Tag Archives: 中国

あの日本向け製品が中国のトイレに?

 先日、某地下鉄駅のトイレを利用した際にとても違和感のある掲示物を発見した。
 それが下記の写真なのであるが、これは化粧室内のベビーチェア利用者向けのいわゆる多言語表記の説明書き掲示である。

ベビーチェア注意書き

 日本語のほかに英語、ハングル、中国語で説明書きが書かれている。

 まあ日本国内から私のブログを読んでくださっている方々にとっては、この表記のどこに違和感があるのだとおっしゃられる方もおられるかもしれない。
 近年の訪日観光客の増加で、日本の公共施設にはこういった多言語表記の掲示が増えているからである。

 しかし、この表示をもう一度よく見て欲しい。

 中国・上海の駅のトイレの掲示であるはずなのに、何故か日本語が最初に書かれているのである。
 そして次に英語、3番目にやっと中国語が書かれ、最後にハングルとなっている。

 もしこの駅が特に外国人利用客の多い駅だったとしても、常識的に考えて中国国内の公共施設で日本語を筆頭表記することは考えられない。

 つまりこの掲示物は、明らかに日本国内などで使用されることを目的として製作されたものに違いないとの推測が成り立つ。
 そして、その日本向けの掲示であったものが何故か上海でも利用されているのである。
 
 どうして、この「日本向け製品」が上海のトイレに貼られることになったのかという経緯は分からないが、日系の便器メーカーからの提供か、多言語掲示の準備に迫られた担当者がネットか何かで見つけて日本から買い付けたのかのような理由であろう。
 いずれにしても中国国内では既製品を見つけられず、やむを得ず日本向け製品の導入になったにちがいない。

 しかし、これは考えようによっては便利な使い方である。

 言語の順番にさえこだわらなければ、この多言語併記の掲示物は日中韓の3か国や英語圏の国々でも使いまわしが出来るからである。

 まあ欧米ではアジア言語より他の欧米系言語の併記の方が便利かもしれないが、アジア圏ではかなり使えそうである。
 思わぬところで発見した「日本からの輸入品」ではあるが、これもひとつのビジネスヒントになりうる商品だという気がする。

仕方なくファーウェイ

昨年末にスマホを買い替えた。
前機種の電池の状況が思わしくなく、フル充電しても2~3時間で再充電が必要な状態になったためで、使い物にならず仕方なく替えることにした。
内臓メモリの使用率も90%を超えたので、もう限界だったというのもある。

そして選んだのは前機種に引き続きファーウェイ(HUAWEI)の機種。

国際的な政争の具になっている感のあるファーウェイの存在だが、私も特にファーウェイを好んで使っているわけでもないのだが、ほかに目ぼしい選択肢がなく結局はファーウェイになってしまう。

まずiPhoneを除けば、目ぼしい携帯メーカーが中国には残ってない。

確実に日本語表記、入力できる機種ということがわかったのがファーウェイだけだった。
価格もほどほどでコストパフォーマンスや信頼性で選んでいったところ結局今回の機種になった。
まあスペック的には価格相応ではあるが、不満も少なくない。

まず、アプリ規制が以前に使っていた機種よりかなり厳しくなっており、楽天市場アプリとか国外との通信を必要とするサードパーティーアプリはほとんど使えない。
加えてGooglePlayといったアプリ市場のアプリもインストールできず、例え回線上でVPNを経由して繋いでも、ダウンロードもインストールもできない。
結局使えるのはほとんど中国国内製のアプリだけであり、国外アプリはほとんど使えない。

交通系や旅行系、ショッピング系のアプリだけは入れたが、後は用の無いアプリは少々怖いので入れないようにしている。

こんな環境のスマートフォンの不自由な実態を考えると、アメリカ側が指摘する懸念を払しょくできるほどの証拠はファーウェイにはないなと思ってしまう。
また国の構造を考えれば中枢部の意向に一民間企業が抗えるとは思えず、現時点でいますぐに不正の証拠や指示はないとしても、確かに懸念は払しょくできないのである。

では何故ファーウェイを選択するのかと言えば、結局選択肢がないことと、日常からネット上に監視の目など張り巡らされたこの国では、ファーウェイ以外でも結局同じことであり、他を選択することに意味がないからである。

中国にいる限り、結局はどのメーカーの機種を選んでもインターネットが不自由な状態から脱することは出来ないので仕方なくファーウェイを選択するしかないということなのである。

紛らわしい中国の10Aと16Aの三又電源プラグ

 上海滞在10年を超えて、最近ようやく気が付いたことがある。
実は、中国で使われている三又の電源プラグには2種類存在していたようである。
 見た目にはほとんど同じなので、気が付かなかったのだが、というか一方の器具に接する機会がほとんど無かったので、その存在に気が付かなかったのである。

 以前、「中国の電源コンセントは何でもアリ?」で全て勉強したつもりだったが、それ以外にもプラグとコンセントに別の電気規格があったのである。
 
この2種類は電気規格による種別が別のようで、10Aのものと16Aのものがある。
ぱっと見はほとんど形状が一緒だが、実際に差し込んでみると差し込めず互換関係がないことに気が付く。

16Aのプラグ

10Aのプラグ

 中国の百度で調べて見ると、10Aのプラグの歯の幅が約8㎜、16Aの幅は約10mmとなっている。
 また器具の規定値は250V /10Aは最大効率が2200wと、16Aが250V /16Aが 最大効率が3500Wとなっているようだ。
 普段家庭用に普及しているのは10Aの方で、私は長い間こちらの方しか知らなかった。

10Aのコンセント

 16Aも一応家庭に使われるが、エアコンとか電気温水器とか電気消費量が大きい家電用のプラグ仕様となっているようである。
 実は何年か前にも三又プラグの大きさが合わないことがあって、単に製造精度が悪いだけなんじゃないかと思ったことがあったが、今頃になってようやくあの時の不整合は規格違いであることに気が付いたのである。

16Aのコンセント

 それ故に、ネットショッピングなどでこれらの電源器具を買う際には、写真だけでなく表示上の規格をよく見てから買わないと無駄な買い物をすることになりかねないのである。
 日本人で自分で電源器具を買う方は少ないかもしれないが、ぜひお気をつけ下さい。