Category Archives: 社会のこと

端午節句「青空で泳ぐ鯉のぼり」の図は間違い

 5月5日は日本では子供の日端午の節句となっているが、この端午の節句の風習もやはり日本では改暦によって本来の意味を失ってしまった伝統行事の一つである。

 本来、端午節というのは「旧暦の5月5日」に定められていたもので、今年2019年でいえば、6月7日が端午節となる。
 このように6月に食い込んだ端午節は、概ね梅雨の時期に差し掛かることになり、雨天であることが多くなる。

 ちなみに日本でよく使われる「五月晴れ(さつきばれ)」という言葉も本来はゴールデンウィーク周辺の晴天日を指すのではなく、旧暦の五月の梅雨の合間の晴れ間を指す言葉であり、旧暦では5月は雨の月なのである。(6月が水無月と呼ばれるのも改暦前の名残)

 その雨の多い5月に、カビなどに負けぬように、解毒作用があり剣の形に似た菖蒲湯で邪気を払い子供の健康を祈る行事として発展してきたのが、端午の節句ということになる。
 その菖蒲が花を咲かすのも、湿地が水嵩を増す新暦の6月ころであり旧暦5月なのである。

 また親が立身出世を祈り、雨の水の中を川上へ向かって泳いで遡上する鯉や上から降り注ぐ雨を滝に見立てて、鯉の滝登りの図を表したのが「鯉のぼり」つまり本来の「鯉登」ということになる。
 そういった意味では、現代の鯉のぼりのように晴天の青空の中で泳がせるのは本来の意味の絵にはならず、単なる「鯉幟(コイのノボリ)」となってしまうことになる。

 ましてや親子鯉というのは、親まで自ら出世を祈ることになり、決してマイナスの意味にはならないものの、本来の趣旨からは外れてしまう飾りであり、鯉のぼりは子供の数だけで十分であるのである。

 しかし、明治改暦以後に生まれた童謡「こいのぼり」によって、「おおきなまごいはおとうさん」と歌詞に歌われてしまったことにより、「鯉登」の意味からますます遠ざかったイメージが社会に浸透してしまっている。

 近代では新暦の5月5日が「こどもの日」とされゴールデンウィークの中に組み込まれてしまったため、端午節もその季節の情景が晴天となってしまっているが、そもそもは端午節は雨の中の行事なのである。

 何度もこのブログで書いているが、明治5年から6年への改暦によって旧暦を残さず、新暦に上においてしまたため、本来の体をなさなくなった伝統行事が日本にはたくさんある。

二十四節気を旧暦と混用してはいけない

 先日、ネットで沖縄の習俗に書かれている記事を読んでいた時、ちょっと微妙な記述を見つけた。
 沖縄の伝統行事は、基本的に旧暦の暦に合わせて行い、正月やお盆などを旧暦に合わせて行うとあり、その中に清明節が並列して説明されている。
 清明節の時期は4月の初旬とある。

 しかし、ここでおかしいと感じたのは。清明節が旧暦によって決まっている伝統行事かのような印象で書かれていることであった。
 清明節は確かに伝統的行事の一つではあるが、清明節は旧暦ではなく二十四節気によって時期が決まってくるものであり、記事の説明としては確かにそうなっている。
ただ、やはり一緒くたになって扱われている書き方にはやや抵抗感を覚える。

ここで旧暦と二十四節気が何かを改めて簡単に説明すると、旧暦と呼ばれる太陰太陽暦は、月の満ち欠けのサイクルを一か月として暦を数え、太陽による季節変動に合わせて、19年に7回程度の割合で閏月を加えることによって、季節のずれを最小限に修正した状態で概ね正確に進む暦である。
 これに対して、二十四節気というのは、黄道(天空上の太陽の通り道)を二十四等分し、季節の気候変化を約15日単位で示したものである。(定気法による場合)

例えば上記の二十四節気の「清明」は、立春を起点とした場合は5番目となる節季で、つまり立春を基点として太陽が黄道上を60度進んだ時点が清明となり、それが新暦(グレゴリオ暦)で言うところ4月5日頃に該当する。

 従ってその位置は毎年ほぼ固定であり、旧暦の日付のように新暦上でそれほど大幅に変動するものではない。
 つまり発想として二十四節気は太陽暦に近く、月を基準とした太陰太陽暦とは全く異なるわけであり、そもそもとして二十四節気自体は暦でもなく単なる季節の目安である。

 要するに、「清明節」は太陽暦的な尺度で清明節の日付が決まっている時点で。毎年だいたい同じ日の春分の日や秋分の日、或いは夏至・冬至と同じなのであり、「清明節」を旧暦の行事のような印象で扱う時点で間違っていることになる。

 沖縄の伝統行事の中で、清明節は大切な位置を占めてはいるが、それは旧暦文化が息づいていることとはその意味合いが違うのであり、単に我々本土に清明節の習慣が残らなかったことの意味の方が実は大きく、暦は関係ないのである。

 ただ沖縄の人たちが季節感を大事にして伝統を守っているという意味においては、旧暦で行事を行うということと清明節を守って行っていることは同義でもあると言える。
むしろ季節感を失って伝統行事を形だけにしてしまった本土側のおかしさを浮き彫りにしてくれるという意味では、沖縄の年中行事は貴重な比較対象となる。

伝統行事を伝統という壁の向こう側に押し込んで放置していると、その伝統行事が何故生まれその日に行われことが分からず、結果旧暦と二十四節気の違いさえ分からなくなってしまうのかもしれない。

上海のダフ屋チケットはちょっとドキドキ

前回「上海で(運が良ければ)コンサートチケットを半額以下で買える方法」で書いたように、最近何度か票牛網を使ってチケットを購入しているが、何度か購入しているうちに、これらの正体が段々と見えてきた。

票牛魔天輪 

 やはりこれらのサイトは、正規のチケットエージェントではなく、ダフ屋サイトというか、転売屋サイトのようだ。

 ただ転売屋といっても、日本のオークションサイトとかと違って、恐らく公演主催者からのスポンサー割り当てのチケットを買い取っているような雰囲気であり、そういったルートから仕入れたチケットを中心に売りさばいている印象である。

 要するにダフ屋が合法的に組織的な商売している仕組みのようで、組織規模は上海に留まらず中国全土にネットワークが広がっているようである。
 従って、ニセモノを掴まされたりお金をだまし取られたりするようなリスクはまずなさそうなのだが、やはり正規のエージェントから買うよりは、ややリスクがある。

 それは転売屋であるがゆえに、彼らは情報を持っていても、必ずしも実際のチケットを手元において販売情報を流しているわけではないようだからである。
 つまり出品者から委託された状態ではあるが、買い手がいれば手配するといった段取りをとっているようなのである。
 そのため、入金からチケット手配まで若干のタイムラグがあり、その隙間にリスクが発生しうる状況がある。

 ここが時々ドキドキの元となる。

 そんなドキドキを実は先日体験してきた。

 その時に私がチケットを予約したのは公演日の2日くらい前だったと記憶している。
 本当は予め実券のチケットが手元に届いているほうが理想的なのだが、公演まで時間がなかったため、結局現場受け取りとなった。

 いつもの通り、公演開始前1時間までに会場周辺で引き渡しとなる旨のショートメールが来てそれに合わせて現場に向かった。
 現地へ着くといつもチケットを渡してくれるおばちゃんがいて、そのおばちゃんに声をかけた。
 すると、リストをチェックしながら「あなたはどの価格(額面)のチケット?ふんふん、もうワンランク上のチケットを用意してあげるから、19時30分まで待って」と言われた。

 こちらとしてはちょっとばかり良い席をもらってもたかが知れていると思うので、元のランクでいいですと言おうとしたが、バタバタと他のお客も受け取りに飛び込んでくるので、うまく伝えられない。

 結局流されるまま19時半まで待つことになった。
 公演開始時間は20時なのである。

上海交響楽団音楽庁の夜景

 どうやらランクアップは私へのサービスというより先方の都合で、まとまった席が必要となったため一人で来ている私がはじき出され、その詫びとしてワンラックアップを提供されたような状況のようだった。

 そして19時半に再び同じおばちゃんのところに行くと、まだチケットの実券を受け取らないうちに、ショートメールに受け取りましたと返事を書けと言われた。
 この作業自体は基本的にいつもやる作業なので、特段の驚きはないのだが、今回は実際にチケットを受け取る前なのでちょっと緊張した。

 もしかするとチケットが受け取れない状況に陥ったとき、受け取った証拠とされてしまうからである。
 そんな不安を抱えたまま、「受け取りました」の返信をして、直後におばちゃんが「ちょっとこっちへ来てください」と呼ばれたので後をついていく。

 ホールの前の道沿いに後をついていくと、暗がりのベンチに2人の中年の男女が腰を下ろして話していた。
 男性は黒いマスクをしており、暗がりということもあり、何となく怪しさを醸し出している。
 その男性の方に私を連れてきたおばちゃんが私を紹介すると、じゃあ行きましょうということで私をロビーに連れていき、喫茶スペースのところで待ってくださいと言われた。

 なんだか狐につままれたような感覚で、不安を感じてその男性の動きを見守る。
 手配師は誰かの到着を待っているようだっだが、その待ち人が来ないので、ちょっと困っている様子だった。

上海交響楽団音楽庁の喫茶スペース

 やがて、開演25分前になって男性数人のグループがやってきてその男性手配師に連れられて会場内部に入っていった。
 結局その手配師と一緒にいた中年のおばさんと私が、喫茶スペースに取り残されるが、開演時間が迫ってきて、こちらは焦りが募る。

 まさかこのまま忘れ去られてしまうんじゃないだろうか、そんな不安が頭をよぎった。
 しかし、目の前にいた中年女性も一応一蓮托生らしく、それ故に大丈夫なんじゃないかと自分に言い聞かせながら更に待つ。

 しかし、開演まで15分を切ったところで、その中年のおばさんが痺れをきらしてその男性手配師に電話をかけた。
「あと15分しかないけど、どうなってるの?」と。

 すると、今行くとの返事だったようで、その男性手配師が戻ってきて、ようやくついてきてくださいとの言葉が出てきた。

 ただ、その時渡されたのは、入場済みの客が一時退出の際に渡されるチケットの半券だった。
 どういう状況か分からないが、他の人を入場させた後に預かってきた半券で、入場させられるようである。

 ということはこの手配師のほかに会場から出てきた人間がいるのか、など細かい状況が気になったが、とにかくその半券で入場した。
 で、連れていかれたのは確かにステージ正面だったが、2階席の最後列だった。

上海交響楽団音楽庁の座席

 果たしてチケット価格と見合う席なのかどうかはとても自信がなかったが、とりあえず開演に間に合ったことだけは確かで、演奏は聴けるような状況にはなった。
 あのダフ屋のおばちゃんの言ったワンランク上の席には恐らくなっていないだろうが、そもそもダフ屋チケットは、そのようなものであり、私はさほど席位置にはこだわらないオーディエンスであるのでさほどは気にならなかった。

 ただ主催者から見るとモグリの入場客のような状態になってしまっており、もし摘発されたら私の立場はどうなるのかなどちょっと心配な面はあるが、まあ一応お金は払っているし、席もかなり空いていたので問題にならないだろうと腹をくくった。
 チケットの半券が手元に残らなかったことは心残りなのであったが、聴けることが大事であり、席やお金のことを忘れて安堵した気持ちで演奏を聴いた。
 そんなドキドキ感を経て聴いた演奏は予想以上に満足が行くものとなった。

 ただやはり、会場に入れるか入れないかのドキドキ感はもう2度と御免であり、次回はもっと早くチケットを買うべしと心に決めたのである。