Tag Archives: 詐欺

JR東〇本の詐欺的行為

日本のニュースで山手線が線路切替工事に伴い、大規模に区間運休になっているということを耳にした。
件の「高輪ゲートウェイ駅」の新設に伴う工事だという。

あの駅名については、いろいろ論議を呼んでおり、長ったらしいとか、カタカナ名は古臭いなどいろいろ評価がある。

私も、あんまりいい名前ではないと感じている一人ではあるが、今回の駅名決定において一番不満を感じているのは、駅名決定のプロセスやその背景の姿勢である。
かの新駅は、駅名決定にあたりインターネット上で公募が行われ、その中から選ばれることになっていた。

一応選考要項には必ずしも最も人気のあった名前から選ばれるわけではないという断り書きがあり、過去にも東海道新幹線の列車愛称募集において、1位ではなかった「ひかり」が選ばれたこともあったため、投票1位が必須ではないことはある程度理解されていたとは思う。

 しかしである。

 実際に決まったのは「高輪ゲートウェイ」という駅名で投票数たった36名順位130位という遥かに下位の名前である。
 実はこの駅周辺で行われている再開発企画が「グローバルゲートウェイ品川」と名付けられており、JR東〇本が社運をかけたプロジェクトとして投資が行われていて、それと周辺地名の高輪を組み合わせた名前と説明されている。

この状況を見る限り、駅名公募選定は実は出来レースであったのではないかという疑惑が持ち上がってくる。

つまり公募企画で募集したようなフリをしながら、予め決まっていた自社プロジェクトの名前が入った駅名に決定したという疑惑がある。

 そもそもあんなプロジェクト名を織り込んだ駅名に決定するのであれば公募企画などせず、JR東〇本が勝手に自社権限で命名すればよかったのであるが、わざわざ大々的に公募という手法がとられたのである。

 何故にそんな遠回りをする必要があるのかを推測すれば、公募企画によって社会の耳目を集め知名度をあげるとともに、その知名度によって不動産評価額のつり上げを狙ったのではないかという疑惑が出てくる。
つまり公募に応募した一般人が価格つり上げのための注目度を上げる詐欺企画の片棒を担がされたような状況になっている。

 そう考えなければ、駅名としてセンスのないあの不合理な名前が公募結果から選ばれることは考え難く、公募企画に応募した人はみなJR東〇本に騙されたと考えるのが妥当ではないだろうか?
投票のあった36票というのは、おそらく一応応募があったという実績をつくるためにプロジェクト関係者が応募したのではないかと察する。

併せて、今回の工事による山手線の工事運休という手法にも疑念が湧く。
かなり穿った見方になるが、山手線という東京の大動脈をわざわざ大規模に止めることによって、その原因となる「高輪ゲートウェイ駅」の存在が印象づけさせられている疑いがあるのである。

つまり印象づけのために、日中の運休というわざわざ利用者に迷惑がかかる方法が選択されたのではないかという疑いである。

これまでも鉄道の線路切り替えなどの工事は度々行われてきたが、たいていは深夜の終電が終わった後の夜間に行われ、せいぜい始発電車と終電を多少調節する程度で工事が終わる。
記憶に新しいところでは、小田急線の下北沢駅付近の地下化や東横線の渋谷駅乗り入れ部分の地下化などが行われた際に、大規模にルートの切り替え工事が行われたが、日中の利用客の足にほとんど迷惑をかけることなく深夜に終わっている。
故に今回の山手線と京浜東北線においてもそこまで切り替え工事に時間がかかるのかと疑問が湧く。

しかし実際の切り替え工事は、日中に大規模な1日がかりの運行休止を伴う形で工事が行われた(ことになっている)。

そして、この工事運休についてテレビやラジオ報道で度々情報がアナウンスされ、そのたびに「高輪ゲートウェイ駅」設置が理由である旨が伝えられていた。
これにより恐らく大変な宣伝効果が得られたはずであり、これをスポットCMに換算すれば莫大な金額になるであろう。

つまり公共交通機関の運行休止という「報道」のスタイルを借りたために、ほぼすべて無料で宣伝されたことになっている。
結果として「高輪ゲートウェイ駅」の認知度もさらに上がり、恐らく「品川グローバルゲートウェイプロジェクト」の知名度も上がって販売価格や量の押し上げに一役買うことになったのだろうと察する。

 要するにJR東〇本が、こっそりやる夜間工事ではなく、日中の一般利用客にわざわざ迷惑をかけることによって新駅の存在を印象づけさせ、更にマスメディアを引っ張り出し、自社の利益のための宣伝を報道という手段を使ったという図式が浮かび上がるのである。
 先の駅名公募もやはり報道というスタイルでマスメディアの力を無料で利用し、応募を検討した人にも宣伝していたのであり図式は同じである。

これらの公共交通機関という立場を十分に利用して不動産価格上昇に結びつけようしていたと察せられる手法は、あまりにもあまりにもアコギな手法ではないのだろうか?

市民やマスコミに迷惑をかけてまでニュースを利用した情報の流布行為は詐欺的手法だと言わざるを得ないのである。
先週の山手線の運休報道を見るにつけ、JR東〇本の会社としての姿勢を疑わざるを得なかったのである。

日中往復運賃5元という誇大広告

 先日、上海にある某旅行会社のダイレクトメールで
上海から名古屋中部往復 たった5元!
という航空券の宣伝があった。

 まあ、この手の大胆な広告には慣れているが、今回もどうもキナ臭い。

 早速メールを開いてみると、春秋航空利用で航空券は確かに5元のようだが、その他に必要な費用としてTAXとサーチャージで1280元と説明してある。

 「やっぱり、、、」

 まあ往復合計1285元であっても確かに安いが、5元という表示から受ける印象とはかなり開きがある。

5元航空券の説明

5元航空券の説明

 実際に日本を往復できれば詐欺とは呼べないかも知れないが、少なくとも広告表現としては誇大広告に近い内容という印象である。

 しかも春秋航空の日本版WEBサイトをよくよく調べてみると、日本円決済なら4月以降の日本発の春秋航空のサーチャージは廃止され0元となっていた。

 ただ中国発分に対してまだ280元が残っているようであり、往復なのに往復適用されないのかという疑問はあるが、それはさておき現在では日本円で買う往復航空券に対してはTAXが280元だけかかる状態であり、上記の1280元という金額はいつの金額設定なのかという程にこの航空会社のサイトの数字とかけ離れている。

  さらに、次にやはり春秋航空のサイトで決済通貨を人民元に切り替えるとまた別な不思議な数字が出てきた。

春秋航空の公式サイトの運賃表示

春秋航空の公式サイトの運賃表示

 
 人民元決済で運賃を調べると、日本発便が280元+税等133元などで413元、中国発便が570元となり、運賃以外に往復合計983元のサーチャージなどの費用が必要になる状態となっており、日本円での決済の場合と全く違う内訳構成なのである。
 
 まあこの違いについては、それぞれの通貨の国家の許認可に基づく設定なのであり得る話なのではあるが、一般ユーザーから見ると不思議な現象である。

 しかもこれとて、上記の1280元にはまだ足り無い。

 現在、春秋航空における日本行きの航空券は最低価格で片道9元程度のものがあるが、この運賃状況をもとに算定すれば片道150元設定の航空券X2枚に、上記のサーチャージその他中国空港建設費・TAX983元を乗せた金額が上記の1280元+5元にほぼ一致するという推測が成り立つ。

 ここから推測すれば、実は今回の5元航空券は広告用に内訳構成を変えて表現しているだけなのではないかという疑いが発生するのである。

 まあ利用客からすれば総額が変わらないということにはなり、何れにしても格安には違いが無いのであれば詐欺にはならないのかも知れないが、やはり看板の5元という表示とは食い違うという印象は否めない。

 もしDMで書かれるように実際に現時点で販売する航空券のサーチャージその他が1280元となるなら、航空会社の公式サイトとの差額を説明する必要がある。

 本来あるべき表示とは違う価格表示でお客の目を引くのは、どう考えても誇大広告であり、これを中国だからといって頭の良い商売と見過ごすわけにはいかない今回のDM表現なのである。
 

80元プレゼント?というチェーンメール

 知り合いの中国人から微信(LINEのような通信アプリ)を通じて、一通のチェーンメールのようなものが送られてきた。

 その内容を要約すると
今日は中国移動と聯通(何れも携帯電話会社)が2013年にショートメール費用が100億元を突破した記念のお祝いとして、このメッセージを10人に転送すると80元分の電話代がプレゼントでチャージされる。私たちは今試したら本当だった。早く転送して!転送するのは微信でショートメールじゃないよ
というような内容だった。

 明らかにイタズラのチェーンメールである。

 何故なら、文章をよく読めば論理破綻しているのが分かるからである。

 この送り主は今転送して来ているのに、何故転送後の結果である80元分の電話代が加算されていることを知り得たのであろうか?

 今転送して送信しているということは、80元電話費用が欲しいから転送しているのであり、正しいかどうかの結果を知っているわけじゃないことになる。
 更にもし80元がチャージされたという成功の結果を知っていたなら、再び転送に挑戦するだろうかという疑問もわく。

 もちろん欲張りな人なら2度目を狙ってそうするかも知れないが、どう考えても文脈的におかしいし、微信のメッセージを転送するだけでお金がもらえるなんて、そんなうまい話はないのである。

 まあこのチェーンメールの発案者は、そういったパラドックスが読み取れるかどうかのテストをしているのであろうし、費用のかかるSMSではなく、WIFI接続なら無料で送信できる微信を指定しているのも、騙された人が送信費用を損をしたり、送信履歴に足がついて被害届けを出したりしないよう配慮しているのであろう。

 まあ遊びとして見れば笑って済ますこともできるが、やはり迷惑と言えば迷惑なこの手のチェーンメールである。


 

中国の振り込め詐欺は家賃の搾取狙い

 最近少し減ったが、中国では時々携帯電話のショートメールに振り込め詐欺の案内がやってくる。

 「私は旅行中で外地にいるので、今回の家賃の振り込みは私の配偶者の口座に振り込んで欲しい、口座は○×銀行xxxx-xxxx,,,」

 というのがパターンで、どのメールもほとんど同じである。

この家賃を出汁に使うというのがミソで、どうもこの手のメールを見ると既に慣れたものの見る度にまたドキッとしてしまう。

 世の中の一般庶民の生活の中で、恐らく大半の人の一番大きな出費が住居に関する費用なのではないだろうかと思われ、ローンであれ賃貸の家賃であれ、生活家計の中でそのプレッシャーが一番大きい気がしている。

 まあ私の場合、今までのところ何とか支払いを遅らさせず済ませてきたが、中国のように3ヶ月に一回の支払いだと一回当たりの金額も大きくなり、やはり生活の中で知らず知らずのうちに支払いに対するプレッシャーがかかる。

 そんな常日頃からプレッシャーがある家賃に対する催促メールのような「振り込め詐欺メール」はやはりドキッとするのだ。

 特に近年の中国の賃貸契約の場合は大家の顔を見るのは、最初の契約と退出の時だけくらいなもので、家賃の支払いは口座振り込みで済ませてしまう場合も少なくなく、大家の名前も覚えないくらい交流関係がないのが現状である。

 日本の江戸時代の長屋の「大家と言えば親も同然、店子と言えば子も同然」という言葉とは全く正反対のドライな関係である。

 しかも中国の夫婦別姓制度が余計に詐欺を起しやすい余地を与えていて、家主の名前を辛うじて覚えていてもさすがに旦那や奥さんの名前までは知らない。

 だからこそ、このような家賃振り込め詐欺が横行するのだと思えるが、まあどんな手にも迂闊に乗らないように今後も気をつけたいものである。


奈良のひどい医者

ニュースをいろいろ検索していたら業務上過失致死で患者を死亡させたとさせる容疑者が拘置所の中で亡くなったとのニュースが目に飛び込んだ。

まだ被疑者の段階だったので実名は書かないが、新聞やネットでさんざん悪行を噂されているあの医師のことであるので皆さんもご存知かとおもう。

まあ、記事を掘れば掘るほど出るわ出るわの醜聞の数々で、経験もないのに麻酔医師をもつけず肝臓手術をおこなったとか、高額医療報酬目当てに生活保護者をターゲットに手術を行ったとか、まあ小説でも書かないような医師としてできうる限りの悪行をやったような人物のように噂されている。

 事実かどうかについては捜査を待たなければならないが、残念ながら本人が亡くなってしまったのでそれらの噂の多くは闇の中へと消えてしまうであろう。
 
 一般市民にとってはこういった悪徳(と疑われる)医師は極めて特殊な存在であろうと信じたいが、元々医師というのは患者に対して圧倒的な権限を持っているので、今回のように良心を崩せば幾らでもエゴイスティックになる土壌があるとも言える。

 この奈良の医師のように明らかに悪徳と分かってしまうようなケースは稀としても、ドラマの如く金儲けに走る医師は少なからずいると考えたほうが自然である。

 まあそれでも自らの命に別状がなければいいようなものの、金儲けの踏み台にされているんじゃないかと思うとやはり気分が悪い。

 日常の病気の場合は噂や口コミで判断して信頼できる病院へ行けばよいのだが、緊急時は悠長に医者を選んでいられないのでどんな医者に当たるかは運次第である。
 そのくらい患者は立場が弱く自分の万が一の時に人を食い物にする医者にあたらないことを祈るばかりである。