Tag Archives: スマートフォン

インバウンド対応を謳うのにUSB電源供給口がない日本の私鉄車両

 何やら最近、日本の大手私鉄で新たな有料特急座席指定列車が増設されるニュースが相次いでいる。

 もちろん、従来の日本人通勤客への便宜という意味もあるが、どうやらここ数年急激に増えた外国人観光客向けのアピールなど、インバウンド需要などを狙ったと謡っている会社も少なくない。

 通勤者向けというのは、これから日本の人口が少しずつ減少することによって、通勤客も目減りするという事情もあって、通勤客の囲い込みと増収策の意味で有料座席列車が増えているという状況のようだ。

 一方で、外国人向け対応として、新たに製造した新車両にWIFIAC電源の設備を設けたと得意気に謡う私鉄も少なくない。

車両説明資料より(引用元


 しかし、そもそもこれらはノートパソコンの普及した20年くらい前に対応しておかなければならない事項で、今ようやく「つけました」というのは今更感がすごくある。

 さらに、私が気になったのは、AC電源として2つ穴の日本仕様のコンセントは用意されるようになったようだが、USB電源に対して全く考慮されていないということ。

 今時、世界中のどこの空港に行っても、その国の電源供給コンセントに加えて、USB電源口を備えているところが多い。
 何故なら、世界中で電源コンセント規格がバラバラであるが、USBは基本的に世界統一規格であるからである。

上海虹橋空港の電源とUSB給電口

 しかも、たいていの観光客はノートパソコンを持ち歩いていなくとも、スマートフォンは持ち歩いており、その電源としては通常電源よりUSB給電口が便利なのである。
 もちろん観光客に変換プラグを買わせれば、AC電源からも充電は可能なのだが、短期間しか滞在しない外国人観光客にわざわざ変換プラグを買わせるような対応はかなり不親切であろうに思う。

 まさか電源設置費用を変換プラグ販売の利益で回収しようなどという魂胆でもあるまい。
 つまりこれらの私鉄の車両はインバウンド向けの対応と言いながら、車両開発者は世界の現状に目が行き届いておらず、日本の常識だけで設計してしまったようである。

 いや、外国人だけでなく、日本にだってとっくにスマートフォンが浸透していることを考えればUSB電源対応は視野に入ってしかるべきで、結局は日本人が使用する視点(持参のACプラグを使用する)でしか準備されておらず、外国人の視点に立てず井の中の蛙状態の発想で設計されたものと言われても仕方ないだろう。

 古くから存在する施設が改良されないのは仕方がないことではあるが、わざわざインバンド対応を謳って新たに準備したのに、視野が狭いおかげで中途半端になってしまったのはとても残念に思う。


 

老眼になるとスマホが億劫になる

 1年半前に老眼に気づいてメガネを替えたが、どうやら少し進行してしまったようで、物が見えづらくなり再び昨年末に眼鏡を買い替えた。
 ネットで調べた情報によると、老眼というのは45歳頃から65歳頃に向かって継続的に進行するようで、その間に眼鏡も2~3年おきに調整していかないといけないようだ。

画像はイメージ

 前回メガネを替えたのが自分ブログの記録によると2017年の7月だったようだから1年半ぶりの交換となり、平均よりやや早い交換となってしまった。
 症状の進行が早いのか、前回が軽めの矯正度数だったのか分からないが、今回改めて調整した結果、体調不良も解消したような気がする。
 ただ今回は、ネットの老眼情報と併せて考えてみると、老眼進行に合わせた調整と言うより近視か乱視の進行の調整の意味合いが強かったような感じだ。
今回手元より遠くのものの輪郭がはっきりした印象が強いからである。

 まあ、いずれにしても私の眼に老眼の症状が出ていることに変わりはなく、手元が見づらい状況が始まってしまっている。

ところで、この老眼の症状が始まってからスマホの操作自体が億劫になり始めている自分に気がついた。
 以前は、スマホ操作に億劫な意識などなかったが、老眼がはじまったころからどうもスマホでSNSやサイトを見ることがやや億劫になりつつある。

画像はイメージ

 まず細かい文字が読みづらくなった。

仕方なく一旦テキストフォントを大きくする設定にしたが、サイトページの形が崩れてしまうケースが続出したので、仕方なく元に戻したが、やはり読みづらい。

 また外出中に飛び込んでくるWECHATなどのメッセージも、スマホに眼をやってもすぐにピントが合わないので読み取りづらく、それ故に確認すること自体が煩わしくなり、結局移動中は基本的にメッセージを読まないことにした。
 そもそもWECHATは連絡手段として便利な面もあるが、管理機能が貧弱でビジネスでは使いづらいAPPでもあり、仕事ではあまり使いたくないと思っている、
故に最近では、友人以外の新たな承認申請を基本的に断っている。
こういったスマホに関連する様々な億劫さが重なった上に、先日「仕方なくファーウェイ」で書いたように、新端末ではアプリなど機能制限が激しく、ますます使いづらさを感じて少々スマホ離れ状態になっている。

  ああこうやって、ITに疎い老人が生まれていくのかなと身を持って感じている状況となっている。
 ただ裏を返せば、老眼さえ克服できれば実は歳をとってもIT離れをしないで済むという推論も成り立つのであり、視力の老化はIT技術の浸透の最大の障害として克服に取り組むべき科学の命題だという気がする。

QRコードによる地下鉄運賃支払いシステムは失敗?

数年前から、上海地下鉄ではQRコードを使った運賃のスマホ決裁システムを採用したことは、「上海地下鉄がスマホ支払いを始めた理由」でも書いたが、私の見立てではどうもうまくいっていない。

まあ失敗とまでは言えないかも知れないが、少なくとも大いなる改善の余地ありである。

何故なら朝のラッシュ時間帯において、このQRコードの読み取りの戸惑いにより、改札口において大きな渋滞が生じてしまっている現状がある。

上海地下鉄の出札口のラッシュ

つまり、スマホ上のシステム起動や、センサーの読み取り不良により列がスムーズに流れず、改札口において人が大行列をなしている光景があちらこちらで見られるからである。

大行列にならずとも出入札を手間取っているケースは日常茶飯事である。

やはり当初予想した通り、ICチップの内臓された上海公共交通カードの方が遥かに通過速度の面で優位性がある。

このQRコード決裁の最大の欠点は、スマートフォン端末側で通信を必要とするということ。

つまり、支払い用の電子マネーを管理しているデータセンターを公衆回線(4GやWIFIなど)を使って呼び出し、支払い用のQRコードをスマートフォン上に表示させる処理が必要になる。

QRコード対応の改札

上海地下鉄QRコード対応の改札

これが数人単位で処理しているうちは大した支障もないが、ターミナル駅などでラッシュ時間帯に大勢が一気に通信を行った場合、回線かデータセンターのトラフィックが増加してパンクしてしまう。

パンクまで行かなくても、処理が非常に遅くなるのであり、上述の反応不良を起こして出札口で大渋滞を起こしてしまう。

スマホ利用者の中には、動画を見たりオンラインゲームにいそしんでいる人もいるから回線トラフィックはかなりひっ迫しているだろうし、端末内部のパフォーマンスが阻害されている場合もあるだろうに思う。

こういったユーザ利用環境の中、地下鉄運賃の課金決済までスマホの通信に負荷をかける改札方式はなかなか厳しいものがあるのである。

今後の改善策としては駅構内の通信回線の強化などが考えられると思うが、QRコード読み取り型のシステムはやや無理があるような気がしており、別の方法を推奨していくべきではないかと思っている。

具体的には一部で既に使われている上海公共交通カードをスマホ内に内蔵するタイプのアプリの推進が良いのではないかと考えられるが、私も使ったことが無いのでもう少し研究を重ねるまでは公共交通カードをそのまま使うしかないかなと思っている。