毎朝が脱水症状との闘い

 以前書いたように、野草酵素の効果もあって現在順調に体重が落ちており、年初からの目標体重に先日達することが出来た。

 ダイエット効果の具体的状況については、現在の新目標が達成できたときに改めて書こうとは思うが、残念ながらその体重減の副作用というか、体調に少し影響が出ている。

 どのような影響かと言えば、毎朝脱水症状気味になっていることである。

 体重を気にし始めた頃から、最近は毎朝毎晩体重を測っているのだが、晩と朝では体重が1キロくらい違うことに気が付いた。
 つまり人間の身体は寝起きが一番体重の軽いタイミングということになる。
 (正確に言えば朝のお通じの直後だが)

 何故寝起きが一番軽いかというと、寝ている間に汗を書くからであり、以前スポーツ飲料のCMでもやっていたが、人間は睡眠平均500ml、多い時には1Lの汗をかくとのこと。

 つまりこの分だけまるまる体重が落ちることになる。

 また寝しなや寝起き直後の排尿の量もばかにならず、ペットボトル1本分近く、つまり500mlほどの水分は余裕で排出されるようだ。

 これ故に就寝前と比べ1キロ程度体重が落ちることになる。

 このように就寝前に比べ体重が減っているということは、その分だけ水分が身体から失われた状態で朝を迎えているということになり、身体は結構カラカラの状態であるということになり、脱水症状の危機を迎えていることになる。

カラカラ

画像はイメージ

 人間の身体は5%水分が失われると脱水症状が出るとされ、人間の体重の60%が水分であることから考えると、例えば80㎏体重ならば5%の水分というとたった2.4Lで危険になるわけで、そういった数値から見れば、就寝中に1Lの水が身体から抜け出るというのは結構な割合となる。

 特に私は現在酵素の影響で排尿量が増えており、さらに水分排出量は多いはずで、普段より体内の水分量が少ない状態になっている。

 よって脱水状態に近づいているような反応を毎朝体験している。

 その代表格として実は毎朝やたら足がつりやすい状態に陥っている。

 ふくらはぎはもちろんのこと、足の甲の部分や脛(スネ)までつる。
 スネがつるというのはこの年になって初めて経験した痛みで、脛がつってしまうと痛みからの脱出方法が先ずわからず苦労する。

 痛みを乗り切った後に水を飲むと、血流にスムーズさが戻るのか、身体はかなり楽になるのが、油断して水分を控え目に摂取した状態で朝を迎えてしまうと、痛い目にあう。

 もっとも「つり」の原因は水分量にだけあるのではなく、足を就寝中に冷やさないことが大事で、布団から足が出てふくらはぎが冷えてしまったような状態の時につりやすい。

 逆にこの部分をサポーターなどでケアしておくとつり防止にもなることがわかり、防寒用のタイツ(ヒートテックの股引)をパジャマ代わりにして寝ている。

 これでふくらはぎだけが冷えてしまうことは避けられるようになったが、やはり水分不足になると、足がつりかけてピリピリしているのがわかり、なるべく水分不足にならないように枕元にペットボトルを置いて小まめに水を飲んでいる。

 このほか、恐らく血流がドロドロであろうという雰囲気で、体中が固くなっているのが分かる。
 やはりこれも水分を取ることで身体を起こしていくが、目が覚めてから歩いて動けるまで結構時間がかかるのである。

 とにかく、トイレを恐れて水分を控えるのが一番よろしくない状態の様で、無理のない範囲でがぶがぶ水を飲んでいるのが現在のダイエット途中経過である。

アマゾンが中国から撤退に追いこまれた理由。

 先月、流通大手のアマゾンが中国市場からの撤退を表明し、7月にも業務を停止することになったと報道された。
 
 中国の事業はローカル企業に引き継がれるようだが、世界で隆盛を誇っているアマゾンのブランドは中国国内からは消えてしまうようだ。
 一時は中国国内でトップシェアのネット通販であったアマゾンだが、後発の中国ローカル企業にシェアをどんどん奪われ淘汰され、結局は撤退をせざるを得ない状況に追い込まれた。

 このように中国では競争に負けてしまったアマゾンだが、中国以外のアメリカや日本では今でもトップシェアであり、その企業が中国だけ撤退する状況に追い込まれてしまうというのはちょっと不可解な印象もある。

アマゾン中国のスマホサイト

アマゾン中国のスマホサイト

 果たしてアマゾンはどうして中国から撤退すべき状況となってしまったのか?

 外部からは中国的商慣習の壁という意見も聞かれるが、そもそもトップシェアにあったことを考えれば、原因はそこではなく後発的な要因である。
 
 つまり中国ならでは特殊な市場環境の変化があり、アマゾンはそこへの対応が遅れてしまったことが競争に敗れる原因があったと分析している。

 その市場環境の変化とは中国の急速な電子マネー・電子決済の浸透ということがキーワードとなる。

 中国では、アリペイ(支付宝)WECHT PAY(微信支付)というQRコードを使用した電子決済が2014~5年頃から急激に浸透した。

 この結果、ユーザーはスマホから商品を選んで、そのまま電子決済で支払いを済ますというスタイルがあっという間に定着した。

 従来からの「着払い」による現金決済だの銀行決済などの方法も選択できなくはないが、恐らくユーザーのほとんどが電子マネー決済に移行したのであろう。

 それに対してアマゾンでは、ネットバンク決済はあった気がするが、多くが着払いの現金払いやキャッシュカードによるデビッド決済であり、受け取り時にお金を用意したりと、やや手間がかかる受け渡し方法の状況がそのまま続いた。

 ネットバンク決済とて、銀行サイトに移動して検証コードを入力したりと結構手間がかかり、電子マネー決済に比べると雲泥の差で面倒くさい状況だった。

 このような決済の手間が圧倒的に違ってしまえば、価格やサービスにはほとんど差が無い訳であるから、シェアが移行してしまうのは必然だった。

 さらに、先行する天猫商城(タオバオ)に、京東商城が急追したのも天猫が自グループのアリペイしか利用できないのに対してSNSと結びついた微信支付も利用できる強みがあったからだと推測している。

 わざわざ支払いの為にだけで起動する支払宝アプリより、通信や投稿のために始終起動されていてメニュー選択するだけで支払い可能な微信アプリのほうがやはり使い勝手が良いく、それ故に京東が伸びたのだと察する。

 よってこれらの天猫や京東、その他ローカルネットモールの隆盛によりアマゾンは淘汰されてしまったということになる。

 逆に対応が遅れた「1号店」などのネットモールは伸び悩んでしまった。

 実際、私自身の利用傾向も主選択は京東商城になってしまい、目的の商品が見つからない様な場合に限り、次にタオバオ、そして最後にアマゾンも覗いてみようかという程度になり、ここ数年は実際に購入することはなくなったのである。
 
 つまり、電子決済への対応の遅れが、アマゾンが淘汰された主要因ではないかというのが私の推測である。

 では何故アマゾンは電子決済への対応が出来なかったのか?
 
 実際の中身を知らないので勝手な推測になってしまうが、恐らくアマゾンサイトというのは、世界中で共通のプラットフォームを使って表示言語だけを変えた構造なのではないかと想像する。

 故に、そこに電子決済のシステムを組み込むとなると、膨大な開発費が必要になる上に、全世界的な変更が必要で、それ故に対応が遅れてしまったのではないかと思われる。
 店舗ごとに見ていけば、電子マネー決済に対応している店舗もないわけではないようだが、アマゾン全体としての共通仕様にはなっていない。

 そもそもアマゾンはクレジットカード決済などでも、店舗ごとの対応であり、サイト統一仕様として組み込まれているわけではなく、決裁に関してはスマートさに欠ける面があるECサイトだったというのが私の見解であった。

 それ故に電子決済化の波に対応しきれず不便だとユーザーに判断されたと思われる。
 
 このように決済方法とECサイト(ネットショップ)のシェアには密接な関係があると言え、この中国の前例を踏まえていくと、今後日本やアメリカで電子マネー決済が主流になった場合、より簡易的な決済手段が可能なショッピングモールがシェアを伸ばすということが十分に考えられる。

 もし、そこで再びアマゾンの対応が遅れれば、中国以外でもシェアが凋落していく可能性が十分ありうると言える。

 逆に、今はまだ訪日観光客のお土産用決済手段でしかない中国発の支付宝や微信支付も、日本やアメリカの電子マネーツールとして浸透すれば、それとともに進出してくるネットモールにシェアを席巻されないとは限らないのである。

 どうやら今後は電子マネーを制覇する企業が流通を制する時代になりつつあり、少なくともその意味でアマゾンは中国で敗れてしまったということになる。

日本のネット購入品を中国に転送してくれるサービス

 以前「酵素効果?2か月で5キロ痩せた。」や「醗酵黒にんにく香醋で倦怠感脱出の効果」で書いたように日本からのサプリメントを時々取りよせて飲んでいる。

 特に当初の黒ニンニク香酢はとても助かっていて、とんでもなかった疲労感が軽減し何とか毎日普通に過ごせるようになった。
 この日本からサプリを購入する際に利用させていただいているのが、下記の転送サービス業者である。

tenso.com

 ネットショップによっては直接の海外発送を取り扱っているところも無いわけではないのだが数は多くなく、大抵は国内発送限定であるため、こういった中継サイトの存在はとても助かる。

 やり方としては、まず日本国内の大手ECサイトなどにおいて自分で商品を購入し、業者指定の住所へとどけてもらう。
 その後、この転送業者に送料と取り扱い手数料を払って、発送してもらう。
 数日後に中国の住所で受け取れる。

 配送日数としては、商品買い付け時の配達日数と、日本から中国への発送方法に応じた配達日数がかかり、早くても注文から受け取りまでは1週間程度かかるといったところであろうか?

航空機積込風景

 また最初の登録時点で住所確認やら何やらがあり、それを経て初めて日本での中継住所が発行されるので、思い立ってすぐにサービスが受けられるわけではなく、サービス開始まで数日はかかる。

 気になるのは費用だが、これは重量と発送方法に応じて決まってくるので、袋詰めのサプリ程度の品物を、EMSを使って発送すると1600円ほどかかる。
(小包便だともう少し安いが時間がかかる)
 またこのサイトでは複数のECサイトで購入した商品を1梱包にまと送ってもらうことも可能で、この場合は扱い1階に200円プラス追加個数に応じて300円ずつかかるが、個別に送ってもらうよりは安上がりとなる。(但し作業日数が数日かかる)

 これらの費用はペイパル登録があれば人民元口座からも支払える、

 まあ私はサプリのような軽いものしか取り寄せたことが無いので、送料はこの程度で済んでいるが、書籍とかもっと重いものを取り寄せると重量に応じて送料と取り扱い手数料がかかってくる。
 また送られる品物については、受取国側の法律が適用されるため、禁制品などは当然税関で止められてしまうことはもとより、品物については関税がかかってくる場合がある。

 特に薬品や食品類などは線引きが微妙なので気を付けたほうが良いだろう。
 (禁止生産地に指定されている場所の製品は持ち込めない)

また転送処理以外の部分については基本的に依頼主の責任範囲になるので、ショップへの代金支払いや、輸入時の関税手続きなどが発生した場合は個人で行う必要がある。

 また、サプリメントのような製品では品質トラブルのようなことが起きることは少ないと思うが、通信販売は商品上のトラブルが発生することもあり得る上に、海外転送の場合は返品処理はかなり難しいのでそのあたりのトラブルになりやすい商品や高額商品の転送は避けたほうが良いだろう。 

 こういった注意点を押さえれば、なかなか便利なサービスであり、現在ちょくちょく利用させてもらっている。