Category Archives: 買い物

サントリー社製そっくりのウーロン茶ペットボトル

 先日、上海虹橋空港内の自動販売機でウーロン茶を購入しようとしたところ、どうも見慣れたパッケージとは異なる商品が並んでいることに気が付いた。

 「ん?一見サントリー(中国名:三得利)のウーロン茶そっくりだけど、どこか違う気が」

まがい物ウーロン茶

 パッケージをよく見ると、「匯源」というブランドになっている。
 
 「うわぁ、久しぶりに見たパクリものだぁ」

 上海にもウーロン茶のペットボトルは何種類も発売されているが、いずれも独特のデザインでありサントリー社製と見間違うことはないが、これは明らかに見間違って買うことを意識して作った商品である。
 まぁそれだけサントリーのウーロン茶が中国市場で絶大なシェアを誇っているということなのだろうが、それにしてもひどい。
 
 ただまあ物は試しということで、一応そのまがい物を買ってみた。
 裏を見ると、北京匯源食品飲料公司上海分公司となっており、北京の会社のようである。

まがい物ウーロン茶パッケージ

 で、実際飲んでみると、そこそこサントリー製に似せてはあるが、やや薄く切れ味がない印象である。
 決してまずいものではないが、本物とは違うようである。
 
 気になって、空港内のファミリーマートを覗いたところ、なんと!やはりまがい物が納入されていたので本物を手に入れることが出来なかった。
 で、家の近くのスーパーで探したところ、ようやく本物を見つけることが出来た。

本物のサントリーのウーロン茶

 そして飲んでみると、やはりいつものウーロン茶の味であり、まがい物がまがい物であることがはっきりした。

 実はパッケージがあまりにもそっくりなため、まさかサントリーが販売権を譲ったようなことがあるのではないかとまで疑ってみたが、ネット上で調べてもそんなニュースはなく、やはりパクリ物のようである。
 で、本物とまがい物のパッケージを見比べてみると、奇妙な発見をした。

サントリーのウーロン茶のパッケージ

 本物の方の製造会社は「匯源三得利(上海)飲料有限公司」委託となっており、中国側の正規の製造会社にも「匯源」の文字が入った会社名となっているのである。
 恐らく会社設立時の合弁相手の会社の名前を入れたのであろう。

 果たしてこの正規の「匯源三得利」と、パクリとみられる「北京匯源」に関係はあるのか、ないのか。

 普通に考えて、サントリー側があのパッケージデザインで北京匯源に上海で商売させることを許可したとは考えにくく、やはりまがい物だと思われる。

 はたして、このパクリ・ウーロン茶の正体と行方はいかに?

上海は値上げの春

 上海でも春節連休から明け、まだ徐々にではあるものの街に人が戻りつつある。
 以前は春節に田舎に帰ったきりで3週間も4週間も戻ってこないケースがあったが、現在の上海では10日~2週間程度の帰郷が平均実態なのではないかというのが体感的感想である。

 ところで、春節明けのこの時期は、中国的に言うところの歳が新しく変わったことになるので、あれこれ切り替えが行われることが多く、物の値段も上がることが多い。
 今朝、コンビニエンスストアで日本の伊藤園の麦茶500mlを買ったところ、従来の4.5元から5.0元に0.5元(約8.5円)値上げとなっていた。
 もちろん何の予告も告知もない値上げで、こそっと上がっていたのである。

伊藤園の麦茶(中国)

 何故それに気が付いたのかというと、私の朝食は毎朝大体同じ組み合わせで購入しており、毎朝支払う代金が同じだったのであるが、今日0.5元高かったので気が付いた。
 おやっと思い陳列棚を眺めたところ、値段が変わっていたのである。

 先日日本の某食品メーカーが、飲料商品の値上げを発表しそれがニュースにもなっていたが、日本の場合は10円20円値上げされるのにもニュースになる。
 ところが中国では、そんな大々的な告知など行われず、こそっと値段表や値札の書き換えが行われるのである。
 もちろん、そのメーカー企業などでは、マスコミかどこかに向かって一応発表しているのかも知れないが、販売の現場では一切お客さんへの告知はなく値上げが実行されている。

 その場で表示されている価格が全てで、取引価格に過去も未来も関係ないのである。

取り敢えず現時点で確認をした値上げに気が付いた商品はこの麦茶だけだが、これから3月に向かって、アレもコレも少しずつ値上げされていくのではないかという不安に怯えながら毎年過ごすこの春節直後の時期である。

仕方なくファーウェイ

昨年末にスマホを買い替えた。
前機種の電池の状況が思わしくなく、フル充電しても2~3時間で再充電が必要な状態になったためで、使い物にならず仕方なく替えることにした。
内臓メモリの使用率も90%を超えたので、もう限界だったというのもある。

そして選んだのは前機種に引き続きファーウェイ(HUAWEI)の機種。

国際的な政争の具になっている感のあるファーウェイの存在だが、私も特にファーウェイを好んで使っているわけでもないのだが、ほかに目ぼしい選択肢がなく結局はファーウェイになってしまう。

まずiPhoneを除けば、目ぼしい携帯メーカーが中国には残ってない。

確実に日本語表記、入力できる機種ということがわかったのがファーウェイだけだった。
価格もほどほどでコストパフォーマンスや信頼性で選んでいったところ結局今回の機種になった。
まあスペック的には価格相応ではあるが、不満も少なくない。

まず、アプリ規制が以前に使っていた機種よりかなり厳しくなっており、楽天市場アプリとか国外との通信を必要とするサードパーティーアプリはほとんど使えない。
加えてGooglePlayといったアプリ市場のアプリもインストールできず、例え回線上でVPNを経由して繋いでも、ダウンロードもインストールもできない。
結局使えるのはほとんど中国国内製のアプリだけであり、国外アプリはほとんど使えない。

交通系や旅行系、ショッピング系のアプリだけは入れたが、後は用の無いアプリは少々怖いので入れないようにしている。

こんな環境のスマートフォンの不自由な実態を考えると、アメリカ側が指摘する懸念を払しょくできるほどの証拠はファーウェイにはないなと思ってしまう。
また国の構造を考えれば中枢部の意向に一民間企業が抗えるとは思えず、現時点でいますぐに不正の証拠や指示はないとしても、確かに懸念は払しょくできないのである。

では何故ファーウェイを選択するのかと言えば、結局選択肢がないことと、日常からネット上に監視の目など張り巡らされたこの国では、ファーウェイ以外でも結局同じことであり、他を選択することに意味がないからである。

中国にいる限り、結局はどのメーカーの機種を選んでもインターネットが不自由な状態から脱することは出来ないので仕方なくファーウェイを選択するしかないということなのである。