寧海Ninghai~日本人にとっての癒しの空間 その1

コロナが始まって実質上の国境閉鎖となって約半年が過ぎた。 そもそもこれまでも1年に1回帰るかどうかの程度だったので、それほど特別長い時間閉じ込められているという感覚もないのだが、親の体調への心配もあって、やや長い間動けて Continue Reading →

電子マネー時代のタクシーは警戒いらず?

 先日タクシーに乗って気づいたことがあった。  数年前まではどのタクシーにもあった運転席のガード板がほとんどないのである。  以前はどうなっていたかというと、運転席を取り囲むようにガッチガチのアクリルボードに置かれ、例え Continue Reading →

季節外れの重陽節

 先日の「9月9日」はちょうようせつと呼ばれ、桃の節句(3月3日)、端午の節句(5月5日)、七夕(7月7日)に続く、奇数が重なる日付として。節句となっている。  この節句も例にもれず、新暦(太陽暦)施行によって、意味のな Continue Reading →

国民を把握できない日本政府。

日本世府は国民が把握できていない。 コロナ対策として、日本政府が日本国民に向けて配布した国民一人当たり10万円の給付率が全世帯の99%に達したとの報道が、一週間前ほど前にあった。  しかし、この報道には些か誤解がある。 Continue Reading →

早期教育の影響?日本語の受身が弱くなっている?!

 先日あるスポーツ関連のニュースを読んでいた時の事にちょっと違和感を覚えたことがあった。  記事で書こうとしている内容とタイトルの視点が食い違っており、動作主体が逆になって書かれていたのである。  本来はAという選手を評 Continue Reading →