Category Archives: ビジネススタイル

スマートフォンで管理されはじめた中国社会

日本では数年前からマイナンバー制度が始まり課税という面では規制管理が強まっている状態になっているが、そういった表向きの法制度管理に対して、社会では別の形でのお金の管理が進んでいる。

これは中国に限った話ではないのだが、中国は特にその進捗が顕著であり、非常にはっきりした形でその傾向が表れている。
どういったことかと言えば、中国ではありとあらゆること、特にお金の決済に関することのスマートフォン利用を主とした電子取引化が進んでいる。

その代表的な例が「微信支付(Wechat)」と「支払宝」であり、中国国内でのありとあらゆるお金の取引がこれらのシステムを通じて行われるようになっている。

コンビニなどチェーン店などでの買い物やレストランでの食事の支払いはもちろんのこと、ネットショップでの支払いやコンサートチケットの購入、シェアリング自転車の支払い、路上の露店の支払いまでほぼすべてが電子マネーによって取引が可能になっている。

写真はイメージ

逆にこれらの電子マネーでの支払いでなければ取り引きを受け付けてくれないサービスも増えているため、日常のお金のやり取りのほとんどが電子マネーで網羅され、取り込まれつつあると言ってよい。

しかもほとんどの場合は、ユーザー側の費用負担(手数料)が発生しないのでどんどん電子取引率は高まっているといっていいだろう。
しかし、こういった電子化が進む一方で、弊害と言って良い様な現象も起き始めている。

それは、個人の信用情報に対する問題である。

ありとあらゆる金銭取引が電子化されてしまえば、おのずとその本人の経済状況が丸裸となり、収入から支払い能力、支出傾向まで全てデータが蓄積されることになる。
そしてその本人が例えば、自動車ローンや住宅ローンを組もうと思った場合、これらのデータを持っているWechat(騰訊)や支付宝(アリババ)の管理会社に審査を求めれば一発で与信が出来てしまうことになり、実際そうなっていることが報道されている。

逆に、そういった個人情報を企業に持たれるのは嫌だよと言って現金取引ばかり続けていると、審査側からは情報不足で与信決済が出されなくなるため、現金主義者は経済活動に制限を受ける可能性が出てきているのである。

故に必然と電子決済を続けて信用を積み重ねていかなければならないのが、今の中国の電子決済社会なのである。

写真はイメージ

さらに、スマートフォンでの電子決済社会のもたらすもう一つの怖さは、経済状況だけではなく日々の個人の行動までもが丸裸にされている状況にあるということである。

もちろん従来からスマートフォンのGPS機能や電波の受信位置を探れば、持ち主のおおよその行動範囲は特定できたのだが、そこに電子決済システムが加わることによって、より細かく行動が丸裸になっている。

例えばコンビニで食事を買って、シェア自転車やウーバーなどの私設タクシーで移動すれば、その人間がいつどこで何をして、どのように移動したかは見事に記録がトレースされて残ってしまうのである。

写真はイメージ

つまり人々はスマートフォンを使うことによって、便利さを享受していく一方で、確実にシステムの管理の輪の中に取り込まれつつあるのが、現在の社会であり、その先例が現在の中国なのである。

これは以前のような国家による強制的な管理(例えば法律による制限)などではなく、民間の経済活動による自然な流れで誘導されるところにその凄さというか怖さがあるといえる。

もちろんこのスマートフォンによる社会管理が進むことによって良いこともある。

例えばこれを犯罪捜査に活用すれば、、まぁ犯人が方々で電子決済を使うといった間抜けな行動をしたという前提だが、犯人の居所はたちどころに分かってしまうことになる。
極端な話、全ての経済取引を強制的に現金から電子化してしまえば、全ての人の行動を把握できることになり、犯罪者などは居場所がなくなってしまうといえよう。

写真はイメージ

日本でも防犯カメラを使った顔認証システムの開発がどんどん進んでいるが、中国でも恐らく似たような状況であると想像に難くなく、その顔認証システムとこのスマホの各トレース機能を組み合わせて使えば、電子的な犯罪捜査はほぼ完ぺきに近くなるのであり、犯罪者が逃げ隠れできる場所は、街中からは消えてしまうかもしれない。

ただ、これは警察やデータを使う人間が善人であるという前提の便利さや安全であり、一たび管理側に悪意を持つ人間が紛れ込んだ場合はこれほど恐ろしい環境はない。
つまり情報を握っている誰かが誰か特定の人間に危害を加えようとしたりすることは非常に簡単な環境なのである。

危害といっても何も暴力的なことばかりではなく、データ管理者が個人の情報を握って信用を貶める目的で情報を開示したり、それを脅しのネタに使うことも出来、これらは相手の行動を全て把握できれば至極容易であろう。

まあ世界各国、それぞれの国の事情があるので中国と同じように今後電子取引が進展するとは限らないが、経済取引のほとんどが電子取引に移行しつつこの中国の先例は、世界各国とも今後の社会制度を考える上で注視すべき状況と言える。


てるみくらぶ破綻の上海への影響

  日本の中堅旅行会社である「てるみくらぶ」が破綻となって世間を騒がしている。

 まあ、被害者には申し訳ないが所詮旅行自体が遊びで、余剰金を使っての遊興であり、楽しみを奪われたり、お金が返って来ないということでは悔しいだろうが、命や生活には影響が無いことを幸いと思うほかないのだろうという気がする。

 ただ、上海に住む身としては日本の海外旅行会社の破綻というのは、上海の観光産業には多少なりとも影響があるのではないかという気がしている。
 私自身、今は全く観光業とは関係ないのだが、昔ちょっと旅行会社に絡んでいたこともあって、今回のてるみくらぶの破たんは、利用客側からの視点ではなく、運営側の視点で気になっているのである。

たかが旅行会社一社ではあるが、全体で3万6千件、人数にして8万人程度の旅行が飛んだとなれば、上海に来るはずだった観光客もそれなりの規模になるだろう。
正確な被害データなどは知る由もないが、日本人の全海外旅行者のうち中国旅行は6%程度というデータがあるので、これをもとに推測すると今回の被害者の内中国行きは4千8百人程度、そのうち1/3が上海に来る予定だったと仮定すると1600人程度が影響を受けて来れなくなったと推測する事ができる。
 1600人の需要が消えるとすると飛行機なら8~10往復分、ホテルなら200室のホテルが8棟/日程度分の稼働が飛んだことになる。
それぞれ少数のホテルや航空会社に集中していたら結構な被害額であり、営業にも影響があるだろう数字である。
まあ実際には被害は広く分散しているだろうから、見た目にはほとんど影響は分からないのかもしれないが、被害者にとっては遊び金でも受け入れ側の観光業にとっては大切な営業収入で、生活に直結するお金であるわけでもあり、ちょっとの影響でも小さくないという気がする。
 また今回の件で今後しばらくは海外旅行会社への不信感というのも生まれるだろうから、長期的な影響もありうるだろうに思う。

 もともと旅行会社という業種自体が手数料商売で、薄利多売産業であるから、どこかで歯車が狂えば今回のようなことは容易に起きる事業であり、実は破たん自体はあまり驚くことではない。

 ただ、今回影響があまりにも多くの人数に及んでおり、現地へ飛んでも泊まれないような事態が発生したというのはかなり驚いている。
 会社の破綻は仕方ないにしても、もう少し緩やかなソフトランディングは出来なかったのかなという気がするのである。

 かの会社は、本来は顧客からの前受け金に手を付けざるを得なくなった段階で手を打っていればここまでの被害者は生まなかっただろうに思うのであり、破産に至ってから経営者が記者会見で顧客のためを思ってやっていたと話しても、やはり結局は裏切りにしかならないのであろうに思うのである。

今回の件を受けて、どこかの記事で「経営者は未来永劫に続く会社や事業はありえないことを胸に刻み、会社を綺麗に畳む勇気を持つべきである」というようなこと書いてあったのをネットで読んだがまさにその通りなのである。
 諦めることもまた経営者の責任の一つなのであり、目先で従業員を解雇せざるを得ない状況が起きても、結果的にそれが一番被害の少ない方法なのかもしれないのである。

 過去の例を見てもわかるように山一も然り、シャープも然り、東芝も然り、盤石に見えた大企業も、消えたり生まれ変わらなければならない時が来るのであり、永遠は無いのである。

ピーチ航空で上海に戻れず、着陸できない!?その3(後処理編)

上海に行く予定の飛行機が意図ぜず戻ってきた羽田空港周辺は、皮肉にも天気が非常に良かった。

快晴の羽田空港

以前も、国内線では欠航の憂き目にあったことは何度もあったのだが、国際線は初めてでしかも搭乗後の欠航となると全く経験がなく、今後どう処理すべきかわからぬまま空港に着いた。

羽田に到着した直後、地上から乗り込んできたと思われる職員から早速案内があり、欠航に対するお詫びの言葉とその後の処理に関する説明があった。
その説明によると
1、航空チケットに関しては、払い戻しもしくは別日便に振替の対応となるとのこと。
2、出発前に空港で買った免税品に関しては日本国内への持ち込みが出来ないので、ピーチ航空が責任をもって買い取るとのこと。
3、イミグレに関しては再入国ではなく出国取消の扱いとなり専用通路を通るということ
4 詳しくは紙を配るのでそれを参照してください
というものだった。

1に関しては、当然のことと思うものの、果たして振替便に空きがあるか不安だった。
2の免税品に関しては知り合いに頼まれたタバコがあり、2カートンだけだったが指示に従えば買い取って貰う必要があった。
3の出国取消については、私は日本国籍なので何の問題もないが、中国人など一次ビザなどで入国していた場合は、欠航によって再入国できなくなってしまう恐れがあるので、「再入国」でなく欠航による「出国取消」なのであろうに推測された。

A4の説明書にも、おおよそ上記のことが同様に書かれており、特に振替もしくは払い戻しに関しては、カスタマーセンター或いはWEB上から手続きを行ってくださいとある。

その指示に従って、まずイミグレで出国取り消しの手続きをしてもらう。

そしてターンテーブルで預けたスーツケースをピックアップした後、その脇に設けられたピーチ航空搭乗者専用の対応のテーブルに、免税品を払い戻す人たちの長い列が出来ており、私も当然免税品の払い戻しが必要だと思いその列にまず並んだ。
しかし先頭部の人がコミュニケーションなどでトラブっているのか列が一向に進まない。

免税品払い戻し待ちの行列

すると、関係者らしき人が話しかけてきて、どんな免税品ですかと聞かれたので、「タバコ2カートンだけなんですが・・」と答えたところ、ああそのくらいなら大丈夫だから、そのまま出てもいいですよ。」と言われた。

何が具体的に大丈夫かわからかなったが、荷物に入れてしまえば問題なく、いずれ出国時に持ち出すものなのだから問題ないというような意味らしい。
ただ、こちらとしては免税品の扱いの他に、チケット処理の問題があるので、出来れば直接担当者と交渉して次の行動を決めたかったのだが、それも全部WEBサイトで出来ますよと言われたので、それを信じることにした。

まあ列の長さから考えて、どのみち順番を待っていては翌日便(当日夜)の空席があったとしても埋まってしまうだろうから、早めに行動した方がいいと腹を決めて列から離脱した。

さて税関を抜け、ロビーに出て早速上海へ再出発するための情報収集にあたった。

まず紙に書いてあったカスタマーセンターに電話をしてみる。
すると、営業時間外という自動応答が流れた。
「時間外?航空会社なのに朝8時に電話応対もないとはどういうことだろう?」

ふともらった紙を見直すと、「カスタマーセンターの営業時間は平日の9時から18時」までという文言が目に入った。

「平日?9時~18時?」

非常に嫌な予感がした。

その日は日曜日だったのである。
とりあえずその時点で9時まであと30分程度だったので、9時を待って再度電話をすることにした。
その間にパソコンを広げてインターネットに繋ぎ、ピーチ航空のサイトで未来の空き状況を調べたところ、なんと一週間先まで全て満席であった。
その時点で、ピーチ航空で上海に戻るのは無理と判断した。

もちろん、キャンセルせず振替えたほうが費用的には余分な出費がなく、実家に戻って待機する限りコスト的には安く済むのだが、当たり前だが今の仕事先は上海であり、1週間も余分に休んでいられる余裕はなかったのである。

仕方なくネット上でそのほかの手段を探していくと2日後の茨城空港発の春秋航空がかなり安く確保出来ることが判明し、ピーチ航空との差額もそれほど大きく無い様だった。

それ以外の羽田や成田から上海へ向かう便にもそれなりに空席は有ったが、直近ということで運賃がやや高めであり、就航記念の格安チケットとの差額を考えると、かなり無駄な出費という意識が働き、結局上記の春秋航空のチョイスとなり日本滞在の2日間延長が決定した。(前述の上海人母娘は当日の夜便で帰ることにしたらしい)

さて、上海へ戻るのにピーチ航空を利用しないことを決定したのは良いのだが、ピーチ航空側のキャンセル作業にとても難儀した。
まず、紙に書かれている通りURLにアクセスし、払い戻し手続き画面を開けようとしたが、その画面にたどり着けないのである。

中国語の簡体字画面で予約したので、簡体字ホームページから追っていっても繁体字(台湾用)画面が出てきてしまい、しかもキャンセル手続き画面が現れないのである。

ならばということで、今度は日本語ページから払い戻し画面を開き、予約番号を入れてみたが、データが確認出来ませんと表示されてしまう。

恐らく中国本土線は就航したばかりでこんなに早くキャンセル画面が必要な場面が訪れるとも思わず、システムがチェックされていなかったのであろう。
或いは本社機能が平日しか稼働していないため、欠航データがまだシステムに反映されないのかもしれない。

何れにしてもWEB上では全く処理できず、もう拉致があかないので9時を過ぎたところで再び先程のカスタマーセンターに電話を掛けてみるが、やはり繋がらなかった。

さすがLCCというか何というか、「週末に電話が繋がらない」「WEB上での手続きシステムに不備」のこのサービス体制には、ちょっとこちらもキレてしまった

上海からの便で好印象を受けていた自分の中でのピーチ航空に対する評価はこの時点でガタ落ちである。

いくらコスト削減だからといって、土日に航空便が飛んでいないのならともかく、土日も航空便は運航しているのだがら最低限の電話応対くらいすべきだろうに思うのである。

結局このキャンセルの件は、翌日の平日の時間帯に電話する他には手段が無くなった。

そしてその日は実家に戻って宿泊し、翌日の営業時間内に電話をすると、ようやくオペレーターが出た。
予約番号を伝えてキャンセル手続きは問題なく進んだが、運賃の払い戻しは購入時に支払ったカード会社を通じて行うので、一ヶ月ほどかかりますとの回答。

こちらは「そうですか」と答えるしか無かったが、払い戻し金を別途購入する春秋航空の運賃費用に充てるつもりだったのだがあてが外れた。

まぁ今回は大した立替え金額ではなかったのだが、学生時代の貧乏旅行の時だったら、このような対応を受けたら非常に困っただろうに思う。

かの時代はギリギリで旅行していたため、突然の欠航ですぐにお金が返ってこない上に宿泊費だの新たな航空チケット代だの突然の出費は非常にキツイのである。
こういう体験をしてみて、どうもLCCは本当の貧乏人には危険な乗り物だという気がした。
何故なら今回のように欠航などが発生した場合、カバーできる保険が無いため、旅先で立ち往生する危険があるからであり、LCC利用は諸刃の刃だなということを感じるのである

このように、LCCのメリットとデメリットを短期間にいっぺんに体験し、LCCとはなんたるかを身をもって知った今回のピーチ航空初搭乗であった。
(次は茨城空港&春秋航空初体験の話)

パスポートに押された出国中止のスタンプ