Category Archives: ビジネススタイル

アマゾンが中国から撤退に追いこまれた理由。

 先月、流通大手のアマゾンが中国市場からの撤退を表明し、7月にも業務を停止することになったと報道された。
 
 中国の事業はローカル企業に引き継がれるようだが、世界で隆盛を誇っているアマゾンのブランドは中国国内からは消えてしまうようだ。
 一時は中国国内でトップシェアのネット通販であったアマゾンだが、後発の中国ローカル企業にシェアをどんどん奪われ淘汰され、結局は撤退をせざるを得ない状況に追い込まれた。

 このように中国では競争に負けてしまったアマゾンだが、中国以外のアメリカや日本では今でもトップシェアであり、その企業が中国だけ撤退する状況に追い込まれてしまうというのはちょっと不可解な印象もある。

アマゾン中国のスマホサイト

アマゾン中国のスマホサイト

 果たしてアマゾンはどうして中国から撤退すべき状況となってしまったのか?

 外部からは中国的商慣習の壁という意見も聞かれるが、そもそもトップシェアにあったことを考えれば、原因はそこではなく後発的な要因である。
 
 つまり中国ならでは特殊な市場環境の変化があり、アマゾンはそこへの対応が遅れてしまったことが競争に敗れる原因があったと分析している。

 その市場環境の変化とは中国の急速な電子マネー・電子決済の浸透ということがキーワードとなる。

 中国では、アリペイ(支付宝)WECHT PAY(微信支付)というQRコードを使用した電子決済が2014~5年頃から急激に浸透した。

 この結果、ユーザーはスマホから商品を選んで、そのまま電子決済で支払いを済ますというスタイルがあっという間に定着した。

 従来からの「着払い」による現金決済だの銀行決済などの方法も選択できなくはないが、恐らくユーザーのほとんどが電子マネー決済に移行したのであろう。

 それに対してアマゾンでは、ネットバンク決済はあった気がするが、多くが着払いの現金払いやキャッシュカードによるデビッド決済であり、受け取り時にお金を用意したりと、やや手間がかかる受け渡し方法の状況がそのまま続いた。

 ネットバンク決済とて、銀行サイトに移動して検証コードを入力したりと結構手間がかかり、電子マネー決済に比べると雲泥の差で面倒くさい状況だった。

 このような決済の手間が圧倒的に違ってしまえば、価格やサービスにはほとんど差が無い訳であるから、シェアが移行してしまうのは必然だった。

 さらに、先行する天猫商城(タオバオ)に、京東商城が急追したのも天猫が自グループのアリペイしか利用できないのに対してSNSと結びついた微信支付も利用できる強みがあったからだと推測している。

 わざわざ支払いの為にだけで起動する支払宝アプリより、通信や投稿のために始終起動されていてメニュー選択するだけで支払い可能な微信アプリのほうがやはり使い勝手が良いく、それ故に京東が伸びたのだと察する。

 よってこれらの天猫や京東、その他ローカルネットモールの隆盛によりアマゾンは淘汰されてしまったということになる。

 逆に対応が遅れた「1号店」などのネットモールは伸び悩んでしまった。

 実際、私自身の利用傾向も主選択は京東商城になってしまい、目的の商品が見つからない様な場合に限り、次にタオバオ、そして最後にアマゾンも覗いてみようかという程度になり、ここ数年は実際に購入することはなくなったのである。
 
 つまり、電子決済への対応の遅れが、アマゾンが淘汰された主要因ではないかというのが私の推測である。

 では何故アマゾンは電子決済への対応が出来なかったのか?
 
 実際の中身を知らないので勝手な推測になってしまうが、恐らくアマゾンサイトというのは、世界中で共通のプラットフォームを使って表示言語だけを変えた構造なのではないかと想像する。

 故に、そこに電子決済のシステムを組み込むとなると、膨大な開発費が必要になる上に、全世界的な変更が必要で、それ故に対応が遅れてしまったのではないかと思われる。
 店舗ごとに見ていけば、電子マネー決済に対応している店舗もないわけではないようだが、アマゾン全体としての共通仕様にはなっていない。

 そもそもアマゾンはクレジットカード決済などでも、店舗ごとの対応であり、サイト統一仕様として組み込まれているわけではなく、決裁に関してはスマートさに欠ける面があるECサイトだったというのが私の見解であった。

 それ故に電子決済化の波に対応しきれず不便だとユーザーに判断されたと思われる。
 
 このように決済方法とECサイト(ネットショップ)のシェアには密接な関係があると言え、この中国の前例を踏まえていくと、今後日本やアメリカで電子マネー決済が主流になった場合、より簡易的な決済手段が可能なショッピングモールがシェアを伸ばすということが十分に考えられる。

 もし、そこで再びアマゾンの対応が遅れれば、中国以外でもシェアが凋落していく可能性が十分ありうると言える。

 逆に、今はまだ訪日観光客のお土産用決済手段でしかない中国発の支付宝や微信支付も、日本やアメリカの電子マネーツールとして浸透すれば、それとともに進出してくるネットモールにシェアを席巻されないとは限らないのである。

 どうやら今後は電子マネーを制覇する企業が流通を制する時代になりつつあり、少なくともその意味でアマゾンは中国で敗れてしまったということになる。

WECHATの仕事利用には問題が多い。

 中国では日本のLINE同様のWECHAT(微信)というSNSが浸透していることは多くの方に知られていると思うし、中国に来ている日本人の方もほとんどが利用されていることかと思われる。

 このWECHATはプライヴェートでの連絡に使う分にはまあ好きに使えば良いが、ビジネス連絡に使うには問題があるというか、必ずしも使い勝手が良いとは言えない気がしている。

写真はイメージ

 その第一の理由として、フォルダ分類が不可能なため、広告用の通知もビジネス通知も、プライヴェートな通知も全部いっしょくたに表示されるからである。

 特にイベント情報などのサービスの公式アカウントをフォローしてしまうと、あっという間に未読件数がたまってしまい、その中に大事な連絡が混じっていてもフォローしきれず見逃してしまうことがある。

 現時点で確認したところ私自身157サービスもの公式アカウントのフォローをしてしまっており、少なくとも毎日数十件の通知が届くので、すぐに個人からの通知も埋もれてしまう。

 よって、基本的なビジネス連絡については、メール(電子メール)での連絡を基本にしているし、してもらっている。
 電子メールなら基本的にフォルダ分類が可能であり、SNSに比べ検索も容易なので重要な連絡でも見逃すケースはほとんどないのである。

 第二の理由として、wechatの場合は情報の保全性に不安があるといえる。
 電子メールの場合は、現在WEBメール管理をしているので、まあサーバーごと壊れなければ情報が無くなってしまうことはないが、SNSの場合はスマホのちょっとした操作ミスでデータが飛んでしまうことがある。
 特にWechatでは、最近は減ったが、ヴァージョンアップの過程で連絡先データやチャット履歴データが消えてしまうことが度々あったため、信用度がかなり低いと感じており、とてもそこに重要な情報を置きたくないのである。

 さらに、データの保存量に限度があるということもある。
 スマホ上で重いデータをやり取りしているとあっという間に内蔵メモリやSDカードがいっぱいになってしまい、データ整理が必要になる。

 もちろん、SNSはファイルの転送や写真の送信などが非常に容易なのがメリットではあるが、やはり程度問題で、受け止めるだけでスマホにキャパが無いと途端に使い勝手が悪くなる
 今はかなり大きな容量のメモリを積んだので当面は大丈夫かと思うが、やはりパソコンの比ではないので、スマホでの保存は避けたいのである。

 故にSNSのビジネス利用というのは、あまり良いとは思わず極力避けているのが現状である。

 ついでに言うと、電話での通信もあまり得意ではないというか、やはり避けている。
 電話では記録に残しにくいために、後で「言った・言わない」のトラブルが起こりやすく、それを避けるために極力重要な連絡事項は電話も避けている。

 もちろん待ち合わせ上の連絡など、記録の必要性が低く即時性が必要な場合は電話での連絡もやぶさかではないが、それ以外はやはり電話での連絡は避けるようにしているのである。
 まあ世の中には電話での連絡に頼りたがる顧客もいるのだが、そういったお客に限って一度伝えたことを何度も確認したがったりするのでなるべくメールに誘導するようにしている。
 
 そして相手のビジネスマナーの問題もある。

 電話だと遠慮するような距離感の関係の方でも、スマホのSNSでの連絡だと心理的敷居が下がるのか、時間帯問わず平気で連絡してくることがある。
 しかも突然知らない人から営業時間外にアカウント申請があり、友人から紹介されましたと言って来る。

 まあこういった申請も一応顧客候補なので100%無下には出来ないが、返信や承認はよほど緊急性が見られない限り営業時間の範囲に返信するようにしている。

 時間外のSNSでの申請にいちいち対応していると、こちらの気が休まらないしし、身が持たないからである。
 もちろんチャンネルが多ければ、それだけビジネスチャンスに繋がるのはわかっているが、精神的に参ってしまっては元も子ないので、WECHATをビジネスツールとして使うのはやはり得策ではないと考えている。

上海のダフ屋チケットはちょっとドキドキ

前回「上海で(運が良ければ)コンサートチケットを半額以下で買える方法」で書いたように、最近何度か票牛網を使ってチケットを購入しているが、何度か購入しているうちに、これらの正体が段々と見えてきた。

票牛魔天輪 

 やはりこれらのサイトは、正規のチケットエージェントではなく、ダフ屋サイトというか、転売屋サイトのようだ。

 ただ転売屋といっても、日本のオークションサイトとかと違って、恐らく公演主催者からのスポンサー割り当てのチケットを買い取っているような雰囲気であり、そういったルートから仕入れたチケットを中心に売りさばいている印象である。

 要するにダフ屋が合法的に組織的な商売している仕組みのようで、組織規模は上海に留まらず中国全土にネットワークが広がっているようである。
 従って、ニセモノを掴まされたりお金をだまし取られたりするようなリスクはまずなさそうなのだが、やはり正規のエージェントから買うよりは、ややリスクがある。

 それは転売屋であるがゆえに、彼らは情報を持っていても、必ずしも実際のチケットを手元において販売情報を流しているわけではないようだからである。
 つまり出品者から委託された状態ではあるが、買い手がいれば手配するといった段取りをとっているようなのである。
 そのため、入金からチケット手配まで若干のタイムラグがあり、その隙間にリスクが発生しうる状況がある。

 ここが時々ドキドキの元となる。

 そんなドキドキを実は先日体験してきた。

 その時に私がチケットを予約したのは公演日の2日くらい前だったと記憶している。
 本当は予め実券のチケットが手元に届いているほうが理想的なのだが、公演まで時間がなかったため、結局現場受け取りとなった。

 いつもの通り、公演開始前1時間までに会場周辺で引き渡しとなる旨のショートメールが来てそれに合わせて現場に向かった。
 現地へ着くといつもチケットを渡してくれるおばちゃんがいて、そのおばちゃんに声をかけた。
 すると、リストをチェックしながら「あなたはどの価格(額面)のチケット?ふんふん、もうワンランク上のチケットを用意してあげるから、19時30分まで待って」と言われた。

 こちらとしてはちょっとばかり良い席をもらってもたかが知れていると思うので、元のランクでいいですと言おうとしたが、バタバタと他のお客も受け取りに飛び込んでくるので、うまく伝えられない。

 結局流されるまま19時半まで待つことになった。
 公演開始時間は20時なのである。

上海交響楽団音楽庁の夜景

 どうやらランクアップは私へのサービスというより先方の都合で、まとまった席が必要となったため一人で来ている私がはじき出され、その詫びとしてワンラックアップを提供されたような状況のようだった。

 そして19時半に再び同じおばちゃんのところに行くと、まだチケットの実券を受け取らないうちに、ショートメールに受け取りましたと返事を書けと言われた。
 この作業自体は基本的にいつもやる作業なので、特段の驚きはないのだが、今回は実際にチケットを受け取る前なのでちょっと緊張した。

 もしかするとチケットが受け取れない状況に陥ったとき、受け取った証拠とされてしまうからである。
 そんな不安を抱えたまま、「受け取りました」の返信をして、直後におばちゃんが「ちょっとこっちへ来てください」と呼ばれたので後をついていく。

 ホールの前の道沿いに後をついていくと、暗がりのベンチに2人の中年の男女が腰を下ろして話していた。
 男性は黒いマスクをしており、暗がりということもあり、何となく怪しさを醸し出している。
 その男性の方に私を連れてきたおばちゃんが私を紹介すると、じゃあ行きましょうということで私をロビーに連れていき、喫茶スペースのところで待ってくださいと言われた。

 なんだか狐につままれたような感覚で、不安を感じてその男性の動きを見守る。
 手配師は誰かの到着を待っているようだっだが、その待ち人が来ないので、ちょっと困っている様子だった。

上海交響楽団音楽庁の喫茶スペース

 やがて、開演25分前になって男性数人のグループがやってきてその男性手配師に連れられて会場内部に入っていった。
 結局その手配師と一緒にいた中年のおばさんと私が、喫茶スペースに取り残されるが、開演時間が迫ってきて、こちらは焦りが募る。

 まさかこのまま忘れ去られてしまうんじゃないだろうか、そんな不安が頭をよぎった。
 しかし、目の前にいた中年女性も一応一蓮托生らしく、それ故に大丈夫なんじゃないかと自分に言い聞かせながら更に待つ。

 しかし、開演まで15分を切ったところで、その中年のおばさんが痺れをきらしてその男性手配師に電話をかけた。
「あと15分しかないけど、どうなってるの?」と。

 すると、今行くとの返事だったようで、その男性手配師が戻ってきて、ようやくついてきてくださいとの言葉が出てきた。

 ただ、その時渡されたのは、入場済みの客が一時退出の際に渡されるチケットの半券だった。
 どういう状況か分からないが、他の人を入場させた後に預かってきた半券で、入場させられるようである。

 ということはこの手配師のほかに会場から出てきた人間がいるのか、など細かい状況が気になったが、とにかくその半券で入場した。
 で、連れていかれたのは確かにステージ正面だったが、2階席の最後列だった。

上海交響楽団音楽庁の座席

 果たしてチケット価格と見合う席なのかどうかはとても自信がなかったが、とりあえず開演に間に合ったことだけは確かで、演奏は聴けるような状況にはなった。
 あのダフ屋のおばちゃんの言ったワンランク上の席には恐らくなっていないだろうが、そもそもダフ屋チケットは、そのようなものであり、私はさほど席位置にはこだわらないオーディエンスであるのでさほどは気にならなかった。

 ただ主催者から見るとモグリの入場客のような状態になってしまっており、もし摘発されたら私の立場はどうなるのかなどちょっと心配な面はあるが、まあ一応お金は払っているし、席もかなり空いていたので問題にならないだろうと腹をくくった。
 チケットの半券が手元に残らなかったことは心残りなのであったが、聴けることが大事であり、席やお金のことを忘れて安堵した気持ちで演奏を聴いた。
 そんなドキドキ感を経て聴いた演奏は予想以上に満足が行くものとなった。

 ただやはり、会場に入れるか入れないかのドキドキ感はもう2度と御免であり、次回はもっと早くチケットを買うべしと心に決めたのである。