Category Archives: 仕事・ビジネス

上海の役所は複合プリンター機が一人一台与えられている

 先日、会社の業務の都合で上海市の某お役所に手続きに行った時のことである。

 受付時間にお昼休みが有るのは知っていたが、ちょっと早めについてしまい、まだ寒い時期だったので、建物内部で待つことにした。
  私が到着した時は、案の定昼休みで、職員はほとんど席におらず、食事にでかけているようだった。

その役所は最近リニューアルしたばかりで、内装も新しく広々としており、従来の中国のお役所のイメージを覆すようなオープンカウンター形式の事務スペースとなっていた。

 で、そんな人のいない事務スペースが目に入り、かなり驚きの光景を目にした。
 なんと、事務員のデスクスペースの一つ一つに、パソコンと共に各自専用の複合印刷機が設置されていたのである。

上海の某役所のオフィス

 まさかと思い目を凝らしてみたが、やはりそれぞれ単体のプリンターではなくスキャナ付きの複合機なのである。

 なんと贅沢なオフィス待遇であろう。

 日本の一般的な小さな会社であれば、オフィス一つにたった1台の複合機というケースは少なくない。

 もちろん大きい会社であれば部門ごとに1台とかの設置基準で置かれていると思うが、すくなくとも個人オフィスを覗いて、一人1台などという環境を整えているオフィスは見たことがない。

 しかし、この上海のかの役所では一人一台の複合機が整えられたデスクがずらっと並んでいるのである。

 何とも贅沢な光景である。

 しかも中国でも既にペーパーレス化が進んでいる状況であり、プリンター自体の需要が少なくなっているのに、この状況である。
 このような状況は一般の会社での投資効率という面からは過剰としてされてしまうかもしれず、逆に褒められた状況ではないような気もする。

 では、ここでは何故一人一台なのか?

 一つの理由としては公務員としての体裁というか、面子の部分で、職員一人一人に平等な装備を準備するという考え方が基本にあり、その装備の一つが複合機ということになったのかもしれないと考えられる。

 全員に同じ環境を用意し、少なくともプリンターから遠い近いなどで作業効率に差が生じないためという配慮なのかもしれない。

 私の推測が正しければ実に社会主義的な平等主義の発想ということになろう。

 ただ管理という観点から考えれば、不正防止という意味もある可能性がある。

 複数人の共有プリンターだと責任の所在が不明確になり、不正書類の作成や、私的利用が横行する可能性があるが、個人別プリンターでは利用責任が明確になり、不正がしにくい状況になるからである。
 役人の不正浄化を進めている中国の状況から考えると、異様とも言える対策が取られる可能性は有るのである。

 まあいずれにしてもとても恵まれた事務環境を用意されている上海の役所の公務員たちのようである。


あの人材会社CMがスタンスを変えた?

 先日のブログで「音楽を冒涜する某人材会社のCM」というタイトルで、チャイコフスキーの弦楽セレナーデという曲を滑稽的に使うCMを批判的に書いたが、その直後にかのCMに変化が現れているのを発見した。

 このブログが読まれたのか、他にも同様の批判が音楽ファンからあったのかわからないが、少なくともかの○タッフサービス社のCMシリーズに変化が現れた。

 先日、聴いたラジオのCMバージョンでは、チャイコフスキーと名乗る関西弁の変な男が登場し、「めっちゃいい曲出来た」とか、「100年経っても癒される曲」などのセリフを語り、最後は「100年残るいい仕事をしましょう」とナレーションが付き、曲や作曲者に対してスポットを当てるスタンスのCMになっていた。

 これまでの扱いを贖罪するような構成である。

 また、別の短いヴァージョンでもやはりチャイコフスキー男が登場し、「思ってたんとチャイコフスキー」と関西弁のダジャレを交えてCMを構成している。

 このように、かの音楽を使い続けて数十年経ってようやく作曲家を登場させスポットをあてた形になったようであり、かの曲のファンとしては少し溜飲を下げたような状況となった。

 ただ、一方で笑いを取るCMの基本スタンスそのものは捨てて無い印象でもあり、このチャイコフスキーヴァージョン以外の作品では、やはり昔ながらの滑稽のスタンスのままCMが流されている。
 従って手放しで褒めるという状況にはまだなっておらず、今後かの会社のCMがあの曲の扱いをどう変化させていくのか、もう少し注視が必要なのかもしれない状況である。
 

YAHOOがダメなので検索はGOOを使う

 昨年の秋から中国のインターネット規制が厳しくなって、日本のYAHOOに繋いでの検索が難しくなっている。

 具体的な理由は分からないものの、YAHOOはリアルタイム検索が可能、つまりツィッタ―などでつぶやかれた情報を拾うことが出来るので、そこがネックになって規制されたのではないかと察する。

 そもそもツイッターに繋がらないように規制している中国当局にとっては、その情報に触れられるYAHOOの検索エンジンツールは好ましくないのだろう。

 Googleもはるか以前に中国から撤退したので、日本の二大検索エンジンは両方使えなくなったことになる。
(まあYAHOOも検索エンジンはGoogle系なので厳密に言うと規制は一つだが)

 で、残るBingというマイクロソフト系の検索エンジンは今のところまだ中国でも使えるが、どうもgoogle系の検索結果に慣れた私にとっては、フィーリングがマッチしない検索結果しか出ないので使いずらいのである。

 また、MSNのニュースは産経新聞系のニュースが供給されているが、かの新聞は日本政府のヨイショ記事ばかりなので、どうにも信用が置けないので読む気が起きず、結果トータルとしてBingは使い勝手が悪いというのが私の評価になっている。

 このように私にとっては使い勝手の悪い環境になってしまった中国のネット環境であり、これまではVPNに繋ぐしか手が無い状況となってしまっていた。

 ところが、ある友人からちょっといい情報をもらった。

 日本のGooならサイトに繋がるし、検索エンジンも使えるというのだ。
 https://www.goo.ne.jp/

GOOのTOPページ

 早速試したところ、パソコンからは無論のこと、スマホ(アンドロイド)からもうまく繋がって検索も出来た。

 残念ながら速度は速いとは言えず、かなり遅いが、GooもGoogle系の検索エンジンを使っているので検索結果としては、ほぼ同様のものを得られる。

 故に当面はGooをブックマークして手段の一つとして使おうと思う。
 ただやはり遅いと言えば遅いので、VPNが使える環境の時はVPNを使って接続することには変わりは無さそうである。