Category Archives: 交通

上海地下鉄4号線内周りは朝のラッシュ時に外回りの2倍も運行されている

 最近、上海の地下鉄サイトを何気なくチェックしていたら、ちょっとびっくりするような事実を見つけた。

 それは上海地下鉄4号線の運転間隔である。

 上海の地下鉄の場合、各列車の細かい運行時刻は公表されておらず、それぞれの区間について運転間隔のみが公表されており、4号線についても環状運転をしているということもあり、一周分の区間の運転間隔が時間帯ごとに示されている。

 で、何が驚いたのかというと、朝のラッシュ時(07:30~09:00)の運転間隔が内回りと外回りで大幅に運転間隔が違うのである。
 具体的に言うと、時計周りとなる内回り(内圏)は宜山路→上海火車站→世紀大道→宜山路方向の運行は、朝のラッシュ時に2分30秒~5分となっている。
 これに対して、反時計周りとなる外回り(外圏)は宜山路→世紀大道→上海火車站→宜山路方向の運行は、朝のラッシュ時に5分~7分30秒となっている。

 つまり最短間隔では外回りより内回りは2倍多いのである。

 何故こんな内と外で偏った輸送量の運転を行っているのだろうか?

 確かに日本でも郊外からの通勤路線では都心への上りに輸送力を集中させることはあるのだが、上述のように4号線は環状路線であり、普通に考えてある一方向へだけの輸送力需要の偏りがあるとは考えにくい。

 しかも、このような、内外の運転間隔の偏りは平日の朝だけであり、他の時間帯には見られないので、朝のラッシュ時だけ一方向への輸送需要が発生するというのはどうにも不思議な現象である。

 このあたり山手線の情報をウイキペディアで確認したところ、1日の総トータル運転本数で内回りより外回りの方が若干多いようだが、運転間隔に差異はなくほぼ同じと考えてよく、上海の4号線の例がかなり特異のようだ。

 で、このような偏った運行が行われる原因を色々考えてみたところ、一つの答えを見つけた。

 以前「上海地下鉄4号線は環状運転を諦めるべし」というところでも書いたが、4号線は3号線と虹橋路駅と宝山路駅の間で線路を共有しており、これが列車増発のネックになっていのが3号線と4号線の状況だった。

 で、朝のラッシュ時間帯において、3号線と4号線の2路線のうち一番優先されるべき輸送というか輸送需要が多いのが、3号線の宝山路駅以北の江楊南路駅方面からの南行きの列車なのであり、これと路線を共有するのが4号線の外回りとなる。

 つまり4号線の外回りは3号線の輸送需要を優先して運転間隔を疎にしてあるということになる。

 逆に4号線の内回りは3号線の北行きと路線を共有するが、3号線の北行きは通勤需要の少ない方向のため、運行間隔を減らさないで済むので、可能な限り運行本数を増やせる状態となっているのだろうと推測する。
 
 要するに4号線の輸送需要に関係なく3号線の輸送需要の都合で、内回りと外回りで運転本数に差が出ていることになる。
 
 以上がまあ私の推測であるが、内回り(時計まわり)と外回り(反時計まわり)の輸送需要に関係なく本数が違うとなると、恐らく運転本数の多い方向のほうが、空いている可能性が高いという予測も成り立つ。

 実際に乗ってみて確かめたわけではないが、朝の4号線は時計回りの内回りで行動した方が空いている可能性が高いとなれば、通勤・通学先と居住地選びにとっては無視できない要素なのではないかという気がする。

残念ながら今のところ私個人は4号線沿線に引っ越す予定はないが、もし引っ越される予定のある方はちょっと頭に入れておいて損はない情報だと思っている。


日本へ一時帰国に便利なWIFIルーターの格安レンタル

私のように中国に住みついていると日本に一時帰国する際の、ネット環境確保についてはいつも頭を悩ませていたが、近年の訪日外国人観光客の増加がその悩みを解消してくれている。

現在中国から世界中へ観光客が飛び出していく状況を受けて、旅行先現地で日常通りにスマホなどを使いたい人向けにWIFIルーターのレンタルサービスが充実してきているのである。

特に日本向けは利用客も多いことから価格競争が激しく値段がどんどん下がっており、業者によっては1日あたり5元(≒85円)なんて業者も出てきている。

下記は、中国のネット旅行サイトの大手のCTRIPであるが、このサイトでは各空港ごとに日本向けやその他の国向けのWIFIルーターのレンタルを行っている。

レンタルWIFIルーターの画面

CTRIPのサイト

申し込みも非常に簡単で、中国の携帯電話(スマートフォン)などから、電話番号などを登録し申し込み、WeChatなどから利用料金を払うと申し込みがあっという間に完了する。
あとは日本へ向かう飛行機に乗る前に空港で借り出し手続きをすれば、日本に到着した途端にWIFIルーター、つまりインターネットが使える。

日本の空港についてからの貸し出しも受け付けているようだが、飛行機を降りたらすぐにでもネットを使いたい方はやはり中国側で予め借りていった方が便利だろう。

なおこのレンタルの際には紛失などに備えて500元の保証金を取られるが、これは端末機器を返却すれば戻ってくるお金である。

で、ちょっと注意しなければならないのは、この保証金は現金では受け付けてもらえず、中国の銀行のキャッシュカード(銀聯マーク)かWECHAT口座などでしか払えないようである。

このあたりは業者によって対応がそれぞれ異なるので、申し込む際によく注意事項を読んでから申し込んでいただきたい。

さらに業者によって対応空港や窓口が設置されているターミナルに違いがあるので注意が必要である。

上海浦東国際空港のWIFIルータ―レンタル窓口

上海浦東国際空港のWIFIルータ―レンタル窓口

例えば上海浦東国際空港なら、第1ターミナルから出発する飛行機に搭乗するのに第2ターミナルにしか貸し出し窓口がなかったなどということもあり、出発前にバタバタとターミナル間を駆けずり回るなどということになってしまう。

こういった不安を解消するために、早めに申し込めば上海市内への配達なども対応している業者もあるようである。

で、肝心の現地での実際の使い勝手だが、日本国内で昨年11月に使った際は回線速度も速く、すこぶる快調だった。

写真はイメージ

もちろん中国で借りてきたかからと言っても中国国内のようなインターネット閲覧制限などあるはずもなく、YOUTUBEやFACEBOOKも普通に繋がる。

試しに速度計測したところ10Mbpsくらい出たときもあり、使用には全くストレスがなかった。

ただ、聞くところよると、業者によっては1日の転送情報量に制限をかけているSIMもあるようで、ある一定量を使用すると、回線速度が急に落ちるパターンもあるようだ。

この辺りは、業者ごとの利用者レビューを確認すれば様子が分かるので、価格の安さだけに惑わされないようにしたい。

また、WIFIルーターの電池容量にも注意する必要があり、日中の観光程度では切れることはないが、通信しっぱなしだと1日はもたないようなので、充電できる場所を見つけたら小まめに充電しておくに越したことは無い。

そして、このWIFIルーターレンタルサービスでさすがだなと感心したのは、旅行日程などが変更になってもネット上で急遽の延長申請も可能だったということ。

全ての業者で同じ対応が可能かどうかは確認していないが、私が借りた環球曼遊という業者では、Wechat上のアカウントから延長手続きが行えた。

当然、延長分の費用を払う必要があるが、これもWeChatから支払うので非常に簡単であり、上海に戻ってから遅れた言い訳とか延滞の手続きに悩まされることもないのである。

前回こうやって日本に11月に帰国した際に計7日間利用したが、合計56元(≒900円)の出費で滞在中のネット環境を賄えたのである。

その11月の帰国の際は以前書いたように飛行機の欠航などのトラブルがあり、空港で結構バタバタの対応を迫られたが、このレンタルWIFIルーターのおかげでネット接続で困ることなく迅速な対応が取れ、かなり救われた結果となった。

故に最近では中国を出国するたびに利用させてもらっており、先日も台湾を訪れたが、その際にもやはりレンタルWIFIルーターを利用し、非常に便利だったのである。

日本から海外へ旅行する際のレンタルWIFIルーターは結構高い価格のイメージがあるが、中国発の場合はこのように訪日中国人たちのおかげで、かなり割安となっており、中国在住の日本人の皆様にもぜひ覚えておいていただきたいサービスの現状なのである。

浅草の浅草寺

浅草の浅草寺

LCCは往復で買わない方がいい

 中国の春秋航空や日本のピーチ航空、バニラ航空などですっかり知名度の上がったLCC(ローコストキャリア)だが、従来のフルサービスキャリアと様々な点が違うため利用の方法も、やはり同じような感覚で扱わない方がいい様な気がする。

 特に従来の大手キャリアと大きく違うのは料金設定と、荷物の扱いである。

 まあ悠々会社のお金で大手キャリアを使って移動できる方は読んでもらわずともいいのだが、少しでも安く帰りたい方は、LCCの特徴を是非掴んだほうがいいと思われる。

 まず料金について、大手キャリアはほとんどの航空会社で片道と往復料金が設定されていて、往復は片道の2倍より遙かに安い金額が設定されており、なるべく往復利用を促す料金設定がなされている。

 これに対してLCCの場合は往復料金の設定がほとんどなく、原則として片道1便ずつの設定となり、往復で同じ航空会社を利用してもメリットがない料金設定となる。

 よって、例えば行きと帰りでそれぞれ安い日を選んで買うような方法になることになり、もし複数のLCCが飛んでいるルートなら、無理に往復を同じ航空会社で買い揃える必然性はなくなることになる。

 そしてもう一つの大きな違いとして航空会社ごとの荷物条件の違いがある。

大手キャリア、例えばJALとANAのような日本の二大キャリアの場合は、ほとんど条件が同じであり、路線にもよるがエコノミーで23キロを2個までと、機内手荷物1個などの条件となっている。

 しかしLCCの場合は、この荷物条件が一律じゃないのである。

 つまり手荷物料金や委託荷物の扱いが航空会社ごとにバラバラであり、制限重量や手荷物条件などがそれぞれ異なっており、航空会社の選択によって運べる荷物や料金に大きな違いが出ることになるのである。

 特に海外旅行や、海外赴任者の一時帰国のような往復で荷物の量に極端な差が出るような場合、つまり旅先でお土産を大量に買い込んだり、一時帰国で日本食を大量に持ち帰るような場合は、こういった荷物条件の差を意識して往復の航空会社を別々にしたほうが得な場合が生まれてくる。

 一つの例を挙げると、私のように上海から東京などに一時帰国する場合、上海から日本へ行くスーツケースの中身は着替え程度しか持たないので、結構スカスカの場合が多い。
 逆に日本から上海に戻るときは、食料品などを大量に買い込むためスーツケースがいっぱいになり、結構重量制限ギリギリになる。

 よってこの差を考えてチケットを買うことを考える。

 まず上海から日本への便として春秋航空の利用を考える。

 春秋航空の場合、手荷物が5キロまで、このほか委託荷物が10キロまでという制限になるため、大きめのスーツケースでもスカスカなら追加料金なしで預けることが出来る。
 つまり基本のチケット料金だけで荷物を運べるのであり、格安のチケットの日を選ぶとかなり安く移動できる。

茨城空港の搭乗通路

 
 しかし、今度は日本から上海へ戻る便を利用する場合を考えてみると同じようにはならなくなる。
 荷物が増えて重くなるからである。

 春秋航空の場合は例えば20キロの荷物を追加すると5000円近くの料金が発生する。
 元の15キロ枠があるので、委託荷物には30キロまで預けられるのではあるが、ちょっと高い追加料金である。

 これに対して、例えば羽田-上海浦東間のピーチ航空は、委託荷物は全て有料だが、手荷物枠が10キロまで無料となっている。
 また委託荷物は20キロまでが1個あたり2800円となっているため、これは春秋航空に比べるとかなり安い。
 つまり合計30キロで2800円となる。

 よって、もしチケット料金が同じレベルであれば、日本から上海に戻る際の荷物が多ければピーチ航空が断然得ということになる。

 じゃあ、上海から日本に戻るときもピーチでいいじゃないかという方もいるかもしれないが、上述した通りピーチの委託荷物枠は全て有料なので、スカスカの5㎏程度のスーツケースでも同じ料金を払わないと預けられないのであり得策とは言えない。
 
 故に、上海発は春秋航空、日本発はピーチ航空などというように、往復のキャリアを荷物などの条件によって使い分けることによって、運賃に差が出てくるのがLCC利用の特徴なのである。

ついつい往復で同じ航空会社を利用したくなるのが人の心情だが、LCCの場合は往復で買うことが必ずしも得とならず、それぞれ片道ずつ分けて検討するべきなのである。