「アジアのこの街で」

先日、知り合いからWECHAT上で「この曲を知っていますか?」と動画が送られてきた。
動画は日本物の雑貨屋の中の風景で撮られたもので、その店内で流れているBGMの曲名を知りたいというのである。

私がWECHAT上でよく音楽の共有リンクを張っているので音楽好きを見込んで質問してきたようである。

早速その動画を再生してみるが音が小さく途切れ途切れにしか聴こえない。
途切れ途切れながらに聴こえてくるメロディは、知っていると言えるほどの認識はなかったが、全く知らないほど違和感のある曲でもなかった。
まあ、その知り合いに対しては知らないと言ってしまうのは簡単だったが、そこは元音響家のプライドが許さなかったので、出来るだけ努力してみることにした。

で、メロディから追うのは無理なので、歌詞を拾ってみることにした。
まず「毎日さびしい」という歌詞が聴こえてきたので、これで検索をかけてみるが、どうも変な詩のようなサイトばかりかかってしまう。
次に「微笑みを忘れない」という歌詞が聴こえたので、これも検索したが、まあありがちな歌詞であり、ZARDの曲が引っかかってしまった。
うーんもっと特徴的な歌詞はないものかと聴き進めていくと「生まれた国の言葉を聞かせておくれ」という歌詞が聴こえてきた。
「おお、これはとても特徴的だ!」と思い、早速検索する。

すると「アジアのこの街で」という上々颱風(シャンシャンタイフーン)というアーティストの曲が引っかかった。
すぐに動画サイトで探して確認してみると、ビンゴである。

調べてみると、ジブリの高畑勲監督のアニメ映画「平成狸合戦ぽんぽこ」で使われた曲のようである。
この曲自体の印象はそれほどなかったが、この映画は確かに見たことがある。
言われてみれば映画のCMで流れていたような気もする。

すぐに中国側の音楽サイトで曲を探し、そのリンクと、歌詞サイトの画面コピーを付けて問い合わせてきた知り合いに送ったところ、大喜びの反応が帰ってきた。

そして私自身もじっくりこの曲を聴いてみた。

アジアのこの街で」とタイトルが付いているが、映画の内容や「東の果ての海の小さな国」という歌詞からおおよそ日本東京を意識した歌なのだろうなと察しがつく。

しかし、そうははっきり書かれてないし、アジアンチックなメロディから言えば今自分のいる上海やあるいは南国チックな沖縄台湾のイメージにも重なり何だかジーンとくる。

上々颱風というユニット名も、昔のドラマタイトル「上海タイフーン」にも似て、上海のイメージもダブらせているんだろうなという印象もある。

この曲に自分の気持ちを委ねていくと、ああ自分はアジアにいるんだな、上海にいるんだなと妙に立ち位置を確認したというか、納得させられた。

「季節をつげるツバメのように」という歌詞が、外国からこの地にやってきた私自身にも重なるような印象で、外国人としてここいる自分の存在が浮かび上がるような印象なのである。

近年すっかり、近代化された上海の街ではあるが、れっきとしたアジアの街であり、おそらく慣れすぎた自分には気が付かないオリエンタル感が、例えば欧米などからやってきた人などからは感じられる部分はまだ沢山残っているはずである。

そういった雰囲気の中にいる自分が今どういった存在なのか、忘れていた意味をこの曲によって知ったような気がするのである。

ところで、来年オリンピックの開かれる東京という街が、どういう匂いなのかを少し考えてみたが、この曲から感じられる匂いとはあまり重ならない印象ではある。
私が東京に馴染みすぎているから客観的に見る状態にないのか、東京があまり匂いのない街になってしまったのか、それはわからないが「遠いアジアの街で」という曲に描かれるような異国感があるようには、少なくとも私には感じられない。

例えば中国から日本に行った中国人留学生が異国感を感じて東京で過ごしているのかどうかはわからないが、今の東京にはそんなに強い匂いは無い気がする。

なぜこんなことを書いたのかというと、この曲で感じるような感情を、来年東京を訪れた外国人が抱くのかどうかを考えたからである。

まあ世界中で生活様式が平準化しつつあるので、その国独特の匂いというものは徐々に薄まるのが世界の趨勢なのかもしれないが、「遠いアジアのこの街で」という歌詞が心の琴線に触れるような情緒だけはいつまでも残っていてほしいものである。

JR東〇本の詐欺的行為

日本のニュースで山手線が線路切替工事に伴い、大規模に区間運休になっているということを耳にした。
件の「高輪ゲートウェイ駅」の新設に伴う工事だという。

あの駅名については、いろいろ論議を呼んでおり、長ったらしいとか、カタカナ名は古臭いなどいろいろ評価がある。

私も、あんまりいい名前ではないと感じている一人ではあるが、今回の駅名決定において一番不満を感じているのは、駅名決定のプロセスやその背景の姿勢である。
かの新駅は、駅名決定にあたりインターネット上で公募が行われ、その中から選ばれることになっていた。

一応選考要項には必ずしも最も人気のあった名前から選ばれるわけではないという断り書きがあり、過去にも東海道新幹線の列車愛称募集において、1位ではなかった「ひかり」が選ばれたこともあったため、投票1位が必須ではないことはある程度理解されていたとは思う。

 しかしである。

 実際に決まったのは「高輪ゲートウェイ」という駅名で投票数たった36名順位130位という遥かに下位の名前である。
 実はこの駅周辺で行われている再開発企画が「グローバルゲートウェイ品川」と名付けられており、JR東〇本が社運をかけたプロジェクトとして投資が行われていて、それと周辺地名の高輪を組み合わせた名前と説明されている。

この状況を見る限り、駅名公募選定は実は出来レースであったのではないかという疑惑が持ち上がってくる。

つまり公募企画で募集したようなフリをしながら、予め決まっていた自社プロジェクトの名前が入った駅名に決定したという疑惑がある。

 そもそもあんなプロジェクト名を織り込んだ駅名に決定するのであれば公募企画などせず、JR東〇本が勝手に自社権限で命名すればよかったのであるが、わざわざ大々的に公募という手法がとられたのである。

 何故にそんな遠回りをする必要があるのかを推測すれば、公募企画によって社会の耳目を集め知名度をあげるとともに、その知名度によって不動産評価額のつり上げを狙ったのではないかという疑惑が出てくる。
つまり公募に応募した一般人が価格つり上げのための注目度を上げる詐欺企画の片棒を担がされたような状況になっている。

 そう考えなければ、駅名としてセンスのないあの不合理な名前が公募結果から選ばれることは考え難く、公募企画に応募した人はみなJR東〇本に騙されたと考えるのが妥当ではないだろうか?
投票のあった36票というのは、おそらく一応応募があったという実績をつくるためにプロジェクト関係者が応募したのではないかと察する。

併せて、今回の工事による山手線の工事運休という手法にも疑念が湧く。
かなり穿った見方になるが、山手線という東京の大動脈をわざわざ大規模に止めることによって、その原因となる「高輪ゲートウェイ駅」の存在が印象づけさせられている疑いがあるのである。

つまり印象づけのために、日中の運休というわざわざ利用者に迷惑がかかる方法が選択されたのではないかという疑いである。

これまでも鉄道の線路切り替えなどの工事は度々行われてきたが、たいていは深夜の終電が終わった後の夜間に行われ、せいぜい始発電車と終電を多少調節する程度で工事が終わる。
記憶に新しいところでは、小田急線の下北沢駅付近の地下化や東横線の渋谷駅乗り入れ部分の地下化などが行われた際に、大規模にルートの切り替え工事が行われたが、日中の利用客の足にほとんど迷惑をかけることなく深夜に終わっている。
故に今回の山手線と京浜東北線においてもそこまで切り替え工事に時間がかかるのかと疑問が湧く。

しかし実際の切り替え工事は、日中に大規模な1日がかりの運行休止を伴う形で工事が行われた(ことになっている)。

そして、この工事運休についてテレビやラジオ報道で度々情報がアナウンスされ、そのたびに「高輪ゲートウェイ駅」設置が理由である旨が伝えられていた。
これにより恐らく大変な宣伝効果が得られたはずであり、これをスポットCMに換算すれば莫大な金額になるであろう。

つまり公共交通機関の運行休止という「報道」のスタイルを借りたために、ほぼすべて無料で宣伝されたことになっている。
結果として「高輪ゲートウェイ駅」の認知度もさらに上がり、恐らく「品川グローバルゲートウェイプロジェクト」の知名度も上がって販売価格や量の押し上げに一役買うことになったのだろうと察する。

 要するにJR東〇本が、こっそりやる夜間工事ではなく、日中の一般利用客にわざわざ迷惑をかけることによって新駅の存在を印象づけさせ、更にマスメディアを引っ張り出し、自社の利益のための宣伝を報道という手段を使ったという図式が浮かび上がるのである。
 先の駅名公募もやはり報道というスタイルでマスメディアの力を無料で利用し、応募を検討した人にも宣伝していたのであり図式は同じである。

これらの公共交通機関という立場を十分に利用して不動産価格上昇に結びつけようしていたと察せられる手法は、あまりにもあまりにもアコギな手法ではないのだろうか?

市民やマスコミに迷惑をかけてまでニュースを利用した情報の流布行為は詐欺的手法だと言わざるを得ないのである。
先週の山手線の運休報道を見るにつけ、JR東〇本の会社としての姿勢を疑わざるを得なかったのである。

ローカル病院で久々の人間ドック

 ここしばらくわき腹に妙な痛みがあり、先週それが前腹に回ってきて苦しいような状況もあったので、健康状態に不安が生まれてきた。
 わき腹の痛みのうちは、筋肉系の痛みかなと思っていたが、それが前に広がってきたとなると、単に筋肉の痛みでは済まされまい。
 腹膜などに何らかの影響を及ぼしていると考えるべきである。

 まあ胃腸などの消化器系の直接の痛みではないのは明らかなのだが、腸とて大腸あたりが万全ではないので、影響がないとは言えない。
 今日は頭痛も結構厳しい状態にあった。

画像はイメージ

 症状をもとにネットの情報などを総合してみると肝炎などが疑われるのではないか感じた。
 こうなると素人診断では手に負えないレベルなので、仕方なく医療機関にかかることにした。

 ただ、今は海外旅行保険に加入していない状態なので、うかつに日系病院にかかると多大な額を請求されてしまう可能性があり、それを避けるためにまず友人の中国人がやっているローカル系の病院の人間ドックを利用することにした。

 表向き価格が3500元のところ、なんと700元である。

 たぶん日系病院の初診費よりやすい。

 病院は手広くやっている中国系の大手の民営病院で、受診したこともある病院なのでそんなに心配はないという気がしている。

検査項目は一通りチェックしたが、概ね必要項目カバーされている印象で、異常があればその時はそこを日本に帰国して調べてもらうなりすればいいと思っている。
一つ心配があるとすれば、病院というのは一つ病気を見つけると、そこをネタに診療費で稼ごうという意識があるので、それに乗らないということである。

 とにかく、この痛みや不安を抱えたままだと仕事やその他いろいろについてじっくり考える気も失せるので、原因や対処法をはっきりさせて前に進む気力を取り戻したいのである。

 ただ万が一悪い結果が出ても、そん時はそん時で仕方ないなという覚悟も出来ており、とにかく一つ一つをはっきりさせないといけないなという気持ちになっている、 

 とりあえず人間ドックを受けてみることにしたのである。

日本の変化にまごつく

 先月1年半ぶりに一時帰国をした。
 町の様子にはそれほど大きな変化がないような印象だったが、細かい点では色々と変化を感じた。
 一番の変化を感じたのは電子決済のインフラ浸透である。

 ユーザーの利用率が高いかどうかはわからないが、今回の消費税率引き上げに伴うポイント還元政策により、コンビニやドラッグストアの大手チェーンなどでは、電子決済の環境が整えられた状態になっていた。

 帰国中に私が立ち寄ったのは、セブンイレブン、TSUTAYA、松屋、マツモトキヨシ、コメダ珈琲など大手チェーンばかりだったが、いずれの店でもクレジットカードやデビットカードを含めて、キャッシュレス決済が可能になっていた。

 その中でも交通系カード(スイカなど)が自動販売機を含めて、一番幅広そうだ。
 それにしても日本は対応キャッシュレスサービスの種類が物凄く多い。

地元のセブンイレブンの決済方法表示

地元のセブンイレブンの決済方法表示

 中国でもキャッシュレスツールは探せばたくさんあるのだが、実際動いているのは微信支付支付宝の2つがほとんどである。
 (日本でも微信支付と支付宝が使える店が増えたが、基本的に外国人(中国人以外)は使えないようで、昨年香港で払えなかった経験がある、)

 こういった環境の変化に1年半ぶりの海外帰りの私はややまごついた出来事があった。

 松屋の自販機で食券を買おうとしたときに、現金で払おうと思い1000円札を挿入したら戻ってきてしまったことがあった。
 あれと思い、もう一度試したがやはりだめだった。

 理由はよくわからなかったが、その瞬間に電子マネーでお支払いくださいと券売機が音声を発したような気がした。
 「もしかして現金は駄目なのか」と感じ、慌てて財布の中のsuicaで払おうとするが、今度は残高不足とされてしまった。
 この状況に結構焦ってしまった。

 後ろに人が並んで待っていたというのもあったが、ちょっとパニック気味になったのである。
 今の自分は日本で牛丼の食券すらスマートに買えない状況なのかと感じ、日本社会の中で適応できていない状態に自信喪失気味にもなった。
 ほんのささやかな問題であったし、久しぶりの日本なんだから仕方ないのかもしれず、慣れれば済むはずの問題ではあるが、何となく歳をとったことを実感したというか、自分が社会の中で「年配のおじさんが現代社会にまごついている図」の典型になっていることを理解し、そのことに落ち込んだ。

 まあ、そのときは順番を後ろの人に譲り、結局すぐそばの駅まで急いで行って、suicaにお金をチャージし直して、お店に戻った。
 そして無事に食券を買うことが出来た。

 このチャージとて、もう少し別の場所でスマートにできるんではないかとも考えたが、日本社会にもう少し慣れないと難しい課題だった。

 で、ようやく食事にありつけるかなと思いきや、松屋における食券の扱いを忘れていて、確かテーブルに出して置けばいいんじゃなかったかと昔の記憶を頼りに、席について食券をテーブルに置き待っていた。

 すると入口の方で、店員に向かって「食券を取り忘れていた方がいたみたいなんですけど」と言っているお客の女性がいた。

 どうやら、その犯人は私だった。

 温泉卵がついた牛丼を券売機で注文したのだが、食券が2枚出てくるとは思わず、2枚目を取り忘れたようなのである。
 店員が取り忘れた人いますが?と声をかけてきた。

 店員をよく見ると、東南アジア系の若者で、中韓とかではない名前のカタカナの名前が名札に書かれていた。

 まあその状況に驚いたわけじゃないが、思わず中国語で「是我的(私のです)」と言いかけた自分がいた。

 おっとここは日本だと思い日本語で言い直そうとしたが、ぱっと言葉が出てこない。
 ようやく「私です」という言葉が出てきたが、どうもモゴモゴしてしまったのである。
 食券購入の時点からどうも気後れしてしまっている自分がいた。

 で、注文の品が出て来て食べ始めた。
 食べ始めながら、この「まごつき感」は日本のブランクが長いせいであろうか、それとも自分が歳をとったからであろうかと考えてしまった。
 近い将来に、もし日本に帰国した際に適応できるのか心配が湧いてきてしまったのである。

 まあ歳を取ったのだと開き直る事もできるが、そこまで自ら老け込みたくないと思う自分もいる。
 上海での生活なら外国人であるという自覚のもと、初めて行った場所での多少のまごつき感でもそれほど気にならないが、今回の日本での自分のまごつき様はやはりちょっとショックだった。

 むしろ、自分の両親の方が年老いながらもそのまま社会に適応している印象である。
 まあショックであろうとも、今後日本に帰ったら適応しなければならなのだが、日本社会の中だと、ますます老けを意識させられそうで、自分の将来についての選択を考え込んでしまっている自分が今いる。

関西に中国人群がどんどんやってくる!?

 誤解して欲しくないが、「軍」ではなく、「群」である。

 どういうことかと言えば、航空情報サイトをチェックして分かったのだが、中国から関西国際空港への発着便が、10月末からぐんと増えたのである。
 現在日本の国際関係においては、日韓関係の悪化で韓国からの旅行客が激減し、日韓の航空便が相次いて休止に追い込まれているようだが、その隙を狙ってかどうか知らないが、中国の航空会社の乗り入れがやたら増えた。

 関空、静岡、成田、茨城とこの冬ダイヤシーズンからいずれも中国便が増便となっている。

 その中でも関西国際空港と富士山静岡空港への就航ぶりは凄い。
 まず関西国際空港には海南航空が北京から週4便、甘粛省の蘭州から江蘇省連雲港経由で週2便、深圳航空が南昌から週4便、中国東方航空が同じく南昌から週2便、吉祥航空が武漢から週7便、常州から週3便、ハルビンから週7便、温州から4便が就航する。
 合計週33便、1日平均5便弱が増えることになる。
 大体180人クラスの機体だから毎日900人ほどの乗客がやってくる。

東方航空機

 さらに富士山静岡空港も中国東方航空の杭州から週2便が週7便に、南昌から週2便、11/10から連雲港から週4便、11/25から奥凱航空の杭州からの便が週2便就航する。
合計週13便、つまり1日平均2便弱ずつ増えるのである。

 これで中国路線は週33便で台湾線と韓国線を含めると週38便となり、1日平均5便を超える。
 さらに1月から温州から週2便が就航する予定とのことなので、計週40便に達する。

 国内線が1日10往復(週70便)だから、国際線は国内線の半分以上も就航していることになり、完全に国際空港である。

 以前も「中華系に狙われた富士山静岡空港」で書いたが、インバウンドの受け皿として使われているのがこの空港である。
 ただまあ落ち着いて考えてみると、これまで国境という塀がかなり高かったため人の往来も多くなく、日中線の航空便就航は少なかったが、地理的に近い関係にあるのだから、それなりに航空便が就航する素地はあったはずで、現在ようやくその敷居が低くなったと考えるのが正解かもしれない。

 日韓関係の影響で訪日韓国人は減っているかもしれないが、その分を埋めて余りあるくらい中国人観光客がさらに日本にやってきそうな状況なのである。

#追記

追加情報で、関空については
11月17日に吉祥航空が南京線を週14便から21便で週7便増加。
同じ日にやはり吉祥航空が上海線を週21便から週28便で週7便増加。
11月20日に厦門航空が厦門線を週4便から週7便で週3便増加。
同じ日にやはり厦門航空が青島線を週7便就航。
11月25日に奥凱航空が杭州線を週2便就航だそうです。
この分だけ週26便で、上記の本文の便と合わせて59便増加となり、1日あたり8.5便増で1500人の訪日者が増えるようです。