Tag Archives: 北京市

デルタ航空の北京―成田便が3月で休止

 デルタ航空の北京―成田便が3月で休止してしまうというニュースを目にした。

 成田発は3月29日、北京発は3月30日の便が最終便という事のようである。

 実は、先日日本に帰る時に上海―成田便が少々値段が高かったので、虹橋空港―北京空港―成田空港というラインで帰ったことがある。

デルタ航空機

 まあ料金もそうだが、浦東空港より虹橋空港のほうが圧倒的に近いので、寝る時間に関して無理をせず移動できるのと、ちょっと旅をしたくてそのルートを利用した。

 もちろん前後で安宿に宿泊が必要になったが、マイルが少し多く貯まるというのもあったので敢えてそうした。

 しかし、今回その便が休止になるという発表で、一度乗ったことのある私には少々残念な決定となった。

 確かに、北京着が22時20分、出発が8時50分というのは少々利用しずらい時間で、私が搭乗したときも席に余裕があった気がするし、チケット代は常に安かった気がする。

 これは成田をハブとする同社の運行パターンの中では致し方なく、成田でアメリカ行きの便の接続時間を合わせるためにこんな運行になっているようである。

 もちろん、昨今の日中関係の影響による搭乗客の減少の影響もあるだろう。

 まあ中国では外様の航空会社なのでニュースにはなっていないし、撤退されるニュースは国家の面子上あまり大きく扱いたくないのかも知れないが、とにかく撤退は事実のようで、これでデルタ航空が直接中国に乗り入れる便は上海だけになったようである。


衛生観念の格差

先日ニュースで流れていた偽の羊肉事件の記事を読んで、今回ばかりはさすがにショックが大きかった気がする。
 特に、ネット上に上がっていたネズミの写真のインパクトが強く少々トラウマ気味になっている。

写真はイメージ

写真はイメージ

 まあ私自身は、普段から衛生観念についてそんなに厳格ではないためローカルの食堂で食事をすることなどはそれほど抵抗は無く、実はかつてあった地溝油の事件などについてもそれほど強いショックを受けてはいなかった。

 地溝油には発ガン物質が含まれているという噂もあったが、中国でなくても食材に発ガン物資の混入を100%避けるのは難しく、神経質に気を付けたところで限界があり、見た目の調理上では分からないということで気にすることもしなかった。

 それに、上海の街に住んでいると、少なくとも現地の中流階層以上の人は日本人にほぼ近い衛生観念を持っており、そういう人たちの中で生活している限りではそれほど食生活に不安を感じなかったのである。

 ところがそこへ今回の事件である。

 今回の偽羊肉事件の発覚には上海市民たちも驚きは隠せないようで、連日ニュースで紹介され、日常の食生活に様々な不安を巻き起こしている。

 ただテレビの報道などを見ていると、上海市民の驚きとは裏腹にこういった事件を起こしている地方の人々にはどうも悪いことをやっているという感覚に乏しいような雰囲気が伝わってくる。

 寧ろ、キツネやタヌキ、ネズミの肉から高級な羊肉モドキを作れるようになったのは発明として喜んでいる様なフシさえある。

 さらに添加物についても万が一体調が悪くなっても都会は医療が発達しているから大丈夫なんでしょ?といった開き直りの感覚もあるように見える。

 福建で起きた病死豚肉の横流し事件も、普段は自分のところで豚肉を食えない畜産農家は豚が病死すると肉が食べられると喜ぶような衛生観念土壌があり、それを法律で危ないからと規制したところで、結局は勿体ないとして食べたり売り裁いたりしたのが今回の事件である。

 特にこの事件では公務員に該当するような立場の人が事件を起こしており、公務員であっても人としてのモラルは、現地レベルということになるようだ。

 最近になってようやく上海や北京などの都会のモラルなどは世界標準に近づいてきたのかなという印象はあるが、一歩都心部を離れれば世界標準には程遠い常識がまかり通っているのがこの国の実情である。

 まあことほど左様に中国という国の中には、経済格差と比例するように衛生観念の格差やその他の考え方の格差があり、それが同じ国の中で一つの市場として繋がっているところにこの国の怖さがある。


中国旅行は現在不人気らしい

 日中関係の影響か中国旅行はどうやら現在不人気のようだ。

 この年末年始に日本に一時帰国したときに、ショッピングセンターにある某旅行会社の店頭を覗いたところ、なんと写真のように中国関係のパンフレットが一冊もなかったのである。

日本の旅行会社のパンフ

日本の旅行会社のパンフ

 中華圏という意味で言えば台北・香港まではパンフレットが置かれているが定番の海外旅行とも言える上海・北京に関するパンフレットはなかった。

 やはり去年の反日デモや破壊行動の影響は強烈のようで、中国観光へのパンフレットを置いても商売にならないという事だろう。

 もちろんどうしても行きたいというお客がいればツアー商品は用意がないわけでもないだろうが、トラブル回避を第一に考える日本の旅行会社の思考パターンからすれば中国への旅行を積極的に勧める理由があるはずもない。

兵馬俑

兵馬俑

 先日ある関係者から聞いた話によれば中国から日本への旅行熱は回復しつつあるとのこと。

 確かに日中関係そのものについては両国の政治TOPが交代したということもあり、徐々に雪解けへ向かっているような雰囲気もなくはないが、中国人が日本に思う印象はともかく、日本にいる日本人にとっては中国で起きたあのデモの破壊行動はやはり印象が悪すぎたようだ。

 まあ上海市内にいる限り、そんな危険な状況だという印象は全くないが、日本にいる日本人から見れば、政治的な融和や国家に対する感情は改善したとしても、安全に対する懸念というのはそうそう拭えるものではないと、今回の状況を見て改めて感じた。

原文