Tag Archives: 体温

冬だけのうつ病

 先日、日本のYAHOOの記事の中に冬の時期にだけ起こる冬独特のうつ症状があるということが載っていた。
 冬の期間だけ、気分が落ち込んだり異様な眠さに襲われる、あるいは無気力になったり集中力に欠けるといった症状が現れ、春になると大体が自然に治癒するそうだ。

 こんな病状があるのだと知って、自分のこの冬を振り返ってみると、病気と判断される程重いかどうかはともかく、傾向として思い当たらないフシもないでもないかなと感じた。

 ここ数年冬になると、日中から眠気に襲われる度合いが異様に高く、仕事やその他の取り組みに対するテンションがやはり低かった。
 体格から来る無呼吸症候群かなと思ったが、どうもそうでもないような気がしていた。

 電話一本、メール一本の行動が、分かっているのになかなか腰が重く、体がだるくて次の一歩に対する行動が遅くなるのである。

 とくに非常に寒い日は、体温も上がらずこの傾向が特に強い。

 寒さに対する単なる怠け心とは、ちょっと性質を異にする状況で、やる気はあるのに頭と体が思うように行動できないのである。
 まるで体が熊のような冬眠状態の陥ったのではないかと感じるほどだった。

 こういう時は音楽を聴いたり、シャワーを浴びてテンションを上げるとまあそこそこの状態まで回復できるのだが、またしばらくするとその状態に戻される。

 最初はこういった症状を年齢的な体力の衰えから来るもの、或いは更年期障害の一部のようなものとも考えたりもしたが、どうも違っていた。

 今回この冬のうつ病の話を知って、自分のだるさの症状に対する一番しっくりくる答えのような気がした。

冬の上海の街中

冬の上海の街中

 治療には日光を沢山浴びたりするのがいいと言うくらいだから、冬の日照時間の減少とそれなりの因果関係がありそうで、3月くらいには治るというのも合点がいく。
 特に上海の場合は、東京よりも件の大気汚染などの影響でなかなか本当にすっきりした青空は見られず、日照時間としての実際の数字比較はわからないが、体感的には日照量がかなり少ない気がする。
 日本に帰った時に青空に感動するくらいその差があり、上海の空は常に濁りどこか重苦しいのである。

 体温が上がるとテンションが戻るというのも、冬の外気温の低下に伴う体温の低下も影響していると思われ、暖房費を気にせずガンガンと部屋を暖めて体を冷やさないようにしておいた時には、それほどテンションが下がらなかったのである。
 よって3月になると自然治癒するというのはこういう気温の面もあると思われる。

 現在3月がもう目前であり、気温が上がってきていることもあって、私自身も確かに楽になってきている実感があり、仕事に対するテンションもかなり戻ってきた。

 私の状況は、その重さはともかくこの冬に「冬のうつ病」的症状があったと考えて差支えないのではないかという気がする。

 まあこんな状況であったにもかかわらず、今年は特に大きな問題も発生せずきちんと脱出できそうだが、冬は毎年やってくるため次の冬にはどう備えるべきか、今のうちから対策を考えておく必要がありそうだ。


寝る時のクーラーはつけるべきか切るべきか

 睡眠時にクーラーをつけてねることは一般的に体を弱くするからあまり良くないことだとされている。

 しかし、実際上上海のような夜も高温になるような都市では、夜ある程度部屋を冷やしてから寝ないとなかなか寝付けない。

 しかもクーラー無しで寝ると、眠りが浅く、寝汗もたっぷりかく。

 元より汗かきの私は寝汗も半端じゃない。

 更に眠りも浅くなり、疲労が全く取れない状態になる。

 やはり寝る時はある程度室温を下げ、体温が下がらないと疲れてしまうのだ。

 故にやはり夏場を乗り切るためにも睡眠はぐっすりとりたい。

 そうなるとやはりクーラーの登場となる。

 あるネットの情報によれば、睡眠時は出来れば室温は一定の状態が良く、そのためにクーラーをかけておくことは悪くないとのことだった。

写真はイメージ

写真はイメージ

 ただ冷気が直接体にあたるのはやはり好ましくないようで、そのために扇風機を併用して、冷気を拡散させるのがいいらしい。

 そのために扇風機を冷房の吹き出し口に向けるのが良いようだ。

 いろんな知恵を持っている人がいる。。。

中国で手術準備

さて、まず書かされたのが基本問診票と保険の支払同意書。これが通らなければ自腹になってしまう。(笑)
 そしてまずは体温計測、血液検査の採血、血圧測定が行われた。
採血の際、腕に巻くゴムがプチンと切れ「縁起でもない」とちょっとビビったが、そこは手慣れた看護婦さん、患者を動揺を与えまいと何事もなかったようにそのまま短い部分のゴムで腕を巻き採血終了。

 まあ簡単な手術とはいえ、些細なことでも気にしてしまうナーバスになっていることに自分自身が気が付かされる。 

 そして手首に個人を識別する確認票が巻かれる。
患者取り違えミスなどを起さない工夫であろう。

手術時の個人識別用の腕輪

手術時の個人識別用の腕輪

その後身体検査を行う。

 体重計測(麻酔のため?)、心電図、レントゲン、CTスキャン、、今回鼻の手術なので、CTスキャンで顔の炎症状態を調べるというのは、まあ当然としてレントゲンはどこを撮ったのだろうか?

病院の検査階の廊下

病院の検査階の廊下

 恐らく肺か気管支であるが、この撮影はちょっと理解が出来なかった。

 と、検査を終えるとあっという間にお昼ご飯の時間である。
病院の食事は普通よりちょっと早く11時である。
 食事はお重にはいったご飯・オカズとスープ、そして林檎である。
病院食はマズイとは聞いていたが、その先入観で食べればこの病院食はそれほどマズイわけではなかった。

 まあ特別美味しいとも言えないのだが、許容範囲である。
希望すれば、近くの日本料理屋から有料で日本食メニューも頼めるらしい。

 リンゴは、、、果物ナイフが無くて食べられず、後で友人に持ってきてもらうことにした。

病院での昼食

病院での昼食

 さて、午後は正直言ってずっと暇だった。
アレルギーチェックなどが少々はいったものの、あとはずっと病室待機。
幸か不幸かネットに繋いで仕事をやっていた。

  3時には点心のおやつも出たが、まあやることもなく時間が流れる。

病院で出たおやつ

病院で出たおやつ

 夕方ころ、医師が手術同意書を取りに来る。
血が出る」「再発の可能性がある」「麻酔で予想外のことが起きる可能性があります」などなど。

 まあ「麻酔」の点は気になったが、ここは信じるしかなく、何かがある確率というのは上海で交通事故に遭う確率よりは低いと信じているので、それでも起きてしまう時は何があっても運が悪い時であると覚悟をし、サインをした。

 そして夕方になって鼻毛切りに看護婦さんがやってくる。

 鼻の手術なので邪魔にならないようにとの配慮なのだが、盲腸の手術で下の毛を剃ったこともある看護婦さんも、さすがに鼻毛切りは滅多に無いようで、笑いながら鼻毛を切っていた。

 17時に夕食。
 まあこれもオカズはまずくはないが、ご飯がイマイチだったので持ってきたふりかけをかけて食べる
 リンゴはやはり友人待ち。。。

病院での夕飯

病院での夕飯

 さてこれでほぼいよいよ準備完了で、手術は朝8時からと告げられた。
夜8時以降は絶食で水も許されない。

 故に体力の問題もあり、早く寝た。

 翌日はいよいよ手術である。

マフラーの暖かさ

ここ数日あまりにも寒くなったので、とうとうマフラーをして外出するようになった。

 首の周りがとても暖かい。

 ところでマフラーというのはとても不思議なものである。
今ここで私は「暖かい」と書いたが、実はその暖かさというのは自分の首の体温に由来するものである。
自分の首を自分の首の体温で温めて、自分自身が暖かいと感じる。

よく考えてみると変な話である。

さらにこの暖かさは、温めている部位が首ということで顔や頭に近いお陰か、単に温度的に暖かいというよりも精神的に誰かに優しくしてもらっているようなそんな暖かさである。

 自分の体温で温めて自分で暖かさを感じ、かつ誰も他人が温めているわけではないのに、他人に暖かさを与えてもらっているような錯覚をする。

 そんな効果がマフラーにはある。

 そんな自分自身に自分自身が満足させられているような、何だかナルシスト的なマフラーの暖かさの構図である。

 まあ、だから冬のプレゼントにマフラーが流行るのだろうか?相手のそばにいなくても相手は本人の体温に暖められて勝手に満足してくれるし、それがプレゼントの贈り元の心の温かさだと勝手に感じて錯覚してくれる。

実に便利な代物であるなぁと、そんな想像をしながら今日もマフラーにくるまれて外出する。