Category Archives: 健康のこと

喘息悪化

 世間で台風だ地震だと自然災害に騒いでいる最中、個人的には気管支炎というか喘息の悪化の苦しみにあえいでいた。
 まあ正確に言うと被害があったころは、まだそれほど深刻ではなく週末に向かって悪化したという感じである。

 胸がムズムズするというか、何か奥のほうにひっかっかっているような気持ち悪い状態で咳をするたびに痰がでる。

 というか痰を外に出したくて身体が咳という反応をするような状況である。

 ちなみに中国語でも喘息は「喘息(chuan3xi1)」である

 そして、上海の悪い空気がさらに苦しさを刺激する。
 もともとそれほど良くない空気状況の上に、周囲には喫煙者がわんさかといる。
 
 一応オフィス内では禁煙になっているのだが、同僚はこっそり吸っている。
 なぜ注意しないかと言えば、同僚一人注意しても仕方ないほど、廊下へ出ればよその会社の人間がたばこを吸っているので同僚一人の問題ではないのである。

 そして、ビルの入り口でもここは屋外だと言わんばかりに、パカパカ吸っており、出入りする人々を煙のカーテンで出迎える。
 こういう環境で年中過ごせば、おのずと呼吸器系等には悪い影響が出る。

 おかげで上海に来てから年に2回ほど、呼吸器系等の悪化に悩まされるようになった。
 
 一応対処法は覚えてしまったので、それを実践する。

 鼻水が多いので副鼻腔炎関連の処置である。
 アレルギー薬と、痰きりの薬、あとは咳止めと消炎剤である。

 このパターンである程度は楽になる。
 しかし、睡眠中に発作的に起きる咳は苦しいし、全身に力が入るので筋肉痛にもなる。

 今回どうやらこの咳で力が入り過ぎて、お腹のへその下の部分に黒っぽい内出血のような痣が出来てしまった。

 不思議な場所だったので最初は原因が分からなく、ネットで症例を色々調べてみても類似症例は出てこなかったのだが、内臓疾患が原因ではないような印象である。
 で、今のところ見つけた結論としては腹直筋の断裂、或いは損傷なのではないかという判断になっている。
 腹直筋とは、いわゆるマッチョのひとが自慢するシックスパックの筋肉であり、真ん中で腱でつながっているのだが、その真ん中の部分が損傷したという見立てである。

 見たこともない症状なので油断は禁物だが、患部は外傷的痛みはあっても、それ以外はなさそうなのでとりあえず様子見である。

 で、咳の方もなかなか止まらない。
なにか悪いウィルスでも吸い込んだかなぁと思考を凝らしながら咳に耐えている現在である。


上海は東京より気圧が低いようだ

 天気予報を見ると、どうやらまた台風が上海に向かってきている。

 ここ一か月ほどで3~4個の台風がやってきており、ほぼ毎週のように台風の進路に気を配る状況が続いている。
 また台風の接近により、気圧も下がってきているようで、私の体調も何となく下降気味でテンションが上がらない。

 気になって中国の気象サイトをチェックすると、既に1000hPaを切っており、900hPa台になっているようだった。
 予想通りの低気圧状態である。

 ところで、これらの気象情報をみていて気付いたのだが、上海の過去1週間の気圧はずっと1000hPa前後を推移しており、最も高い時でも1005hPa程度で、1010hPaには届かない状況となっている。

 はて、これは低いなと思い東京の状態を調べてみると、時折1010hPaを切るときもあるが、概ね1010hPaを超える状況だった。

 ただこれは台風の影響などを含んだ短期のデータの比較なので、これを持って何かを判断することはできないと思い、さらにデータを調べてみた。
 そうすると、東京の気圧は夏場こそ月の平均気圧が1010hPaを割り込むが、総じて1010hPaを超えており、過去30年の海抜換算の年間平均気圧は1013hPaとなっていた。
 これに対して上海は、、、実は中国は、気圧のデータ自体が得にくく、気温や湿度が精いっぱいで、気圧データは探すのに苦労した。
 それでも、何とか見つけたデータによると、海抜気圧ではなく地上気圧のデータだが上海の平均気圧が1005hPa程度であることが分かった。
(上海の高度は海抜4.2mなので影響は少ないと判断する)

 つまり、東京より年間平均7~8hPaほど低いようなのである。

 たかが7~8hPaではあるが、されど気圧が低いのは事実であり気圧が低いと体調に影響する人にとっては見逃せない差である。
 まぁ医学的には低気圧による頭痛の発症などは証明されていないようだが、影響を感じている人は世の中に少なからずおり、一応頭に入れておいてもよい情報だと思われる。

 ちなみに中国の都市は、内陸部に行くほど海抜高度の高い都市が多く、例えば有名な西安などは海抜約400mで、地上平均気圧が959hPaとデータにはあったので、中くらいの台風並みの気圧の低さということになる。
 気圧の低さは高度によるものなので気圧が台風並みだからといって、暴風に悩まされることはないが、低気圧に弱い方が旅行に行かれる場合は一応注意されたほうが良いであろう。
 健康を左右する隠れた因子の気圧にはちょっと気を付けたい。

肥満が増えている印象の上海の街

 ここのところ上海の街を出歩いていると、非常に肥満体の方が増えたように思う。

 私自身も体形についてはあまり他人のことを言えた義理ではないのだが、そんな私から見ても以前に比べ、肥満体の人が非常に増えている印象なのである。
 私が上海に来たころにも、太った人はそれなりにいたが、どちらかというと中年のビールっ腹が主といった印象で、若い人に極度な肥満は滅多にみられなかった。

 しかし最近は体全体がずんぐり太っていて、歩くのでさえ苦しそうなレベルの肥満の人も少なくなく、昔テレビで見たアメリカの肥満者のような印象になってきている。

 先日このような印象を知り合いに漏らしたところ、ファーストフードなどの食生活の変化が要因として背景にあるのではないかと推測していた。

 さらに最近考えられる要因として、飲食店のデリバリーサービスも充実してきており、スマホから注文するだけで届けてくれるので、わざわざ街に出なくても食事が摂れる生活が可能になっている。

 こういった社会生活が便利になった結果、若者たちの栄養過多と運動不足を同時に引き起こし、肥満へ繋がっているのだと推測される。

 この現象が、上海の街だけなのか地方も同様なのかは、最近あまり地方に行っていないので実態はわからないが、デリバリーサービスが地方を網羅しているようであれば、同様の事態が発生している可能性は高い。

 スマホなどIT機器によって、世の中便利にはなってきているが、一方でそれはものぐさを助長している面もあり、健康という面では自分の身は自分守らなければならなくなってきてしまっている。