Tag Archives: 日本人

上海に馴染める日本人・馴染めない日本人

上海には毎年多くの駐在員さんが入れ替わり立ち代わり派遣されてくるが、これらを見ていると上海生活に馴染める人と馴染めない人がいるのが分かる。

このうち知り合えるのはほとんど無事に馴染んで駐在業務をこなしている人たちばかりなので、馴染めない人の実態はあまり把握しづらい。
しかし、そういう人達が実際いるという状況は時折噂が漏れ伝わってくる。

そもそも派遣される前に拒否している人や、家族が中国というだけで拒否反応を示し帯同を拒否されて単身赴任になったケースも少なくないと聞くが、まぁこれらは実際来れば馴染める可能性もあり、実際本当に馴染めないのかどうかは分からない。

最も上海に馴染めないタイプの人としては、やはり神経質で几帳面な人が多いようだ。
血液型で言うとA型というか、その中でもAAタイプの性格イメージの人。

こういうタイプは、中国の持つ大陸的気質や、町中にまだ散見される不潔な環境の部分、或いは大気汚染、そして日本メディアの情報として伝わる中国の様々な悪い多くのイメージに意識が潰されてしまうらしい。

これらの方々はおおよそ赴任直後から職場と自宅の往復ばかりで週末は家に閉じこもりきりとなる場合が多く、2~3か月でノイローゼ状態となるらしい。
そして終いには体調を崩して帰国してしまうパターンが多いようだ。

場合によってはもっと切羽詰まった状態になり、部屋をそのままにして誰にも告げず勝手に日本に帰国してしまったようなケースもあると聞く。

そこまで酷くなくとも、1年ほどで心身ともに疲れ切ってしまい、ギブアップして帰国されるようなケースは意外と多いようだ。
実は、数年前に実際にそうなってしまった人と倒れる直前に話をする機会があったのだが、口から出てくるのは中国人スタッフに対する愚痴ばかりで、文化や考え方の違いにアジャストできない状況が良く分かったのである。

そしてその人が直後に倒れたと聞いて、驚きもしたが納得もしたのである。

まあ、そこまで追い込まれなくても、日本との文化やリズムの違いに普段からイライラしている人も時々見かけ、性格上の理由で馴染めないのはいかんともしがたいようだ。

じゃあ逆に馴染める人というのはどういう人か。
これは良い意味でも悪い意味でも、アバウトな性格の人が基本的に合うという気がする。
悪く言えば、ちょっといい加減というのか、そこそこ適当な人間である。

時間やルールに対してはアバウトに向き合い、本質的に失敗しなければ細かい部分を気にしない性格ということになる。

血液型のイメージで言うと、B型とかO型のタイプであり、実はこれは中国人の血液型分布の主力と一致する。
言うなれば中国人の社会はB型やO型気質が支配する社会である。

B型やO型の日本人は、仕事や日常に対してそこそこ適当に構える中国人気質と一致するのであり、中国人社会と馴染みやすい性格で、即ち上海に馴染める性格となるようだ。

 また上海に来ている駐在の奥さん達の話も時々聞くが、中国に来る際に周りからは心配されたが、上海は来てみれば非常に暮らしやすく、駐在だから待遇も良いので生活はルンルンで、帰らないで済むのならもう暫く住み続けたいと言っている人も少なくないのである。

かくいう自分も上海生活は10年を超え、ほぼ干支を一回りする状況になってきたわけであり、上海に馴染める適当な人間であることは自認している。


日本人が主語を省略する理由

 中国に来てからもう10年以上経つので、中国語での会話もそれなり使えているが、未だに中国語を使うときに抜けない癖がある。

 それは「我」などの主語を省略してしまうことである。

 自分のことを説明する際も、相手に質問する際も、頭の中の日本語の原文から中国語に翻訳して話す場合が少なくないので、そうすると「あなたは行ったことがあるか?」から「あなたが」が抜けてしまい、「行ったことある?」と言ってしまうのである。

柴又の寅さん像

 そういった場合、結構「私?」と聞き返されることがよくあった。

 中国語だと「誰」を言わないと、動作主体が確定できず、相手も一応自分のことだろうとは思いながらも確認で訊き返してくるのである。

 まあ日本語そのものが主語を省略することの多い言語だということが根本の理由なのであるが、私にとっては何故日本語がこのように主語を省略するのかは結構長年の疑問の一つだった。

 で、最近落語を聞いていてよやくその疑問が解けた。

 日本人が主語、つまり動作主体を言わないのは、日本語が動詞部分の言い回しによって主語を言わなくても誰が動作主体か分かるような言語体系になっているからだと言える。

 どういうことかと言えば、日本語は言い手、聞き手、動作主体、男女によって言葉の使い方がそれぞれ使い分けられている。

 尊敬語、普通語、敬語、謙譲語など日本語は相手との立場関係に配慮した言葉のオンパレードで、ここに男らしいや女らしい、若者らしいや老人らしいなどのバイアスが加わったりして非常に複雑に構成されている。

例えば動作主体が自分であれば「する」というところ、「なさる」と言えば、動作主体がおよそ目上の人だと想像できてしまう。

 男女間でも同様で「でしょう」など丁寧な言葉遣いなら女性的、「だろ」などぞんざいなら男性的とおおよその分類が可能で、まあ男女の性別の厳密な区分は出来なくても、大よその性格傾向は類推可能になる。

故に会話の登場人物が限定されていれば、いちいち言葉で主語を言わなくても誰が動作主体かはほぼ確定するのであって、わざわざ言う必要性は非常に少なくなるのである。

このような動作主体による言葉の使い分けが日本語の最大の利点ではあるが、ただ同時に外国人が理解するのが難しい部分でもある。

分かり易い例を言えば、この日本語の特徴を最大限に利用した芸能が日本の落語であり、動作主体によって言葉が使い分けられる日本語で無ければ落語の人物の描き分けは非常に難しく、英語での落語は芸として成立し難しいのである。

英語の場合、演者がいくら声色を使い分けしたとしても、喧嘩のシーンでお互いに「YOU、BAD」「YOU、NO GOOD」などと言っていたのではどちらがどちらなのか分からない結果となってしまうのである。
 これが日本語だと「どうすんのよ」「うるせー」の一言ずつの喧嘩を一人の人間が演じていても男女の喧嘩が成立するのである。

 さらに私もよく中国人たちの日本語文章を直しているが、彼ら彼女らもこの言葉の使い分けに苦労している。
中国人たちが書いてくる文章の中には、時々変に主語をだけを省略し、動作主体や聞き手を考慮しない言葉遣いで書くので、誰に書いている文章なのか全くわからない文章が出来上がってくる時がある。

その場合まず極力主語を省略するなと指導する。

すると全ての文章に主語がついてくるので、これはこれとして日本語としてはかなりうざい文章になってしまうのだが、動作主体がわからないよりはマシになる。

そこから名詞を代名詞へ置き換えたり、動詞部分の言葉遣いを加えながら主語を省略できる部分をみつけたりして、文章を整えていくのが私の指導パターンだが、ここが一番大変な部分である。
日本人にとっては当たり前の文章でも、外国人はどの主語が省略できるのかの匙加減が非常に難しいらしいのである。

日本語側の私が主語を省略する癖が抜けないように、中国語側にとって主語の省略はハードルが高いようで、主語をほぼ必須とする外国語と、省略可能な日本語の言葉のトランスレーションは結構難しいということのようである。

終戦記念日に思う戦没者追悼式と天皇陛下と靖国参拝問題

 昨日の終戦記念日に日本で「全国戦没者追悼式」が行われた。
 終戦記念日を「終戦」と呼ぶかどうかについて2年前に「終戦記念日と言う言葉への批判」書いたが、この日に改めて追悼式について考えてみる。

 ところで、今回の式典では異例のことが起きたと報道されている。

 天皇陛下が式典からご退席の際に、慰霊の碑をじーっと眺めて1分ほど立ち止まったというのだ。

 気になってYOUTUBEで式典を通してみてみた。
 (考えてみれば、戦没者追悼式を通して見るのは初めてである)

 すると、報道通り天皇陛下は退席の際に1分ほど慰霊碑のほうをジーと眺め、御動きにならなかった。
 まあ司会から特に言葉が無かったので、次に動くきっかけのタイミングを待たれていたのだと推測できなくはないが、美智子皇后陛下が声を掛けるまで動かなったのである。

 天皇陛下があの時に何を思ったかなどは私には知る由もないが、何となく陛下は今回の追悼式の対象に、日本人戦没者しか含まれていないことに気づかれたような気がするのである。

 まあ日本政府が主催する追悼式なので、追悼の対象が戦争で亡くなられた日本の軍人や日本の民間人であることは当たり前ではあるのだが、そこに陛下の心にひっかかった部分があったのではないかという気がするのである。

 どういうことかと言えば、天皇陛下は美智子皇后を伴ってここ数年慰霊の旅を実施しており、当初は広島、長崎、沖縄など国内が中心だったが、その後、パラオやサイパン、フィリピンにまで足を伸ばして慰霊の祈りを捧げる行動を続けている。

 もちろん、その現地はかつて日本軍が多くの戦死者を出した場所ではあるが、同時に敵方であったアメリカ軍もそれなりの戦死者を出している場所でもあった。

 それぞれの地で天皇陛下は、敵味方関係なく戦争で命を落とした軍人や現地住民たちへ慰霊の祈りを捧げており、戦争の犠牲者に敵も味方もないことを直接肌で感じ取ったのではないかという気がするのである。

 この流れから言えば、政治状況さえ許せば中国へも訪問したい意識はあるのかもしれない気がする。(まあ現在の政治状況では流石に難しいのだろうとは思うが。)

 実はそういった天皇陛下の分け隔てない気持ちは、今回の追悼式で述べられたお言葉にも現れており、今回戦没者を自国民に限定せずお話になられていることが伺える。

具体的に書きだせば

「(前略)先の大戦においてかけがえのない命を失った数多くの人々とその遺族を思い、深い悲しみを新たにいたします。(後略)」

 と述べられており、自国民に限られない犠牲者に追悼の意を表しているのである。

 もちろん、日本政府の主催する式なので、日本人だけが対象ととらえられなくもないが、直前に安倍総理が式辞で「三百万余」と日本人限定を示唆する言葉を敢えて言ったことと比較すれば、天皇陛下の追悼の意を表したい相手とは、戦争で亡くなった人全てなのではないかと思えるのである。

 それがあの追悼式での立ち止まりであり「全国戦没者追悼之霊の碑」の「全国」という言葉に考えらえるところがあったのではないかと勝手に推測している。

 ところでこの終戦記念日で必ず話題になるのが、時の政権の首脳が靖国神社へ参拝するかしないかの問題であり、隣国からの非難も含めてなかなか難しい政治問題化している。
 まあこの靖国参拝問題は、本来は外国に気を使う必要のない内政のことと言い切れそうな気もするが、靖国神社自体が戦前の国家体制の象徴であるから、そう簡単な問題でもない。

 今の靖国神社をどうとらえるかは、終戦記念日を境とした前後の日本をどうとらえるかにかかっているような気がする。

即ち、靖国神社を含めた戦前の国家体制を、終戦を機に全て否定したから今の日本があると考えている人と、終戦とは戦争に負けたり憲法が変わったりしただけで明治からの日本が基本的に続いていると思っている人では、自ずと靖国への思いは違うだろうと思う。

 この違いにより、同じ戦災で亡くなった人に対しても、国のために命を捧げたと感じるのか、犠牲になったと感じるのかが違うのだろう。

ただ毎年行われている戦没者追悼式はそういった、靖国という政治的なイデオロギーを排除したところで政府が主催して行われている。
諸外国もこれに関しては口出しをしていないことから分かるように、純粋に追悼の場として認められており、靖国参拝とは明らかに意味が違うものとしてとらえられている。
 
 やはり靖国は戦前の象徴であり、私は現在の日本は戦前を否定したからこそ、平和と繁栄を得られていると考えており、靖国はもう政治家が政治の世界に持ち出すものではないと考えている。 

 故に今回閣僚全員が参拝をしなかったのは、賢明な判断だととらえている。