「恐怖の食卓」に出演した芸能人の怖~いその後

 10年ほど前、つまり私が上海にくるちょっと前の時期に、日本のフジテレビで「恐怖の食卓」という番組が放送されていた。
 芸能人のリアルな食生活をウォッチして、医師達が将来起こりうる病気のリスクについて警告するといった内容だった。

 やや過剰な内容かと思わせる部分もあり、行き過ぎた内容も時々含まれ一度謝罪を余儀なくされるようなこともあったようだが、いい加減な食生活を送っていると寿命は短いということを警告するものとしては十分だった番組だったような気がする。

 そして放送から10年経ってこの番組を振り返るとちょっと驚くべき状況となっている。

 特に2006年1月12日の回に出演した方の現在まで生存率が凄いことになっている。

 情報源として見つけたのは「青木晃のアンチエイジング日記」という出演していた内科医の方が書いたブログだが、その回のゲストというのは大原麗子さん、うつみ宮土理さん、山下真司さん、松原のぶえさん、今井雅之さん、飯島愛さんで、豪華なゲストとして表現されている。

 しかし、ご存知の通り上記出演者のうち、大原麗子さん(62歳)今井雅之さん(54歳)飯島愛さん(36歳)は既に亡くなっており、いずれもそれほど高齢ではないのに若くして亡くなってしまった。
 実にゲストの半分が10年で亡くなっている事実となっている。

 番組で指摘された理由はそれぞれだが、飯島さんは収録後わずか2年後に肺炎で、大原さんは3年半後に不整脈で亡くなっているし、今井さんもワインをがぶ飲みする生活を指摘され、9年後の今年の5月に大腸がんで亡くなった。

 そして驚くことに先日肝内胆管ガンで亡くなった川島なお美さんもやはり2005年4月放送のこの番組に出演していたようで、具体的な指摘内容はちょっとわからなかったが、10年後の今年に54歳という若さで亡くなってしまった。

 まあ、放送時に指摘された食生活と亡くなった時の死因のそれぞれの因果関係は不明だが、それぞれ褒められた食生活を送っていたわけではなかったのは確かなようで、日常の食生活が寿命に大いに影響を与える可能性があるという見本となってしまっている。

 特に飯島さんと大原さんに関しては、番組内で相当厳しい警告が出されていて、その通りに数年内に亡くなってしまった。

 もちろん人にはそれぞれ事情があり、必ずしも100%理想通りの食生活が送れないのは仕方ないことかもしれないが、なるべく世間の常識通りの食生活を送ることが長生きの秘訣だというのは、かの芸能人たちの状況を見てよくわかった気がする。

 やはりコンビニ弁当やハンバーガーばかり食べていてはいけないのである。

画像はイメージ

画像はイメージ



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA




Booking.com