Category Archives: 食・グルメ・レストラン

もちもちの水餃子「我是主餃」

 最近某動画サイトで「美味しんぼ」という昔のグルメアニメが限定で無料公開されているので、ここのところ継続的に見ている。

 そして最近、餃子がテーマの回があり、その中で水餃子が取り上げられていた。

我是主餃の水餃子

 その中でも語られていたように、中国では日本のような焼き餃子が主流ではなく、水餃子が主流で食べられており、焼き餃子の方が非主流派となっている。
 餃子好きな私自身も、中国に来てから水餃子の虜になっており、まあ相変わらず日本式の焼き餃子も食べるものの、割合的には水餃子を食べる機会の方が圧倒的に多くなってきている。

 そして、最近上海で流行っていて店舗数を延ばしている水餃子チェーンが「我是主餃」というお店。

 スープなしの水餃子を主体にしたお店で、今非常に流行っており、私もお気にいりとして毎週のように通っている。

 店名の由来は「主餃」と同じピンイン(発音記号)「主角」が主役という意味があり、「私が主役」という意味が掛けられているようである。
 そしてこの「餃子が主役」という意味の上で、私の推測ではさらにスープのない水餃子を示す「煮餃」も同じピンインなのでこれを掛けた言葉かと察せられる。
 実際、併記されている英語の表示は「JAOZI IN SPOTLIGHTS」となっている 。

我是主餃の紙ナプキン

 さらに、「我是」の発音は「WO SHI」で、日本語の「おいしい」という発音に近いため、「おいしい水餃子」意味を含ませている可能性もある。

 というか実際店舗のメニューには日本語の表記もあり、餃子のキャラクターが店内に表示されるなど、もしかすると日系経営を思わせるような店舗スタイルである。
 さて、このお店の餃子メニューは特別に奇をてらったものではなく、白菜と豚肉や、ニラと豚肉、芹菜(セロリ)と豚肉、ニラと卵と海老などほかの水餃子店、例えば老舗の大娘餃子(お母さんの餃子の意味)のお店とそれほど変わりがない。
 価格も20元前後と、ほかの店と大差はなく若干割安ではあるが特別安いというほどの差はない。

 では、何が人気なのか?

 恐らく餃子の皮に人気の秘密がある。
 ほかのお店より厚めの皮で、もちもちして非常に口当たりが良い皮が使われていて、これが美味しく、しかも腹持ちが良い印象である。
 故に、一皿の量がそんなに多くないように見えても、結構お腹が膨れて満足感があるのである。
 また日本のようにツンとする米酢ではなく、口当たりの柔らかな黒酢?を使っており、口の中をむやみに刺激せず、餡や皮の素材のおいしさを堪能できるのである。

 日本のようにニンニクが使われているかどうかは分からないが、少なくとも調味料側には準備されていないし、餃子の餡の中にもほとんど感じられなかったので使われていないようである。(そこまで味覚が鋭敏ではないのでわからないが)

 そんな点が人気の秘密なのだろう。

 さらに、サイドメニューも結構充実しており、中国式の蒸し鶏や、日本式のから揚げ、豚カツ、鳥と茸のスープなどとソフトドリンク類などが用意されている。
 これらサイドメニューも一つ一つグレードが高く美味しく、特にから揚げ「日式炸鶏」は揚げたてで出てきて、胡椒がほどよく効いていて、個人的印象では上海で一番美味しいのではないかというレベルである。

我是主餃の鶏から揚げ

 こういった美味しいメニューを揃えて、「我是主餃」は上海市内に増え続けている。
 上海以外に店舗展開している情報は今のところ見つからないので、現時点では上海にしか展開していないようである。
 餃子好きで上海を訪れた方はぜひお試しあれ。

我是主餃の店舗外観

我是主餃の婁山関路店舗外観


電子レンジでは温められない料理

一人暮らしを続けていると、結構な頻度で電子レンジのお世話になる。

買ってきたお弁当を温めたり、冷凍食品を解凍したりと一人暮らしの食生活には欠かせない必需品となっており、電子レンジなしでの食生活を想像するとゾッとする現状となっている。

しかも最近では、ゆで卵なども電子レンジで作れるツールもあるようになってきていて、使い勝手の幅が広がっており、便利さの面ではこの上なく重宝している。

画像はイメージ

しかし中国に来て以降、日々の食事の瞬間においてガス台で温めた料理と電子レンジで温めた料理には明らかに差があることも感じるとるようにもなってしまった。

その差とは料理の温度の質の差である。

よく知られているように、電子レンジはマイクロウェーブで、料理の中に含まれている水分を振動させて温度を上げている仕組みであり、それゆえ冷めた料理を温めることが出来るとされている。

しかしよく考えてみると、料理が温められたといっても、実際に温度が上がったのは料理の中の水分だけであり、料理の固体の部分は温められていないことになる。
つまり固体の部分は水分からの熱伝導を受ける必要があり、熱伝導を受けて初めて固体部分も温かいものとなって、温かい料理として成立することになる。

しかし一般的には、恐らく水分部分の温度が上昇しただけで料理が温まったことになって食事として出され、食べていることがほとんどなのではないかという気がするのである。

よって舌が火傷するほどアツアツに温めてあったとしても、どうしても料理全体としては熱不足を感じてしまうケースが多いのである。

さらに水分だけが温度上昇した結果、水分が蒸発してしまい料理がパサパサになるというのはよく聞く話ではあり、そのためか、実際電子レンジで温めたられた料理はどこか物足りなさを残す印象となる。

もちろん最近の電子レンジは技術がどんどん進歩しており、水分蒸発によるパサパサを防ぐスチーム機能付きなどの製品も登場していて、電子レンジの欠点と追われる部分をどんどん克服しつつあり、なかなか凝った料理まで出来るようになっている。

しかし、そういった高機能の電子レンジにより質が上がったアツアツ感であっても、私のように中国に住み、日常的に高火力で温められる料理を体験してしまうと、電子レンジで温めた料理の温度感はやはりどうも違うなと感じ取ってしまうのである。

実際こちらの食堂で使われる鉄の中華鍋で高火力で炒められた料理は実にアツアツであり、具材のどれを食べても熱いといった印象で、食事としての満足度はやはり段違いなのである。

画像はイメージ

それ故に、電子レンジでは本当の意味で料理がおいしく温まらないというのが最近の私の基本的な考え方となっている。

よって時間と手間が許す限りにおいては、やはり料理は電子レンジではなく、ガス台など直火を使って温めたものを食べたいと考えている。

さりとて、恐らく今後もかなりの頻度で電子レンジにお世話になることもまた間違いなく、更なるメーカーの努力に期待したいところでもあり、ユーザーとしても電子レンジの特性を把握した上で上手に使いこなしていきたいと思っている。

中華料理店症候群

すき焼き鍋

すき焼き鍋

前回の牛丼チェーンのすき焼きで気分が悪くなった件を、ネットで調べていくと、

中華料理店症候群

という言葉にぶつかった。

ウィキペディアの説明では、別名「グルタミン酸ナトリウム症候群」とも言われていて、一般的にはグルタミン酸ナトリウム(MSG)が原因とされているが、因果関係は科学的には証明されていないとのこと。

ただ、個人的には例で挙げられている症状はかなり思い当たるフシがあり、吐き気顔面紅潮、動悸などは、毎回現れていたことである。

「すき焼き」や「しゃぶしゃぶ」などに限らず、某大手の会社で販売されている粒状の和風出汁の人口調味料を大量に使って作った味噌汁などでも同様の症状にぶつかった記憶があり、症状をもたらすロジックは不明であるがMSGが誘発原因であるのは状況的に見て間違いないという気がするのである。

とはいえ世の中の誰もが同じ症状に陥っていないことにことから考えると、個人の体質的問題なのか、直前に食べたものとの食べ合わせの悪さなのかわからないが、一定の条件がそろったときに発生するようであり、MSGが万人に悪影響を与えるものとしてレッテルを貼るのもまた早計なようである。

 中華料理店症候群という名称も、中華料理にMSGが多く使われていることから言われているだけで、何も中華料理が酷い食べ物ということにはならない。
寧ろ私個人に限って言えば「和食症候群」と言ってもいいくらい体験対象は和食のときに起きているわけで、中華料理店症候群という名称もまたいかがなものかという気がするが、共通名称として浸透しているのがこの名前になっている。

まあ兎にも角にも、おおよそMSGが原因物質或いはトリガー物質であることは間違いないのに、明確な因果関係が科学的に証明されていないことは残念であり、鍋料理に呼ばれる度にビクビクしなければならない状況から脱出できる日がやってくることを切に願うばかりである。。