磯崎新さんと上海

 先日、日本の建築家の磯崎新さんが、「建築のノーベル賞」とも言われる「プリツカー賞」を受賞したことがニュースとして報じられていた。
 建築デザインの世界にあまり明るくない私なのでこの賞の重みがそれほどわかっているわけではないが、磯崎新さんの名前は知っており、彼は私の現代建築界への興味の入り口となった建築家でもある。
また彼がデザインした建物のいくつかが私の人生の中で結構身近にあったので、そういった面でも親しみを感じている建築家となっている。

 まず、その発端となったのは水戸芸術館との出会いである。
 水戸芸術館はスネークキューブのような不思議なデザインの塔が印象的な場所ではあるが、あの建物は設計案をコンペで募集した際、多くの建築家が外見上の形式からアプローチした案を提出したのに対し、磯崎さんは哲学的というかデザイン的要素を排してコンセプトを軸とした提案を行ったとされていて、それ故に選ばれたという話を建設物語として読んだことがあった。
 そういった概念的視点で建物を捉えるという発想が自分にはそれまでなかったので、とても新鮮な建築思想であるとの印象を受け、さらに水戸芸術館という存在に興味が湧き、以降磯崎新氏の名前は自分の頭に刻み込まれることになった。
 そして、建築順序は逆になるが、自らが芝居をやっていた関係で、東京グローブ座や、さらに遡った時代の作品の利賀芸術公園(富山県)の野外劇場も訪れたことがある。

また、現在は閉館となってしまったカザルスホールのある東京・お茶の水スクエアも、20年以上前にコンサートに良く通った記憶があり、気が付かないうちに結構多くの磯崎作品に触れて人生を歩んできたのである。

そして12年ほど前に私は上海に来てしまった訳だが、実はここ上海にも磯崎新氏の建築作品が置かれ始めている。
一つは上海浦東区のヒマラヤセンターで、大きな展示会場である新博覧中心に隣接し、やはり劇場や展示空間を含んだ公共施設的概念の空間となっている。
海岸の切り立った岩壁を想起させるような不思議な外観の建物であり、開業したばかりの頃のイベントに参加した後はほとんど訪れてないが、現在は「上海証大喜瑪拉雅中心」の名となり内部の劇場では。時々日本から来た舞台なども上演されている。

上海証大喜瑪拉雅中心

そしてここ数年、私が何度も通っている上海交響楽団音楽庁(コンサートホール)も実は磯崎新氏の手によるものである。
 内部のコンサートホールの音響設計は日本の永田音響設計事務所が請け負われたようだが、外側は磯崎新氏のものであり、そう言われてみると私が慣れ親しんだ水戸芸術館と同じ匂いを感じる建物であり、居心地が良さを感じるのはそういった過去の体験との共通項を持った建物だからなのかなとも感じる。

上海交響楽団音楽庁(コンサートホール)

 どうやら磯崎氏は上海に「磯崎新+胡倩工作室」という、拠点のアトリエを置いて胡倩さんという方(お弟子さん?)とパートナーを組み、中国向けの仕事を行っている模様である。
 中国には上記の2つの建物以外にも、この事務所として取り組んだ作品が上海には幾つかあり、訪れたことは無いが、浦東新区の九間堂や、朱家角の水楽堂もこの事務所の仕事となっている。

朱家角の水楽堂

 また深圳や北京でもこの事務所の仕事の建物があり、どこまで磯崎氏が主体的に絡んだ仕事になっているか分からないが、すくなくとも磯崎氏のDNAが息づいている方たちの仕事であることは確かだろうに思う。
 
 磯崎氏は既に87歳と高齢ではあるが、まだまだ素敵な仕事をしてほしいものである。

サントリー社製そっくりのウーロン茶ペットボトル

 先日、上海虹橋空港内の自動販売機でウーロン茶を購入しようとしたところ、どうも見慣れたパッケージとは異なる商品が並んでいることに気が付いた。

 「ん?一見サントリー(中国名:三得利)のウーロン茶そっくりだけど、どこか違う気が」

まがい物ウーロン茶

 パッケージをよく見ると、「匯源」というブランドになっている。
 
 「うわぁ、久しぶりに見たパクリものだぁ」

 上海にもウーロン茶のペットボトルは何種類も発売されているが、いずれも独特のデザインでありサントリー社製と見間違うことはないが、これは明らかに見間違って買うことを意識して作った商品である。
 まぁそれだけサントリーのウーロン茶が中国市場で絶大なシェアを誇っているということなのだろうが、それにしてもひどい。
 
 ただまあ物は試しということで、一応そのまがい物を買ってみた。
 裏を見ると、北京匯源食品飲料公司上海分公司となっており、北京の会社のようである。

まがい物ウーロン茶パッケージ

 で、実際飲んでみると、そこそこサントリー製に似せてはあるが、やや薄く切れ味がない印象である。
 決してまずいものではないが、本物とは違うようである。
 
 気になって、空港内のファミリーマートを覗いたところ、なんと!やはりまがい物が納入されていたので本物を手に入れることが出来なかった。
 で、家の近くのスーパーで探したところ、ようやく本物を見つけることが出来た。

本物のサントリーのウーロン茶

 そして飲んでみると、やはりいつものウーロン茶の味であり、まがい物がまがい物であることがはっきりした。

 実はパッケージがあまりにもそっくりなため、まさかサントリーが販売権を譲ったようなことがあるのではないかとまで疑ってみたが、ネット上で調べてもそんなニュースはなく、やはりパクリ物のようである。
 で、本物とまがい物のパッケージを見比べてみると、奇妙な発見をした。

サントリーのウーロン茶のパッケージ

 本物の方の製造会社は「匯源三得利(上海)飲料有限公司」委託となっており、中国側の正規の製造会社にも「匯源」の文字が入った会社名となっているのである。
 恐らく会社設立時の合弁相手の会社の名前を入れたのであろう。

 果たしてこの正規の「匯源三得利」と、パクリとみられる「北京匯源」に関係はあるのか、ないのか。

 普通に考えて、サントリー側があのパッケージデザインで北京匯源に上海で商売させることを許可したとは考えにくく、やはりまがい物だと思われる。

 はたして、このパクリ・ウーロン茶の正体と行方はいかに?

茨城の客寄せパンダのアドバルーン

 先月、茨城県の大井川知事が日立市の神峰動物園にパンダを誘致する構想を発表したことがニュースになっていた。

 就任以来ほとんどニュースにならない大井川知事から出た、突然の政策発表のニュースのため、どうも突拍子もない印象だった。

 「客寄せパンダ・・・」という言葉が真っ先に頭に浮かんだ

 魅力度ランキング連続全国最下位の茨城県ではあるが、パンダを飼育しただけで何か改善が期待できるのだろうか?
 そもそもその手段として、パンダの誘致というのは安易すぎるのではないだろうか?
 
 確かにパンダを呼べれば、それなりの集客は期待できるだろうが、それは単なるパンダ人気であって、茨城の魅力とは何の関係もない。
 それでも経済効果を狙って誘致するという判断もなくはないだろう。

 果たして実際どのくらいの本気度で、実現性というか交渉はどの程度進んでいるのか?
 その辺の状況について先日ちょっと機会があったので。茨城県の人に聞いてみた。

 するとどうやら、まだほとんど知事の頭の中の構想の域を出ておらず、先日の発表についても、の関係機関などに真意の説明を始めたような段階であり、全く根回しなどがされていないような状況らしい。
 県の予算も、本当の初歩の初歩レベルらしく交渉すら出来るかどうか怪しいレベルのようだ。

 肝心の知事自身も就任後に一度も中国を訪れたことが無いらしく、当然まともなパイプすらなさそうである。

 本気でパンダ誘致を目指したいなら、まず知事自身が、視察名目でもなんでも良いので四川の飼育センターなどを訪れるべきであっただろう。

 そして現地の政治的有力者などを表敬訪問するなどして、雑談の中で「当県にもパンダを貸していいただくことは出来ませんか」などと話してみれば、先方も無下には出来ず、とりあえず現地の状況くらいは知ることが出来、話の端緒くらいには付くことが出来るだろう。

 まあ運が良くてもなかなかとんとん拍子で話が進む可能性は低いだろうが、実現への道筋くらいは見えてくるかもしれないのである。

 もちろん、そこでは国家間の交渉を必ず通さなければならないが、希望する主体者がまず足を運ぶというのは、熱意を伝える一番の武器であり、交渉成功の近道なのである。
 それなのに、茨城から動かず部下などに交渉をやらせようというようなやり方では、中国相手に本気度が伝わるとはとても思えない。

 こうやって考えると、今回のパンダ誘致構想というのは実は知事自身のアドバルーンなのではないかと思えてくる。

 つまり自分自身に注目を集めるための客寄せパンダ的なアドバルーンである。

上海野生動物園のパンダ

上海野生動物園のパンダ

 聞くところによると、大井川知事は地元のメディアとの関係性が良くなく、知事の発言や行動があまり記事に取り上げられない状態とのこと。
 ならば東京のメディアでもとりあえず飛びついてくれるだろう話題としてパンダ誘致構想を掲げたのではないか?そんな視点も出てくる。
 
 いずれにしても、今回のパンダ誘致構想は実現までは遥かに遠そうで、とても現知事の現在の任期中には実現しなそうなレベルの話のようである。