Tag Archives: 中国人

ごみ分別が始まって、さらに環境悪化

 先月7月1日から上海でもごみの分別が始まって、これまで一緒くたに捨てていたごみを生ごみと可燃物、資源ごみなどに分けて捨てることになった。
 これにより、ごみ資源の活用などが進むことが期待されていたようだ。

 しかしながら、私の住んでいる住宅エリア(小区)では、どう考えても失敗というか環境悪化に向かってしまっている。
 分別自体に問題があるわけではないが、収集方法に問題があるのである。

 施行前までは一回の入り口脇に置いてあったごみ収集ボックスの中に、全てのごみをごちゃまぜで捨てていたが、条例施行を受けて分別しなくてはならなくなったため、小区の中の何カ所に種類別の収集ボックスを集中設置した集中回収方式に移行した。
 朝晩の2時間ずつ、毎日回収されることになった。

 従って、住民はごみ捨ての度にごみを回収ステーションに捨てに行かなければならなくなった。
 私は現在自炊をしてないためそもそも生ごみは出さないが、ごみ分別は以前から行っており、今回のルールも把握できたため、面倒くさくはなったが、指定された分別ステーションにゴミ出しに行くことになった。

上海で見かけた日本の甲府市のごみ袋

上海で見かけた日本の甲府市のごみ袋

 しかしどうもこの方式が失敗したという印象である。
 徹底的に告知が不足している
 集中分別回収方式について、改正当日あたりに一瞬告知のようなものをエリアの掲示板で見かけたが、どう考えてもそれだけでルールの周知が徹底されたとは考え難い状況だった。

私はそれを写真に収めたためルールを把握することが出来たが、知らない人が大勢いるはずである。

 しかもその後改めて探してみても、その小区ルールを記した掲示などがどこにもないのである。
 結果、ルールが徹底されていないため、入り口わきの元の回収ボックスがあったスペースに、ごみが野置きされるようになった。
 もちろん生ごみもである。

 すると、ごみが山積みになった上にハエが集る状態になり、非常に不衛生になった。
 1ヶ月半が経過した今もその状況は改善されてない。

 その野積みされたごみは結局、従来通りの回収担当者がリアカーでごみを回収して回るのであり、以前に比べ何も進歩がないどころか寧ろ退化した状況になっている。

 まあ聞くところによると、今回のごみ分別回収は生ごみの分別が主目的らしく衛生管理やバイオリサイクル的なもののが主眼にあるようだが、現状衛生状態は逆に悪化しているのである。

 まあ社会においてルールの周知徹底というのは永遠の課題であるのだが、それにしても私の小区では対策について下手を打った印象である。
 良いルールも告知して情報を共有しないと機能しないという良い例である。
 
 私が見る限り、中国人は相手の心理がわからないのかどうも情報共有が下手であると感じている。

固定資産税のない中国、持っている者勝ちだったが・・・

 だいぶ前に宝くじが当たったとしたらというシミュレーションをちょっとやってみた時(笑)に、直接の購入費以外に固定資産税を考慮に入れないと、家を維持しきれないというなということに気が付いた。

 例え1億の宝くじが当たったとしても、1億の家を買ってしまうと固定資産税が払えないのである。

 もちろん日常の収入もあるわけで、そこから負担していけば良いという考え方もあるが、さすがに1億の家ともなると固定資産税も小さくない。

1年こっきりの支払いならともかく、例えば私の場合は平均寿命まであと30年くらいは生きると考えれば、かなり重荷になるのであり、その期間の税額合計が数千万だと考えると1億当たっても、5000万程度の家に抑えないと維持できないことになる。

 故に宝くじが当たったとしても、日本の不動産購入などはその維持費を考えなくてはならない。

 ところで中国には固定資産税がないようである。

 一部に固定資産税がかかる物件があるようだが、それはごく少数でほとんどの家(部屋)に固定資産税がかかっておらず、部屋は持った者勝ちの状況となっている。
(正確に言うと、中国の土地は全て国有なので借地権の売買で固定資産ではないのだが)

 そのため、当初非常に安い価格で購入して、その後どんなに値上がりしたとしても、住んでいる限りにおいては、生活費以外に困ることはなく、大きな負担なく住み続けることが出来る。
 上海ではとても豊かな収入を得ているとは思えないような雰囲気の人たちが、上海の中心部の住宅街で生活をしているのをよく見かけるが、彼らがそこに暮らせるのはそういう理由からである。

 もちろん部屋を複数持っていれば、貸し出して賃貸料を得ることが出来るわけで持っているだけで丸儲けなのが中国の不動産事情ということになる。

 さらに維持費の心配のない不動産は売買において維持費の心配がないので、売買を繰り返して大金持ちに成りあがっていく人も少なくなく、これも固定資産税がない社会のなせる業である。
  先日から登場している私の大家も実はもともと農家らしく、土地開発事業によって農地の代わりに部屋を幾つか貰って、その賃貸収入プラスアルファの労働収入などで暮らしているようだ。

 こんな中国の不動産状況だが、実は来年2020年から日本の固定資産税にあたるような不動産税の導入が決まった?ようである。

 そもそも国有地を借りているだけなのに、固定資産税も何もないという気もするが、そこは何か徴収側に都合の良い理屈が法律に書かれるのだろうと察する。
 まあ詳しい課税の方法は見ていないが、これは不動産投機大好きで値上がりを何より楽しみにしている中国人にとっては一大事である。

 今までは資産価値が上がれば上がるほどもうかる仕組みだったのだが、資産価値が上がると税額にも影響があるために、必ずしも歓迎できない状況となるからである。

 場合によっては不動産市場が暴落する可能性もないとは言えない。

 果たして、順調にこの法律が施行されるかどうか分からないし、施行されたとしても徴収段階において一悶着も二悶着もありそうな予感がする。
 昨年来の米トランプ大統領が仕掛けた貿易戦争の影響と合わせて、中国経済も激動の時代が訪れそうな状況となっている。

いまだに中国を甘く見ている日本人

 最近時々、以前に中国にいた日本人が中国に舞い戻ってこようとしているような情報を耳にする。
 それぞれどうして日本に帰国したのかは知らないし、何故再び中国に足を踏み入れようと考えたのかはわからない。
 ひょっとすると中国式に生活習慣が染まってしまったため、日本に戻っても馴染めなかったり息苦しかったりして中国に戻ろうと考えたのかもしれない。

 「ああ、あの頃は楽しかったなあ、中国ならまだ今でも何とかなるかもしれない」と。

 こんな感じで、中国に戻ってこようとしているような印象を受ける。

 しかしながら、中国、特に上海は経済の伸びが緩やかになりつつあるとはいえ、今もって変化を続けている街であり今や数年前の上海の姿とは違うものになりつつある。

上海の街並み

 もちろん人間はそう急には変われないし、まだまだたくさん粗(あら)を残す部分はあるのだが、上海は本質的には日本とあまり変わらない状況になりつつあり、外国人に対しても以前のような制度の緩さというか甘さは無くなりつつある。

 特に2年前に始まった新ビザ制度の影響は小さくない。

以前は、通常は取りにくい高卒の方でも地獄の沙汰も金次第でコネクションを通せば、労働ビザが比較的容易に取れたのだが、今はそういったコネクションルートというのはほとんどなくなり、基本的にルールに則った正規の方法でしかビザが取れなくなった。

確かに今でも高卒であってもビザが取れないということはないようだが、ハードルは結構は上がったようである。
またこれに関して税金の面でも制度対応が厳格になり、ビザ制度と連動してきっちり税金を納めないと、ビザが延長できないというルールになったようだ。

またこういった外国人に対する制度のほかに、中国人たちがかなり真面目に社会のビジネスルールを守りつつあるようになった。
まあ日本を訪れる訪日観光客のようにマナーの面ではまだまだ問題がある点は多いが、上海では行政側で身分証明書に紐づいた評価ポイントというかブラックリスト制度がつくられたことから、人々のお行儀がよくなった印象がある。

少なくとも違法行為に対する意識が変わった印象で、今までは「バレなきゃいいし、ばれたら罰金を払えば済む」程度だったのが、今では「バレたらヤバイ」になっており、かなり生活態度に影響を及ぼすようになったような印象である。

このように中国人の日常認識にかなり変化が起きているだが、日本人はいまだに訪日観光客のマナー的な部分を指して中国人たちを「ルールを守れない人々」というレッテル付けをして評価している面がある。

更に、先日あるメーカーの方とお話をした際に伺った話だが、中国の工業技術は本当の最先端の部分ではまだ日本に分はあるものの、一般的な工業技術の面ではとっくに中国に追い抜かれ、追いつけなくなっているとのこと。
技術が良い上に価格が安いことから今や太刀打ちできない状態のようだ。

その理由として、熾烈な中国国内の競争があるため技術の進歩が速いのだそうだ。
それに対して、日本国内はまだ認識が甘いというか中国から見るとスピードが遅く見えるらしい。

つまり以前のように中国へ日本人が来て大手を振って闊歩してビジネスを行っていた時代は既に終わっており、中国へ来れば何とかなる時代ではなくなってきている。

少なくとも日本でノウハウの面できちんとしたアドバンテージを持った人材や企業でなければ、中国ビジネスに取り組むのは難しい時代になってきているのである。

しかし、冒頭に書いたように日本人の中にはいまだに5年前10年前の印象で中国を見ている人もおり、現実に直面してあたふたする人が少なくないようである。

静かな春節

 今日、中国では春節を迎えた。

 中国というか、日本が勝手に過去に太陰太陽暦を捨ててしまっただけで、春節の基準となる月齢上の新月の意味では、日本も中国も関係なく今年2019年は今日2月5日が春節となる。
 日本でも明治5年の改暦まではこの日を春節、つまり正月と扱っていたわけであり、仮に日本が改暦せず現在まで太陰太陽暦を使用していれば、日本も今日が正月として祝われていたはずである。
 以前「春節にあって元日にない根拠」でも書いたが、日本の正月は太陽暦で動く西暦上の1月1日を正月としてしまったために、自然との一体感という意味においてはほとんど意味のない日を正月としてしまっている。

 自国の伝統行事を標榜しながら西洋のキリスト教文化の定めた基準・日付で伝統行事を行っており、非常にちぐはぐな形式文化となってしまっているのである。

 さて、その春節正月の元祖と言える中国であるが、数年前から上海の春節は、非常に寂しいというか静かな日となってしまっている。
 春節の象徴とも言うべき爆竹が上海市内で禁止されてしまったからである。

中国のカレンダーの春節表記

 少なくとも3年くらい前までは春節を迎える夜中の0時頃は激しく爆竹や花火が鳴らされ、まるで「ここは戦地か」と思うほど非常に五月蠅い騒音とも呼べる音が鳴り響いていた。
 
 ところが、中国全土で大気汚染が非常に深刻化していたため、その汚染源の一つとして春節の花火がターゲットにされて、上海市内の外環線内での花火の実施が禁止されてしまったのである。

 本当に花火や爆竹が汚染源として重大であったかはともかく、象徴として禁止されてしまったのである。
 記憶が正しければ、確か2016年頃には上海は静かな春節を迎えるようになっていたという気がする、
 まあ、上海以外の外地や田舎では相変わらず花火が上がる習慣もまだ残っているようだが、上海における花火は過去のものとなってしまった。

 そういう状況の中、大晦日にあたる「除夕」に出歩いても非常に静かで寂しさを覚える。

 地方出身者は田舎に帰り、上海の人は海外に出かけているとされる
 まあ家庭によっては中国版の紅白と言われる「春晩」という歌番組を自宅で見ているらしいが、私は興味もなく中国人の家族があるわけでもないので、日常の延長でYOUTUBEなど動画を見て時間を過ごし、0時を待たずに寝てしまう。

 ここ数年同様に何とも静かな上海の春節である。

 ところが今日になって日本のニュースをチェックしてみると大勢の中国人が長期連休を利用して日本を訪れており、東京タワーが春節仕様でライトアップされたり、日本の銀座が中国人で非常に賑やかであるようなことが報道されていた。
 どうやら上海の春節は日本に引っ越ししていたようである。

在上海日本国総領事館は市役所的な存在

上海に住み始めて12年を超えたが、長く住んでいても身分が中国人になるわけではないので、時折り日本人としての事務手続きが必要になる場合がある。

そんな時に頼りになるというか、有難い存在なのが在上海日本国総領事館の存在である。

領事館は日本政府の出先機関である上に、その名称から非常に硬いイメージがあって一般市民には縁が遠い存在のような印象を受けるが、実際にはその逆である。

上海にいる邦人にとっては、市役所の市民センターのような存在であり、何かと重宝する機関である。

その第一としてパスポート関連の業務があり、旅行者の紛失の際の緊急対応を行なってくれるほかに、現地在住の邦人の旅券再発行や更新、増補など、通常は日本の各都道府県の旅券事務所で行っている事務を、ここで済ますことが出来る。
よって期限が迫ってきたからと言っていちいち帰国しないでもよいのである。
私はこれまでパスポート紛失時も含めて二度上海でパスポートを更新している。

第二に、各種証明書関連の発行や届け出業務が非常に充実している。
例えば、結婚証明書や出生証明など中国での労働ビザや家族ビザ申請に必要な書類類は領事館で取得することができる。
さらに無犯罪証明書(犯罪経歴証明)の発行・認証、卒業証明書の認証などを受け付けてくれる。
そのほか中国人と結婚する際には重婚を防ぐ意味で独身証明書などが要求されるが、こういった書類は日本の市町村では公式には取り扱いが無い。

しかし、このような証明書類も、この上海の領事館ではローカライズされて発行が可能になっている。
また届けに際しても、結婚届出生届、離婚届に死亡届に至るまで日本の住民票を抜いてしまって移住されてしまっているような場合でも総領事館で手続きができるのである。

これらは通常は市区町村役場で行う届け出であり、その役割を在上海日本国総領事館が担っている。

また国政選挙に限りだが在外投票もここで実施されており、総領事館で投票が実施され日本に帰って地元の自治体に行かなくても日本国民としての権利が行使できる。

最も法律的な理屈を述べれば、そもそも旅券交付や戸籍事務などは国が果たす業務であり、それを法定受託事務(以前の機関委任事務)として都道府県や市区町村などの地方自治体が代行しているだけのため、国の直属機関である在上海日本国総領事館がこの業務を負うのは原点回帰として何ら不思議な事ではないのである。

まさに日本政府直属の日本人のための役所であり、邦人保護の役割も含めて重要な存在である。

ちなみに、総領事館のもう一つ大事な仕事として、訪日中国人のためのビザ発給という仕事がある。

総領事館のホームページによると昨年2017年の年間ビザ発給件数は185万件で、地球全体の日本の在外公館発給の1/3を占める件数となっており、つまり日本の訪日観光客引き入れのための非常に重要な役割を担っている。

東方航空機

以前、本館で取り扱っていたときは「中国人の日本行きビザ申請の現場」で書いたような状況となっていたが、現在は量が増えすぎたため別館で取り扱っているようだ。

まあこの状況を上海在住の日本人の人数が数万人規模であることに比較して考えると、今や在上海日本国総領事館は日本人のための機関というより中国人のための機関としての意味合いが重要になっているのかもしれない。

在上海日本国総領事館のホームページ