Tag Archives: 銀行

地下鉄駅の好徳(ローカルコンビニ)

上海公共交通カードへの現金チャージならローカルコンビニが便利!

昨年12月から上海の100駅もの多くの駅で、現金による上海公共交通カードへのチャージ取り扱いがなくなった。

基本的には充値機(チャージ機)に切り替えられたのだが、このチャージ機というのがちょっとは厄介もので、現金によるチャージが出来ない。

上海公共交通カードチャージ機

上海公共交通カードチャージ機

 中国の銀行発行の銀聯カードがあり口座にお金が入っていれば事足りるので居住者にとっては概ね問題ないのだが、口座のない短期滞在者などにとっては、現金チャージが出来ず結構不便なのである。

 また長期滞在者であっても、駐在者の付随家族などの立場で自分の口座を持っていなければ、いちいち家族に頼まなければいけないことになり、非常に面倒くさくなった。

 このように中国で電子決済が進むことは大変便利であると感じる一方で、電子マネーでなければ決済できない場合があり現金を手にしていても平等なサービスを受けられないというサービス格差が生じつつある。
 つまり現金が手元にあっても、役に立たないことがあるのが中国の現状である。

 その象徴の一つがこの公共交通カードのチャージ機である。

 しかし、どうやらそのような不便さを感じていたのは我々外国人だけではないようで、中国のニュースサイトにおいても今回機械化された駅周辺を中心に現金チャージが出来るスポット一覧というものが紹介されていた。

 その中心となるのがローカルコンビニチェーン及び銀行などである。

地下鉄駅の好徳(ローカルコンビニ)

地下鉄駅の好徳(ローカルコンビニ)

さすがに面倒くさいので全店舗の紹介はしないが、チェーンブランドを挙げると
好徳
可的
良友
聯華OK(スーパー)

などであり、確実に全店舗かどうかわからないが概ね現金チャージ可能なようだ。
そのほかは
浦東発展銀行
郵便局
なども対応できる模様。

上海の郵便局

残念ながら日系のコンビニ(ファミマ、ローソン、セブン)などは対応不可であり、台湾系のC-STOREなども含まれておらず、中国系のコンビニからはじき出されたような格好になっている。
まあやや不便になった上海公共交通カードだが、現金チャージに困った時は駅を出て、ローカルコンビニを探してみれば解決する可能性があるようである。
ぜひご参考に!

中国の振り込め詐欺は家賃の搾取狙い

 最近少し減ったが、中国では時々携帯電話のショートメールに振り込め詐欺の案内がやってくる。

 「私は旅行中で外地にいるので、今回の家賃の振り込みは私の配偶者の口座に振り込んで欲しい、口座は○×銀行xxxx-xxxx,,,」

 というのがパターンで、どのメールもほとんど同じである。

この家賃を出汁に使うというのがミソで、どうもこの手のメールを見ると既に慣れたものの見る度にまたドキッとしてしまう。

 世の中の一般庶民の生活の中で、恐らく大半の人の一番大きな出費が住居に関する費用なのではないだろうかと思われ、ローンであれ賃貸の家賃であれ、生活家計の中でそのプレッシャーが一番大きい気がしている。

 まあ私の場合、今までのところ何とか支払いを遅らさせず済ませてきたが、中国のように3ヶ月に一回の支払いだと一回当たりの金額も大きくなり、やはり生活の中で知らず知らずのうちに支払いに対するプレッシャーがかかる。

 そんな常日頃からプレッシャーがある家賃に対する催促メールのような「振り込め詐欺メール」はやはりドキッとするのだ。

 特に近年の中国の賃貸契約の場合は大家の顔を見るのは、最初の契約と退出の時だけくらいなもので、家賃の支払いは口座振り込みで済ませてしまう場合も少なくなく、大家の名前も覚えないくらい交流関係がないのが現状である。

 日本の江戸時代の長屋の「大家と言えば親も同然、店子と言えば子も同然」という言葉とは全く正反対のドライな関係である。

 しかも中国の夫婦別姓制度が余計に詐欺を起しやすい余地を与えていて、家主の名前を辛うじて覚えていてもさすがに旦那や奥さんの名前までは知らない。

 だからこそ、このような家賃振り込め詐欺が横行するのだと思えるが、まあどんな手にも迂闊に乗らないように今後も気をつけたいものである。


銀行の番号札も偽造防止措置

 先日のキャッシュカード行方不明の件、結局色々都合がつかず銀行にたどり着いたのは今日になってしまった。

 本来はまずカードを止めるのが常道なのだが、残高が少なかったため被害に遭ったとしても盗まれたことが実際に確認されない限り、カードを止めるのは避けたかったのである。

 何故ならカードを止めると、カードの再発行が確定的になり自動的にカード番号が変更になってしまうからである。

 そう、日本人の常識では考え難いことだが、中国では銀行のキャッシュカードを再発行すると銀行口座の番号も再発行となり変更されてしまうのである。

 もちろん預金はそのまま移行されるが、これは盗難に限らず破損による再発行でも同様の措置が行われる。

 これは知らないと大変な事態を招くことになる。

 以前、カード表面のフィルムがはがれかかったので気軽に交換をしてもらったところ、番号が変更になったことが気に付かず、職場からの振り込みがエラーになり大慌てになった。

 まあ、そんなこともあってカードの再発行は最終手段にしたく、被害の可能性の天井も知れていたので慌てた行動をしなかった。

 思い起こせば、置き忘れた当日に正体不明の自動電話がかかってきており、その時は変な売り込みかと思ってすぐ電話を切ってしまったが、あれが自動通知システムの連絡なんじゃないかと後から気づき、故にカードは盗まれていないという確信めいた自信があったのである。

 そして今日、パスポートを持ってまず口座のあるカード発行店舗に行ったところ、しばらく順番待ちで待たされたが、確かにATMで取り忘れていることが記録されていたことが確認された。

 まずは一安心である。

 ただ、私の直後に利用した人が私のお金を引き出した後にATMに敢えて故意に置き忘れをした可能性も捨てきれないから、金額の被害についてはこの時点で100%安心できるわけではない。

 そして肝心のカードの現物だが、行員によれば私が置き忘れたATMのお店で保管しているので取りに行ってくださいと言われた。

 ああ、そうなんだ。

 まあ当然といえば当然だが、ちと面倒くさい。
 仕方なく、すぐその支店に移動する。

 そして、再び10分ほどの順番待ちを経て、少々の書類を書かされたが無事カードが手元に戻ったのである。

 残高も減っておらず、どうやら被害はなかったようである。

 覚悟をしていた分だけ得したようなほっとする気分になった。

 ところでこの順番待ちの際に気が付いたのだが、中国の銀行も日本と同じように番号札を渡され、電光掲示板の表示に従って窓口に行くシステムになっており、この方法はかなり以前からどこでも採用されていて珍しい物ではなくなっていたのだが、最近では呼出し番号が目的別に分類され、アルファベットの頭文字が付くようになっていた。

銀行の呼び出し掲示板

銀行の呼び出し掲示板

 ところが今回これ以外に驚くべきものを発見した。

 実は番号札の中央部になんと「排隊検証碼」という番号が付加されていたのである。

 ようするに、この番号札が本物かどうかを検証するためのランダム番号がこの番号札に印刷されていたのである。

呼び出し番号札

呼び出し番号札

 つまりこれの意味するところは、この番号札を偽造してちゃっかり割り込みで銀行の手続きを行なおうとしたやつが過去に大勢いたことを意味し、トラブルが多発していたということになる。
 つまり、その対策としてこの番号が印刷されることになったと推測できる。

 まあ銀行の時間待ちは確かに非常に面倒ではあるが、それにしても番号札の偽造とは、驚きである。

 偽造大国とは知っていたが、お金だけでなくこんな番号札まで偽造するとは、今更ながら中国人達の根性を思い知らされるこの番号札である。

 キャッシュカードの番号変更といい、この番号札といい、中国の過去のふとどきものの歴史がここに現われている。 


キャッシュカードが無い?

 今日レジでカードで払おうとしたらキャッシュカードが見当たらなかった。
レジの支払い自体は100元足らずの支払いで、現金を持っていたので問題はなかったが、やはりいくら探してもカードが無い。

 あれれ?

 どうやら記憶を辿って行くとこのカードを最後に使ったのは、昨日現金を引き出した時で、どうもその時が一番怪しい。
つまりATMに忘れてきたというのが一番高い可能性として認識している。

 幸いにも現金残高はほとんどないはずだが、ものがものだけにちょっと焦っている。

 まあ被害があったとしても最大額は知れているので、それは諦めるとしても、ちょっと気分が落ち着かない。
 
明日銀行に行って手続きしようと思っている。

24時間の強要の社会

 また日本で交通事故が起きた。

 深夜に金沢からTDLに向かうバス。

 運転士が居眠りをしていたということで、まあこの運転士や運営会社の責任は免れないところではあるが、それにしても深夜バスである限り、このようなリスクは避けられないような気がする。

 それにしても日本をはじめとして、社会の中にはありとあらゆる場所で24時間稼働が強要されている。

 今回の深夜バスは分かりやすい例であるが、走っているバスだけでなく高速道路を運営する会社や、それを監視する交通機動隊、さらに病院などは当然24時間体制で動いている。

 そしてその背後には、携帯電話やインターネットを支える通信会社、その電力を支える電力会社や発電所勤務の人などもやはり24時間稼働だ。

 

写真はイメージ

写真はイメージ

今の社会は当たり前のように24時間電話が繋がり、水道をひねれば水が出て、スイッチを突ければ電気がつく。

 我々はこのような24時間同様のサービスが提供されることを当たり前のように強要するのだ。

 強要しているつもりはないという人もいるかもしれないが、夜中に突然電気が切れたり、銀行でお金が下ろせなかったら誰だって文句を言うだろう。

 結局はそうやって24時間稼働していることを自分ではない誰かに強要していることになり、誰かに24時間稼働を強要するということは、その誰かは朝起きて夜寝るというサイクルではない時間帯で生活していることになる。

 まあ他人事だと思えば睡眠時間さえ足りていれば問題ないと思うか知れないが、夜起きて昼に寝るという生活サイクルの逆転は本人の体に何らかの無理を要求することになる。

 今回の事故を起した運転士だって、それなりの注意を払って生活していたに違いないが、どこか体調を調節しきれず居眠り運転に繋がってしまったのだろう。

 今回犠牲になってしまった人達には気の毒だが、深夜バスというのはやはりそれなりにリスクが伴うし、24時間稼働を要求し過ぎている我々への警鐘という気がする。

 24時間稼働の全てを否定する気はないが、こういった人の体に無理をさせることによりリスクが増大するような24時間の強要は社会としてなるべく避けるべきであろうと思う。