Category Archives: 買い物

マフラー・マスクのおかげで風邪知らず?

 私は生まれつき気管支が結構弱いので、毎年冬になると結構激しい咳が続くことが多かったのだが、今年はそういったことがほとんどなくひと冬を過ごすことが出来た。
 (その代わり痛いところはアチコチにあるが)

はて、今年はこんなに咳き込むことがないのは何故かと考えてみると、マフラーとマスクのおかげなのではないかという気がしている。
 特にマフラーを四六時中巻き始めたのは今年からで、昨年まではマスクはしていてもマフラーは本当に寒い日に時々巻いていただけであった。
 それが今年は外出時にはほぼ毎回持ち歩き、暑くなって汗ばむ直前まではマフラーを巻き続けるようにしたのである。
 この結果、例年のように咳に苦しむことはほとんどなく、扁桃腺を晴らすような高熱にもならず、比較的穏やかな体調で冬を乗り超えられた。
 まあ、体が怠くなる様な体調の時は正直何度もあり、発熱直前の前身の悪寒というか痛みになることは何度かあった。
しかし、全身のあの痛みというのは体が菌と戦っている証拠だそうで、その後に高熱にならなかったというのは、体の抵抗力が外敵に勝ったということになり、その点例年より抵抗力が上がったと考えられる。

 やはり首元を冷やさないというのは風邪予防に非常に大事な要素のようで、体温を下げず、リンパ腺を冷やさず抵抗力を保つという意味では絶大な効果を発揮しているようなのである。

 更にはマスクを併用することによって、口の中の乾燥と冷気の吸い込みを防ぎ、雑菌の侵入リスクを減らせる(100%は無理だが)わけで、抵抗力アップとのダブルディフェンスで風邪予防にはかなりの実質的効果があったような気がする。

 ところで、常に巻いていたマフラーというのは、実は先日ブログに書いた日本に一時帰国した際に古着屋で購入したの件の超格安マフラーであり、まあ何の因果か巻き心地が良くて上海に戻ってもずっと首に巻き続けた結果、風邪を予防してくれたことになる。
 
 今思えばずいぶんお得な買い物であったということになり、非常に運が良かった。
まあかのマフラーは春を迎え、もともと中古である上に1シーズンをフルに使い込んだので、少々くたびれつつあるのだが、まだまだ朝晩は冷え込むので今後も大切に使っていきたいと思っている。


電子レンジでは温められない料理

一人暮らしを続けていると、結構な頻度で電子レンジのお世話になる。

買ってきたお弁当を温めたり、冷凍食品を解凍したりと一人暮らしの食生活には欠かせない必需品となっており、電子レンジなしでの食生活を想像するとゾッとする現状となっている。

しかも最近では、ゆで卵なども電子レンジで作れるツールもあるようになってきていて、使い勝手の幅が広がっており、便利さの面ではこの上なく重宝している。

画像はイメージ

しかし中国に来て以降、日々の食事の瞬間においてガス台で温めた料理と電子レンジで温めた料理には明らかに差があることも感じるとるようにもなってしまった。

その差とは料理の温度の質の差である。

よく知られているように、電子レンジはマイクロウェーブで、料理の中に含まれている水分を振動させて温度を上げている仕組みであり、それゆえ冷めた料理を温めることが出来るとされている。

しかしよく考えてみると、料理が温められたといっても、実際に温度が上がったのは料理の中の水分だけであり、料理の固体の部分は温められていないことになる。
つまり固体の部分は水分からの熱伝導を受ける必要があり、熱伝導を受けて初めて固体部分も温かいものとなって、温かい料理として成立することになる。

しかし一般的には、恐らく水分部分の温度が上昇しただけで料理が温まったことになって食事として出され、食べていることがほとんどなのではないかという気がするのである。

よって舌が火傷するほどアツアツに温めてあったとしても、どうしても料理全体としては熱不足を感じてしまうケースが多いのである。

さらに水分だけが温度上昇した結果、水分が蒸発してしまい料理がパサパサになるというのはよく聞く話ではあり、そのためか、実際電子レンジで温めたられた料理はどこか物足りなさを残す印象となる。

もちろん最近の電子レンジは技術がどんどん進歩しており、水分蒸発によるパサパサを防ぐスチーム機能付きなどの製品も登場していて、電子レンジの欠点と追われる部分をどんどん克服しつつあり、なかなか凝った料理まで出来るようになっている。

しかし、そういった高機能の電子レンジにより質が上がったアツアツ感であっても、私のように中国に住み、日常的に高火力で温められる料理を体験してしまうと、電子レンジで温めた料理の温度感はやはりどうも違うなと感じ取ってしまうのである。

実際こちらの食堂で使われる鉄の中華鍋で高火力で炒められた料理は実にアツアツであり、具材のどれを食べても熱いといった印象で、食事としての満足度はやはり段違いなのである。

画像はイメージ

それ故に、電子レンジでは本当の意味で料理がおいしく温まらないというのが最近の私の基本的な考え方となっている。

よって時間と手間が許す限りにおいては、やはり料理は電子レンジではなく、ガス台など直火を使って温めたものを食べたいと考えている。

さりとて、恐らく今後もかなりの頻度で電子レンジにお世話になることもまた間違いなく、更なるメーカーの努力に期待したいところでもあり、ユーザーとしても電子レンジの特性を把握した上で上手に使いこなしていきたいと思っている。

ネットショッピングの最大の欠点

 上海に来てから結構ネットショッピングを利用するようになったが、いつも不便に感じているのは配達待ちの時間である。

 注文したはいいが、配達される時間がなかなかわからず、それに合わせて待機しなければいけないケースがしょっちゅうだからである。

am500_an014

 私の場合は概ね勤務先を配達先に指定しているのだが、業務上の都合でなかなかひとところに安定して滞在していないケースも多く、同僚も含めかなりの割合で外出してしまうので、事務所を空にしてしまうケースも少なくない。

 とはいえ自宅を配達先に指定するともっと滞在時間が短いのでさらに受け取りは困難であり、代理受け取り業な店が同じ住宅エリアにないわけじゃないが、預かり料を取られてしまうのと取りに行くのがやはり面倒なので、結局勤務先の方がまだ確率がいいことになる。

 アマゾンあたりだと概ね配達時間を指定できるのでまだマシなのだが、最近は品揃えの面で若干不満もあり、京東など他のECサイトを利用するケースが増えた。
 しかしこれらのサイトは配達時間に確約が無いので、ネットで運送状況を確認しながらの待機調整となるのである。

 しかもネットで表示される配送状況には嘘が多いというか、ごまかしも多いのが現状であまりにアテにならない場合も多い
 一例をあげると、商品を受け取ってもいないのにデータ上では配達済みのデータ入力が勝手に行われていて、既に受け取ったことになっていたりするので発送元に抗議してもきちんと聞き受けられないようなケースが時々あるのである。

 そうかと思えば、昼12時まで申し込めば当日夜19時までに配達しますといったような商品情報を信じて注文してしまうと、輸送追跡データ上は18時ころに配達開始となっているが、19時に配達員の携帯電話に連絡すると、今日は遅いから明日にしてくれなどと言われたケースもあった。

 宣伝文句で無理なことをPRするくらいなら、確実に配達してくれる日時を表示してくれればいいと思うだが、業者間のスピード競争や社内の時間管理が厳しくどうしても、実態に合わない無理な広告や虚偽報告が横行してしまうのだろう。

 こうやって考えていくと、配達待ちのイライラをなくすには本来は実在店に買いに行くのが一番いい方法なのだが、便利になった上海とはいえ、品揃えという点ではECサイトに全く敵わず、目的にあう商品を手に入れるにはインターネットで探す方がやはり圧倒的に有利なのである。

 この中国の状況を見ていると、日本の宅配システムがいかに優秀かがよくわかるのだが、そうは言っても私は今上海にいるのでこの環境に変わってもらうしかないのである。
 こちらネットショッピングがもう一段上の物流体制に代わることを是非期待したいものである。