Tag Archives: スーパー

中国の物流業は不動産業

 昨日某勉強会のセミナーに参加してきた。

 まあそのセミナー自体は非公開でも何でもないのだが、これから書くことは講演者がパワーポイントにして資料にするとあまりよろしくないという中で話された範囲なので、名前等々は全て伏せて書くことにする。

 昨日のセミナーの中で、その講演者が話していたのは中国の物流業は不動産業だということ。

上海市内のショッピングセンター

上海市内のショッピングセンター

 中国の物流業の何が不動産業かというと、本来流通業の有るべき姿と言うのは、仕入れ値と売値の差、つまり売買差益で利益を出すのが基本の形なのだが、中国の物流業はそうではなく売り場を作るだけで損をしない仕組みが出来上がっているということだった。

 つまりどういう事かと言うと、ある商品をあるスーパーに納入すると、1アイテムにつき幾らと言う形で、納入料を取られるというのだ。

 例えば上海の様な大都市だと1アイテムあたり2000元などの費用となり、地方へ行けばもう少し安いが、それでも500元1000元と言う費用が発生する。

 故に全国2000店舗で、ある新商品を一斉販売しようとするだけで、1アイテムにつき100万元、10アイテムなら1000万元、つまり今のレートで言うと1.6億円かかるとのこと。

 さらにスーパー内の特設コーナーを借りるには3ケ月で幾ら等々、その都度別の費用が発生し、とにかくスーパー側は「場所貸し」、つまり不動産業だけで費用を回収するので、販売そのものに力をそれほど入れないで済むというのが中国の流通業界の実態らしい。

 しかも、困るのが末端店舗への浸透力で、例えば某大手チェーンスーパーで一括契約をしたとしても、末端の店舗で商品が必ず陳列されているとは限らないとのこと。

 つまり商品は届いても倉庫で眠っている場合があるという。
 それゆえに、納入業者はその陳列チェックまでを自分のところでやる必要があるのだという。

 故に中国のスーパーなどの商品の陳列棚や販売コーナーは、売れている商品ではなく、お金をたくさん出した業者の商品が並ぶわけで、商品の品質や人気に関係なく業者がお金を出したかどうかでその配列が決まっており、中国の資本主義の主役は消費者ではなく、売り手の論理で売り場が決まっているようだ。

 まあ納入料云々に関しては、日本でも似たようなことがないわけじゃないと聞くが、中国のそれはあまりにもあからさまで、日本のメーカー参入の障壁となっているのが実態とのこと。

 つまり例えば今後国家レベルで「貿易を自由にしましょう」などと取り決めたところで、中国の流通業のこういった商習慣が外国からの参入を阻んでいる面があり、中国への日本企業の進出はなかなか容易ならないとのことだった。

 つい先日、日本もTPPの会合への初参加を行なったが、こういった中国の商習慣を見る限りにおいては、関税だけがなくなったところで外国での商売がうまくいくものではないということを関係者は肝に銘じるべきかもしれないという気がしている。

量販店専用提供の意味

 最近、飲料水や常用するスポーツドリンクなどはどうせ飲むなら安く買おうと、近所のスーパーでまとめ買いをして、1本あたりのコストを抑えるようにしている。
最近、これらのドリンクのペットボトルのパッケージをみて気がついたことある。

 それはこの量販店で売られているミネラルウォーターには「量販専供」、つまり量販店専用提供という記載がしてあるということである。
 コンビニなどで売っている商品には無い記載である。

 何故、わざわざコストをかけて差別化する?

 最初に考えたのは品質が違うのではないかという疑いである。
 量販店販売の商品は値段が安いので、実は品質の面でも他のコンビニなどに卸してある商品とは差をつけて、品質を落としてあるのではないかという疑いである。

 しかし、これについては品質検査をしたわけではないので、実証は出来ていないものの飲んでいる分には差は感じない。しかもまあ普通に考えればメーカー側がそんな疑われそうな分かりやすい表示をするわけが無い。
 故にどうもこの説は正しくなさそうということになる。

 では「量販専供」の表示をするか?

最近自分が得た一つの結論が、実は万引き対策ではないかということである。

写真はイメージ

写真はイメージ


 
上海で暮らしていると、基本的に湿度が高く暑いので、飲料水などを鞄の中にしまって持ち歩く機会も多くなる。

そしてそのままスーパーに入って行くことも決して少なくない。

 しかしスーパーの中には当然同じ商品が売られているので、買い物中に迂闊に鞄の中の飲料水を取り出して飲んだりすると、万引きを疑われたりすることがある。もちろんそれは外から持ち込んだものであれば本来は犯罪にはならないが、なかなかその証明は難しい。

 またそれを逆手にとって、売り場で売られている商品を勝手に開けて飲んでおいて持ち込んだ物だと言い張る人も中国では少なくないだろう。
 
 そこで、それを防ぐためのこの商品のパッケージの差別化である。
スーパーの中で売られている商品が「量販専供」の記載で差別化されれば、少なくともその場で盗んだ商品を、コンビニで買って外から持ち込んだものと言い張ることは難しくなる。
 もちろん他の量販店でも「量販専供」印の商品は売られるはずだから、100%の予防策にはならないかも知れないが、少なくとも一定の予防線にはなるであろう。

 これらは今のところ私の推測に過ぎないが、こう考えると非常に腑に落ちる。

 それにしても私の推論が正しければ、こんなパッケージ差別をしなければならないほど万引き被害が大きかったということになろうか?

 まあこの対策でどの程度の万引き予防が出来ているかわからないが、これでも防ぎきれなければ中国でも既に製造ロットナンバー管理はされているようだから、厳格に流通トレサビリティ管理をして「これはうちの店に納入された商品で、他店に納入されたものではなく、まだ会計が済んでないものです。」とはっきり情報を突きつけるようにするしかないかもしれない。

原文

日系の高級食材専門のスーパー「全洲広場」がプレオープン

 中国では外国人や富裕層からみてまだまだローカルの食材や製品に信頼性が無いために、そういった顧客をターゲットにした輸入食材を積極的に取り扱うスーパーが増えている。

 そんな中で、またまた日本人や外国人に向けて輸入食材、高級食材を取り扱うスーパーが試営業を開始するとの噂を聞いたので早速見学しに行ってきた。今度のスーパーはなんと日系の管理ということである。

 なぜプレオープンなのかというと、昨年の金融危機以降、テナントの契約が進まず当初計画していた数のスペースが埋まっていないため、お客さんをがっかりさせないためにとりあえずプレオープンとしたと関係者の方から聞いた。

 そのためまだ広告等はどこにも出していないらしい。

 まあそんな状態でもこの時期に船出した理由を推測すると、一つはスペース経費の回収の問題、もう一つは昨日が8月8日であったので縁起担ぎの意味でこの日にオープンさせたかったという経営側の思惑が見て取れる。

 さて、お店の場所は新天地の映画館などがある建物の、馬当路を挟んだ西側のビルの地下である。
 一階は欧州系の自動車のショールームになっているビルで、外側から一見するとここにスーパーがあるような感じはせず、実際のスーパーの看板もレストランの看板のような趣である。店の名前は「GL Japan Plaza SHANGAI」で中国名「全洲広場」となっている。

 で入り口を入るとコンシェルジェのようにドアマンが立っていて、やはりレストランの入り口のようである。

 で、エスカレータが止まっていたので左側を下りようとしたら、エスカレーターが自動スタートして、私が下りようとしたのは上りで、危うく転びそうになった。これは印が無くちょっとわかりづらい。

 仕切り直しで地下に下りてみると、内装は完全に終わっているものの、テナントがまだ埋まってないとの話は本当のようで、スペースが中途半端に空いていた。これでは広告を打ちたくないという管理者側の気持ちもわからないではない。 

 ただ既に入居しているテナントの一つ一つを覗いてみると、ここの管理会社が日系ということもあってか、日系のテナントが多くその商品の多くも日本からの輸入品が多い。

 最近香りの良い日本茶に飢えていた私は(自分の鼻の状態にも原因の大半であるが、、)お茶屋さんに立ち寄った。ところがどれも値段が結構高かった。
 その理由について店主に伺うと、お茶は香りが大事なので、他の物の匂いの移る可能性のある混載コンテナは使えないとのこと。

 また専用搭載でも直前の搬送物の匂いが残っている場合があるので、結局は航空便などを使うためコストが高くなってしまうそうだ。
 それだけ日本人はお茶の香りに敏感であり、それがわかる人に美味しいお茶を飲んでもらうためには、今の値段は致し方ない現状ということらしい。

 まあ値段が高いのは品質の裏返しと捉えれば逆に安心材料かも知れない。

 さてその他いくつかのパン屋、ワイン屋、寿司屋、肉屋など入居済みのテナントを覗いてみると日本でもおなじみの食材や商品パッケージが並んでいる。

 納豆の種類も多く納豆好きの私としてはちょっと心強い限りだが、やはり値段が少々高い。

 特に驚いたのは最高級和牛?がキロ2400元=3万4千円で売っていた!200gのステーキ換算で1枚480元=6800円である。

 ひえーっ!

 数枚食べたら月の食費の予算オーバーになってしまう。試食コーナーにもキロ1800元=2万5千円の肉の端切れ?が置いてあり試食してみたが、確かに美味いのだが、どんなに美味くてもこれはちょっと手が出せない。

 結局店内を全部見て回った後、ほんのちょっとお茶を買っただけであとは何も買わなかった。

 買ってみたい食材が無かったわけではないが、私にとってここで買い物するには少々予算立てが必要である。

 しかし新天地に出入りする欧米外国人や富裕層にとっては気にならない値段なのかもしれない。

 こんな高級スーパーだが、テナントのほとんどが日系であるため少々心配な点がある。それは立地とマーケットのマッチングである。新天地の周辺というのは実は日本人の多いマンションなどはあまり多くない。

 地下の2階駐車場には上海モーターショーと見紛うかというほど高級車が並んでいて周囲から車で訪れていたようだが、どちらかというと欧米系の方々や、中国富裕層が多く集まるエリアであり日本人は多くない。

 もちろんそれを理解して、日本の商品を富裕層などに売ろうという目論みならば問題ないが、それにしても日本人好みの商品が多すぎる気がする。日本人にとっては有難いことだが、それにしては日本人の多く住むエリアからは少々遠い。
 実はテナント不調の理由もここにあるのではないかと考える。中国人対象のアンテナショップ的な進出ならば問題ないがこれだけ大規模な進出では、扱う量が全く違うのでマーケティングが必要になる。

 そういう意味では幸いにも?まだ現時点ではプレオープン段階でテナントスペース的に余裕があり、これから別の色付け可能である。
日系の品質の良さを保ちつつ、このお店が今後どのような姿を見せてくれるか楽しみである。

GL Japan Plaza SHANGAI(全洲広場)
馬当路222弄1-6号地下1層
021-5382-8802

ずれるエスカレーター

先日、某スーパーに買い物に行ったときのことである。
中国によくあるタイプのカートごと移動できるスロープタイプのエスカレーターに乗っていたら、手を置いていたベルトが、急にがくんと詰まったような衝撃があった。
気がつくと、最初に手を置いた位置よりなんだか腕が手前に引っ張られたような気がした。どうやら手すりベルトがずれたようだ。
まさかと思っていると定期的に衝撃があり、その度に手すりに置いた手が後ろに引っ張られていく。やはり、手すりとステップがどんどんずれていく。結局エスカレーターが終わるまでに体がつんのめりそうになるくらいずれてしまった。
 本来ならば、ステップと手すりベルトは同期して動いていなければならないが、手すりのゴムの精度が悪く、こんなことが起きてしまっているようだ。
 本来、安全のための手すりベルトなのに、、、まだまだ買い物すら安心できないのか。
 お子さんのいる家庭は気をつけてくださいというほかない。

どんな休日にでも働いている人はいる

実は私の会社は中国にあるが日本の顧客対応のため日本人は日本の暦で休むことになった。
当たり前だが国慶節であろうが、春節であろうがどんな休日であっても働いている人はいる。
テレビやラジオの放送局、バスや地下鉄の交通機関、観光地の人、掃除のおじさん、電力会社、警察や消防関係、病院などなど。

 もちろん交代で休みはとるのだろうが、常に誰かが働かいていかなければ社会が回っていかない。社会が便利になっていくたびにコンビニ、ATMなど24時間稼動のものが増えていく。
 その便利さ享受できることは大変幸せではあるが、その分どこかで休日に働く人が増えていき、夜中に働く人が増えていく。休日を休日として休める人がどんどん減り、昼間だけ働く人がどんどん減っていく。

 社会の基幹部分だけが動いているうちはいいけれど、一般的な営利サービス企業が休日に動き始めてしまうと国やカレンダーで定める休みって何だという状態に陥ってくる。

正月休みだの、ゴールデンウィークって言葉が有名無実になってくるような気がする。どんどん社会の世俗文化が崩壊していき、その世俗文化を商機として捉えていたようにみえた企業が自らその状況を壊しているような気がする。
 社会のために休日に働く人は使命感を持って働く誇りを持てそうだが、会社のために働かされる人ってのはちょっとかわいそうな気がする。

 近年の日本の正月にスーパーが営業している状況を見てそのように思う。

 私のように既に日本の文化が崩壊している人間にとっては、まあトータルで辻褄が合えばいいと思っているのだが、それとて世間一般の世俗習慣の流れがあってこその相対的なスタンスであり、世間一般の習慣が崩壊してしまえば、私も世俗習慣を崩壊させている一部に思われてしまうことがとても心苦しい。 
 そう考えると休日や夜中に過剰なサービスを求めてはいけないように思う。