Tag Archives: 名前

夫婦別姓より早くマイナンバーが家族を壊す

 先日、日本の裁判で民法規定に関する最高裁の判決があり、夫婦別姓を認めない規定は違憲とは言えないという判決が出た。
 つまり夫婦は同姓であるべきと定めた民法は問題ないという結果になった。

 ただし判決は現行民法を「合憲」であると認めただけであり、今後夫婦別姓を認める民法改正を制限するわけでもなく、今後の法律改正へ含みを持たせた状態になっている。
 故に今後の世論の動向によっては選択的夫婦別姓ということが認められる可能性もあり、認められれば結婚しても夫婦は別の姓を名乗れることになる。

 しかしこの夫婦別性問題は単なる(と言っては失礼だが)名前の名乗り方の問題のように見えるが、実は社会の家族形態の有り方を揺るがす大きな問題である。
 何故なら、本来この「姓」というのは家族制度や家制度に基づいた名前の付け方であり、家族であることを示す基準となっていたからである。

 英語でも、姓はFamilyName、名はGivenName或いはFirstNameであり、いずれも社会を構成する一単位として家族制度が存在することを基準としている。
 そして夫婦や子供はその構成員であることを示すために個人固有の名前であるファーストネームの後ろにファミリーネームがつけられ、家族に紐づけられている状態を示すものとなっている。

am100_fa010

 ところが今後もし仮に夫婦別姓を認める社会になるということは、従来の家制度の考え方を変えることを意味するものであり、少なくとも名前の上では夫婦や親子が家族関係を示す「姓」に拘束されない状態になる。

 するとどういうことが起きるかというと、実は社会生活の上では「姓」が存在する機能的な意味がなくなり、名前の中に「姓」を表記する必然性がなくなってしまうのである。

 まあこれは親子関係の「姓」をどう処理するかにもよるが、夫婦が別姓でも良ければ、果たして子供に両親どちらかの「姓」を選択して引き継がせる意味があるのかという議論になってくるのであり、無理にどちらかの姓を選ばず親子別姓としたり、場合によっては姓無しの名前でも良いのではということになってしまう。

 つまり、例えば「イチロー」や「ローラ」など、ファーストネームだけをつければよく、姓は必須ではなくなってしまうのである。

 姓がない名前というのはやや戸惑う面はあるかもしれないが、少なくとも江戸時代までの農民は姓など無かったことを考えると、姓の無い名前は別におかしいものでもないし、それこそマイナンバーを個人個人につけるなら、他人と重複したとしても識別には問題ないものとなる。
 
 まあ先日の裁判を起こした人たちのように夫婦別姓を望む人の感情としては、本人が生まれたときから名乗り続けた姓を結婚後も変えずに名乗り続けたいというのが根本にあるのだと思うが、夫婦別姓を認めるという制度の変化は、実は守りたいと思った「姓」そのものの意味をなくしてしまう可能性を含んでいると言えるのである。

 ここに個人が望む名前制度の理想と、制度変更から波及する現実のパラドックスが存在する。

 つまりこれらの夫婦別姓問題は日本という社会が家や結婚という制度をどう考えどう位置付けて行くかという大きな問題につながっているのであり、巷で浅く議論されているような夫婦間の「姓」の名乗り方だけの問題ではなく、ましてや各夫婦の考え方で選択できるようにすれば良いと浅はかに決められるものでもないという気がするのである。

 ただ聞くところに依ると間もなく始まるマイナンバー制度の番号上では、個人単位の固有番号ではあるものの、その個人番号上には家族の繋がりを示す数字上の意味は全く無いとのことで、夫婦別姓より先に家族の結びつきに拠らない制度設計を実現している現実がある。

 故に今後は、戸籍制度や世帯主制度といった日本の行政管理の根幹をなしていた家族という単位の扱いは、どんどんマイナンバーによる個人管理に集約していく可能性があり、別姓どころか無姓化が進んでいく可能性を含んでいる。
 夫婦別姓マイナンバー、一見別もののようにも見えるが、実は深く結びついた現在の日本社会の根源的問題なのである。

ネットの匿名性を信じるなかれ

ネットの匿名性と言うのはどのくらい信じられているのだろうか?

 確かにネット上では自分の本名以外のニックネームやペンネームを名乗ったりすることが出来て、必要のない人には自分の細かい属性を晒す必要が無い状態になっている。

 まあ現実の世界に置き換えて言うならば、公共の場において名札を付けて歩く必要がないということと同義だと捉えることが出来る。

 さらに、リアルの世界で学生がスーツを着て歩いたり、社会人が学生のような恰好をすることが自由なように、ネットの世界ではある程度自分のプロフィールを偽ったり、既婚者なのに未婚を装ったりして、虚構の像を作りあげることも許される。

 しかし、そういった匿名的虚構が許されるのは他者との利害関係に影響を及ぼさない範囲においてであり、ある行動が許されるかどうかの規範は実は匿名であるかどうかに関係なく、リアルの世界と同じものとなっている。

 つまり他者に迷惑をかけるよう行為、或いはそれ以上の犯罪とされるような行為に至った場合は、リアルの世界で名札を付けてない人が素性を取り調べられるのと同様に、ネットの世界でも匿名という仮面は直ぐに引きはがされて、現実の実行者が取り調べられて処分を受けることになる。

 しかもネットの世界では、コンピューターのログと言う形で全て本人の行動が記録されており、ログごと改ざんしてしまうような高度なテクニックでも使わない限り、どんどん行動が記録されていくので、リアルの世界では「知らない」で通せるようことも、ネットの世界ではごまかしが利かないのである。

 ただ本来は犯罪捜査などの必要性がなければそのログは開示されることはないはずだが、迷惑行為が認定され捜査が指示された場合はログは開示され、本人の行動が丸裸にされるわけで、きちっとデータ解析すれば原則として言い逃れはできない証拠が揃うことになる。

 例えばスパムの送り付けなどは、程度が軽ければそれを訴えるような行動は面倒なので普通の人はあまり行動しないが、状況が酷ければそれだけ証拠も降り積もるわけだから行為認定もしやすくなる。

 故に、遠隔操作のような複雑な犯罪は別として、ネット上で他人に迷惑をかけるような行為は、本来リアル世界以上に起しにくいはずなのである。

 しかし本来ならば誰しもそのことを理解しているはずなのだが、残念ながらネット上では、しばしそれを忘れてしまう人も現われ、エスカレートして現実の世界では言えないような酷い言葉で他人を批判し、いわゆる犯罪に結びつくような状況を生んだりすることがしばし起きている。

 虚構の仮面が本物の仮面だと信じこみ、リアルの世界では超えないような限度をつい超えてしまうのようなのである。

 しかし繰り返しになるが、ネットの世界でやっていいことは、リアルの世界と同じ範囲であることは忘れてはいけない事であり、匿名性が許されるのは人に迷惑をかけない範囲であってその限度を超えれば言い逃れ出来ない証拠が突きつけられることを我々は肝に銘じて、ネットに向き合うべきであろうと思う。

原文

中国人に実名で悪口を書かれていた知り合い

 先日、ひょんなことから知り合いの日本人の悪口がネット上に中国語で書かれているのを発見した。

 詳しい内容を書いてしまうと調べれば誰だか分かってしまうので書けないが、所属先と苗字が実名入りで書かれており、明らかに人物を特定できてしまう内容で書かれていた。

 この書き込みをした中国人はこの日本人に相当嫌な思いをしたらしく、かなりボロクソに本人の事を評しており、非常に辛辣な言葉が並べられていた。

pic_g207

 ネット上のことなので真偽のほどは分からないが、これをそのまま鵜呑みすると相当評判が悪いらしい状態になっていて、少なくとも中国人から見て好ましい状況にはなっていないという印象を受ける。

 この人について、少なくとも以前は日本人間では対外的な人当たりは悪くなかったので、一般的な付き合いの範囲の人たちの間では悪い評判が大きく広まっているということはないと思うが、仕事で直接絡んだ場合の業務態度が悪かったりということはあるかも知れず、或いは日本人と中国人とで接する時の態度が違うということなのかもしれない。

 今回この情報を見つけてどうしようかと思ったが、この人とはもう疎遠で連絡もしばらくとっておらず、改めて私がこの人のために一肌脱ぐような義理もないので放置するほかない。

 日本では食べログなどで印象の悪い店が悪口を書かれて売り上げが落ちたなどということがニュースになっているが、ネット社会が普及しはじめている中国でも同様のことが起き始めている。

 まあ中国だからと言って今回のように個人名や所属先が実名で書かれることは稀かと思うが、普段から「中国だから」とあまり馬鹿にした態度をとっていると、今回のように悪口を書かれることもあるということは肝に銘じたいという気がする。


フェイスブックは時間の浪費

 中国のネット規制の問題もあって、私はフェイスブックをやらないで来ている。
まあアカウントだけは、アメーバの記事を読むのに年齢認証用として必要だったので、登録だけは行なったが、それ以外は全くやっていない。

 時々知り合いと思しき人から友達申請も来るが、拡げる気もないので全てスルーしている。

 ある方によれば、フェイスブックは実名制が原則なので自分の情報管理に時間コストがかかり過ぎるのだそうだ。

 本来なら匿名性ゆえに遮断できるはずの社会のしがらみやノイズが、そのままネットの世界に入り込んでくるのがフェイスブックであり、リアル社会なら本音と建前の使い分けを個人として気を使って語っておけばそうは問題にならないことも、フェイスブックではシステムとして気を使って設定が必要になってくる。

 まあ設定を細かに行っていけば、それなりにプライヴァシーは守れるらしいが、そこに気を使いすぎるのはあまりにも面倒で、時間の浪費だという気がする。

 さらに複雑な友人関係や社会の上下関係が入り込んでくるとさらに煩わしいようだ。

 リアル社会では、人はどうしたって社会の中で自分の都合のいいところと都合の悪いところを使い分けて生きている。

 人間関係だって表面上は平等に付き合っているフリはしても、いろんな都合で偏った付き合いが必要になったり、Aを優先してBを諦めることは必ず出てくるので、それをネット上で管理して公開・非公開をコントロールしようとすればどうしたって矛盾が出てくる。

 リアル社会なら、自然フェードアウトなど人間が忘れることによって「時間が解決すること」が沢山あるが、ネット上にしっかりと記録されている事柄はそうはいかないのである。

 そんな管理に気を使っている時間は非常に無駄な気がしており「別にそんな人間関係をわざわざネット上に再現して管理しなくてもいいんじゃないか?」「リアル社会で普通に気を使って付き合うだけでいいんじゃないか?」そんな印象を持つようになったのである。

 そう思うとますますフェイスブックに対しては興味を失っているのが今の自分である。

馬名から有馬記念の予想

 元々ギャンブルはそれ程やらないが、競馬のGI程度は日本にいるときやっていた。

 ただ中国に来てからほぼ競馬に縁がなくっており、両親が現在中山競馬場の近くに住んでいるが故に一時帰国の際には遊びがてらちょっと馬券を買うが、それも現在は暇つぶし程度になっている。

 故に有馬記念もなかなかクリスマスの時期に帰れることはないため、ここ数年は開催日すら気にすることもなくなっていた。

 しかし今年は優勝した日ハム同様になぜか有馬記念が気になっている。

 
 よって実際買うかどうか分からないが、一応今年は予想だけはしてみることにした。

 私が有馬記念で予想するにあたって毎年気にしているのは、ずばり「馬名」である。

 実は毎年のこのレースはちょっと特殊な傾向があるような気がしており、戦績素質うんぬんよりその年の世相を象徴するような馬名を持った馬が勝つ印象がある。
 
 過去に何度もこのレースの結果を見て、「ああそうだったか」と馬名の因縁に敬服するときが数多くあった。 
 故にそんな因縁を持った馬がいないか捜したほうが勝利に近道のような気がするのである。

 もちろん実力を示す過去の戦績を全く無視することも出来ないが、このレースだけは戦績より世相との因縁重視である。
 考えてみれば有馬記念に出走するような馬はどんなに人気薄でもそんなにヘナチョコ馬は参加しておらず、どの馬にもそれなりの勝つ可能性があるとも言えるのである。

 さて、そんな基準で今年の世相から関連がありそうな馬を探すと、景気の悪かったり外交関係が悪かった今年はまず暗い色の名前が強いのではないかという予想をする。

 その基準で選んでいくと、気になるのは下記の2頭である。
 ダークシャドウ
 ビートブラック
 この2頭なら名前だけではなく、戦績や血統を見ても十分勝てる可能性があるような内容のため、まずは候補としてキープしたい。

 次に世相というなら、先日京都清水寺が行なった今年を表す漢字は「金」だったとのこと。それにあてはめて行くと
 ゴールドシップ
という金を名に冠した馬が浮上してくる。
 この馬は前走のG1菊花賞も勝っており、過去の戦績表の見事さから見ても恐らく今回の一番人気になると思うが、どうも私にはピンと来ない。
 菊花賞制覇とはいえ所詮3歳馬レースでの成績であり、平均的に強い5歳馬の成績とは単純に同列には比較できないからである。

 それに「金」という漢字の世相判断についても、今年のロンドン五輪などではどちらかというと「金メダルにあと一歩届かなかった選手が数多くいた」という印象の方が強く、今年にとっては「金」という字はそぐわないという気がしている。
 故に総合的に判断してこの馬は消しという判断にしたい。

 さて、あと、どんな馬名の馬がいるのかと探して見たところ、
ルーラーシップ
という名の馬を発見した。
 この馬名の意味はなんと「支配者、統治者の支配権」だそうだ。
これを知って私は「キターッ!」と思った。

 実は今年の日本を騒がしたものとして私が真っ先に感じているのは、尖閣、竹島に代表される領土問題、統治権の問題だからである。

 さらに国民が右傾化しているとか、政党が分裂を起したり政権交代が再び行われたとか、統治の話はまさに日本の旬のテーマである。

 そういった意味から考えて、どうやらこの馬が今年の一押しという気がしている。
 またこれら以外の登録馬は戦績的に良くてもどうも世相的な意味としてピンと来なかった。

 故に今回の有馬記念の馬名からの予想は
1 ルーラーシップ 
2 ビートブラック 
3 ダークシャドウ

となった。

まあ買い方としてはこの3連単と3頭の馬連ボックス買ということになろうか。
はてさて今年はどうなることやら。