Tag Archives:

上海の建物同士の間隔が狭い理由

上海の街を歩いてみるとすぐわかることだが、マンション同士の間隔というか距離感がもの凄く近く、狭い間隔で建てられていることに気が付く。

日本だと建築基準法か何かで、建物の高さに比例して、建物の同士の距離が定められているので、こういった極端に近接した建物はまず住居用では見られない。

しかし上海では結構密集して建物が建てられている。

上海の住宅密集地域

もちろん狭い敷地に沢山建物を詰め込めば、敷地面積に対して多く部屋を設置できるので開発業者が儲かるということはあるが、日本の場合は建築基準法がそれを許さないように定められているため、こういった密集した建設にはなりえない。

まあこの点で中国の建築基準法が未整備だと言ってしまえばそれまでだが、どうも社会そのものにそれを求める要求がないということが法律にも反映されないというのも理由にあるような気がする。

そもそも建築基準法が建物の間隔や高さを定める理由というのは、日照権の問題にある。

日照権とは言わずもがな「陽の当たる権利」で、1日の内に最低3時間程度は陽が当たるように周囲の建物に配慮しなければならないといった基準になっているものである。

つまり日本では陽の当たることに価値があるのであって、それが住宅所有者には確保されるべき最低限の権利だという価値観が根底に有る。

その点、実は中国というか、まあとりあえず上海ではそこが違うのでは無いかという気がする。
(他のエリアはそこまでチェックしてないのでとりあえず上海限定で)

例えば、上海は東京に比べ緯度で5度南にあり、真夏の太陽の位置は東京より高い位置に来るため、日差しはより真上に近い角度から下りて来る。

更に、夏の気温が高いため、日が当たることとは望まず逆に涼むために寧ろ日よけを望んでいる部分があり、日照権などという権利発想には思いもよらないのではないかという気もする。

冬も、上海の場合は関東のようにきれいに晴れが続くということが少ないため、日照によって暖を取るという発想がなく、以前「上海人はあまり脱がない」で書いた通り、服を着込むことと、熱い食を摂ることで暖を取っている。

故に住宅において太陽光を受けて熱を取り入れることはそれほど熱心になっていない。

つまり太陽光の存在にあまり価値をおかず、建物の間隔が狭くても気にならないので、建物を密に建てているのでは無いかという気がするのである。

実は以前に台湾に行った際にも、やはりマンションが詰められて建てられている光景を目の当たりにした。

台北の密集したマンション群

台湾は上海よりさらに緯度が南に位置するためほぼ真上の位置から太陽光が差し込む。
台湾島のちょうど中央部を北回帰線が通るため、台南・台中付近は夏至の時期は完全に真上になる。
それ故か台北の建物の間隔は上海以上に狭かったのである。

台湾くらいの緯度になると、冬でもさほど寒くないので、もはや冬場の暖を太陽光に求める需要すらないと考えられる。

さらに緯度的に南となる香港も同様に建築間隔が密であった記憶があり、日照権は住宅にとって必須ではないのだろうと思う。

香港のマンション群

故に、これらの地域では、日照権は基本的に求められず、かなり建物が密に建てられていると考えられるのである。

こういう点から考えていくと、緯度が北寄りで冬場の暖を太陽光から取る必要性のある日本、特に関東や関西程度の緯度の地域では日照権の問題が発生するが、緯度が南の暖かい地域では日照権はほとんど問題にならない整理になる。

実際、日本でも沖縄では日照権はほとんど問題になっていないが、逆に札幌など寒い地域ほど、日照権は深刻な社会問題になっているのが実態のようだ。

よって、最初の命題に戻るが、上海で建物の間隔が狭いのは日照権をほとんど必要としていないからだと考えられるのである。

ただ、一つ補足すると、上海ではこのように日照権の問題は発生しないが、眺望の問題は不動産の価値に大きく影響するようで、低所得者のマンションほど密で、高所得者向けの新しいマンションは眺望を意識して疎に建てられており、日照権以外の問題で建物の間隔が離れつつあるのが、トレンドのようである。


何故か果物屋の多い上海の街

最近、上海の街で流行りだしているものに高級果物(フルーツ)店というジャンルがある。

上海の高級果物店

上海の高級果物店

 中国各地や東南アジアなどから輸入された果物を、毎日定期的にオフィスや自宅などに取り入れるサービスなどが都心部で見られるようになってきた。

 バナナやイチゴ、キーウィやマンゴー、ドラゴンフルーツにパイナップル、そしてあの臭い匂いで有名なドリアンまで、季節問わず売っているのである。

 まあ東京などでもこういった果物宅配をやっているところはあるかもしれないが、それほどトレンドになっているとは思えないようなサービスである。
 しかし上海ではこういった高級果物宅配のちょっとしたミニブームが起きている印象となっている。

 もとより、上海は普通の街より果物店が多く街のいたるところに果物店が存在する。

上海の果物店

上海の果物店

 これだけの数が乱立していても、商売が成り立つわけだから、恐らくそれだけ需要があるということになる。

 そういえば、上海では日本料理店やKTVのお店でも、スイカなどのフルーツが頻繁に提供される。

 日本のレストランなどでも頼めば出て来ないことも無いだろうが、果物を提供するお店は一部の高級店に限られるような気がしている。
上海の日本料理店は、そういった高級店のイメージを真似しているところもあるのかもしれないが、個人的には上海のこういった果物市場が大きいという土壌が、日本料理店でも果物を提供するようになっているのだという気がする。

 とにかく、上海は果物店が多い街ということになるのだが、何故こういう状況となるのだろうか?

 この点について自分なりにちょっと推測を立ててみた。

 上海に果物店が多い理由の一つとして、上海は水の質が良くないことが原因で、水分の補給源として果物が重宝されているのだと考えてみた。

 上海は海に突き出た長江の中洲のような地理的状況であり、飲料水に適した水を得るのは大変で、古くから上海の水道水は質が悪いので有名である。

 もちろん、沸かして飲めばそれなりに飲める状態にならないことはないのだが、夏場などは熱いお湯を飲むのは積極的にはなれず、茶葉を入れたとて劇的に水質や味覚が改善するわけではないので、上海で水分補給手段として水を直接飲むのはベターではないのである。

 上海ではよく子供に冷たいものを飲ませるなとか言われるが、これはお腹が冷えるということももちろんあるが、水の質が悪く煮沸消毒しない水を飲むとお腹を壊しやすいところからきているのだと思われる。

 それに対して、果物の摂取であれば、水分や栄養分の摂取を比較的安全に摂取できる。

 しかも水道や井戸からの水分摂取にくらべ非常においしく水分を取り入れられるのである。
 さらに果物の形態であれば水を運ぶより遥かに容易に外地から持ち込むことが可能で暑い夏場の保存性も生水よりははるかに良いと考えられる。
つまり上海の水事情の悪さが、上海において果物店の数を増やしているのだと考えるのだが、果たしてどうであろうか?

 

夏休みの自由研究がオタクを生む?

 日本では小学校の夏休みの宿題として、自由研究というものが実施されている。
 私が小学校の時にもそれなりの研究に取り組み、当時の恩師や両親の協力を得ながらそれなりの研究に取り組み、運よく夏休み後の学校代表などになったこともあった。

 まあ、今考えればたわいもの無いものばかりではあるが、今にも生きる貴重な雑学を吸収するきっかけとなった時期とも言える。

つまり、学校で習う勉強以外のものとして知識を拡げるいいきっかけになったのである。

DSC04384

 ところで最近こちら中国で、小学生の子供を持つ親御さんに事情を聴いたところ、どうやら中国では自由研究に該当するような夏休みの宿題は出されていないようである。
夏休みの宿題として漢字の書取りや算数の計算問題ドリルのようなものはあるようだが、自由研究らしきものは特に無いようである。

 じゃあ他の国はどうなんだと調べてみると、欧米は学年の境目の年度替わりということもあって、夏休みの宿題自体が存在しないようだった。

 語学力が無いのでアラブの国までは調べきれなかったが、かの国たちも夏休みの宿題が存在するイメージが無いので恐らくきっとないんじゃないかという気がする。

 結局まあ恐らく夏休みに宿題が出るのは東アジアの日中韓だけで、韓国も読書感想文などはあるらしいが、自由研究などは見当たらないのである。

DSC01032

 つまるところ雲をつかむような課題である自由研究を夏休みに子供に与えているのはおよそ日本だけということになる。

 ほかの国でも学校単位では行われている可能性はあるが、国全体で実施されているのはやはり日本だけのようである。

 この自由研究について、いつ始まったかは定かではないが大正時代に一部の学校でおこなわれていたものを戦後に授業として定められたものらしい。
 由来はともかく、この日本特異とも言える夏休みの自由研究課題は日本独特の文化を生んでいるような気がするのである。

 その一つとして考えられるのが、日本独特のオタク的文化である。

 オタク的文化といっても、何もアニメや漫画だけでなく、ありとあらゆる分野にわたり、例えばラーメンのスープへのこだわりや、今や世界一とも言われるスイーツ、世界に比肩するワインなどありとあらゆる場面でも、一つのものを深く掘り下げ研究する土壌が日本には存在する。
 いつぞやテレビで言っていた話だが、日本には世界中の料理を日本人が持ち帰って研究し、現地の本場よりうまいものを作り上げてしまう文化があり、ベルギーのワッフルなんかも本場以上においしものをつくりあげてしまっているとも言われるそうだ。

 しかもいずれもそのレベルはいずれも世界トップクラスに比肩し、例えば香港には日本のラーメン大好き香港人がおり、日本のラーメンが世界一だと絶賛しているのだという。
 このようにありとあらゆるものに研究根性を発揮し、世界の中でも類まれに見る研究熱心な国民性をもつのが日本人の国民性のようなのである。

 で、その国民性はどこから来たのかと考えると、やはり小中学生への自由研究教育がその一端を担っている役割は小さくないのだという気がするのである。

 もちろん、こういった自由研究教育が始まる前からも日本では伝統的に農耕民族の勤勉な国民といわれており、文化の面でも中国の漢字からカナ文字を生んだりと、本国とは違う独自の工夫を生み出す土壌はあったと言える。

しかし、そうった日本人の「研究気質」を国民性として火をつけたのがやはり小学校の夏休みの自由研究課題であるという気がしており、我々日本人は研究する楽しみ、研究対象を見つける楽しみというものを日本の子供の頃に植え付けられてきたのだと思う。

 まあ親が丸抱えで子供の自由研究の肩代わりするようなことは論外だが、例えある程度他人が用意した研究の方法・・・朝顔の観察などでも、人から知識として教わるのではなく自分で変化を見つけて記録していくという作業は非常に好奇心を刺激するものであり、研究意欲を湧き立たせるには十分な行動なのである。

 そういった研究の楽しみを知った子供が大人になるにつれて、独自の研究対象を見つけてそれぞれ深みにハマっているのが、日本の総オタク文化とも言える状況になっているのだろう。

 一概にオタク文化と言ってしまうとネガティブなイメージになりやすいが、身近な事象の研究による発見や、分析能力、あるいはのめり込み能力は世界でも類稀なものがあり、例えば気象観測技術、鉄道運営技術、お菓子作り技術、店舗運営技術などは日本人の研究気質の結晶だと思われ世界に誇れるものとなっている。

 先日、日本書籍のお店に中国ビジネスコーナーを見つけたが、かなりの種類の本が出版されているのを見つけた。
この数をみるだけでも、日本人は中国ビジネスを随分熱心に研究しているのがわかる。
しかし、このとき同行していた中国人に聞いたところ日本ビジネスを研究した本はこんなには出版されていないのだという。

 恐らく本の数の差ほど彼らが日本に興味はないわけではないだろうが、研究を好む国民性かどうかがこの本の数の差にあらわれているのだろう。

 このような状況を見るにつれ、「夏休みの自由研究」とは単なる小学生のための夏の風物詩では終わらない重要な日本の貴重な文化の担ぎ手でありビジネスなどの訓練の場であると私は最近確信しつつあるのである。