Category Archives: 上海駅

上海虹橋駅から上海南駅や上海駅へのシャトル列車の構想

上海の三大鉄道ターミナル駅はそれぞれ別の場所にあり離れており、上海駅と上海南駅は軌道交通1号線と3号線で結ばれて結ばれているが、新しくできた上海虹橋駅だけはぽつんと離れた場所にある状況になっている。

上海虹橋駅と他の2つの駅との間にはそれぞれ941路と枢紐1路というバス路線が運行されているほか、乗継などをすれば地下鉄で移動は可能だが、可能と言うだけであまりスムーズに移動できるとは言い難い状況になっている。

この点、山の手線で全てのターミナル駅が結ばれ東京に比べると利便性にかなり差があるという気がする。

この点について、最近上海の地図を見ていて気がついたのだが、上海南駅から上海虹橋駅の間は線路が繋がっており直接乗り入れることが可能になっている。
それどころか、上海虹橋駅からそのまま上海駅の方へも線路は繋がっている。

[google_maps id=”935″]

まあレールとして、どの程度きちんと繋がっているかどうかは確かめたわけではないので、ポイント工事など一切なしで乗り入れが可能かどうかは分からないが、その気になれば、それほど大工事をせずとも乗り入れが可能のように見える。
こういった線路状況を見る限りにおいては、上海南駅―上海虹橋駅―上海駅というルートでのシャトル列車の運行が可能にように見え、東京の山手線のような役割を果たすことが可能のように見えるのである。

先日軌道交通4号線が環状線でありながら、ターミナル駅を結んでいないことは指摘したばかりだが、各ターミナルを結ぶと言う役割だけでみれば、こういった運行のほうが余程重要だという気がする。
恐らくそれぞれの駅間をノンストップ列車で運行すれば20分もかからないように見え、現行のそれぞれ1時間程度かかるルートに比べれば、大幅な時間短縮であろうに思える。

まあ最近の日本だとJRが民営化していることもあり、貨物線の活用と言う意味でこういったプランは需要が見込めればすぐ実現しやすいが、上海市と国の鉄道部と言う組織体系の複雑な中国では、アイデアがあっても、いろいろなしがらみで動きは鈍そうだという気がする。


上海のマクドナルドは店舗により50%も価格が違う。

 先日マクドナルドの新商品受け渡しシステムについてブログを書いたが、あればどうやら私の職場の近所だけだったようで、他の場所の店舗に入ったところ従来のシステムのまま販売が行われており、私の近所の店舗は試行テストを行なっているということのようだった。
 ところで、こうやって何店舗かの異なるマクドナルドに入店していたら、あることに気がついた。

 それは、商品の価格が店舗によってかなり差があるということである。

 しかもこの店舗による価格差は、行政区分のような大きな地域単位とかではなく、店舗ごとの立地条件によってかなり差が出ており、距離的に大して離れていないような場所でも値段に大きな差があるようなのである。

 例えば、現在マクドナルドではダブルバーガーキャンペーン中であるのだが、この商品のダブルフィッシュバーガーとポテトとコーラのセット価格は、上記のお店では24元であった。

 ところが、この店舗からそれほど遠くない人の集まる上海駅南広場東側の店舗(鉄道切符売り場隣)に入ったとところ何と同じ商品が31.5元で売られていたのである。
 その差何と7.5元で、実に30%も高かった。

上海のマクドナルドの店舗

こちらでは31.5元

 この時は結局、あまりの価格差に馬鹿馬鹿しくなり商品を買うのをやめてしまったのであるが、直後にまた驚くべき発見をする。

 このとき、こういった価格差状況をもう少し調べたいという興味が湧いてきて、歩いて行ける範囲の店舗をもう少し調べてみることにしたのだが、そこで入ってみたのが、この31.5元の店舗から直線距離にしてわずか150m程度の同じ上海駅南広場の正面のデパートの地下の店舗である。

正面の時計台の向こうに見えるの安い方、左に行くと高い店

正面の時計台の向こうに見えるの安い方、左に行くと高い店

 上海浦東空港への機場5線バス乗り場の前の場所で、2店舗は非常に近いので、まさか価格が違うことはないだろうと思っていたが、早くも予想を裏切られる。

 何とこの店舗では件のセットが24元だったのである。

 2店舗は目と鼻の先しか離れていないのに、この価格差があることに私は思わず笑ってしまった。
 確かにこの地下のお店は、地下のために立地が悪く、お客もあまり入っていなかったが、このちょっとの選択の差で7.5元とは恐れ入る商売戦略である。

上海駅正面のマクドナルドの店舗

こちらの店舗では24元

 で、今度は高いと言われる空港のマクドナルドの価格も知りたくなって、物好きにも上海虹橋国際空港に行ってT1の1階のマクドナルドも覗いてみた。

 するとなんとこのお店では件のセットが37元となっていた。
 今のところの最安値の24元に比較すると何と13元も高く、54%も差がある

 いくら空港とは言え、ちょっとボッタクリが過ぎる様な印象である。

 ただ逆に言えば、空港でマクドナルド食べたいと思った場合、ちょっと離れた場所の店舗を探せば30%以上も安くなるという事を意味する。

 まあ、空港には空港の需要があり、駅前には駅前の需要があるので、その場その場では一々価格差など気にしていられないのかも知れないが、同じものを食べるならなるべく安く済む方が良いわけで、焦らないで幾つか店舗を探せる余裕があれば、探せば安くなる可能性があるというのが、上海のマクドナルドのようである。

 ちなみにネットで買うデリバリーの同じ商品(真ん中の写真)は33.5元で駅前より高く設定されており、配達料を別に取る以外にも価格差が存在するようであり、安上がりに食べたい時はやはり店舗に行くべきのようである。

上海のマクドナルドのネット購入画面

上海のマクドナルドのネット購入画面

上海地下鉄4号線は環状運転を諦めるべし

 先月、地下鉄3号線の混雑を理由とする3号線の分断問題について一度文章を書いたが、それから3号線に乗るたびにいろいろ思考を凝らして見た。
9月16日「本当に上海地下鉄3号線は分断されるのか?」)

 で、私が思うに3号線を分断するより4号線の環状運転を諦めた方がいいのではないかという考えにいたった。

 上海の地下鉄4号線というのは、山手線や大阪環状線のごとく上海の都心部をぐるっと囲んで環状運転を行なっている路線で、上海市としても大都市の一つの理想要件として考えてこの路線を建設したのだと思われる。(日本の発展の真似?)

 しかしながら、都市の設計理想とは裏腹に道路の環状道路と違って、都市の環状鉄道は環状であることにそれほど重要な意味を持たない気がする。

 自動車交通の場合は、環状道路というのは都心部に流入する交通車両を減らし、混雑回避や環境改善に役立っていると言われる。
 それに対して鉄道の乗客は環状線の利用により、ショートカットされ時間を短縮できる可能性もあるが、放射状の路線がそれぞれぞれ都心部を貫いていれば各所で連絡する可能性が高く、乗換の面倒くささを考えれば都心で一回で済ますほうが楽であり、わざわざ乗換回数を増やして環状線に乗り換えるメリットはほとんどない。
 実際、上海の地下鉄網はそういう都心での乗換えのほうが楽な状況になっている。

 しかも、上海の地下鉄4号線は環状運転を行なうメリットがそれほどない場所ばかりを走っている。
 山手線や大阪環状線が環状運転を行なうのは、郊外へ向かう列車のターミナル駅を結ぶから意味があるのであり、実際山手線は東京、品川、渋谷、新宿、池袋、上野、秋葉原など外へ向かう路線のターミナル駅を結ぶ役割を担っている。

山手線には新宿・代々木・原宿に駅がある。

東京の山手線

 これに対して上海地下鉄4号線のルートは、上海火車站駅こそ郊外へのターミナル連絡駅だが、あとは地下鉄同士の連絡駅ばかりである。

 まあ3号線との共用問題が無ければ4号線の環状運転を否定する意味はないが、運転密度の関係でどちらかを分断する必要があるなら、諦めるならのはやはり4号線の環状運転だという気がするのである。

 3号線の乗客が平均何駅区間乗るかは分からないが、起点から終点までの乗り通す人も皆無ではないだろう。
 それに対して4号線の乗客は、常識的に考えて最大でも全線の50%しか乗らない
 当たり前の話だが環状線で50%以上乗るのは、乗車方向を間違えた客でしかなく、一周全線乗るのは暇な鉄道フアンか、寝たままの人くらいなものである。

 しかも放射状の路線と各駅でクロスするので、都心部を貫くショートカットが可能で、環状線の1乗客あたりの利用区間はますます短くなるだろう。

4号線の路線図

4号線の路線図、左上の黄色い部分が共用部

 そう考えると、4号線について環状運転にこだわる理由はますます低くなり、環状運転を諦めて3号線に接続する宝山路(或いは上海火車站)駅から虹橋路駅までのC型運転で線路容量いっぱいまで本数を増やすだけで、利便性の向上は十分だという気がする。
 もちろん3号線も共用部が無くなれば、線路容量いっぱいまで本数を増やせる。
 つまり利用客の立場を考えれば、環状線を諦める方がはるかに効率的と言う気がするでのである。

上海地下鉄3号線と4号線の合流点

上海地下鉄3号線と4号線の合流点

 ただ現在の状態から移行するなら、既存利用客のためにこの分断の起点駅となる宝山路駅と虹橋路駅での乗換えの利便性を確保することは必要で、東京の御茶ノ水駅のような形で行先方向別のホーム設置するなどの改造の配慮は必要だろう。

 いずれにしても将来の需要予測を考えずに路線の共用などという安易な手を考えてしまった影響で、どちらかの路線が分断の危機に立たされているとうことになる。