Category Archives: 上海ビジネス

上海ディズニーランドの半年間の入場者数は560万人?

 先日の中国のニュースで、2016年12月31日現在の上海ディズニーランドの累計入場者数は560万人と発表されていた。

 6月16日オープンだったはずだから約199日間半年の入場者数であり、日数で割ると1日平均約2万8千人という数字となる。

 季節要因があるので年間入場者数が半年の倍になるかどうかは単純には言えないが、仮に1日平均入場者数から推測すると年間1027万人となり、2015年のデータで比較すると世界のテーマパークの中でもトップ10に近いレベルの入場者数となる。

 この数字が正しいかどうかはともかく、どう評価するかを考えると、香港ディズニーランドの入場者数が年間680万、過去多かった時でも1000万弱程度だったことから考えるとテーマパークとしてはまずまず成功の数字と言える。

 但し、東京ディズニーランドとディズニーシーの年間合計入場者数が3000万を超えることから考えると、上海はたった3分の1に終わっているわけであり、大阪のUSJにも及んでおらず、上海ディズニーの運営側が満足しているかは難しいところである。

 しかも何度か過去にも上海ディズニーランドの周辺を見に行った時の状況は書いたが、内部はともかく周辺は賑わいには乏しい状況であり、とても上海にディズニーブームが来ているとは言い難い雰囲気である。

 さらに上記の公式入場者数の数字に目を向ければ、主要な足である11号線の混雑具合から推測するに、本当に1日平均2万8千人の入場客がいるかはちょっと疑わしい面もある。

 2万8千人といえば、そこそこ入ったプロ野球の球場とほぼ同等であり、それだけの人があの空間に入場し、帰宅の足として11号線を利用しているような雰囲気は余り感じられず、盛った数字ではないのかという疑いも出てくるのである。

 まあマイカー利用入場が多いのかもしれないが、相対的に本場の米・ディズニーランドの広告が地下鉄構内に目立ってしまい、どうも上海に本物のディズニーランドが出来たという実感を得られないのが街の様子である。

米ディズニーランドへの旅行広告

米ディズニーランドへの旅行広告


たった2つになった上海雑技の劇場

 ここ数年の中国人による訪日観光ブームが報道されるようになって久しいが、逆に日本からの観光客はどうなんだと上海の旅行会社の人に最近聞いたところ、なんとほぼ壊滅に近い状態であるようなことを言っていた。

円安や環境汚染、日中関係など原因は複合的であり様々であるが、ともかく日本から観光客は、めっきり減り利益が出ない状態なのだという。

まあビジネス利用のニーズは、日本企業が駐在扱いを止めて出張ベースに切り替えたケースが多いことから、ホテルや航空機など需要は安定してあるものの、観光需要はほとんどないのだという。
そしてその象徴的な状況であるのが、上海観光の一つの目玉と言っていい上海雑技の実態のようなのである。

私の知る限り2010年の上海万博のころには、上海で上海雑技を見られる劇場は7つあったと思うが、それがつい先日確認したところ現時点ではたった2か所になってしまっているとのことである。

上海馬戯城

上海馬戯城

以前は上海馬戯城や上海商城劇院、白玉蘭劇場、雲峰劇場、滬西劇院、共舞台、宛平劇院でそれぞれ雑技が上演されていたが、現在では最初の2つを除いて全て雑技公演を取りやめてしまっていたのである。
雑技を止めた劇場はそれぞれ現代劇など一般劇場に転身しており、雑技会場は2か所しか残っていないのである。

つまり単純に言えば、雑技の鑑賞客がピーク時の1/3程度になってしまったということになり、それだけ日本からの観光客が減っているのだと推測できるのである。

もちろん円安に関係ない欧米の観光客はそれなりに一定数いるだろうが、やはり数の比では日本からのお客がお得意様であったのであり、それが激減したことが雑技の実施劇場数が1/3となってしまった原因だろうに思う。
まあ現在も残っている上海馬戯城は演劇的演出が人気であり、上海商城劇院も高級ホテルのポートマンに併設され立地が良く、それぞれ地元の上海雑技団が出演していることもあって、これ以上淘汰されることは無いと思うが、現状を考えるとやはりちょっと心配な状況となっている。
まあ雑技界の不況など私自身に直接関係ないようなことではあるものの、上海に住む身としては、この現状はやはり寂しい状況なのである。
上海観光の代名詞のような上海雑技には今後も永く続いていただきたく、安定した観光客が訪れるよう陰ながら祈っている今日である。

ネットショッピングの最大の欠点

 上海に来てから結構ネットショッピングを利用するようになったが、いつも不便に感じているのは配達待ちの時間である。

 注文したはいいが、配達される時間がなかなかわからず、それに合わせて待機しなければいけないケースがしょっちゅうだからである。

am500_an014

 私の場合は概ね勤務先を配達先に指定しているのだが、業務上の都合でなかなかひとところに安定して滞在していないケースも多く、同僚も含めかなりの割合で外出してしまうので、事務所を空にしてしまうケースも少なくない。

 とはいえ自宅を配達先に指定するともっと滞在時間が短いのでさらに受け取りは困難であり、代理受け取り業な店が同じ住宅エリアにないわけじゃないが、預かり料を取られてしまうのと取りに行くのがやはり面倒なので、結局勤務先の方がまだ確率がいいことになる。

 アマゾンあたりだと概ね配達時間を指定できるのでまだマシなのだが、最近は品揃えの面で若干不満もあり、京東など他のECサイトを利用するケースが増えた。
 しかしこれらのサイトは配達時間に確約が無いので、ネットで運送状況を確認しながらの待機調整となるのである。

 しかもネットで表示される配送状況には嘘が多いというか、ごまかしも多いのが現状であまりにアテにならない場合も多い
 一例をあげると、商品を受け取ってもいないのにデータ上では配達済みのデータ入力が勝手に行われていて、既に受け取ったことになっていたりするので発送元に抗議してもきちんと聞き受けられないようなケースが時々あるのである。

 そうかと思えば、昼12時まで申し込めば当日夜19時までに配達しますといったような商品情報を信じて注文してしまうと、輸送追跡データ上は18時ころに配達開始となっているが、19時に配達員の携帯電話に連絡すると、今日は遅いから明日にしてくれなどと言われたケースもあった。

 宣伝文句で無理なことをPRするくらいなら、確実に配達してくれる日時を表示してくれればいいと思うだが、業者間のスピード競争や社内の時間管理が厳しくどうしても、実態に合わない無理な広告や虚偽報告が横行してしまうのだろう。

 こうやって考えていくと、配達待ちのイライラをなくすには本来は実在店に買いに行くのが一番いい方法なのだが、便利になった上海とはいえ、品揃えという点ではECサイトに全く敵わず、目的にあう商品を手に入れるにはインターネットで探す方がやはり圧倒的に有利なのである。

 この中国の状況を見ていると、日本の宅配システムがいかに優秀かがよくわかるのだが、そうは言っても私は今上海にいるのでこの環境に変わってもらうしかないのである。
 こちらネットショッピングがもう一段上の物流体制に代わることを是非期待したいものである。