Tag Archives: ATM

日本の旧態依然としたシステムへのイライラ

 今週末から日本への一時帰国を決めたので、帰国中にやるべき手続きをいろいろと整理しているが、「新天皇即位の礼」の日が祝日になっていることに気が付かず日程を決めてしまったので、日本滞在期間は休日ばかりとなってしまい、平日が少なくなってしまった。

写真はイメージ

 やろうとしている手続きについて、いろいろ調べていくと平日にしか出来ない手続きがやたら多くて、スピーディに手続き出来ないのである。
 まず将来的な転職を意識して大学の卒業証明書を取り寄せようと考えて調べてみたところ、郵送でもOKだが費用はゆうちょ銀行へ振り込めということであり、しかもネットバンキングは駄目とある。

 ATMなら土日も振込OKのようだが、残念ながらゆうちょ銀行の窓口は休日には全く動かない

 私はゆうちょ銀行のキャッシュカードは無いので、窓口か他行からの振り込みとなるが、1000円に満たない金額で、ネットバンキングも使えずATMで振り込むというのは手数料を含め結構ハードルが多い。
 いずれにしても私の現状では費用を他銀行の口座に振り替えなければ振り込めないので、現在方策を思案中であり、最悪の場合は月曜日を待ってゆうちょ銀行窓口で手続きをすることになる。
 まあ提出日の決まっている急ぎの資料ではないのだが、月曜に手続きしたのでは、まず滞在中には大学から戻ってこないので、当面実家で預かってもらうか後から郵送してもらうことになってしまう。

 大学側の事務手続きが土日は休みなのは仕方ないにしろ、曜日や地域に関係なく振り込めるネットバンキングへの対応は今時最低限マストなのではないであろうか?

 また返送にしても、返送用封筒に返信用切手を貼って申請書と同封しろという要求であり、申請についてもパスポートなどのコピーを同封して身分確認を行うといった対応になっている。
 この説明を読んで、今時こんな手続きとはと驚いた。
 いくら教育機関とはいえ、なんと前時代的な感覚の事務処理なのかと見えてしまう。

 この点、現代の中国にいる感覚では、曜日に関係なくWEBで申請し電子マネーでその場で決済し申請できるのが当たり前な状況だろう。
 (実際中国の卒業証明書が対応しているかどうか知らないが)

 また学校での申請作業要求自体もとても原始的な印象である。

 そもそも証明資料や返信用封筒の郵送などは必要ないはずで、申請書を画面上で必要事項を入力し、それをプリントアウトして自筆サインを加えた上で、資料をスキャンで読み取り、その画像を証明資料の写真画像とともに添付してアップすればそれで十分ではないかという気がする。
 もちろん原本の送料と発行手数料は、ネット上での同時決済で、切手付き返信封筒など無しで扱ってもらう。

 学校側でも発送伝票と決済伝票を同時処理する仕組みを用意しておけば、手間や発送ミスなどはなくなるだろう。

 まあそれなりに導入コストがかかることではあるかもしれないが、その後に合理化できるコストを考えれば、大した出費ではないという気がする。

 こういった日本の旧態依然とした手続きシステム制度が、実は過去30年の日本経済の停滞や賃金の抑制、さらには中国などの後発国のキャッチアップを許しているのではないだろうか?

 日本政府は電子マネーシステムの普及を推進するようなことを喧伝しているが、まずはこういった足元の教育機関の近代化から始めるべきではないだろうかと感じる。

 ちょうど私の帰国のタイミングで、日本では新天皇の即位によって新時代が始まると騒いでいるが、そんなことに騒ぐくらいなら立ち遅れている現状にもっと目を向けるべきだと感じる日本のこの実態なのである。

写真はイメージ

中国生活はATMが少なくても足りてしまう。

日本並みに便利になったと言われている上海だが、必ずしも全てが同じようなサービス水準になっていない。

 その一つが、ATMの少なさである。

 現金社会となっている日本人にとっては、なくてはならないATMの存在だが、中国ではどうも事情が違うらしい。
 2012年のGLOBAL_NOTEサイトのデータによれば、日本のATM14万1633台に対して、中国は41万5561台しかない。

 これを人口比で比較すると、日本は人口100万人あたり1100台のATMが存在するのに対して中国は300台あまりしか設置されていないことになる。
 つまり日本の1/3~1/4程度しか中国にはATMが存在しないことになる。

 まあ中国は上海のような大都市から新疆のような砂漠だらけの場所までとにかく国土が広いため単純比較は出来ないし、残念ながら都市別データが拾えなかったため大都市間の正確なデータ比較は出来ないのだが、生活実感として上海は東京よりATMが見つかりにくいと言うのは感じている。
 上海の都心部はともかく、地下鉄沿線でもちょっと郊外に外れるとATMが見当たらないのである。

上海虹橋空港のATM機

空港などには比較的ATMが多くあるが・・・

 

 この理由としてまず中国では現金にニセ札が多い為に日本程には現金が信用されていないという背景があり、中国では最高紙幣額も100元(約1730円)とに抑えられているために、それを原因とした銀聯カードというデビッドカードシステムの急速な普及がある。
 日本でもデビッドカードは一応スタートしたがそれほど浸透しておらず、一般的に日常的には使われず、日本で比較的浸透しているのはクレジットカードとチャージ式の電子マネーカードとなっている。

 この電子マネーカードはコンビニや自動販売機などかなり広い範囲には広がったが、それでもまだ生活全体をカバーしたといった印象にはなっていない。
 これに対して中国では、生活のありあらゆる場所に銀聯カードが普及し、コンビニの5元、10元の買い物でも使えるし、映画館やバス、列車のチケット購入など、ほとんどの場所で銀聯カードでの決済が出来る。

 まあ日本では独占禁止法にひっかっかるくら中国で独占的な利益を上げている銀聯カード(ユニオンペイ)ならでは普及速度とは言えるが、そのおかげでほとんど現金を必要としない生活が実現してしまっている。

 そのため現金の需要も減っており、中国ではATMをそれほど増やさなくても問題が起きず、実際に数も少ないのが現状になっている。

 これを日本より進んだ状態とみるかどうかは微妙なところだが、現金慣れした日本人にとっては時々ちょっと焦ってしまうこの環境である。
 

茨城空港で銀聯カードによる現金引き出しが可能に!

 茨城空港に関するニュースをチェックしていたら、先月7月25日に常陽銀行とセブン銀行が共同で茨城空港の旅客ターミナル内にATMを設置したというニュースを発見した。

 これは上海に住む日本人にとっては一つの朗報である。

 まあ地元のトップバンクである常陽銀行さんには悪いが、セブン銀行のATMということが朗報なのである。

 何故ならこれまで茨城空港には自動両替機はあったものの中国の銀聯カードで現金を引き出せるATMが無かったが、セブン銀行のATMならば銀聯カードが使えるので、人民元の口座から直接日本円の現金が引き出せるようになったからである。

 これまで上海から春秋航空便が飛んでいて、中国人旅行客向けにも需要があるだろうと思っていた銀聯OKなATMであるが、何故かこれまでは設置が無かったのである。

 中国現地で働いている者にとっては収入の基本は人民元であり、一時帰国の際などにはもちろんそこから渡航費など諸費用を支出するのだが、日本に着いた途端に日本円が必要になるのにも関わらずあまり多くの日本円を持ち合わせがなかったりする場合がある。

 そこで人民元ベースから両替することになるのだが、これまでは茨城空港には銀聯カードのATMがなかったために、現金を直接持ち込んで両替機などで両替する必要があったのである。

 しかし聞くところによるとこの両替機は故障がちでもありレートもよくなく、あまり利便性が高いものとは言えなかったようだ。

 しかももしうっかり人民元現金の持込みを忘れていたりすると、エライことになる。

 よって今回のこの銀聯OKのATM登場は、上海の日本人にとっては非常にありがたいニュースなのである。

 空港で人民元を口座から直接引き出せるとなれば、日本に一時帰国の際の日本円の心配は無くなるし、レートは銀行よりは遥かに良いので比較的効率よくお金が使える。

 もちろん茨城空港を経由する中国人旅行客にとっても朗報であろう。

 まあ引き出せるようになったからと言って手元のお金の総額が増えるわけじゃないが、障害が一つ減ったという印象であり、茨城空港の利便性はこのATM一つで格段に向上したという気がする。

キャッシュカードが無い?

 今日レジでカードで払おうとしたらキャッシュカードが見当たらなかった。
レジの支払い自体は100元足らずの支払いで、現金を持っていたので問題はなかったが、やはりいくら探してもカードが無い。

 あれれ?

 どうやら記憶を辿って行くとこのカードを最後に使ったのは、昨日現金を引き出した時で、どうもその時が一番怪しい。
つまりATMに忘れてきたというのが一番高い可能性として認識している。

 幸いにも現金残高はほとんどないはずだが、ものがものだけにちょっと焦っている。

 まあ被害があったとしても最大額は知れているので、それは諦めるとしても、ちょっと気分が落ち着かない。
 
明日銀行に行って手続きしようと思っている。