Category Archives: 上海の街の風景

スケボー広場

軌道交通2号線上海科技館駅上には、公園的広場があり野球場レベルの広さの石畳の広場が広がっている。
この広場では休日になると、スケボー少年や少女、或いはローラースケートを履いた若者が沢山集まってくる。

上海科技館駅上広場

彼らの中には非常に上手に滑る者も時々いるが、大半は練習にやってくる初級者レベルの若者たちである。

スケボーに興じる若者

故に時々派手に転ぶ姿が見られ、小さい子供などはけがに備えてヘルメットや肘・膝の防具をつけて完全防備で練習している姿も見かける。

この広場は地面のフラットな部分が広い上に、中央部の四角い広場を囲む用に配置されている池に対して、縁に緩やかなスロープがあるのでスロープの練習もできるし練習場所としてはもってこいなのだろう。

スケボーに興じる若者

そういえば、発展の続いている中国とは言え、これだけスケボーなどの練習に適した場所は貴重なのかもしれない。

一般道は車が多い上に、いまだに凸凹が多くスケボーやローラースケートには向かないとい状況である。
また、子供たちの遊び方として、ちょっと前の若者たちにはスケボーですら贅沢というか、珍しい遊び道具であったわけだが、この10~15年でようやくスケボーやキックボードなどが浸透して一般的になり、その象徴がこの広場だという気がする。

ところで、練習している若者のほとんどが地元の中国系の人々だが、時々欧米系の風貌の方も混じっている。
駐在の方のご子息なのか、留学生の類なのか詳細は不明だが、明らかにアジア系の顔ではない方たちが混じっている。

欧米系のローラースケーター

そういえば、この広場の地下には雑貨屋というか、ブランド品などお土産物を集めたお店が密集しており、もともと外国人の集まりやすい場所でもある。
さらに近くに外国人がビザを取得するための出入境管理局もあり、国際都市上海の中でも特に外国人の存在に違和感のない場所でもあり、地元の人間にとって外国人に多くの接点がある空間がこの広場周辺である。

また、駅名にもなっている上海科技館も隣接し、科学による未来への夢を子供たちが感じるための場所ともなっている。
私もこの近くの上海東方芸術中心に月に数度音楽を聴きに来るたびにここを通る。

こういった昼間に人が集まる広場というのは大きくなってしまった上海だとしても街にとって大事な資源である。
世の中には広場自体は広くても、警官が常に警備する緊張感の高い場所もあり、それに比べればこの広場はとても平和な空間だという気がする。


肥満が増えている印象の上海の街

 ここのところ上海の街を出歩いていると、非常に肥満体の方が増えたように思う。

 私自身も体形についてはあまり他人のことを言えた義理ではないのだが、そんな私から見ても以前に比べ、肥満体の人が非常に増えている印象なのである。
 私が上海に来たころにも、太った人はそれなりにいたが、どちらかというと中年のビールっ腹が主といった印象で、若い人に極度な肥満は滅多にみられなかった。

 しかし最近は体全体がずんぐり太っていて、歩くのでさえ苦しそうなレベルの肥満の人も少なくなく、昔テレビで見たアメリカの肥満者のような印象になってきている。

 先日このような印象を知り合いに漏らしたところ、ファーストフードなどの食生活の変化が要因として背景にあるのではないかと推測していた。

 さらに最近考えられる要因として、飲食店のデリバリーサービスも充実してきており、スマホから注文するだけで届けてくれるので、わざわざ街に出なくても食事が摂れる生活が可能になっている。

 こういった社会生活が便利になった結果、若者たちの栄養過多と運動不足を同時に引き起こし、肥満へ繋がっているのだと推測される。

 この現象が、上海の街だけなのか地方も同様なのかは、最近あまり地方に行っていないので実態はわからないが、デリバリーサービスが地方を網羅しているようであれば、同様の事態が発生している可能性は高い。

 スマホなどIT機器によって、世の中便利にはなってきているが、一方でそれはものぐさを助長している面もあり、健康という面では自分の身は自分守らなければならなくなってきてしまっている。

現金を持ち歩かなくなった上海の中国人たち

数年前から中国での電子決済の普及により、路上の露店までが電子決済で売買を行っている状況は、ニュースなどを通じて日本にも伝わっていると思うが、その反動というか必然で、現金を持ち歩く人たちが非常に少なくなっている。
 かくいう私もこちらで生活しているので、現金よりスマホでの決済がかなり増えているが、やはり最低限の予備として100元札を1~2枚は財布に備えるようにしている。

 しかし、こちらの人々はとことん楽天家なのか、ほとんど現金を持たずに行動している人にも時々出くわす。
 先日もある場所で、現金かカード(デビッドカード)しか支払いを受け付けませんという場所があり、支払いができずに困っていた人を見かけた。

 日本だと原宿あたりでスカウトでもやってそうな派手目のスーツを着た男性2人組で、電子決済しかできないと聞いて非常に困っていた。
 ポケットを探って小銭入れを取り出したが、あったのは数元の硬貨だけだったようだ。

 しかも、どうやらキャッシュカードすら持って来ていないらしく、近くのATMの場所をいったん訊きかけたが、行っても意味のないことに気づいたらしい。
 で、その人たちはどうしたかというと、その場にいた別のお客に交渉を始めた。
 
どういうことかというと、電子マネーでお金を送るから現金と交換してくださいと頼み始めたのである。

実はこれ、以前からあった光景で、バスの公共交通カード(チャージ式プリペイドカード)の残高がゼロになっていたのに気づかずバスに乗ったり、小銭を持たずにバスに乗った人が、小銭をくださいと電子マネーと交換を要望して声をかけてくることがたまにある。

私はこれに応じることはほとんどないが、結構見かける光景である。

結局その2人組の男性は、近くにいた女性に100元札と交換してもらい、支払いを完了することができたようである。

とは言えその女性も、唯一の100元札だったようであり、やはり現金の持ち歩き額は総じて減っているのが現状らしい。
今後、さらに電子決済社会が浸透するにつれ、ますます現金の持ち歩きがなくなりそうな中国の街の現状である。