Tag Archives: 上海地下鉄2号線

上海の地下鉄はジェットコースターの原理で動いている?

 上海の地下鉄の地下区間の駅で列車が入ってくる方向を眺めていると、わずかばかり上り坂になっており、低い位置からライトが上向きに照らされてはいってくることに気づく。
 たまたま特定の駅でそうなっているのではなく、かなり多くの駅でそういう構造になっており、駅のホームの天井に列車のライトが映り、床側が照らされることはあまりない。
 また、列車が発車する際に動きの変化を注意深く見守っていると、列車の加速は前へ押し出て速度を上げていくというより、前方から引き込まれるように加速度的に出発していくことに気づく

 まるでするすると落下する井戸の釣瓶のような印象である。

 恐らくこの速度変化と到着直前の上り坂は偶然ではなく意図的につくられたものである。

 正確な地下鉄路線の垂直断面図を見たことはないが、恐らく断面図を見れば駅のある部分が高い山の上のようになっており、駅と駅の間は谷のように窪んでいるようになっているはずである。

 もちろん、駅は地表との連絡に便利な場所に作り、駅と駅の間は地表の建物からなるべく離してトンネルを掘って、振動などの影響が出にくい構造にしたいという意図もあるだろう。 

上海地下鉄13号線南京西路駅

上海地下鉄13号線南京西路駅

 しかしこの地下の山谷構造の理由は省エネ理由であると察することができる。

 山谷構造の何が省エネかというと、上海の地下鉄は重力を利用して列車を動かしているのだろうと思われるのである。

 列車は駅を出ると、初期起動こそモーターを使った電気動力で車両を動かすが、駅を出るとすぐに下り坂になるのでブレーキ制御を解除すれば、車両は重量に引っ張られるように自由落下的に坂の下へ引っ張られていくのである。

 そして坂を下り切り、今度は上り坂の段になると慣性のエネルギーをそのまま利用し、駅への坂を上っていく。

 ただし、慣性力だけでは坂を上り切れないため、最後の駅に到着する前にモーターで推進力を補助して、駅までたどり着く。

 このあたりは実際に列車に乗っていると感じ取ることができ、駅を出発した列車が加速して走り出した後、フラットな部分あるいは上り坂にかかったような段階でスピードが落ち始める。
 そのまま次の駅に着くのかなと感じ始めた直後に再度加速がかかる。

 これは坂を上り切るエネルギーが足りないため上り坂で推進力を付加した結果であり、駅へ到着する際にブレーキをかけるタイミングが早すぎた故の補正加速ではないようである。

 つまり上海の地下鉄では、可能な限り地球の重力と慣性力を利用してモータによる電気エネルギーの消費を節約しているようなのである。
 いうなれば遊園地のジェットコースターと同様の発想で列車走行の際に極力エネルギーを使わず動かしていることになる。

 もちろん、例え何らかの都合で駅間で列車が停止してしまっても、モーターの力で上りきって駅に到着することが出来る。

 まあこの発想は決して上海だけが特別というわけでなく、日本でも東京の大江戸線のような比較的新しく深い場所を走っている路線では採用されている方式のようであって、最新の地下鉄では常識に近い路線設定のようだ。

 意外なところに省エネの工夫が仕掛けられている上海の地下鉄である。 


スケボー広場

軌道交通2号線上海科技館駅上には、公園的広場があり野球場レベルの広さの石畳の広場が広がっている。
この広場では休日になると、スケボー少年や少女、或いはローラースケートを履いた若者が沢山集まってくる。

上海科技館駅上広場

彼らの中には非常に上手に滑る者も時々いるが、大半は練習にやってくる初級者レベルの若者たちである。

スケボーに興じる若者

故に時々派手に転ぶ姿が見られ、小さい子供などはけがに備えてヘルメットや肘・膝の防具をつけて完全防備で練習している姿も見かける。

この広場は地面のフラットな部分が広い上に、中央部の四角い広場を囲む用に配置されている池に対して、縁に緩やかなスロープがあるのでスロープの練習もできるし練習場所としてはもってこいなのだろう。

スケボーに興じる若者

そういえば、発展の続いている中国とは言え、これだけスケボーなどの練習に適した場所は貴重なのかもしれない。

一般道は車が多い上に、いまだに凸凹が多くスケボーやローラースケートには向かないとい状況である。
また、子供たちの遊び方として、ちょっと前の若者たちにはスケボーですら贅沢というか、珍しい遊び道具であったわけだが、この10~15年でようやくスケボーやキックボードなどが浸透して一般的になり、その象徴がこの広場だという気がする。

ところで、練習している若者のほとんどが地元の中国系の人々だが、時々欧米系の風貌の方も混じっている。
駐在の方のご子息なのか、留学生の類なのか詳細は不明だが、明らかにアジア系の顔ではない方たちが混じっている。

欧米系のローラースケーター

そういえば、この広場の地下には雑貨屋というか、ブランド品などお土産物を集めたお店が密集しており、もともと外国人の集まりやすい場所でもある。
さらに近くに外国人がビザを取得するための出入境管理局もあり、国際都市上海の中でも特に外国人の存在に違和感のない場所でもあり、地元の人間にとって外国人に多くの接点がある空間がこの広場周辺である。

また、駅名にもなっている上海科技館も隣接し、科学による未来への夢を子供たちが感じるための場所ともなっている。
私もこの近くの上海東方芸術中心に月に数度音楽を聴きに来るたびにここを通る。

こういった昼間に人が集まる広場というのは大きくなってしまった上海だとしても街にとって大事な資源である。
世の中には広場自体は広くても、警官が常に警備する緊張感の高い場所もあり、それに比べればこの広場はとても平和な空間だという気がする。

朱家角へのバスルートが大幅に再編された

 昨年末の12月に上海軌道交通17号線が開通し、上海市内から青浦区や朱家角に鉄道で行けるようになった。
 これはこれで非常に便利になったのだが、並行するバス路線も見直しが行われ再編されたようで、古いガイドブックなどを見て行動しようとする人は注意する必要がある。

上海軌道交通17号線

 まず一つは上朱線と呼ばれていた上海南駅から朱家角に行くルートのバスであるが、この路線は今回の改定で青浦区の中心部で打ち切られることになってしまい、名称が上青線となり、朱家角まで行かなくなってしまった。

 新しい終点は17号線の漕盈路駅に隣接するバスターミナルのようである。

従って、どうしてもここから朱家角に行きたければ、ここで17号線に乗り換えて行くことになる。

さらにもう一つ、地下鉄2号線の徐涇東駅から朱家角へ向かう直通バスの朱徐線も、匯金路というバスターミナルを境に、青浦19路と青浦20路という路線に分割されてしまった。

なくなった朱徐線(2011年撮影)

もちろん乗り継げば朱家角までたどり着けないこともないのだが、余程ローカルウォッチをしたい人でなければ、やはり新しく出来た17号線を利用すべきかと思われる。
但し、運賃はそれぞれ1元のようだから、17号線よりも安く行ける。(17号線だと6元)

 で、生き残ったバスルートとしては、人民広場近くの普安路からの高速バス、延安路を走る71路の終点の申昆路枢紐站で乗り換える滬朱専線、そして松江からの松朱線というバスになる。

普安路から朱家角への高速バス(2009年撮影)

 まあ素直に現地の観光だけを楽しむなら、17号線で行くのがベストだが、地下区間も少なく、途中の日常の街の風景も含めて楽しみたいならバスでの移動もまた乙なので是非お試しあれ。

朱家角の観光船

朱家角の観光船(2011年撮影)