Category Archives: 食・グルメ・レストラン

電子レンジでは温められない料理

一人暮らしを続けていると、結構な頻度で電子レンジのお世話になる。

買ってきたお弁当を温めたり、冷凍食品を解凍したりと一人暮らしの食生活には欠かせない必需品となっており、電子レンジなしでの食生活を想像するとゾッとする現状となっている。

しかも最近では、ゆで卵なども電子レンジで作れるツールもあるようになってきていて、使い勝手の幅が広がっており、便利さの面ではこの上なく重宝している。

画像はイメージ

しかし中国に来て以降、日々の食事の瞬間においてガス台で温めた料理と電子レンジで温めた料理には明らかに差があることも感じるとるようにもなってしまった。

その差とは料理の温度の質の差である。

よく知られているように、電子レンジはマイクロウェーブで、料理の中に含まれている水分を振動させて温度を上げている仕組みであり、それゆえ冷めた料理を温めることが出来るとされている。

しかしよく考えてみると、料理が温められたといっても、実際に温度が上がったのは料理の中の水分だけであり、料理の固体の部分は温められていないことになる。
つまり固体の部分は水分からの熱伝導を受ける必要があり、熱伝導を受けて初めて固体部分も温かいものとなって、温かい料理として成立することになる。

しかし一般的には、恐らく水分部分の温度が上昇しただけで料理が温まったことになって食事として出され、食べていることがほとんどなのではないかという気がするのである。

よって舌が火傷するほどアツアツに温めてあったとしても、どうしても料理全体としては熱不足を感じてしまうケースが多いのである。

さらに水分だけが温度上昇した結果、水分が蒸発してしまい料理がパサパサになるというのはよく聞く話ではあり、そのためか、実際電子レンジで温めたられた料理はどこか物足りなさを残す印象となる。

もちろん最近の電子レンジは技術がどんどん進歩しており、水分蒸発によるパサパサを防ぐスチーム機能付きなどの製品も登場していて、電子レンジの欠点と追われる部分をどんどん克服しつつあり、なかなか凝った料理まで出来るようになっている。

しかし、そういった高機能の電子レンジにより質が上がったアツアツ感であっても、私のように中国に住み、日常的に高火力で温められる料理を体験してしまうと、電子レンジで温めた料理の温度感はやはりどうも違うなと感じ取ってしまうのである。

実際こちらの食堂で使われる鉄の中華鍋で高火力で炒められた料理は実にアツアツであり、具材のどれを食べても熱いといった印象で、食事としての満足度はやはり段違いなのである。

画像はイメージ

それ故に、電子レンジでは本当の意味で料理がおいしく温まらないというのが最近の私の基本的な考え方となっている。

よって時間と手間が許す限りにおいては、やはり料理は電子レンジではなく、ガス台など直火を使って温めたものを食べたいと考えている。

さりとて、恐らく今後もかなりの頻度で電子レンジにお世話になることもまた間違いなく、更なるメーカーの努力に期待したいところでもあり、ユーザーとしても電子レンジの特性を把握した上で上手に使いこなしていきたいと思っている。


中華料理店症候群

すき焼き鍋

すき焼き鍋

前回の牛丼チェーンのすき焼きで気分が悪くなった件を、ネットで調べていくと、

中華料理店症候群

という言葉にぶつかった。

ウィキペディアの説明では、別名「グルタミン酸ナトリウム症候群」とも言われていて、一般的にはグルタミン酸ナトリウム(MSG)が原因とされているが、因果関係は科学的には証明されていないとのこと。

ただ、個人的には例で挙げられている症状はかなり思い当たるフシがあり、吐き気顔面紅潮、動悸などは、毎回現れていたことである。

「すき焼き」や「しゃぶしゃぶ」などに限らず、某大手の会社で販売されている粒状の和風出汁の人口調味料を大量に使って作った味噌汁などでも同様の症状にぶつかった記憶があり、症状をもたらすロジックは不明であるがMSGが誘発原因であるのは状況的に見て間違いないという気がするのである。

とはいえ世の中の誰もが同じ症状に陥っていないことにことから考えると、個人の体質的問題なのか、直前に食べたものとの食べ合わせの悪さなのかわからないが、一定の条件がそろったときに発生するようであり、MSGが万人に悪影響を与えるものとしてレッテルを貼るのもまた早計なようである。

 中華料理店症候群という名称も、中華料理にMSGが多く使われていることから言われているだけで、何も中華料理が酷い食べ物ということにはならない。
寧ろ私個人に限って言えば「和食症候群」と言ってもいいくらい体験対象は和食のときに起きているわけで、中華料理店症候群という名称もまたいかがなものかという気がするが、共通名称として浸透しているのがこの名前になっている。

まあ兎にも角にも、おおよそMSGが原因物質或いはトリガー物質であることは間違いないのに、明確な因果関係が科学的に証明されていないことは残念であり、鍋料理に呼ばれる度にビクビクしなければならない状況から脱出できる日がやってくることを切に願うばかりである。。

上海でムカつく料理の原因は化学調味料

 今日、上海に進出してきている某牛丼チェーンで、すき焼き鍋が安く出ていたので、注文して食べてみたところ、ムカついてしまった。

 ムカついたといっても腹が立ったわけではく、胃が気持ち悪く刺激され吐き気を感じてしまったのである。

 その時点で鏡を見たわけじゃないが、顔も恐らく青ざめ気味になっていたはずで、冷や汗もタラタラのいたたまれない状態になってしまった。
 一応気持ち悪くなった瞬間から食事を止めたので大事には至らなかったが、胃の気持ち悪さは尾を引いた。

 まあ日系チェーンの提供する商品であり、ぱっと見ではあったが食材が悪いということでは無さそうだったし、味もうまいとまでは言えないが、味で気持ちが悪くなるほどではなかったのでそれが原因とは思えるような状態ではなかった。
(ちょっとしょっぱかったが)

 では何が原因でムカついたのかを察すれば、恐らく化学調味料なのではないかと私は推測している。

 私はこの化学調味料、特にスープなどに使われているグルタミン酸の類がとても苦手であり、これらを飲むとすぐに胃がもたれ、ムカついてしまうのである。

 振り返れば日本時代も同様の状況でやはり気持ち悪くなることが多々あった。

 実は日中問わず、割安な外食チェーンを掲げるお店では結構スープの調味料としてグルタミン酸などが使われている。

 例えばしゃぶしゃぶなどもその一例で、よほどの高級店ではない限り、しゃぶしゃぶの鍋の湯には化学調味料が使われ味付けがされており、食べ進むうちに胃が気持ち悪くなり、受け付けなくなるのである。

 そういったお店で食事をするたびに胃がムカつき、顔が青ざめるほど体調を崩すようことになったわけで、最初はアレルギーや自らの体調不良を疑ったが、特定の店舗や料理で起きる現象であったため、調べてみたところスープに原因があることを知ったのである。

 これが昆布などできちんと出汁を取るお店であれば、そういう気持ち悪さは発生せず、おいしく食事がとれるのだが、やはり価格の安い店は総じて化学調味料に頼っており、胃がムカついてしまうのである。

 また上海に来て以降も、そういったスープで気持ち悪くなる体験は何度もしており、最初はやはり体調不良を疑ったが、同じ店の特定の料理で気分が悪くなったことから、調味料を疑うようになった。

 例えば、上海ではしゃぶしゃぶのほかに、デリバリチェーンの「●祥餛飩」のワンタンや、焼き餃子の●海遊龍の酸辣湯など、これらは本来好きな料理なのに何度食べても気持ち悪くなったのである。
 これらは後から冷静に分析すればやはり化学調味料がたっぷり使われたスープだったようなのである。

 逆に、同じように割安であっても、近所のローカルの小さなお店などは、スープを飲んで胃がムカついたような経験は記憶になく、衛生面の心配は多少あっても化学調味料の大量使用ということは無いようである。
 つまり化学調味料に大きく頼らず意外と真面目に料理の味付けをしているようなのである。
(もちろん店によると思われるが)

 こういったことから考えると、上海でも日本でも同じことが言えるが、出汁が主体になっているスープや料理は十分気を付けて店を選ぶべきで、特にチェーン店系のお店は、コスト面から化学調味料の使用が疑われ、気を付けなければならないのである。

 ムカついてからでは遅いのである。