Category Archives: 生活のこと

ラジコのタイムフリーがとても便利

 中国に来てからテレビをほとんど見ない自分は、ずいぶん前から日本のラジオを、VPN回線を通して聴くことが習慣化している。

特に週末の土曜日は外出するイベントがない限り、家でラジオを聴きながら作業をしたりして過ごすのが毎週の行動パターンとなっている。

写真はイメージ

 しかし、天気の悪い日はともかく天気の良い日に家でラジオを聴いて過ごすというのはどこか勿体ない面もあり、どうも体がムズムズしてしまう日もないではない。

 ただ、毎週聴くことが習慣化してしまうと、番組を聞き逃すのもまた嫌で、好天を恨めしそうに眺めながら結局は家に閉じこもって過ごしてしまう日も少なくなかった。
 さらにイベントなどで外出せざるを得ない日も後ろ髪引かれる思いで外出していた。
 
  そんなラジオ好きの私にとって、最近とても便利な機能が登場している。

 それはラジコタイムフリー機能である。

 これを説明するには、ひょっとると「ラジコ」自体から説明しなければならないのかもしれないが、ラジコとはインターネットを通して聴取できるラジオであり、電波で流れているラジオ放送がそのままインターネット回線を通して聴けるものである。

 ただインターネットラジオとはいうものの、一応エリア制限があり、日本国内を幾つかのブロックに分け、首都圏からの接続であれば基本としては首都圏のラジオ局の放送しか聴けない。

 しかしこれには例外があり、ラジコプレミアムという月額350円(税別)の有料会員になるとエリア外のラジオも聞き放題となる。
 現在日本全国のラジオ局82局が参加しており、その気になれば北は北海道から南は沖縄まで全国のラジオ放送を聴くことができるのである。
 まぁ私の場合、ほとんどTBSラジオ一択で聴き続けているので、プレミアムには入っていないのだが、結構便利な機能である。

 そして、昨年10月から試験が始まっているのがタイムフリー機能である。

 これは、過去一週間分の放送の録音がそのまま聴けるというもので、スポーツ中継など特定番組以外は万が一放送を聞き逃しても聴取可能なものとなっている。
 それ故に、今まではライブで聴くほかなかった番組が、時間を問わず聴けるようになったのである。

 これにより昼間の番組を夜聴いたり、早朝の番組を昼過ぎに聴いたりと自由な聴き方が可能で、用事と重なって外出せざるを得ないような時でも安心して後から番組を聴くことが出来る。
 ただ、一応注意を言っておくと、同じ番組を1週間以内に何度も聞けるわけではなく、一番組につき聴取可能な時間は最大3時間までとなっており、巻き戻しての聴き直しは可能だがその分で時間カウントされてしまうので、聴き方によっては全部聴き終えないうちに時間切れとなる場合もある。
 あくまで原則は一回限りの聞き直し機能ということのようである。

 とにかく、この機能により私のラジオ番組の聴取の幅が広がり、TBS以外にも朝のJWAVEなど日本時代の聴取習慣を取り戻しつつあり、聴取時間が足りないくらいラジオな時間を過ごしている。
 


マフラー・マスクのおかげで風邪知らず?

 私は生まれつき気管支が結構弱いので、毎年冬になると結構激しい咳が続くことが多かったのだが、今年はそういったことがほとんどなくひと冬を過ごすことが出来た。
 (その代わり痛いところはアチコチにあるが)

はて、今年はこんなに咳き込むことがないのは何故かと考えてみると、マフラーとマスクのおかげなのではないかという気がしている。
 特にマフラーを四六時中巻き始めたのは今年からで、昨年まではマスクはしていてもマフラーは本当に寒い日に時々巻いていただけであった。
 それが今年は外出時にはほぼ毎回持ち歩き、暑くなって汗ばむ直前まではマフラーを巻き続けるようにしたのである。
 この結果、例年のように咳に苦しむことはほとんどなく、扁桃腺を晴らすような高熱にもならず、比較的穏やかな体調で冬を乗り超えられた。
 まあ、体が怠くなる様な体調の時は正直何度もあり、発熱直前の前身の悪寒というか痛みになることは何度かあった。
しかし、全身のあの痛みというのは体が菌と戦っている証拠だそうで、その後に高熱にならなかったというのは、体の抵抗力が外敵に勝ったということになり、その点例年より抵抗力が上がったと考えられる。

 やはり首元を冷やさないというのは風邪予防に非常に大事な要素のようで、体温を下げず、リンパ腺を冷やさず抵抗力を保つという意味では絶大な効果を発揮しているようなのである。

 更にはマスクを併用することによって、口の中の乾燥と冷気の吸い込みを防ぎ、雑菌の侵入リスクを減らせる(100%は無理だが)わけで、抵抗力アップとのダブルディフェンスで風邪予防にはかなりの実質的効果があったような気がする。

 ところで、常に巻いていたマフラーというのは、実は先日ブログに書いた日本に一時帰国した際に古着屋で購入したの件の超格安マフラーであり、まあ何の因果か巻き心地が良くて上海に戻ってもずっと首に巻き続けた結果、風邪を予防してくれたことになる。
 
 今思えばずいぶんお得な買い物であったということになり、非常に運が良かった。
まあかのマフラーは春を迎え、もともと中古である上に1シーズンをフルに使い込んだので、少々くたびれつつあるのだが、まだまだ朝晩は冷え込むので今後も大切に使っていきたいと思っている。

電子レンジでは温められない料理

一人暮らしを続けていると、結構な頻度で電子レンジのお世話になる。

買ってきたお弁当を温めたり、冷凍食品を解凍したりと一人暮らしの食生活には欠かせない必需品となっており、電子レンジなしでの食生活を想像するとゾッとする現状となっている。

しかも最近では、ゆで卵なども電子レンジで作れるツールもあるようになってきていて、使い勝手の幅が広がっており、便利さの面ではこの上なく重宝している。

画像はイメージ

しかし中国に来て以降、日々の食事の瞬間においてガス台で温めた料理と電子レンジで温めた料理には明らかに差があることも感じるとるようにもなってしまった。

その差とは料理の温度の質の差である。

よく知られているように、電子レンジはマイクロウェーブで、料理の中に含まれている水分を振動させて温度を上げている仕組みであり、それゆえ冷めた料理を温めることが出来るとされている。

しかしよく考えてみると、料理が温められたといっても、実際に温度が上がったのは料理の中の水分だけであり、料理の固体の部分は温められていないことになる。
つまり固体の部分は水分からの熱伝導を受ける必要があり、熱伝導を受けて初めて固体部分も温かいものとなって、温かい料理として成立することになる。

しかし一般的には、恐らく水分部分の温度が上昇しただけで料理が温まったことになって食事として出され、食べていることがほとんどなのではないかという気がするのである。

よって舌が火傷するほどアツアツに温めてあったとしても、どうしても料理全体としては熱不足を感じてしまうケースが多いのである。

さらに水分だけが温度上昇した結果、水分が蒸発してしまい料理がパサパサになるというのはよく聞く話ではあり、そのためか、実際電子レンジで温めたられた料理はどこか物足りなさを残す印象となる。

もちろん最近の電子レンジは技術がどんどん進歩しており、水分蒸発によるパサパサを防ぐスチーム機能付きなどの製品も登場していて、電子レンジの欠点と追われる部分をどんどん克服しつつあり、なかなか凝った料理まで出来るようになっている。

しかし、そういった高機能の電子レンジにより質が上がったアツアツ感であっても、私のように中国に住み、日常的に高火力で温められる料理を体験してしまうと、電子レンジで温めた料理の温度感はやはりどうも違うなと感じ取ってしまうのである。

実際こちらの食堂で使われる鉄の中華鍋で高火力で炒められた料理は実にアツアツであり、具材のどれを食べても熱いといった印象で、食事としての満足度はやはり段違いなのである。

画像はイメージ

それ故に、電子レンジでは本当の意味で料理がおいしく温まらないというのが最近の私の基本的な考え方となっている。

よって時間と手間が許す限りにおいては、やはり料理は電子レンジではなく、ガス台など直火を使って温めたものを食べたいと考えている。

さりとて、恐らく今後もかなりの頻度で電子レンジにお世話になることもまた間違いなく、更なるメーカーの努力に期待したいところでもあり、ユーザーとしても電子レンジの特性を把握した上で上手に使いこなしていきたいと思っている。