Category Archives: 娯楽

「健康で文化的な最低限度の生活」というマンガ

 最近、「健康で文化的な最低限度の生活」というマンガを読んでいる。

 いわゆる自治体窓口のケースワーカー、つまり生活保護の窓口担当の女の子の奮闘を描く話となっていて、この主人公を通して社会の底辺の側面が描かれている。

 何故この漫画を読み始めたのかというと、日本国憲法の条文をそのまま引用した刺激的なタイトルに惹かれたというのと、この作者の柏木ハルコさんが実は母校の先輩ということもあり妙な親近感を覚えていたというのもある。

 柏木ハルコさんは学年的には近いので、在学時に学校内で顔を見ていた可能性もあるが、残念ながら面識はないし、ネット検索で出てくる本人らしき写真を見ても記憶には残ってはいない。
 ただ彼女の作品を読んでいると、他の漫画にはない私の母校独特の話法リズムというか、かつての雰囲気がなんとなく漂っているから親しみがわくのである。

 この「健康で文化的な最低限度の生活」以外にも柏木ハルコさんの作品は読んでいるが、彼女の作品は赤裸々な性描写が多く、一歩間違うと単なるエロ漫画家の誹りを受けてしまいかねない作風となっている。

 しかし個人的には柏木ハルコさんの作品は性を通して社会のタブーに切り込んでいるというか、一人の人間が抱えている様々な内面を切り出して、漫画として分かり易く伝えているのだと評価している。

 この「健康で文化的な最低限度の生活」という作品も、生活保護受給者というやはり社会から誹りを受けがちな底辺の人々の生活や人生を、主人公を通して一つ一つ丁寧に掘り出して描かれており、いろいろな学びを与えてくれる。

 自分も生活保護こそ受けたことは無いが、お金には常に苦労している口なので、描かれている人々の不安や苦労はよくわかり、あまり他人事ではない。
 まあ作品自体は漫画なので、恐らくそれなりに演出的バイアスがかかっていると思うが、社会の現実を知る上では良い教材と言える作品だとは思う。

 社会では生活保護の風当たりが強くなっており、受給者を批判をする人々の心理も良くわかるが、切り捨てることでは解決しない問題であり、そこをこの作品は教えてくれるので、是非皆様にも手に取ってもらいたいという気がする。


映画「箱入り息子の恋」を見た。

たまたまインターネット上で、無料にて見ることが出来たので、見始めたところ最後まで見てしまった。
 女性に縁がなかった真面目な男性と目が見えない女性のややベタな設定のラブストーリーだが、それだけにピュアな二人の恋には心を動かされた。

 男性側の主役は、今や日本でとても有名になった星野源さんだが、中国にいて日本のドラマを見ていなかった私は初めて彼を見た。

 それ故に先入観なくこの映画を見ることが出来たが、この映画でも彼はかの世代の等身大の存在感を魅せる役者だなと感じた。
 この映画は双方の家族以外あまり出演者の多くないが、父親役の平泉成さんは、ややコミカルに演じながらも、なんだか自分の父親を見ているような印象だった。
自分も子供としてまだ独身であり、うまく言えないがああいう視線で父親は子供を見ているのかなと思うとやや肩身が狭まる思いで平泉さんを見ていた。

現在、中国に来ていて日本のドラマを見る環境が無い上に、展開が強引すぎる最近の日本のドラマは見たいとも思わなかったのだが、今回はこういうすっきりした映画なら悪くないなという印象が残った。
さぁさぁ自分も早く想いを成立させないと。

大晦日に聴く落語

 もう2017年も残すところあと僅かで、今日とうとう大晦日を迎えた。
 上海にいると、年末年始の特別な雰囲気はなく、たまたま昨日今日が土日で明日が元日としての祝日が有るだけで、仕事納めを経て正月を迎えるという気分にはなりにくい。
 中国では春節の旧正月が正月なので、中国で1月1日は普通の祝日程度の扱いにしかならないのである。
 個人的にも家族をもたず、日本のテレビも見ない環境では盛り上がる必然性もなく、ちょっと不完全燃焼気味な年末を迎えてしまった。
 で、なんとなく気分を盛り上げようと、大晦日ネタの落語を探した。
 昔のツケが普通だった時代に、掛け取りが駆けずり回るのが大晦日で、大晦日を題材にした落語は非常に多い。
 例えばその代表格は有名な「芝浜」で、話の最後は大晦日のエピソードである。
 それ以外にも「掛け取り(万歳)」、「睨み返し」「加賀の千代」など借金取りを押し返す話もある。
 また、話の主舞台ではないが「帯久」という話も、大晦日の忙しい日に起きた事件が話の展開のきっかけとなる。
このほか「尻餅」などという艶っぽい話も有り、大晦日の風景は良く落語に描かれる。
こんな落語を聞いて、大晦日気分に浸るのが精一杯のこの年末である。