Category Archives: プライヴェート

半年で4人の若手社員がガン手術の職場

 私の職場ではなく、上海以外の友人の職場での話だが、この半年で4人もの若手同僚ががんの手術を受けたそうだ。
 しかも40歳以下の女性ばかり4人だそうである。

 その友人の職場は60人程度の会社で、工場とかの現場系ではなく、従業員60人程度の事務系の会社である。

 まああまり詳しいことは聞かなかったが、がんの種類はそれぞれ違うらしく、何かこれといって特定の原因が見つかりそうな状況では無いようだ。
 その本人も体調が本調子ではない状態が最近続いていて、そんな周りの状況もあって、得も知れぬ不安にかられて、私に訴えてきたようだった。

 しかしながら60人程度の会社で4人というのはすごい確率である。

 率にして6.7%と、1%を遥かに超える。

 日本のデータでは40歳以下の場合はがんの発症率は0.1%を少し超える程度であるようであり、1%を超えただけでも多いのに6%超えとは驚きである。

 これは何らかの特定の原因が引き起こしたのではないかと疑いをかけるのに十分に足る状況であり、単なる偶然なのかどうかは検証すべきであろうに思う。

 過去には胆管がん印刷業従事者に多発して、ようやく原因がわかったような事例もあるし、今まで知られなかった要因がありうる可能性は捨てきれない。

 職場で流行った特定の食品、あるいは職場の建物や空調環境などのオフィス環境など、調べて見る価値はあるのかなという気がする。

 その友人に対しては、不安なら上司に調査を要求し、拉致があかないなら離職も検討したほうが良いとアドバイスしてあげた。
友人の無事を祈るばかりである。


 

無いような、あるような上海と日本の時差

 ほとんどの人がご存じであろうが、日本と上海(中国)の時差は1時間ある。
 この1時間の時差というのは、何とも微妙な差である、

 スポーツの国際大会の中継でもわかるように、欧州や北米・南米大陸のようにはっきりと昼と夜がずれてしまうほどに時差が大きければ、「ああ時差があるんだな」と認識できるのだが、残念ながら1時間という幅ではそこまで時差を感じるほど違いがない。

 日本が昼間ならば、上海もほぼ昼間であり、生活時間帯の差もほとんど個人生活の差に吸収されてしまうレベルである。
 従って、飛行機で移動するにしても、出発日と到着日の日付がずれてしまうようなこともまずないのである。

 しかしである。

 やはり時差は時差であって、例え僅か1時間の時差であっても、両側が全く同時刻で進んでいるということではないのであって、時々その差を強く意識させられることがある。

 私がその時差の存在を最も感じるのは、日本のラジオ放送などを聴いているときであろうか?(テレビはほぼ見ないので気にならない)
 特に早朝や夕方、夜の番組を聴こうとする時はとても気になる。

 例えば日本の早朝6時からの番組であれば、上海では5時に起きなければならず、さすがにこの1時間の差は大きく感じる。
 同様に夕方の番組も19時開始なら上海では18時にラジオ(ラジコ)のスイッチを入れなければならないのである。

 この1時間の差をきちんと注意しないと、番組を聞き逃すことになるので、時差を頭に入れて、聴く準備をする必要がある。
 このため、実は私のパソコンの時計は中国側にいる時でも常に日本時間に合わせて表示するようにしてあり、日本の標準時を意識して行動している。

 これに対して外へ持ち歩くスマホは中国標準時表示を基準にしているので、スマホとパソコンで時差がある状態で生活している。

 まあ最近では、ラジコのタイムフリー機能があるので、聞き逃した番組でも1週間以内なら後から録音で聴けるようにはなっているのだが、機能に頼って油断していると結局聞き逃したりするので、なるべく日本の放送時刻に合わせて聴くようにしている。

 そういった意味でも日常から1時間の時差を常に意識している。

 ただ逆に、日本のラジオ放送を基準にして、現在の生活の曜日間隔を維持したりもしているので、日本と中国の時差が1時間しかなく、日単位で大きくずれていないことにも感謝もしている。
 このように、無いようなであるような上海と日本の時差の間で現在暮らしている。

上海地下鉄駅の時計

アニメ「タッチ」の日常性

最近GYAOでアニメの「タッチ」が無料再放送されているのを見つけ、懐かしくなって夜とかに、ちょこちょこと見始めている
 まだ話は序盤で。主人公3人が和気あいあいとしている段階である。

このアニメを知っている人はストーリーの流れとして、今後に登場人物の誰かがどうにかなるということは知っていると思われるが、私もその一人で、その先の展開を知っていてこのアニメの序盤を今観ている。

まあ、当たり前と言えば当たり前で、その誰かがその後どうなるということをまるで予期出来ない雰囲気で物語は展開されていく。
しかし原作者のあだち充氏によると、その誰かがその後どうなるかはこの漫画を書き始めた時にあらかじめ決めていたということらしく、現段階の和気あいあいの雰囲気もその先の展開をわかった上で描いていたことのようだ。

つまり未来の展開を決めながら単なる青春ラブコメ的な雰囲気の物語で引っ張っていたということで、とても驚きである。
普通の作家なら、未来を予想する伏線をたくさん張りたくなるのが通常の手法だろう。

ただ、現実の私達の生活を振り返ってみても、今現在の生活の中にいる私達は、未来に周りの誰かがどうなるかということを知らずに生きているわけだから、ストーリーの中で次の展開の伏線など無いのは当たり前であり、作者はそれに沿っただけだとも言える。

そう言う意味では、このストーリが将来の展開を全く予測できない雰囲気で淡々と物語が進むことはごく当然のことだともいえるのだけど、作者がこの段階で平凡なラブコメディーを平然と描いていることに感心する。

 ただ、この「タッチ」という作品が平凡な状況からこの先に驚きの展開を見せるのと同様に、私達の生きている現実でも予想がつかないような展開が発生することはありうる話ではある。
 
 もちろん、いたずらに未来に怯える必要はないが、平凡に過ぎていくように見える今の私達の周りの時間でも。予測のつかない展開があり得ることをタッチは示してくれている。

 携帯電話もインターネットも出てこない30年以上の前のアニメだが、今見ても大事なことを教えてくれるアニメである。