Category Archives: 生活のこと

海外のスマホでは聴けない日本のラジコ

 私が何度も日本のラジオを好んで聞いていることは何度も書いているが、全ては自宅(場合によっては職場)のインターネットの固定回線を通してのPC(パソコン)での聴取だった。

 もちろんラジコは日本国内だけのサービスであり、海外にいるこちらとしてはVPNを通して聴いていた。

 ところが昨日は所用で外出してしまったため、放送時間に自宅へ戻ることが出来ない状況になってしまった。
 そこで、スマホで公衆回線を通してVPNに繋ぎ、ラジコに接続しようとチャレンジした。

写真はイメージ

 これまでスマホでの聴取については、通信量が嵩むという発想もあり一度試してこなかったのだが、放送時間まで間に合わないのはちょっと嫌だったので通信量に目をつぶってためしてみることにしたのである。
もちろんタイムフリーを使ってあとで聴けば何の問題もないのだが、生放送はやはりリアルタイムで聴きたいのである。

で、YAHOOでラジコのサイトを検索して、ラジコのサイトに接続してみた

すると、PCで見ていた画面とは別の画面に繋がった。

その画面の説明によるとスマホの場合はアプリをダウンロードしないと聴けないとある。

「なんだなぁ、不便だなぁ」と思いつつ、数メガのアプリをその場でダウンロードしてインストールした。

そしていよいよ再接続を試すことにした。

ところがである。
アプリを起動しようとすると、なんとアプリが位置情報の取得の許可を求めて来た。

 「ガーン!、そういうことか・・・」

 こちらは海外にいるので当然のことながら、位置情報はGPSも接続回線情報も上海になってしまっているわけで、通信はVPN回線を通そうが位置情報は日本国外になってしまう。

 つまり、サービスエリア外と判定されてしまうことになる。
 
 実際に繋ぐ前にそのことに気づいてしまったのでたぶん繋がらないだろうと思ったものの、一応位置情報の提供をOKにして繋いでみた。

が、やはり案の定つながらなかった。

「やっぱり・・・」

恐らく推測するにラジコはラジオ放送の補完的役割という基本方針があるため、日本国内でも聴取者の滞在位置によってエリア分けをしている。
従って、スマホで地域移動をしてしまえばラジオの電波が届く範囲の放送しか聴けないという設定にしてあるのだろう。
故にスマホの位置情報を利用するのであり、故に海外からはVPNを通してもスマホの位置情報を利用されて、海外と判定されてしまう。

 結局この日はスマホからの接続を諦め、帰宅後にタイムフリーの利用で聴取と相成った。

 まあこのエリア制限は、恐らく何らかの回避策があるのではないかと思うが、今回は調べきれず今後の研究課題である。


ベトナム人少女殺害の現場は私の地元

 今朝、日本の我孫子市で起きたベトナム人少女殺人事件の容疑者が逮捕された。

 どうやら、少女が通っていた学校のPTA会長本人が容疑者ということで、非常に驚きの展開となっている。

 まあ、逮捕されたとは言えまだ本人は黙秘を続けているとのことで、容疑者を迂闊に断罪することは避けたいと思うが、少女が松戸市六実の児童であり、我孫子で死体遺棄されたこと自体は事実であり、このことに現在遠く上海に住みながらも驚きを隠せない。

 何故なら我孫子は私の地元であり、あの現場は実家から自転車で行けてしまうような場所であって、車なら10分もかからず行ける身近な場所だからである。
 さらに、少女が住んでいた六実についても実は私はよく知る場所なのである。

 昨年まで両親がその近くで働いていたこともあって、私や私の両親は常に我孫子と松戸を行き来きしており、例えば刑事ドラマの言うところの土地勘のある人間を洗い出せということであれば、私の家族は完全に該当してしまっていたのである。

 さらに言えば私の父親はその松戸の職場をリタイヤ後、あの現場のそばでアルバイトをしており、現地近くをよく行き来する状況となっていたため、あの現場もよく知っているはずなのである。

 従って、まあ私の父親のことなので流石にあのような所業をする人間とは思わないものの、運が悪ければ疑いを掛けられ冤罪で逮捕されるくらいのことは十分あるような条件は整っていたのである。
 もちろん人間に100%はありえ無いし、多くの犯罪者がそうであるように家族が想像だにしなかった人間の本性が突然現れるということはゼロではないので、この事件が報道されて以後、父親のことは信じているものの心の何処かにほんの僅かだけの準備はしていた。

 そして実際今回逮捕された人物はPTA会長ということで、誰もが「まさかあの人が」と思われる人だったのであり、直前まで普通に暮らしていた地域の隣人の一人だったわけである。
 しかも聞くところによると容疑者は私と同年代であり、これまで同じ時代を生き、もし私が今も地元に居れば逮捕の直前まであの容疑者も私と同じ視線が世間から当てられていた存在なのである。

 つまり訳の分からないまったく遠い国の人の話ではなく、私と等身大の人間があのような事件を起こしたらしく、今回容疑者として逮捕されたのであり、それゆえに衝撃は大きかったのである。

何が容疑者にあのようなことをさせたのかは分からないが、あのような普通の隣人が何かの拍子で一歩間違うとあのような犯罪者と化してしまうことがこの社会ではあり得ることを改めて知らされたこの事件である。

被害者の方のご冥福を深くお祈りいたします

中国のカロリー表示は把握しにくく電卓が欠かせない

引き続きコンビニの話で恐縮だが、長年住んでいても中国の弁当のカロリー表示は非常にわかりずらい。
その第一の要因が、表示単位が日本のようにキロカロリー(kcal)ではなく、キロジュール(kj)(中国語でジュールは「焦」でkjは「千焦」)という単位を使用している点にある。

この二つの単位は互換性があり、

1Kcal=4.184kj

となるので、弁当などのカロリー表示を日本人が理解するためには表示の数字を4.184で割る必要がある。
逆に言うと、通常は日本人の感覚の4.184倍の数字で表示されているわけであり、見た瞬間はとても高カロリーな食品に見えてしまうのである。

さらに、このカロリー表示が感覚的に把握し難くなっているもう一つ要因として、総カロリー表示ではなく、単位あたりのカロリー表示となっていることが挙げられる。

どういうことかと言えば、弁当なら弁当1個分の総カロリーではなく、100gあたりXカロリー(Kj)などというように、単位当たりの表示となっており、総カロリーを知りたかったら表示されているカロリー表示に総重量をかける必要がある。
これが飲料の場合は100mlあたり何kjなどと表示されている。

この点、日本のお弁当などは一食あたりのカロリー、つまりその弁当を食べ切った場合どの程度のカロリーを摂取することになるかで表示されている。
つまりどちらかというと食べる側の立場に立って、ダイエットなど健康管理に役立つ情報として表示されているのである。

それに対して、中国側の表示はどちらかというと、その食品や飲料の質がどうであるかと言った安全情報の一部として表示されているような印象である。
これは法律規定なのか分らないが、中国特有的な表示方法という気がしており、その製品の質を同じモノサシで平等に比べるという精神が働いている。

以前も「日本人的安心感と中国人的誠意感」というタイトルで書いたが、日本はトータルでどのくらいの量や金額かという総量を重要視しているが、中国人はその質がどうかということに重点を置いているようであり、食べる側がカロリーを気にするなら自分で計算しろということのようである、

ちなみに下記の写真はコンビニで買ったサンドウィッチの製品表示であるが熱量は、1011kj、質量が115gのため、キロカロリーに直すと277Kcalという結果となる。

1011kj÷4.184×115÷100≒277.9kal

上海コンビニのサンドウィッチの成分表示

上海コンビニのサンドウィッチの成分表示

同様に下記は日系のキリンのファイアーというミルクコーヒーの表示だが、これをやはり日本風に総量計算すると187kj、440mlなので
187kj÷4.184×440÷100≒196.6kal
となる。

上海キリン・ファイヤーの成分表示

上海キリン・ファイヤーの成分表示

さらに下記はおにぎりだが、鶏肉の大型おにぎりで、同様に総量計算すると917kj、185gなので、
917kj÷4.184×185÷100≒405.5kal
となる。

上海コンビニのおにぎりの成分表示

上海コンビニのおにぎりの成分表示

このように日本的な総カロリーを知りたかったら、電卓を用意してせっせと計算しないといけないわけで、中国でダイエットをしようとする日本人には結構面倒くさい環境となっている。

こうやって考えると中国人たちはまだ割とダイエットに対する要求がそれほど高くないということもでき、それ故に総量表示の要求が高くないのかもしれない。

ところでこんなことを考えるうちに、毎回の計算が面倒になったので、自分でカロリー換算フォームを作ってみた。
まだちゃんとテストはしていないが、順調なら専用ページを作って公開する予定である。

皆さんにも よろしければご活用いただきたいのでしばしお待ちを。

[CP_CALCULATED_FIELDS id=”1″]