Tag Archives: 詐欺

日中往復運賃5元という誇大広告

 先日、上海にある某旅行会社のダイレクトメールで
上海から名古屋中部往復 たった5元!
という航空券の宣伝があった。

 まあ、この手の大胆な広告には慣れているが、今回もどうもキナ臭い。

 早速メールを開いてみると、春秋航空利用で航空券は確かに5元のようだが、その他に必要な費用としてTAXとサーチャージで1280元と説明してある。

 「やっぱり、、、」

 まあ往復合計1285元であっても確かに安いが、5元という表示から受ける印象とはかなり開きがある。

5元航空券の説明

5元航空券の説明

 実際に日本を往復できれば詐欺とは呼べないかも知れないが、少なくとも広告表現としては誇大広告に近い内容という印象である。

 しかも春秋航空の日本版WEBサイトをよくよく調べてみると、日本円決済なら4月以降の日本発の春秋航空のサーチャージは廃止され0元となっていた。

 ただ中国発分に対してまだ280元が残っているようであり、往復なのに往復適用されないのかという疑問はあるが、それはさておき現在では日本円で買う往復航空券に対してはTAXが280元だけかかる状態であり、上記の1280元という金額はいつの金額設定なのかという程にこの航空会社のサイトの数字とかけ離れている。

  さらに、次にやはり春秋航空のサイトで決済通貨を人民元に切り替えるとまた別な不思議な数字が出てきた。

春秋航空の公式サイトの運賃表示

春秋航空の公式サイトの運賃表示

 
 人民元決済で運賃を調べると、日本発便が280元+税等133元などで413元、中国発便が570元となり、運賃以外に往復合計983元のサーチャージなどの費用が必要になる状態となっており、日本円での決済の場合と全く違う内訳構成なのである。
 
 まあこの違いについては、それぞれの通貨の国家の許認可に基づく設定なのであり得る話なのではあるが、一般ユーザーから見ると不思議な現象である。

 しかもこれとて、上記の1280元にはまだ足り無い。

 現在、春秋航空における日本行きの航空券は最低価格で片道9元程度のものがあるが、この運賃状況をもとに算定すれば片道150元設定の航空券X2枚に、上記のサーチャージその他中国空港建設費・TAX983元を乗せた金額が上記の1280元+5元にほぼ一致するという推測が成り立つ。

 ここから推測すれば、実は今回の5元航空券は広告用に内訳構成を変えて表現しているだけなのではないかという疑いが発生するのである。

 まあ利用客からすれば総額が変わらないということにはなり、何れにしても格安には違いが無いのであれば詐欺にはならないのかも知れないが、やはり看板の5元という表示とは食い違うという印象は否めない。

 もしDMで書かれるように実際に現時点で販売する航空券のサーチャージその他が1280元となるなら、航空会社の公式サイトとの差額を説明する必要がある。

 本来あるべき表示とは違う価格表示でお客の目を引くのは、どう考えても誇大広告であり、これを中国だからといって頭の良い商売と見過ごすわけにはいかない今回のDM表現なのである。
 

80元プレゼント?というチェーンメール

 知り合いの中国人から微信(LINEのような通信アプリ)を通じて、一通のチェーンメールのようなものが送られてきた。

 その内容を要約すると
今日は中国移動と聯通(何れも携帯電話会社)が2013年にショートメール費用が100億元を突破した記念のお祝いとして、このメッセージを10人に転送すると80元分の電話代がプレゼントでチャージされる。私たちは今試したら本当だった。早く転送して!転送するのは微信でショートメールじゃないよ
というような内容だった。

 明らかにイタズラのチェーンメールである。

 何故なら、文章をよく読めば論理破綻しているのが分かるからである。

 この送り主は今転送して来ているのに、何故転送後の結果である80元分の電話代が加算されていることを知り得たのであろうか?

 今転送して送信しているということは、80元電話費用が欲しいから転送しているのであり、正しいかどうかの結果を知っているわけじゃないことになる。
 更にもし80元がチャージされたという成功の結果を知っていたなら、再び転送に挑戦するだろうかという疑問もわく。

 もちろん欲張りな人なら2度目を狙ってそうするかも知れないが、どう考えても文脈的におかしいし、微信のメッセージを転送するだけでお金がもらえるなんて、そんなうまい話はないのである。

 まあこのチェーンメールの発案者は、そういったパラドックスが読み取れるかどうかのテストをしているのであろうし、費用のかかるSMSではなく、WIFI接続なら無料で送信できる微信を指定しているのも、騙された人が送信費用を損をしたり、送信履歴に足がついて被害届けを出したりしないよう配慮しているのであろう。

 まあ遊びとして見れば笑って済ますこともできるが、やはり迷惑と言えば迷惑なこの手のチェーンメールである。


 

中国の振り込め詐欺は家賃の搾取狙い

 最近少し減ったが、中国では時々携帯電話のショートメールに振り込め詐欺の案内がやってくる。

 「私は旅行中で外地にいるので、今回の家賃の振り込みは私の配偶者の口座に振り込んで欲しい、口座は○×銀行xxxx-xxxx,,,」

 というのがパターンで、どのメールもほとんど同じである。

この家賃を出汁に使うというのがミソで、どうもこの手のメールを見ると既に慣れたものの見る度にまたドキッとしてしまう。

 世の中の一般庶民の生活の中で、恐らく大半の人の一番大きな出費が住居に関する費用なのではないだろうかと思われ、ローンであれ賃貸の家賃であれ、生活家計の中でそのプレッシャーが一番大きい気がしている。

 まあ私の場合、今までのところ何とか支払いを遅らさせず済ませてきたが、中国のように3ヶ月に一回の支払いだと一回当たりの金額も大きくなり、やはり生活の中で知らず知らずのうちに支払いに対するプレッシャーがかかる。

 そんな常日頃からプレッシャーがある家賃に対する催促メールのような「振り込め詐欺メール」はやはりドキッとするのだ。

 特に近年の中国の賃貸契約の場合は大家の顔を見るのは、最初の契約と退出の時だけくらいなもので、家賃の支払いは口座振り込みで済ませてしまう場合も少なくなく、大家の名前も覚えないくらい交流関係がないのが現状である。

 日本の江戸時代の長屋の「大家と言えば親も同然、店子と言えば子も同然」という言葉とは全く正反対のドライな関係である。

 しかも中国の夫婦別姓制度が余計に詐欺を起しやすい余地を与えていて、家主の名前を辛うじて覚えていてもさすがに旦那や奥さんの名前までは知らない。

 だからこそ、このような家賃振り込め詐欺が横行するのだと思えるが、まあどんな手にも迂闊に乗らないように今後も気をつけたいものである。


奈良のひどい医者

ニュースをいろいろ検索していたら業務上過失致死で患者を死亡させたとさせる容疑者が拘置所の中で亡くなったとのニュースが目に飛び込んだ。

まだ被疑者の段階だったので実名は書かないが、新聞やネットでさんざん悪行を噂されているあの医師のことであるので皆さんもご存知かとおもう。

まあ、記事を掘れば掘るほど出るわ出るわの醜聞の数々で、経験もないのに麻酔医師をもつけず肝臓手術をおこなったとか、高額医療報酬目当てに生活保護者をターゲットに手術を行ったとか、まあ小説でも書かないような医師としてできうる限りの悪行をやったような人物のように噂されている。

 事実かどうかについては捜査を待たなければならないが、残念ながら本人が亡くなってしまったのでそれらの噂の多くは闇の中へと消えてしまうであろう。
 
 一般市民にとってはこういった悪徳(と疑われる)医師は極めて特殊な存在であろうと信じたいが、元々医師というのは患者に対して圧倒的な権限を持っているので、今回のように良心を崩せば幾らでもエゴイスティックになる土壌があるとも言える。

 この奈良の医師のように明らかに悪徳と分かってしまうようなケースは稀としても、ドラマの如く金儲けに走る医師は少なからずいると考えたほうが自然である。

 まあそれでも自らの命に別状がなければいいようなものの、金儲けの踏み台にされているんじゃないかと思うとやはり気分が悪い。

 日常の病気の場合は噂や口コミで判断して信頼できる病院へ行けばよいのだが、緊急時は悠長に医者を選んでいられないのでどんな医者に当たるかは運次第である。
 そのくらい患者は立場が弱く自分の万が一の時に人を食い物にする医者にあたらないことを祈るばかりである。

気功を理解する。

知り合いから気功の先生を紹介されたので、試しに参加してきた。
たった2時間ではあったが、結構面白い時間を過ごすことができた。
まあそれだけでもう理解したというのはあまりにも早計ではあるけれど、
気功は体に良いものであるということは理解できた。

気功の先生は「気」という言葉で表現していたが、まあ「気」といってしまうと非常に抽象的でマヤカシ的な匂いがしないではないが、これを神経と置き換えてみると非常に西洋医学的に理解ができる。

 簡単にいうと、気功でいう「気」とは神経細胞の活性化のことだと思われる。私なりに気功を理解すると、気功とは経絡など体中の各部位をそれぞれ意識することによって、その部位の神経細胞を活性化させ、体そのものが従来持っている病気を治す免疫力を高めることが出来るのという理屈になる。 
 本当に脊椎の中まで神経細胞を活性化させることができるのか科学的に検証できているのか分からないが、意識を脊椎の部位に集中させることにより、脊椎の中の神経をも活性化させることができるということになる。
 神経を活性化させるということは、人の体の生命を健康に維持しようというベクトルを持つ細胞を活性化させることになり、それが実際に体を健康にむかわせる。
 こういった体のサイクルを意識的に強める行動が気功ということになろう。

 こうやって考えると、気功というのは形式的な運動を真似ただけでは駄目だということになる。
意識の集中が大事なのである。極端な話で言えば、体を動かさなくても意識を集中できれば気功は成立するであろう。
 もちろん、体を動かすということそのものが血流を促し、神経を働かせるということになるので、動きも非常に大事になる。

 そういった神経の集中や血流の動きを経験則的或いは中医学的に、効果のある体の動かし方としてまとめたものが、現在ある気功というものであろう。
私はそう理解した。

もちろん気功の先生は「気」だの「心の目」だの抽象的な言葉を使い説明をするので、魔術的な匂いがしてしまう。故に世間的な気功の評判には結構怪しさが付きまとう。
また外部の人間からは「体のどこここがこう痛いのですが気功で治りますか」という魔法を求めるような質問がよく出てくる。
 それを気功的に言えば治せるともいえるのだが、実際には自分の体が自分自身で治すことを促すだけなのであって、気功という魔術が体を治すのではないことは理解するべきであろう。

 世の中には気功を語り、病気が全て治るなど宗教まがいなことをやったり、それを通じて詐欺商法や犯罪まがいのことを行う人もいるので注意が必要だが、理解を間違えない限り気功は体に良さそうである。

時間の許す限り今後も参加しようと考えている。