中国のお金には色がついている。

 日本のビジネスの言い回しとして、お金に色がついているとかついていないとかなどの言葉を時々耳にする。  まず、使い道が決まっているお金は他には使い難いという意味の考え方で判断する考え方を、「お金には色がついている」などと Continue Reading →

いまどきの中国では固定電話より携帯電話が信用される。

先日の給付金問題を経て気が付いたのだが、日本政府の統治の方法というのは、人を管理しているのではなく、土地管理をベースにした土地統治が基本となっているようである。  それゆえに戸籍や世帯主などという概念が埋まれ、まず土地が Continue Reading →

長生き年金はギャンブル?

最近ネット上の広告で長生きのための安心を謳った保険系商品をよく見かけるようになった。  まあこれは数年前に話題になった老後に2000万円が必要だという社会を賑わせた話題に沿った商品なのであろうと思う。  個々の商品情報は Continue Reading →

職場近くでコロナ感染者確認、すぐに上海の警戒態勢が引き上げられ

 先週の木曜日、上海市内で輸入症例以外の新型コロナ感染者が発覚した。  上海市内では入国者により症例は継続的に発覚していたが、上海市内での確認は数か月ぶりである。  清掃者やホテルのフロントなどの従業員など計6名が一気に Continue Reading →

立春は日本と中国で日付が違う場合がある。

初春の西湖

 2021年の節分は、2月2日となり128年振りに2月3日ではなくなるという事がニュースで報道されていた。  たかが節分とは思うが、私の子供のころはせいぜい豆まき用の豆くらいしか経済に影響はなかったのだが、今や関西発の「 Continue Reading →