Tag Archives: 価格

中国はエアコンが安い?2万円台も!除湿はおまけ?

 会社のオフィスのエアコンが壊れた。
 修理の人に来て見てもらったが、直せなくはないがまたいつ壊れてもおかしくない状態らしい。

  製造時期を見ると2003年となっているから15年以上稼働していたことになり、そろそろ潮時だろう。

 エアコンの平均買い替え時期は購入から13年程度とのことであり、そこから考えれば十分働いたともいえる。
 で、結局事務所の大家と交渉し、大家の負担で新品に取り換えてもらうことになった。

 同僚の交渉経緯を聞いていると、間に入っている仲介業者が手配をし、次回の家賃から差っ引くということになった模様である。
  コストとして2000元程度とのことで、2~300元の修理代を積み重ねても仕方ないという結論になったらしい。
 

壊れたエアコン

壊れたエアコン


 
 私もエアコンの相場が気になって、京東(ジンドン)のショッピングサイトを覗いてみると、かなり安いエアコンが売られており、1300元程度の商品すらある。日本に換算すれば2万1千円程度である。

 今回買うであろう2000元クラスにしても、日本円で3万円ちょっとであり、随分と安いが中国ではこの価格帯が中心のようである。

 機能としては、インバーター制御とかタイマーとか、普通の基本的な機能は一応カバーされているので、不便を感じるような点はないようだ。

 それに対して、日本のエアコン価格をネットで調べて見ると7~8万円が低価格品の中心価格帯で、5万円を切るものもたまにあるが、3万円台は冷房オンリー機能のものしか見つけられず、ましては2万円台というものはありそうな気がしなかった。
 まあ出力能力の差や便利機能の差、省エネ度合の差とか細かく調べていけば、それなりの価格差の要因は見つけられるのだろうが、それでもこの中国市場での低価格ぶりにはびっくりである。
 
 もっとも日本の白物家電は東南アジアや中国製造が多いと聞くから、実はこの日中両国のエアコンは隣り合った製造ラインで作られている可能性もある。
 よって価格差は輸送コストだったりするのかもしれないので、つまり日本人は高いものを買わされている可能性があるのであり、もしかすると笑えない価格差とも言える。

 ところで、これらのエアコンは年々性能がかなり上がっているようで、消費電力の表示は600kw/h程度となっていて、私が学生の頃みた自宅のエアコンは1500kw/hとかそんな数字だと記憶しており、随分省エネが進んだものと驚いている。

 学生の頃、親からエアコンの使用はよほど暑い時だけと言われ、滅多にスイッチを入れない機械を恨めしそうに眺めながら過ごしたことを覚えている。
 しかしそんな時期も今は昔で、たまに実家に一時帰国すると、両親がエアコンのスイッチを入れることに以前ほどあまり躊躇していないことに驚きを感じるほど普通に使っている。

 そのくらいエアコンの省エネ性能が上がったということであろう。

 さて、あと1~2日で新しいエアコンが来ることになったのだが、機種選びは仲介会社まかせなので、やや心配な点がある。
 それは除湿機能がしっかりしているかどうかということ。

 以前からブログで書いている通り上海の方は高湿度に慣れているせいか、あまり湿度を気にしていないようであり、ネット上でのエアコンの性能表示でも除湿機能を重要視している機種は少なかった。

 大半の機種に一応除湿機能はついているようだが、どの機種も除湿に力を入れているようにはとても思えない表示となっている。
 個人的には、湿度さえ下がれば上海は過ごしやすいので、除湿機能に力を入れて頂きたいのだが、湿度が高いことに慣れて生きてきた方にとっては除湿機能の快適さをあまり理解しないのであろう。
 故に今のエアコンにとってはおまけ程度の除湿機能の存在のようであり、エアコン本体が安い場合は除湿機能さえ外されてしまう可能性があるのである。

 そんな心配をしながら、とりあえずは1分でも早く新しいいエアコンがとどかないものかと汗をタオルで拭きながらオフィスで過ごしている。

鍋で見る日中文化の違い

 中国でも日本同様に鍋文化があり、大勢の人間が一つの鍋を囲んでつつくスタイルが存在する。
 まあ鍋に入れる食材などが異なるのは日本でも地域によって違うので当たり前と言えば当たり前のことだが、細かく観察するとその食材の整え方というか鍋の仕立て方に、日中の文化の象徴的な部分を見ることが出来る。

 どこが象徴的なのかというと、日本はお店が最初に所定の具材セットしたお任せパックの鍋スタイルが基本であるのに対して、中国スタイルは一品一品の鍋の中に入れる具材を好みに合わせて選ぶスタイルとなっている。

中国の鍋

中国の鍋(火鍋)

 もちろん日本の鍋だって、石狩鍋、湯豆腐、カキ鍋などといった風に、全体の仕上がりで鍋の種類を選択することはあるが、具材の一品一品を指定することは無く、全体の鍋一式で2000円だの5000円だのという形で料金が決まってくる。

 その具材の組み合わせ方や全体のバランスも含めて、お店のセンスと味に料金を支払うスタイルである。

 これに対して中国式の鍋では、もやし1人前5元、豆腐1人前8元などというように細かく具材一つ一つに料金が設定されており、予算に応じて自分の具材を選んで足していく方式である。
 基本の鍋底(割り下)の味付けはお店ごとであるが、利用客の主眼はどちらかと言うと素材が新鮮かつ適正価格であるかに置かれ、鍋としての総合的仕上がりに対する結果は自己責任でありお店に求めていないようである。
 その結果、中国式のお店ではどのお店に行っても各自が自分のスタイルを貫いてしまうので、素材の取り揃え以外に店舗ごとにそれほど差が出にくい事業形態だという気がする。

 以前、「日本人的安心感と中国人的誠意感」のブログでも書いたが、中国人達は鍋においても日本のように「お任せパック」でまかせっきりにすることを嫌い、任せた結果において内容をごまかされたりして損することをとても嫌がり、このような究極の個別会計と呼べるような食材ごとの料金設定がされた明朗会計を好むのである。

 しかも、最近では店舗ごとの差では飽き足らずテーブルごとに違う味の鍋底(割り下)となり、更には鍋さえ分割して幾つもの味を楽しむようになり、各自それぞれの好みで注文しそれぞれの鍋をつつくので、同じテーブルで顔を突き合わせているのに食べている鍋料理は別物といった、本来の鍋スタイルとは別物の独自の現代鍋スタイルを確立してしまっている。

 私がイメージする本来の鍋のスタイルとは、同じものを仲間同士や家族で分け合って食べるというものであり、同じ釜の飯と言うか同じものを一緒に食べることに意味があるのだと思っていたが、中国の現代の鍋スタイルは明らかにそれとはかけ離れてしまっている。

 中国は従来から団体スポーツではなかなか世界一に慣れないと言われる程に団体行動が苦手であるとされるが、中国の食文化が以前のような大皿スタイルではなく、個人ごとのスタイルへ分化していく姿は、まさにそういった個人主義を好む中国文化として自然流れであるのかもしれないし、この鍋スタイルはその変化を象徴するものだという気がするのである。

上海のマクドナルドは店舗により50%も価格が違う。

 先日マクドナルドの新商品受け渡しシステムについてブログを書いたが、あればどうやら私の職場の近所だけだったようで、他の場所の店舗に入ったところ従来のシステムのまま販売が行われており、私の近所の店舗は試行テストを行なっているということのようだった。
 ところで、こうやって何店舗かの異なるマクドナルドに入店していたら、あることに気がついた。

 それは、商品の価格が店舗によってかなり差があるということである。

 しかもこの店舗による価格差は、行政区分のような大きな地域単位とかではなく、店舗ごとの立地条件によってかなり差が出ており、距離的に大して離れていないような場所でも値段に大きな差があるようなのである。

 例えば、現在マクドナルドではダブルバーガーキャンペーン中であるのだが、この商品のダブルフィッシュバーガーとポテトとコーラのセット価格は、上記のお店では24元であった。

 ところが、この店舗からそれほど遠くない人の集まる上海駅南広場東側の店舗(鉄道切符売り場隣)に入ったとところ何と同じ商品が31.5元で売られていたのである。
 その差何と7.5元で、実に30%も高かった。

上海のマクドナルドの店舗

こちらでは31.5元

 この時は結局、あまりの価格差に馬鹿馬鹿しくなり商品を買うのをやめてしまったのであるが、直後にまた驚くべき発見をする。

 このとき、こういった価格差状況をもう少し調べたいという興味が湧いてきて、歩いて行ける範囲の店舗をもう少し調べてみることにしたのだが、そこで入ってみたのが、この31.5元の店舗から直線距離にしてわずか150m程度の同じ上海駅南広場の正面のデパートの地下の店舗である。

正面の時計台の向こうに見えるの安い方、左に行くと高い店

正面の時計台の向こうに見えるの安い方、左に行くと高い店

 上海浦東空港への機場5線バス乗り場の前の場所で、2店舗は非常に近いので、まさか価格が違うことはないだろうと思っていたが、早くも予想を裏切られる。

 何とこの店舗では件のセットが24元だったのである。

 2店舗は目と鼻の先しか離れていないのに、この価格差があることに私は思わず笑ってしまった。
 確かにこの地下のお店は、地下のために立地が悪く、お客もあまり入っていなかったが、このちょっとの選択の差で7.5元とは恐れ入る商売戦略である。

上海駅正面のマクドナルドの店舗

こちらの店舗では24元

 で、今度は高いと言われる空港のマクドナルドの価格も知りたくなって、物好きにも上海虹橋国際空港に行ってT1の1階のマクドナルドも覗いてみた。

 するとなんとこのお店では件のセットが37元となっていた。
 今のところの最安値の24元に比較すると何と13元も高く、54%も差がある

 いくら空港とは言え、ちょっとボッタクリが過ぎる様な印象である。

 ただ逆に言えば、空港でマクドナルド食べたいと思った場合、ちょっと離れた場所の店舗を探せば30%以上も安くなるという事を意味する。

 まあ、空港には空港の需要があり、駅前には駅前の需要があるので、その場その場では一々価格差など気にしていられないのかも知れないが、同じものを食べるならなるべく安く済む方が良いわけで、焦らないで幾つか店舗を探せる余裕があれば、探せば安くなる可能性があるというのが、上海のマクドナルドのようである。

 ちなみにネットで買うデリバリーの同じ商品(真ん中の写真)は33.5元で駅前より高く設定されており、配達料を別に取る以外にも価格差が存在するようであり、安上がりに食べたい時はやはり店舗に行くべきのようである。

上海のマクドナルドのネット購入画面

上海のマクドナルドのネット購入画面

北京の飲食店は怒らないのか?

 ニュースを見ていたら北京で消費者に不利とされる慣習が禁止になる通達が出たとの内容を目にした。

 それによれば、例えばレストランでは一般的に飲み物の持込みは禁止されているが、これは消費者が不当に高い料金を取られる恐れがあり、これは消費者の選択を認めない覇王約款(一方的に店に有利な不平等ルール)だということで、そのルールは禁止されるというのだ。

 もしこれに違反している店を発見した場合、通報されて罰金200万元とかなんとか膨大な額を科せられるらしい。

 まあ、このニュースを見て非常に驚いた。

 確かに一般的なレストランでは、飲料が外部の市販価格に比べ結構高い金額に設定してあるケースをよく見かけ、やや高いなという印象を受けるが、だからと言って持込みOKなどといったら今度は被害者になるのは店側だという気がするのである。

 例えば客にビール1ケース持ち込まれて、つまみの注文はそこそこで店で大宴会などやられた日には、店としては利益減少どころか営業妨害もいいところになるわけで商売あがったりとなる。

 故に行政機関が無理やり飲料持込みOKとするというのはいささかかやりすぎだという気がする。

 さらに、今回の通達では個室利用における最低消費額の設定の禁止や、「店内での手荷物の紛失は各自の責任で保管し、店側は一切責任を負いません」という表示も禁止されるというのだ。

 これとて利用する側から考えると、最低消費額などはやや足かせだという気はするものの、店側からすれば幾らも注文しないのに個室を独占する客を防ぐためだったりするわけであり、別に店側がボッタクリのためにだけ定めているルールというわけではない気がする。

 ましてや遺失物の紛失責任など、店側で紛失したものかどうかも分からないのに責任を負わされるという発想はどう考えてもおかしい。

 今回の通達では、これらの伝統的慣習は消費者に一方的なルールだと決めつけられているが、これは寧ろとんでもない迷惑客やクレーマー客を防ぐための店側の防衛策であり、商売をする側として利益を守ることを考えたら当然の対応だという気がする。

 もし飲食店の飲料の料金が不当に高いと言うなら、店舗の家賃相場をどこでも一律にするべきであり、料金が高いと思うなら最初からその店の利用を諦めればいいだけの話で、持込み禁止は駄目なんて通達は寧ろ、世の中のサービスの低下を招くだけのような気がするのである。

 とにもかくにも、今回の通知はどうもバランスを欠いた極端な対応だという気がする。

すぐ壊れる洗濯バサミ

 上海で生活していて、生活用品の質の差にはよく直面するが、その中でも最近その差を顕著に感じたのは洗濯ばさみである。

 どこにその差を感じたのかというと、使い始めて幾らのも経たないうちにすぐに壊れてしまったのである。

 私の実際の例で言えばワンパック10個入り10元前後の洗濯ばさみをローカルスーパーで購入し、使い始めたのだが、なんと1ケ月以内にまず1個が壊れてしまったのである。

 洗濯ばさみの取っ手の強度と挟み込みを行なうリング金具の強度がマッチングしておらず、写真のようにプラスチックの取っ手の部分が壊れてしまったのである。

上海で買った洗濯バサミ

上海で買った洗濯バサミ

 そしてその後も定期的に10個パックの洗濯ばさみは次々に壊れ続け、およそ1年持たずに全滅してしまった。

 一個だけ壊れるならともかく、パックが全滅するというのは明らかに製造時点での強度不足というか、耐久性不足である。

 この強度不足に呆れた私は、その10個パックが2~3個壊れた時点で、日本の100円ショップ向け商品のような物を扱っている「一伍一裕」という10元ショップで、洗濯バサミを買い直すことにした。

 日本にいた時はどんな安物で1ヶ月で壊れるようなことはなかったはずなので、日本向けの品質レベルを信じることにしたのである。

 そこで買った洗濯バサミは値段もローカルスーパーで買い求めた物とほとんど変わらず、10元前後だったような気がする。

 で、使ってみて1年以上経つが今のところ壊れたものは一個もなく、さすが日本向け輸出品質というか、たかが洗濯バサミながらも優秀な商品である。

 が、よく考えてみると恐らくこの10元ショップで買った洗濯バサミも、ローカルスーパーで売っている洗濯バサミも、恐らくどちらも中国で製造された物だと思って間違いなく、しかも売値もほとんど一緒だったと思うので、コストにも差がないのではないかという気がするのだが、品質には明らかに差が出てしまっている。

 どこでこの差が生まれてしまっているのだろうか?

 幾つかネットで調べてみても明確な回答は見つけられなかったが、購入状況を勘案して推測するに、同じ販売価格であってもコスト内訳が違うということは十分考えられるという気がする。

 ローカル製品の方がその品質から言って製造原価自体は安く抑えられ品質管理コストがかけられていないのは明らかで、それにもかかわらず販売価格に差が無いということは、その分だけ物流コストが嵩んでいるようなことは十分考えられる。

 「一伍一裕」とローカルスーパーの物流コストの差を調べてみると何か答えが見つかるかもしれないという気がする。

 たかが洗濯バサミだが、社会を考えるには面白い一つの材料だという気がしている。