Tag Archives: 訪日観光

春秋航空に茨城空港から初搭乗 その2(茨城空港内編)

前回のブログの終わりに、茨城空港の2階の食堂でそばを食べてからチェックインに向かったと書いたが、今回「その2」を書くにあたって、写真をチェックしてみると、どうも撮影時間から言えば、私は空港についてまず先にチェックインを済ましていたようである。
(数か月も経つと人間の記憶なんていい加減なものである><)

 で改めてチェックインの時の様子を記すと、茨城空港には春秋航空専用となっているカウンターが4つほどあるのだが、ロビーが非常に狭いため、くねくね折り返しの通路に行列を作って並らばさせられた。

 この「くねくね通路」は日本でもそれなりに見かけるが、中国ではかなり多くの施設の入り口に導入されており、行列のある所には「くねくね通路」ありといった感じで私にとっては中国名物といった印象になっている。

 今回の茨城空港でのくねくね行列も、日本の空港なのに春秋航空という中国キャリア故なのかなとちょっと面食らった光景に映ったのである。

 狭い空間に人が折り返し行列を重ねており、人がごちゃごちゃ溜まっている状態になっていて、日本語や中国語、さらには上海語が飛び交う随分と混沌とした雰囲気である。。

春秋航空のチェックインを待つ列

 またチェックインの窓口と荷物の委託荷物が別であり、実はチェックイン(搭乗券発行)後に、再び行列に並ぶ必要があり、チェックイン待ちの列と委託待ち荷物の列が交差し非常に錯綜した状況になっている。
 で、この委託手続き、預ける荷物だけ重量を計るのかと思いきや、まず委託荷物が計られ、さらに手荷物も載せて全体の重量オーバーが無いことを確認した上で計量パスとなる。

 徹底していると言えば徹底しているが、このタイミングで手荷物から中身を少し抜いて誰かに預けておけばスルーできそうだなぁという気もする。

今度は荷物を預けるための列

 さて、冒頭で訂正した通りこの後に食事をし、その際に航空機の到着を見かけたので搭乗手続きに向かうことになる。
 小さな空港なので安全検査も出国審査も通路は最小限しかなく、それでも人数が少ないのでほとんど詰まることなくスムーズに進む。

茨城空港荷物検査場の入り口

 直線距離で言えば30mも歩けばあっという間に搭乗待合室に到着するので、成田国際空港や上海浦東国際空港など大型空港に慣れた人間からするとちょっと拍子抜けするほど近い。

 待合室は学校の教室より小さいと思われるスペースで、目一杯にベンチが置かれているが、とても搭乗客全員分の数は足りず、立て待っている人も結構いる状況となっていた。

茨城空港の国際線搭乗待合室

茨城空港の国際線搭乗待合室

 この待合室の脇には「永山」という免税店があり、主に中国人たちがお土産に買って帰るためのスペースとなっており、訪日観光の記念になるお菓子から炊飯器などの家電まで、かなり多様なアイテムが所狭しと置かれている。
 やはり第一人気は北海道の石屋製菓の「白い恋人」のようで、他に比べ非常に大きなスペースを占めて置かれている。

茨城空港の免税店「永山」

茨城空港の免税店「永山」

 まあ「白い恋人」が一位を占めてしまうのは致し方ないものの、茨城県や茨城空港を応援する立場から言えばちょっと複雑な気分で、「もっと茨城産頑張れ」という気持ちになる。

 待合室の脇には、申し訳程度の電源設備があり、パソコンでもスマホでも充電できるようにはなっているが、これもまた最小限の設備だけ用意したという感じになっている。
 現時点では国際線の便数も多くないので需要も余り多くないのであろう。

気持ち程度の茨城空港の充電設備

 いよいよ搭乗時間が来て、歩いて航空機へ向かう。
 ご存知の通り茨城空港はボーディングブリッジを設置していないので、ターミナルから航空機まで30mほどを徒歩で移動する。
 天候の悪い日はちょっと辛いが、屋外を歩いて航空機へ向かうのはやはり心地よいものである。

茨城空港の搭乗通路

 中国ならこのタラップ搭乗は珍しくないのだが、そうはいってもバスで駐機場へ行くパターンは多いがターミナルから直接歩いて行くというのは小さな地方空港に行かないと体験できず、日本だとかなり貴重な体験ではないだろうか。
さあ、春秋航空初搭乗である。(続く)


ピーチ航空で上海に戻れず、着陸できない?!その1(羽田編)

先日のピーチ航空の上海発便の初搭乗で日本に帰国した後、数日後に再びピーチ航空を利用して上海に戻る予定だった。
時間帯としてはやはり深夜発だったのだが、当然戻り便も安かったので往復で買っていたのである。

当日も早めに実家を出発したためやはり20時までに羽田空港についてしまった。

羽田空港国際線ターミナル内部

空港でインフォメーションボードを見ると、便数の多い羽田ではまだ深夜便は表示されていなし、どうやらピーチ航空は少なくとも羽田の国際線ターミナルには自社窓口を持っていないようだっため、チェックインカウンターさえその時点ではわからない状態だった。

そのため、情報を得られるまでひたすらその場で時間を過ごすことにしたのだが、幸い羽田空港の国際線ターミナルは近年のVISIT JAPANキャンペーンのおかげなのか来港客が退屈しないよう、展望ターミナルを初めとしてレストランや展示物などが充実していた。

TOKYO TOWN」の名で一種のミニテーマパークと化しており、それを見て歩くだけでもそこそこ時間は潰せる。

TOKYO TOWNの日本橋

レストランなどは流石に空港価格で安いとは言えなかったのだが、今回は
モノは試しと展望デッキそばの店でカレーを買い、屋外で空港の夜景を見ながら夕食と洒落込んだ。

羽田空港国際線ターミナルのカツカレー

飛び立つ飛行機を見ながらの食事は、なんとも乙である。

展望デッキからの羽田空港の夜景

展望デッキからの羽田空港の夜景

さて再び屋内に戻りインフォメーションボードに目をやると、カウンターAとあったが、実際に行ってみるとまだシンガポール航空が受付けを行っており、ピーチ航空の受付はまだ始まっておらず、ピーチ航空の受付開始には時間があるようである。

ではではということで、インターンネットにつないでノートPCを開くことにした。

今回ネット接続に関しては上海出発時にWIFIルーターをレンタルしてきたので、空港内を含め日本滞在中一切の心配はなかったのだが、バッテリー残量の不安はあったので電源のある場所を探した。

実はこれが結構難儀した。

出発フロアや到着フロアには充電カウンターが設置してあるにはあるのだが、数が少なくいずれも先客が大勢居り、なかなか割り込めない状況だった。

立ったままの充電で良ければ、1個や2個の電源口の空きはあったが、とてもノートPCを広げられるほどのスペースは無かった。

そこで、ターミナル内を上から下まで隈なく探検してみたところ、地上階に何とか隙間のある電源スタンドを発見した。

インフォメーションボードが見えないのでやや不安があるが、すぐそばにローソンもあり、飲み物などの調達も可能で、トイレもすぐそばで長時間時間をつぶすにはもってこいの場所である。

このどうもこの羽田空港はまだ海外からのモバイル利用者への対応が弱い印象で、長らく国内キャリア3社が市場を独占してきた弊害がここに表れているような気がする。

さてこの場所で2時間くらいを過ごし23時ころに出発階に戻ったところ、チェックインカウンターには既に長蛇の列ができていた。
実は、上海発の便で知り合いになった上海人母娘も同じ便で帰国することになっていたときいており、このチェックインカウンターのところで再会した。

カウンターの対応はさすが日本というか、上海に比べ丁寧だったのだが、その反面、手荷物と委託荷物の重量制限には厳しくそれぞれ重量計に乗せろと言われる。

この点は実家を出発する時点できちっと重量計測していたので私は心配なかったのだが、中国人搭乗客達は結構気軽にオーバーしているようで、超過料金を取られていたようだった。

余裕があるのか大らかなのかわからないが暢気なものである。

さてチェックインを済まし、出国手続きを終えて搭乗口へ向かう通路を進んでいくと、半分くらいの免税店は既に営業時間を終了しており、残るお店も閉店に向かう準備を始めていた。

国際空港として深夜発便も増えているのに、このあたりのサービス対応は若干弱いという気がする。

もっとも深夜便は運賃の安いLCCが多く、利用客層から考えると多くの売り上げが見込めないわけで、この対応は仕方ないかもしれない。
ただ、飲食店などはまだ少し開いており、ここで見つけた味噌ラーメンが非常に美味しそうで、先ほどカレーを食べたばかりにも拘わらず、締めの一杯ということで(笑)、800円と割高にかかわらずおいしくいただいた。

羽田空港国際線搭乗フロアの味噌ラーメン

さて搭乗口付近の座席に着いた時点で、まだ時間に余裕があったのでやはりノートPCを開いたが、ここでも電源不足の印象である。
幸いに早めに予定搭乗口に着いたので、今回は電源を使用することが出来た。

ところで、今回の羽田から出発において、私個人の心情の中で、過去とは違う不思議な感覚を感じていた。
過去の一時帰国の際の日本出発時には日本でリフレッシュ出来た心の軽さというか、さあ上海の街に戻るぞ!といった意気込みのようなものがあったのだが、今回はそれがなかったのである。

そのことについて、とても違和感を感じながらの搭乗待ちの時間を過ごしていた。

恐らくこの違和感は後から思うと、この後に起きる出来事を予感させていたのかもしれない感覚だったのである。

さて搭乗時間が来て機体に乗り込み、出発を待っているとCAの方が妙なアナウンスをした。

目的地、上海浦東国際空港は天候状況が悪く濃霧のため、着陸できない恐れがありますので予めご承知おきください

一瞬のことだったので、正確には聞き取れなかったが、おおよそこのように言っていたと思う。

これを聞いて

「んん?何?」
「上海に到着できない可能性があるとは、どういうことだ?その場合はどうなるんだ?」
と色んな不安が頭をよぎった。

まあ墜落とかでなければ事態はなるようにしかならないのであるが、やや不安を抱えながら機体は羽田空港を離陸した。
続く

ピーチ航空の上海発便に搭乗 その2(機内編)

機内に乗り込むと、さすがにLCCなのでシートピッチは狭かったが3-3配列の座席の割りには詰め込まれているという印象はなく、シートの色の影響か雰囲気は悪くはない空間だった。

ピーチ航空の機内

 で、まずは座席前のポケットに差し込まれている資料をチェックする。

 最初に手取ったのは機内販売のしおりだが、これを見て大変驚いた。

 ほぼ全商品において、日本語だけでなく英語はおろか、中国語の簡体字と繁体字、さらにハングル表記で商品説明が書かれていたのである。

ピーチ航空の機内販売の冊子

さすが国際線というか、他の航空会社でも英語と自国語の二か国語記載までは見たことがあるが、4言語5字体記載という徹底した表記は見たことが無かったような気がする。

 実は、搭乗前にピーチ航空の関係者の方に話を伺う機会があり、この日の搭乗者の国籍割合を尋ねたところ、正確なところは分からないが半数以上が中国人であり、日本国内でも以前から同社の利用客は半数以上が外国人であるとのことだった。
 日本人乗客はLCC式のサービスに慣れないのか少数派であり、訪日外国人たちに支えてもらっているのがピーチ航空だとおっしゃっていた。
 そういった外国人旅行達を十分意識したのがこの機内販売のしおりであり、日本への訪日外国人観光客の増大はこういったLCCに支えられているんだなと、久しぶりに帰国する日本の現状に妙に納得してしまった。

 また販売されている商品のラインナップにも驚いた。
 国際線なので免税品はまあ当然なのだが、日本到着後の各空港から市内への交通機関の割引券などが、機内販売されていたのである。

成田から都内への割引切符の案内

 今回の行先である羽田空港での足回りも当然対象となっており、羽田空港から品川までの京急線の割引切符が売られていた。
 正規で買うと往復820円のところが、機内販売だとなんと200円引きの620円で買えるとのことである。

うわ、これおいしいなぁと思い、詳細をCAの方に訊ねようとしたところ、機内アナウンスで、「今回は初就航便ということで京浜急行様さんより、皆様にプレゼントします。詳細は搭乗時にお配りしたエコバッグをご確認ください」とCAから案内があった。

「なに!」

ピーチ航空の初回搭乗記念品

慌てて、そのエコバッグの袋を開けたところ、中からなんと「ご招待」と赤い印の押された招待券が出てきたのである。

羽得2枚切符(無料版)

それを見て思わず「ラッキィ」と心の中で叫びつつ小躍りしてしまった気分になったが、実際はニヤついただけだった。
(パンクブーブーのネタのようだ。)

 200円安上がりになると思ったころ、元の640円も無料になったわけで、ダブルのお得をもらったような気分である。

 やっぱり初物に乗ると、こういうハプニングがあるわけで、恐らく1日違いの翌日便ではこうはならなかっただろうに思う。

 このほか、今回は使わないが成田から都内までのスカイライナーやバスの割引チケットなども売られるようで、航空会社としては商売の一部なのであろうがこちらとしては痒いところに手が届いてくれるサービスである。

そして、次に手に取ったのは安全のしおりだが、こちらは残念ながら多言語表記ではなく、日・英の二か国語表記で、日中便なのに中国語表記は載ってなかった。

 ピーチ航空は既に台湾線を就航させているはずなので、中文表記があっても良さそうだが残念ながらなかった。
機内販売にあれだけ力を入れているのにも、大事な安全のしおりが多言語表記になっていないのは残念で、厳しいことを言えば安全より商売に力が入っている状態ということも言え、ちょっぴり評価を下げたこの安全しおりである。

さて機体は予定通りに出発し、羽田へ向かって離陸した。

 機内では、モニターなどのエンターティメントサービスはもちろんないのだが、離着陸時は全ての電子機器も使えないので、アナログな紙媒体を見て過ごすしかない。
 本来は時間帯的に寝るべきなのが筋なのだが、どうも興奮気味で寝られそうになく、先ほどの機内販売のしおりなど熱心に見て研究することにした。

 で、多くのLCCがそうであるようにこのピーチ航空も、機内食などは無く全て自己購入しなければならないのがルールとなっている。

 今回特段にお腹も空いているわけでもなかったがメニュー写真を見ていると食べてみたくなるのが人間の性で、取り敢えず興味本位で試
しで買ってみることにした。
選んだのは「にゅう麺」(500円)で、カップ麺のような様相にちょっと高いなと思いつつ、物は試しということで注文することにした。

 機内ではクレジットカードのほか、日本円でも人民元でも現金払いができると言われ、今回搭乗時に日本円の持ち合わせが少なかったため人民元で支払うことにした。
500円の商品が人民元で幾らに換算されるのかという興味もあり試してみたくもあったのである。

で、言われた金額がなんと40元であった。
「ゲツ、レート悪いなぁ」
当時のレートが確か1RMB=15.5円くらいだったので、そのまま計算すると32~33元が妥当な換算値であり、多少手数料が乗ったにしてもちょっと悪すぎるレートといった印象であった。

今回は試しなので、仕方なかったが次回からは少なくとも人民元では買うまいと思うほどのひどいレートである。
 さらに出て来たにゅう麺も非常に量が少なく、小腹がすいた夜中用と思えばちょうどよいが、500円の価値があるかと言えばやはり高すぎるなという印象であった。

ピーチ航空のにゅう麺

このほか、のどが渇いたのでジュースも買ったが、こちらは200円とまあ良心的であり、かつ日本円の小銭で払ったので抵抗なく買えた。

 ところで今回乗ったピーチ航空のCAさんたちは英語については普通に訓練されているようだったが、中国語はほとんど駄目で、一人だけ中国語要員はいたみたいだが、乗客とのコミュニケーションにやや苦労する姿が目に付いた。

 初便なので仕方ないところであり、最低限の訓練はしてきたとは思うが、それでもまだ言葉としてはコミュニケーションが難しいレベルだった
 そのため、彼女たちよりは中国語のわかる自分がちょこちょこと通訳をしてあげたのだが、そのおかげでこちらもCAさんたちと少しだけ雑談が出来た。

 まぁ社交辞令の域を出ない程度の会話ではあったが、今回初便の搭乗で出発4時間も前に空港に来てしまったんですよと告げると、ありがとうございますと、深々とお礼をお言われてしまったような状況である。

 そのおかげなのか到着間際になって、本日のフライトデータですと、なんと手書きのメモをプレゼントしてもらった。

手書きのフライトデータ

手書きのフライトデータ

 慌てて電話番号が書いていないかと探したが(笑)、残念ながらそれは無かったが、当日の乗務員スタッフの全員の名前が記してあり、何よりもいい記念品となった。

 そんなちっちゃなドラマがちょこちょこ展開するうちに、航空機は羽田に到着した。

 まだ暗い中での到着だったので、東京の朝方の夜景を期待したが、天気がそれほどよくなく雲が多かったのと、羽田のA滑走路に南(34L)から進入したので、ほとんど夜景を楽しめることなくターミナルに到着した。
まあ無事日本到着である。(つづく)