Category Archives: 生活のこと

「健康で文化的な最低限度の生活」というマンガ

 最近、「健康で文化的な最低限度の生活」というマンガを読んでいる。

 いわゆる自治体窓口のケースワーカー、つまり生活保護の窓口担当の女の子の奮闘を描く話となっていて、この主人公を通して社会の底辺の側面が描かれている。

 何故この漫画を読み始めたのかというと、日本国憲法の条文をそのまま引用した刺激的なタイトルに惹かれたというのと、この作者の柏木ハルコさんが実は母校の先輩ということもあり妙な親近感を覚えていたというのもある。

 柏木ハルコさんは学年的には近いので、在学時に学校内で顔を見ていた可能性もあるが、残念ながら面識はないし、ネット検索で出てくる本人らしき写真を見ても記憶には残ってはいない。
 ただ彼女の作品を読んでいると、他の漫画にはない私の母校独特の話法リズムというか、かつての雰囲気がなんとなく漂っているから親しみがわくのである。

 この「健康で文化的な最低限度の生活」以外にも柏木ハルコさんの作品は読んでいるが、彼女の作品は赤裸々な性描写が多く、一歩間違うと単なるエロ漫画家の誹りを受けてしまいかねない作風となっている。

 しかし個人的には柏木ハルコさんの作品は性を通して社会のタブーに切り込んでいるというか、一人の人間が抱えている様々な内面を切り出して、漫画として分かり易く伝えているのだと評価している。

 この「健康で文化的な最低限度の生活」という作品も、生活保護受給者というやはり社会から誹りを受けがちな底辺の人々の生活や人生を、主人公を通して一つ一つ丁寧に掘り出して描かれており、いろいろな学びを与えてくれる。

 自分も生活保護こそ受けたことは無いが、お金には常に苦労している口なので、描かれている人々の不安や苦労はよくわかり、あまり他人事ではない。
 まあ作品自体は漫画なので、恐らくそれなりに演出的バイアスがかかっていると思うが、社会の現実を知る上では良い教材と言える作品だとは思う。

 社会では生活保護の風当たりが強くなっており、受給者を批判をする人々の心理も良くわかるが、切り捨てることでは解決しない問題であり、そこをこの作品は教えてくれるので、是非皆様にも手に取ってもらいたいという気がする。


YAHOOがダメなので検索はGOOを使う

 昨年の秋から中国のインターネット規制が厳しくなって、日本のYAHOOに繋いでの検索が難しくなっている。

 具体的な理由は分からないものの、YAHOOはリアルタイム検索が可能、つまりツィッタ―などでつぶやかれた情報を拾うことが出来るので、そこがネックになって規制されたのではないかと察する。

 そもそもツイッターに繋がらないように規制している中国当局にとっては、その情報に触れられるYAHOOの検索エンジンツールは好ましくないのだろう。

 Googleもはるか以前に中国から撤退したので、日本の二大検索エンジンは両方使えなくなったことになる。
(まあYAHOOも検索エンジンはGoogle系なので厳密に言うと規制は一つだが)

 で、残るBingというマイクロソフト系の検索エンジンは今のところまだ中国でも使えるが、どうもgoogle系の検索結果に慣れた私にとっては、フィーリングがマッチしない検索結果しか出ないので使いずらいのである。

 また、MSNのニュースは産経新聞系のニュースが供給されているが、かの新聞は日本政府のヨイショ記事ばかりなので、どうにも信用が置けないので読む気が起きず、結果トータルとしてBingは使い勝手が悪いというのが私の評価になっている。

 このように私にとっては使い勝手の悪い環境になってしまった中国のネット環境であり、これまではVPNに繋ぐしか手が無い状況となってしまっていた。

 ところが、ある友人からちょっといい情報をもらった。

 日本のGooならサイトに繋がるし、検索エンジンも使えるというのだ。
 https://www.goo.ne.jp/

GOOのTOPページ

 早速試したところ、パソコンからは無論のこと、スマホ(アンドロイド)からもうまく繋がって検索も出来た。

 残念ながら速度は速いとは言えず、かなり遅いが、GooもGoogle系の検索エンジンを使っているので検索結果としては、ほぼ同様のものを得られる。

 故に当面はGooをブックマークして手段の一つとして使おうと思う。
 ただやはり遅いと言えば遅いので、VPNが使える環境の時はVPNを使って接続することには変わりは無さそうである。
 

大晦日に聴く落語

 もう2017年も残すところあと僅かで、今日とうとう大晦日を迎えた。
 上海にいると、年末年始の特別な雰囲気はなく、たまたま昨日今日が土日で明日が元日としての祝日が有るだけで、仕事納めを経て正月を迎えるという気分にはなりにくい。
 中国では春節の旧正月が正月なので、中国で1月1日は普通の祝日程度の扱いにしかならないのである。
 個人的にも家族をもたず、日本のテレビも見ない環境では盛り上がる必然性もなく、ちょっと不完全燃焼気味な年末を迎えてしまった。
 で、なんとなく気分を盛り上げようと、大晦日ネタの落語を探した。
 昔のツケが普通だった時代に、掛け取りが駆けずり回るのが大晦日で、大晦日を題材にした落語は非常に多い。
 例えばその代表格は有名な「芝浜」で、話の最後は大晦日のエピソードである。
 それ以外にも「掛け取り(万歳)」、「睨み返し」「加賀の千代」など借金取りを押し返す話もある。
 また、話の主舞台ではないが「帯久」という話も、大晦日の忙しい日に起きた事件が話の展開のきっかけとなる。
このほか「尻餅」などという艶っぽい話も有り、大晦日の風景は良く落語に描かれる。
こんな落語を聞いて、大晦日気分に浸るのが精一杯のこの年末である。