが子供の健康を守るという、古くて新しい考え方であり、既製品ばやりの育児環境に一石を投じるこの研究である。

写真はイメージ

写真はイメージ