Category Archives: プライヴェート

ベトナム人少女殺害の現場は私の地元

 今朝、日本の我孫子市で起きたベトナム人少女殺人事件の容疑者が逮捕された。

 どうやら、少女が通っていた学校のPTA会長本人が容疑者ということで、非常に驚きの展開となっている。

 まあ、逮捕されたとは言えまだ本人は黙秘を続けているとのことで、容疑者を迂闊に断罪することは避けたいと思うが、少女が松戸市六実の児童であり、我孫子で死体遺棄されたこと自体は事実であり、このことに現在遠く上海に住みながらも驚きを隠せない。

 何故なら我孫子は私の地元であり、あの現場は実家から自転車で行けてしまうような場所であって、車なら10分もかからず行ける身近な場所だからである。
 さらに、少女が住んでいた六実についても実は私はよく知る場所なのである。

 昨年まで両親がその近くで働いていたこともあって、私や私の両親は常に我孫子と松戸を行き来きしており、例えば刑事ドラマの言うところの土地勘のある人間を洗い出せということであれば、私の家族は完全に該当してしまっていたのである。

 さらに言えば私の父親はその松戸の職場をリタイヤ後、あの現場のそばでアルバイトをしており、現地近くをよく行き来する状況となっていたため、あの現場もよく知っているはずなのである。

 従って、まあ私の父親のことなので流石にあのような所業をする人間とは思わないものの、運が悪ければ疑いを掛けられ冤罪で逮捕されるくらいのことは十分あるような条件は整っていたのである。
 もちろん人間に100%はありえ無いし、多くの犯罪者がそうであるように家族が想像だにしなかった人間の本性が突然現れるということはゼロではないので、この事件が報道されて以後、父親のことは信じているものの心の何処かにほんの僅かだけの準備はしていた。

 そして実際今回逮捕された人物はPTA会長ということで、誰もが「まさかあの人が」と思われる人だったのであり、直前まで普通に暮らしていた地域の隣人の一人だったわけである。
 しかも聞くところによると容疑者は私と同年代であり、これまで同じ時代を生き、もし私が今も地元に居れば逮捕の直前まであの容疑者も私と同じ視線が世間から当てられていた存在なのである。

 つまり訳の分からないまったく遠い国の人の話ではなく、私と等身大の人間があのような事件を起こしたらしく、今回容疑者として逮捕されたのであり、それゆえに衝撃は大きかったのである。

何が容疑者にあのようなことをさせたのかは分からないが、あのような普通の隣人が何かの拍子で一歩間違うとあのような犯罪者と化してしまうことがこの社会ではあり得ることを改めて知らされたこの事件である。

被害者の方のご冥福を深くお祈りいたします


ピーチ航空で上海に戻れず、着陸できない?!その1(羽田編)

先日のピーチ航空の上海発便の初搭乗で日本に帰国した後、数日後に再びピーチ航空を利用して上海に戻る予定だった。
時間帯としてはやはり深夜発だったのだが、当然戻り便も安かったので往復で買っていたのである。

当日も早めに実家を出発したためやはり20時までに羽田空港についてしまった。

羽田空港国際線ターミナル内部

空港でインフォメーションボードを見ると、便数の多い羽田ではまだ深夜便は表示されていなし、どうやらピーチ航空は少なくとも羽田の国際線ターミナルには自社窓口を持っていないようだっため、チェックインカウンターさえその時点ではわからない状態だった。

そのため、情報を得られるまでひたすらその場で時間を過ごすことにしたのだが、幸い羽田空港の国際線ターミナルは近年のVISIT JAPANキャンペーンのおかげなのか来港客が退屈しないよう、展望ターミナルを初めとしてレストランや展示物などが充実していた。

TOKYO TOWN」の名で一種のミニテーマパークと化しており、それを見て歩くだけでもそこそこ時間は潰せる。

TOKYO TOWNの日本橋

レストランなどは流石に空港価格で安いとは言えなかったのだが、今回は
モノは試しと展望デッキそばの店でカレーを買い、屋外で空港の夜景を見ながら夕食と洒落込んだ。

羽田空港国際線ターミナルのカツカレー

飛び立つ飛行機を見ながらの食事は、なんとも乙である。

展望デッキからの羽田空港の夜景

展望デッキからの羽田空港の夜景

さて再び屋内に戻りインフォメーションボードに目をやると、カウンターAとあったが、実際に行ってみるとまだシンガポール航空が受付けを行っており、ピーチ航空の受付はまだ始まっておらず、ピーチ航空の受付開始には時間があるようである。

ではではということで、インターンネットにつないでノートPCを開くことにした。

今回ネット接続に関しては上海出発時にWIFIルーターをレンタルしてきたので、空港内を含め日本滞在中一切の心配はなかったのだが、バッテリー残量の不安はあったので電源のある場所を探した。

実はこれが結構難儀した。

出発フロアや到着フロアには充電カウンターが設置してあるにはあるのだが、数が少なくいずれも先客が大勢居り、なかなか割り込めない状況だった。

立ったままの充電で良ければ、1個や2個の電源口の空きはあったが、とてもノートPCを広げられるほどのスペースは無かった。

そこで、ターミナル内を上から下まで隈なく探検してみたところ、地上階に何とか隙間のある電源スタンドを発見した。

インフォメーションボードが見えないのでやや不安があるが、すぐそばにローソンもあり、飲み物などの調達も可能で、トイレもすぐそばで長時間時間をつぶすにはもってこいの場所である。

このどうもこの羽田空港はまだ海外からのモバイル利用者への対応が弱い印象で、長らく国内キャリア3社が市場を独占してきた弊害がここに表れているような気がする。

さてこの場所で2時間くらいを過ごし23時ころに出発階に戻ったところ、チェックインカウンターには既に長蛇の列ができていた。
実は、上海発の便で知り合いになった上海人母娘も同じ便で帰国することになっていたときいており、このチェックインカウンターのところで再会した。

カウンターの対応はさすが日本というか、上海に比べ丁寧だったのだが、その反面、手荷物と委託荷物の重量制限には厳しくそれぞれ重量計に乗せろと言われる。

この点は実家を出発する時点できちっと重量計測していたので私は心配なかったのだが、中国人搭乗客達は結構気軽にオーバーしているようで、超過料金を取られていたようだった。

余裕があるのか大らかなのかわからないが暢気なものである。

さてチェックインを済まし、出国手続きを終えて搭乗口へ向かう通路を進んでいくと、半分くらいの免税店は既に営業時間を終了しており、残るお店も閉店に向かう準備を始めていた。

国際空港として深夜発便も増えているのに、このあたりのサービス対応は若干弱いという気がする。

もっとも深夜便は運賃の安いLCCが多く、利用客層から考えると多くの売り上げが見込めないわけで、この対応は仕方ないかもしれない。
ただ、飲食店などはまだ少し開いており、ここで見つけた味噌ラーメンが非常に美味しそうで、先ほどカレーを食べたばかりにも拘わらず、締めの一杯ということで(笑)、800円と割高にかかわらずおいしくいただいた。

羽田空港国際線搭乗フロアの味噌ラーメン

さて搭乗口付近の座席に着いた時点で、まだ時間に余裕があったのでやはりノートPCを開いたが、ここでも電源不足の印象である。
幸いに早めに予定搭乗口に着いたので、今回は電源を使用することが出来た。

ところで、今回の羽田から出発において、私個人の心情の中で、過去とは違う不思議な感覚を感じていた。
過去の一時帰国の際の日本出発時には日本でリフレッシュ出来た心の軽さというか、さあ上海の街に戻るぞ!といった意気込みのようなものがあったのだが、今回はそれがなかったのである。

そのことについて、とても違和感を感じながらの搭乗待ちの時間を過ごしていた。

恐らくこの違和感は後から思うと、この後に起きる出来事を予感させていたのかもしれない感覚だったのである。

さて搭乗時間が来て機体に乗り込み、出発を待っているとCAの方が妙なアナウンスをした。

目的地、上海浦東国際空港は天候状況が悪く濃霧のため、着陸できない恐れがありますので予めご承知おきください

一瞬のことだったので、正確には聞き取れなかったが、おおよそこのように言っていたと思う。

これを聞いて

「んん?何?」
「上海に到着できない可能性があるとは、どういうことだ?その場合はどうなるんだ?」
と色んな不安が頭をよぎった。

まあ墜落とかでなければ事態はなるようにしかならないのであるが、やや不安を抱えながら機体は羽田空港を離陸した。
続く

北海道日本ハムファイターズの日本一とラジオの野球実況技術の高さ

 一昨日、日本のプロ野球の日本シリーズで見事に北海道日本ハムファイターズが勝利を決めて日本一に輝いた。
 実に10年ぶりの日本一であり感慨ひとしおである。

 この一週間は日本シリーズのおかげで、いろんなことが手につかなくらい日本シリーズに集中していたので、ある意味やっと解放されたともいえる
 
 実はちょうど10年前の優勝の際に、私は上海にやってきており(正確にはまず蘇州に行った)あれ以来の日本一ということになる
 それ故にこの10年という長さはちょうど私が上海で過ごした時間と同じことになる。

 当時はたぶんテレビの実況中継も見てないし、インターネットの速報で優勝を知ったようなことだったと思うが、ファイターズの日本一を知って始まったばかりの上海生活の心を引き締めたような心境だったような気がする。

 で、あれから10年が経ち、相変わらず上海にいる私は未だ日本のテレビとは縁遠い生活を送っている。
 有料の海外テレビ視聴サービスも身近で提供されているのだが、コストが高いのと、日本のテレビを見始めると結局自分が怠惰になるだけなので遠ざけてきており、視聴サービスは一度も契約しないまま10年が過ごしている。

 どうしても見たいサッカーの試合などがあるときは、テレビ設置の日本料理屋などにいけば事足りたのである。

 その後VPNには加入したので、日本のパリーグテレビくらい入ってもいいかなと考えた時期もあったが、仕事や時差の関係上毎試合見られるわけでもないので、コストパフォーマンスを考えやはり見送った。
 で、結局残ったのが日本のラジオのインターネットサービスである「ラジコ」であり、このラジコを通じて日本のラジオの野球中継を聴くことにしたのである。
 
 でラジオの実況中継を聴いていて改めて感じたのは日本のラジオ実況の技術の高さである。
 ラジオなので当然音だけなのだが、会場の雰囲気から選手の動きまで手に取るようにわかるように実況され、選手の表情から天候、守備体形までが詳しく説明される。

 そしてその合間合間に解説者の解説まで織り込んで放送するのだから下手にテレビで見るよりわかりやすいのである。

 むしろテレビの実況のほうが映像に頼り切ってしまい、時には緊張感に欠ける実況が行われることもあり、盛り上がりに欠ける放送が行われる時がある。

 その点、ラジオ実況は一球一球耳が離せず、緊迫するので試合が動いたときの緊迫感や盛り上がりがひしひしと伝わってくる。

 まあ野球という競技自体が比較的定型的な動きの繰り返しなので、比較的説明が容易というのもあるかもしれない。
以前サッカーのラジオ中継を聴いていたこともがあったが、まるで場面が想像できずもどかしさばかりが募ったのを覚えている。
その点、ラジオ実況を聴いている範囲ではもどかしさを感じないほどに、状況が理解できるのである。

 こういったラジオ実況の技術のおかげで、今回の日本ハムのペナントレースやCS、日本シリーズにいたるまでライブはすべてラジオで聴いていた。

 まあ、どうしても映像で見たくなったシーンなどはYAHOOやYOUTUBEに上がってきたもので確認しており不足はない状況になっていて、ライブで映像を見たいという欲求はそれほど高まらずに済んでいる。

 ただまあ、映像で見たい欲求はそれほど高くはないが、スタジアムで一緒に応援したかったという気持ちはちょっと残り、日本一はうれしいがちょっと今後どうするべきかを悩んでいる。

 とにかく北海道日本ハムファイターズ日本一おめでとう。