Category Archives: 生活のこと

日本で使えなかった中国工商銀行の銀聯ICキャッシュカード

 先日、日本に一時帰国した際にちょっと困ったことが起きた。

中国で使っている工商銀行のキャッシュカードが日本で使えなかったのである。

茨城空港に下り立った際に、空港内のセブン銀行のATMで日本円を引き出そうとしたのだが、このカードは使えませんとエラーになった。
あれ、おかしいなとおもいつつもう一度試したが結果は一緒だった。

やっぱりそうなのか?

今年の春に工商銀行のカードが破損したので交換したのだが、その際、従来の磁気帯型のキャッシュカードからICチップの埋め込まれたカードに交換となったのだが、どうやらこれがまずかったらしい。

中国工商銀行のICキャッシュカード

中国工商銀行のICキャッシュカードの裏

実は中国のICキャッシュカードは日本で使えないという噂は耳にしていた。
ただ、セブン銀行がICカード対応になったというニュースも目にしたので安心してそのままの状態で日本へ戻ったのだが、やはり使えずこういう事態に遭遇してしまったのである。

もしや対応可のATMと非対応のATMがあるのかなとその場での引き出しは諦め、まずは自宅に向かうことにした。
幸いながら自宅に戻れるだけの日本円は手元にあったので、そのまま真っすぐ自宅に戻ったが、現金が無ければ危うく立ち往生する状況であった。

で、自宅のそばのセブンイレブン内のセブン銀行ATMで再度引き出しに挑戦するものの結果は一緒だった。

困った事態である。

仕方なく、残高のほとんど残ってない日本円の銀行口座から当面必要な現金を引き出した。

日本円での収入がほとんどない自分にとっては、日本円にはなるべく手をつけたくないのであって、人民元から引き出せないのはちょっと痛手である。

で、翌日免許の更新を終えて、中国の知り合いから頼まれていた品物を買い出しに行った。

ATMは無理でもショッピングなら可能かもしれないと考えやはり銀聯カードで支払おうとしたが、やはり磁気帯がないカードは使えないとのことだった。

どうしようと悩んだところ、財布の中には中国交通銀行のキャッシュカードも入ってることを思い出した。

交通銀行のカードは下記写真のように、ICチップと磁気カードの両方がついているため、恐らく従来通り現金の引き出しやショッピングが可能だろうと推測した。

交通銀行のIC付キャッシュカード

交通銀行のIC付キャッシュカードの裏

ただ、その銀行口座は私のWECHATアカウントと紐付いていないため、普段は口座にお金を残しておらず休眠状態であり、カードが使えても残高がない状態だったのである。

そこで仕方なく、中国の同僚に協力を頼むことにした。

まず、WECHTATで中国にいる同僚に連絡を取り、WECHATの口座に残っている残高から同僚にお金を支払い、さらにその同僚に私のその交通銀行の口座に振り込んでもらったのである。

 この作業におよそ30分かかったが、無事その交通銀行の口座にお金が届き、交通銀行の銀聯カードを使い無事買い物は完了した。

 まぁ手間はかかったが、「WECHAT PAY(微信支付)」様様であり、中国の電子決済システムの力に助けられた出来事となった。

 それにしてもこれだけ海外旅行者が増えているのに汎用性のない中国工商銀行のICカードには困ったものである。
 皆様もお気をつけあれ。


上海の建物同士の間隔が狭い理由

上海の街を歩いてみるとすぐわかることだが、マンション同士の間隔というか距離感がもの凄く近く、狭い間隔で建てられていることに気が付く。

日本だと建築基準法か何かで、建物の高さに比例して、建物の同士の距離が定められているので、こういった極端に近接した建物はまず住居用では見られない。

しかし上海では結構密集して建物が建てられている。

上海の住宅密集地域

もちろん狭い敷地に沢山建物を詰め込めば、敷地面積に対して多く部屋を設置できるので開発業者が儲かるということはあるが、日本の場合は建築基準法がそれを許さないように定められているため、こういった密集した建設にはなりえない。

まあこの点で中国の建築基準法が未整備だと言ってしまえばそれまでだが、どうも社会そのものにそれを求める要求がないということが法律にも反映されないというのも理由にあるような気がする。

そもそも建築基準法が建物の間隔や高さを定める理由というのは、日照権の問題にある。

日照権とは言わずもがな「陽の当たる権利」で、1日の内に最低3時間程度は陽が当たるように周囲の建物に配慮しなければならないといった基準になっているものである。

つまり日本では陽の当たることに価値があるのであって、それが住宅所有者には確保されるべき最低限の権利だという価値観が根底に有る。

その点、実は中国というか、まあとりあえず上海ではそこが違うのでは無いかという気がする。
(他のエリアはそこまでチェックしてないのでとりあえず上海限定で)

例えば、上海は東京に比べ緯度で5度南にあり、真夏の太陽の位置は東京より高い位置に来るため、日差しはより真上に近い角度から下りて来る。

更に、夏の気温が高いため、日が当たることとは望まず逆に涼むために寧ろ日よけを望んでいる部分があり、日照権などという権利発想には思いもよらないのではないかという気もする。

冬も、上海の場合は関東のようにきれいに晴れが続くということが少ないため、日照によって暖を取るという発想がなく、以前「上海人はあまり脱がない」で書いた通り、服を着込むことと、熱い食を摂ることで暖を取っている。

故に住宅において太陽光を受けて熱を取り入れることはそれほど熱心になっていない。

つまり太陽光の存在にあまり価値をおかず、建物の間隔が狭くても気にならないので、建物を密に建てているのでは無いかという気がするのである。

実は以前に台湾に行った際にも、やはりマンションが詰められて建てられている光景を目の当たりにした。

台北の密集したマンション群

台湾は上海よりさらに緯度が南に位置するためほぼ真上の位置から太陽光が差し込む。
台湾島のちょうど中央部を北回帰線が通るため、台南・台中付近は夏至の時期は完全に真上になる。
それ故か台北の建物の間隔は上海以上に狭かったのである。

台湾くらいの緯度になると、冬でもさほど寒くないので、もはや冬場の暖を太陽光に求める需要すらないと考えられる。

さらに緯度的に南となる香港も同様に建築間隔が密であった記憶があり、日照権は住宅にとって必須ではないのだろうと思う。

香港のマンション群

故に、これらの地域では、日照権は基本的に求められず、かなり建物が密に建てられていると考えられるのである。

こういう点から考えていくと、緯度が北寄りで冬場の暖を太陽光から取る必要性のある日本、特に関東や関西程度の緯度の地域では日照権の問題が発生するが、緯度が南の暖かい地域では日照権はほとんど問題にならない整理になる。

実際、日本でも沖縄では日照権はほとんど問題になっていないが、逆に札幌など寒い地域ほど、日照権は深刻な社会問題になっているのが実態のようだ。

よって、最初の命題に戻るが、上海で建物の間隔が狭いのは日照権をほとんど必要としていないからだと考えられるのである。

ただ、一つ補足すると、上海ではこのように日照権の問題は発生しないが、眺望の問題は不動産の価値に大きく影響するようで、低所得者のマンションほど密で、高所得者向けの新しいマンションは眺望を意識して疎に建てられており、日照権以外の問題で建物の間隔が離れつつあるのが、トレンドのようである。

台風の影響で春秋航空で上海に戻され、翌日再び出発へ

前回

札幌を飛び立った後は、元々の体調不良もあってぐったり眠っていた。

札幌出発前の機内の様子

結局札幌(新千歳空港)では、外の空気さえ吸わせてもらえなかったこともあり、どんよりとした空気が流れていた。
時々目を覚まして外の景色を眺めても、既に日が暮れていて暗い空であり、爽やかな窓の景色ではなかった。

そう、もう夕方なのである。

周りでは、夕飯として食事を注文する人がたくさんいた。

春秋航空ではLCCであるため、機内食は自分で購入する形式になっている。

私も上海から飛び立った際には、事前予約でジャージャー麺を注文して食べたのだが、正直言ってあまりおいしくなかったのと、お腹の回復具合に自信がなく、トイレを控えるためにこの時間は空港に上海に着くまで我慢することにした。

また春秋航空では、飛行中は携帯電話を「機内モード」にしても使用が許されないため、音楽も聴けず退屈な時間を過ごすしかなく、寝るほかなかった。

さて中国時間の19時過ぎになってようやく機体は上海に戻った。

朝10時前に機体に乗ってから9時以上飛行機に乗りっぱなしでも、どこへも行けていないのである。
ただただ時間だけを無駄に消費した印象である。

それ故に機体を下りようやく地上に足を下した時は格別の解放感があった。
しかし、この後どう動けばいいのか、それを考えると憂鬱な到着でもあった。

この時点でいくつかの選択肢を考えており、翌日の便を探してみるか、数日先か一か月ほどの日程に全体の旅程事スライドさせてしまうなどを考えていた。
ただ、一か月後にしてしまうと当初の帰国目的の免許の更新手続きが複雑化してしまう面もあり、悩ましいところがあった
いずれにしても春秋航空側の対応案を待つほかなかった。

上海浦東国際空港の駐機場行き待合室に戻される。

駐機場からのバスが旅客ターミナルに着くと、通常の到着手続きの経路ではなく、いわゆる出発時の順序の逆ルートで戻されてゆき、イミグレでも前回同様に出国スタンプの上に取消印が押される処理となった。
このようにして、チェックインカウンターの前までに戻された時点で、係員から今回の件の処理に関する説明があった。

それによると、翌日午前11時に再び茨城空港に向けて臨時便を飛行させるとのこと。
また乗客の方は荷物を持って航空会社の用意するホテルに宿泊してくださいとのことだった。

「おおー、ラッキー。」

LCCではなかなかあり得ない厚遇な待遇にちょっと喜んだ。

翌日出発なら日本の滞在日程が短くなっても、免許更新の目的は果たせそうである。
空港から自宅まで帰れなくもなかったが往復で最低2時間かかることを考えると、体力的にありがたい航空会社のフォローである。

ただLCCの用意するホテルなので、どんな安ホテルを用意されるかは些かの不安はあったが、こちらとしては横になって寝られれば、どこでも良いという気分になっており、急いで送迎のバスに乗り込んだ。

着いたホテルは上海航空の経営する4つ星クラスのホテルであり、けっこう驚いた。
航空会社が、同様のトラブルのために要しているホテルなのだろう。

ただし、部屋の扱いは一人一部屋にしてもらえず、私も日本人の乗客との相部屋となった。

上海航空大酒店の部屋

上海航空大酒店の部屋

機内の座席ですぐそばの席にいた方で、会話した印象は普通の方であったので安心は出来たが、やはり赤の他人とのいきなりの相部屋は抵抗感がないわけではない。
しかしそんな抵抗感はあってもが、眠りたいという欲求の方が勝っており、メニューのほとんど残っていないレストランでパスタだけを腹に入れて、すぐに眠りについた。

翌朝は、7時頃目が覚め、朝食を摂りにまた同じレストランに行ったが、38元とやはり有料であった。
今回の場合は無料で泊まれただけ良しとするしかないのだろうが、食に関しては選択肢がなくやや不自由な印象だった。

さて事前の集合時間の告知もなく、突然部屋にかかってきた「下りてこい」の電話で部屋を出てチェックアウトし、ホテルを出発した。
つづく