Category Archives: ビジネススタイル

もちもちの水餃子「我是主餃」

 最近某動画サイトで「美味しんぼ」という昔のグルメアニメが限定で無料公開されているので、ここのところ継続的に見ている。

 そして最近、餃子がテーマの回があり、その中で水餃子が取り上げられていた。

我是主餃の水餃子

 その中でも語られていたように、中国では日本のような焼き餃子が主流ではなく、水餃子が主流で食べられており、焼き餃子の方が非主流派となっている。
 餃子好きな私自身も、中国に来てから水餃子の虜になっており、まあ相変わらず日本式の焼き餃子も食べるものの、割合的には水餃子を食べる機会の方が圧倒的に多くなってきている。

 そして、最近上海で流行っていて店舗数を延ばしている水餃子チェーンが「我是主餃」というお店。

 スープなしの水餃子を主体にしたお店で、今非常に流行っており、私もお気にいりとして毎週のように通っている。

 店名の由来は「主餃」と同じピンイン(発音記号)「主角」が主役という意味があり、「私が主役」という意味が掛けられているようである。
 そしてこの「餃子が主役」という意味の上で、私の推測ではさらにスープのない水餃子を示す「煮餃」も同じピンインなのでこれを掛けた言葉かと察せられる。
 実際、併記されている英語の表示は「JAOZI IN SPOTLIGHTS」となっている 。

我是主餃の紙ナプキン

 さらに、「我是」の発音は「WO SHI」で、日本語の「おいしい」という発音に近いため、「おいしい水餃子」意味を含ませている可能性もある。

 というか実際店舗のメニューには日本語の表記もあり、餃子のキャラクターが店内に表示されるなど、もしかすると日系経営を思わせるような店舗スタイルである。
 さて、このお店の餃子メニューは特別に奇をてらったものではなく、白菜と豚肉や、ニラと豚肉、芹菜(セロリ)と豚肉、ニラと卵と海老などほかの水餃子店、例えば老舗の大娘餃子(お母さんの餃子の意味)のお店とそれほど変わりがない。
 価格も20元前後と、ほかの店と大差はなく若干割安ではあるが特別安いというほどの差はない。

 では、何が人気なのか?

 恐らく餃子の皮に人気の秘密がある。
 ほかのお店より厚めの皮で、もちもちして非常に口当たりが良い皮が使われていて、これが美味しく、しかも腹持ちが良い印象である。
 故に、一皿の量がそんなに多くないように見えても、結構お腹が膨れて満足感があるのである。
 また日本のようにツンとする米酢ではなく、口当たりの柔らかな黒酢?を使っており、口の中をむやみに刺激せず、餡や皮の素材のおいしさを堪能できるのである。

 日本のようにニンニクが使われているかどうかは分からないが、少なくとも調味料側には準備されていないし、餃子の餡の中にもほとんど感じられなかったので使われていないようである。(そこまで味覚が鋭敏ではないのでわからないが)

 そんな点が人気の秘密なのだろう。

 さらに、サイドメニューも結構充実しており、中国式の蒸し鶏や、日本式のから揚げ、豚カツ、鳥と茸のスープなどとソフトドリンク類などが用意されている。
 これらサイドメニューも一つ一つグレードが高く美味しく、特にから揚げ「日式炸鶏」は揚げたてで出てきて、胡椒がほどよく効いていて、個人的印象では上海で一番美味しいのではないかというレベルである。

我是主餃の鶏から揚げ

 こういった美味しいメニューを揃えて、「我是主餃」は上海市内に増え続けている。
 上海以外に店舗展開している情報は今のところ見つからないので、現時点では上海にしか展開していないようである。
 餃子好きで上海を訪れた方はぜひお試しあれ。

我是主餃の店舗外観

我是主餃の婁山関路店舗外観


全自動な床屋を考えてみる

 先日散髪に行ってきた。
 私はローカルの行きつけを作ったので、洗髪込みで40元(≒650円)程度である。

 上海に来たての頃は15元などいう時代もあったが、色々紆余曲折を経て、ここ数年は現在の理髪店に落ち着いている。

 時々諸所の都合で仕方なく200元以上かかる店に行く場合もあったが、総じて概ね1回100元以下のお店でやってもらっている。
 フリーペーパーに乗っているような日系のお店だと200元程度はかかるし、巷にあるローカルの美容院などもそんなには安くならない。

上海の住宅密集地域

 ところで、今回散髪している最中に、床屋の仕事というのは最後まで全自動にはならないのかなということを考えてみた。

 まあ現代の技術をもってすれば恐らく全自動散髪機なるものを製作することは可能だと思う。

 まず頭の形をCTスキャンで読み取り、さらに3D解析で髪の毛1本1本を捉え、頭の状態や髪質・髪型の現状を把握する。

 そこへお客がヘアカタログから理想の髪形を選択し、自分の頭に当てはめてシミュレーションして、仕上がり状態を調整し実際に求める髪型を決定する。

 そしてその決定された髪型に従って、機械が刈り込んだりカールをかけたりしていくなどの作業をCNC(コンピュータ制御のNC旋盤)のようなシステムで仕上げていく。
こんな自動散髪機は、現代の技術があればきっと作れるだろうに思うのである。

 ただ問題になるのはコストである。

 例えば、先日某ロボットメーカーのショールームを見せてもらったが、その時の話だとロボットのコストは1台数千万円以上かかるとのこと。

 そこから推測するにこれだけ複雑な床屋マシンとなると億単位の覚悟は必至であろうに思われる。

 もし仮に1億円と設定するならば、対顧客の料金が1000円だとすると10万人でペイする額となる。

 これをもとに1日20人を捌いたとしても5000日かかる計算になり、つまり13年は回収までかかることになる。

 もちろん、これはノーメンテナンスの計算であり、実際には場所代やメンテナンス費用などもかかってきて、コスト的にはもっと上がるはずである。

 さらに上記のコストは仮の数字なので1億円で導入できる保証などどこにもなく、何十億という費用が必要になりそうな気がするのである。
 一方で、ここ中国のように人力でやっても1000円もかからず髪が切れてしまう床屋もあるわけで、どうにも床屋の機械化は今のところコストが合わななさそうなこと必至である。

 将来的には分からないが床屋というのはかなり未来まで食いッぱぐれがない職業のようである。

99元(約1700円)でデータ使い放題プランはテザリングもOK!

数年前、スマホに切り替えてからやや通信量が増えて、毎月数ギガを消費するようになっており、費用も嵩むようになってきた。

中国は日本と違って、WIFIに関してキャリアの縛りがほとんどないので、喫茶店などに入ればほぼどこでも繋がるのでWIFI環境に関してはかなり便利であり、そういう場所を選んで繋いでいけば、通信量はかなり節約できる。

しかし、最近は仕事が忙しいこともあり、ゆっくりカフェを探して繋ぐ方法ばかりを選択できなくなりつつあった。

加えて、実は先日の一時帰国の際に2in1のパソコン、つまりタブレットにもなるしパソコンとしても使えるマシンを仕入れてきたので、ますます外部でのネット接続の需要が増えて来そうな見込みになった。

まあ、そのマシンの為に専用のWIFIルータを買うことも考えたが、毎月の費用がアップするのは確実だった。

そんな折に昔の知り合いが某日系の電話サービス会社に勤めているのを知り、その人がWECHAT上に、聯通で99元でデータ使い放題プランなるものがあることを紹介していた。

99元プランのチラシ

「なに、99元で使い放題だと」

私はすぐにこれに飛びついてその知り合いに連絡を取った。

その知り合いによると、毎月99元で全国(中国)データ無制限の使い放題通話300分99元/月とのこと。

ただ通信速度に関しては1か月の内、最初の20Gバイトに関しては4G速度の通信だが、それを超えると3G速度に落ちるとのこと。

20Gというのは結構な通信量で、平日毎日映画1本を閲覧してようやく消費するようなデータ量であり、少なくとも私には十分な枠であった。
 日本の大手キャリアに比べると半値以下と言っていいくらいに安い。
 (日本が高すぎるのだが、、)

その説明に納得し、早速契約の切替を行った。

まあ、従前のプラン契約によっては、年間契約の既に払った分が切替によって無駄になる可能性もあるようだが、私はそういう契約をしてこなかったので、すぐに切替ることが出来た。

これで、今後は通信量を気にせず4G速度でネット接続が可能になり、スターバックスなどWIFIのある場所を探して回る必要もなくなった。

もちろん、WIFIがある場所ならWIFIに繋ぐこともやぶさかではないが、混んでいる店のWIFIより4Gの公衆回線の方が通信速度の速い場合も少なくなく、WIFI接続が最優先ということではないのである。

また、中国の場合は日本と違ってテザリング(携帯をWIFIルータとしてネット接続すること)についても別料金は取られないため、外出中のパソコンからのネット接続もこの使い放題プランを通して繋げることになり、場所を問わず作業ができるようになった。

写真はイメージ

これにより、極端な話として地下鉄やバスで移動しながらでもメールの返信などが可能になったのである。
(今までも機能的には出来たが、マシンが大きかったのと、通信量を気にしてやらなかった。)

さらにである。

個人的にはもっと楽しいことが実現した。

実はこの2in1マシンはOSがWINDOWSのため、VPNを通して日本のラジコを聴いてもエリア限定されず聴取できるため、外出中でも日本のラジオを聴くことが出来るようになったのである。

これはアンドロイドOSのタブレットやスマホでは出来なかった芸当である。
とにかく、今月からの使い放題プランの契約により非常に便利なモバイルスタイルが実現し、仕事やプライヴェートに大いに役立っている状況になっている。

通信料にお悩みの皆様にぜひおすすめしたい。

ちなみにどこのショップでも対応できるかどうかは不明で、私はその友人のいる水城南路の店(日本語可のお店)でやってもらった。

もちろん系列店では可能だろうが、聯通の直営店では対応してもらえない可能性があるので、やはり系列店に行って相談されることをお勧めする。