Category Archives: 文化

中国のカロリー表示は把握しにくく電卓が欠かせない

引き続きコンビニの話で恐縮だが、長年住んでいても中国の弁当のカロリー表示は非常にわかりずらい。
その第一の要因が、表示単位が日本のようにキロカロリー(kcal)ではなく、キロジュール(kj)(中国語でジュールは「焦」でkjは「千焦」)という単位を使用している点にある。

この二つの単位は互換性があり、

1Kcal=4.184kj

となるので、弁当などのカロリー表示を日本人が理解するためには表示の数字を4.184で割る必要がある。
逆に言うと、通常は日本人の感覚の4.184倍の数字で表示されているわけであり、見た瞬間はとても高カロリーな食品に見えてしまうのである。

さらに、このカロリー表示が感覚的に把握し難くなっているもう一つ要因として、総カロリー表示ではなく、単位あたりのカロリー表示となっていることが挙げられる。

どういうことかと言えば、弁当なら弁当1個分の総カロリーではなく、100gあたりXカロリー(Kj)などというように、単位当たりの表示となっており、総カロリーを知りたかったら表示されているカロリー表示に総重量をかける必要がある。
これが飲料の場合は100mlあたり何kjなどと表示されている。

この点、日本のお弁当などは一食あたりのカロリー、つまりその弁当を食べ切った場合どの程度のカロリーを摂取することになるかで表示されている。
つまりどちらかというと食べる側の立場に立って、ダイエットなど健康管理に役立つ情報として表示されているのである。

それに対して、中国側の表示はどちらかというと、その食品や飲料の質がどうであるかと言った安全情報の一部として表示されているような印象である。
これは法律規定なのか分らないが、中国特有的な表示方法という気がしており、その製品の質を同じモノサシで平等に比べるという精神が働いている。

以前も「日本人的安心感と中国人的誠意感」というタイトルで書いたが、日本はトータルでどのくらいの量や金額かという総量を重要視しているが、中国人はその質がどうかということに重点を置いているようであり、食べる側がカロリーを気にするなら自分で計算しろということのようである、

ちなみに下記の写真はコンビニで買ったサンドウィッチの製品表示であるが熱量は、1011kj、質量が115gのため、キロカロリーに直すと277Kcalという結果となる。

1011kj÷4.184×115÷100≒277.9kal

上海コンビニのサンドウィッチの成分表示

上海コンビニのサンドウィッチの成分表示

同様に下記は日系のキリンのファイアーというミルクコーヒーの表示だが、これをやはり日本風に総量計算すると187kj、440mlなので
187kj÷4.184×440÷100≒196.6kal
となる。

上海キリン・ファイヤーの成分表示

上海キリン・ファイヤーの成分表示

さらに下記はおにぎりだが、鶏肉の大型おにぎりで、同様に総量計算すると917kj、185gなので、
917kj÷4.184×185÷100≒405.5kal
となる。

上海コンビニのおにぎりの成分表示

上海コンビニのおにぎりの成分表示

このように日本的な総カロリーを知りたかったら、電卓を用意してせっせと計算しないといけないわけで、中国でダイエットをしようとする日本人には結構面倒くさい環境となっている。

こうやって考えると中国人たちはまだ割とダイエットに対する要求がそれほど高くないということもでき、それ故に総量表示の要求が高くないのかもしれない。

ところでこんなことを考えるうちに、毎回の計算が面倒になったので、自分でカロリー換算フォームを作ってみた。
まだちゃんとテストはしていないが、順調なら専用ページを作って公開する予定である。

皆さんにも よろしければご活用いただきたいのでしばしお待ちを。

[CP_CALCULATED_FIELDS id=”1″]


上海でムカつく料理の原因は化学調味料

 今日、上海に進出してきている某牛丼チェーンで、すき焼き鍋が安く出ていたので、注文して食べてみたところ、ムカついてしまった。

 ムカついたといっても腹が立ったわけではく、胃が気持ち悪く刺激され吐き気を感じてしまったのである。

 その時点で鏡を見たわけじゃないが、顔も恐らく青ざめ気味になっていたはずで、冷や汗もタラタラのいたたまれない状態になってしまった。
 一応気持ち悪くなった瞬間から食事を止めたので大事には至らなかったが、胃の気持ち悪さは尾を引いた。

 まあ日系チェーンの提供する商品であり、ぱっと見ではあったが食材が悪いということでは無さそうだったし、味もうまいとまでは言えないが、味で気持ちが悪くなるほどではなかったのでそれが原因とは思えるような状態ではなかった。
(ちょっとしょっぱかったが)

 では何が原因でムカついたのかを察すれば、恐らく化学調味料なのではないかと私は推測している。

 私はこの化学調味料、特にスープなどに使われているグルタミン酸の類がとても苦手であり、これらを飲むとすぐに胃がもたれ、ムカついてしまうのである。

 振り返れば日本時代も同様の状況でやはり気持ち悪くなることが多々あった。

 実は日中問わず、割安な外食チェーンを掲げるお店では結構スープの調味料としてグルタミン酸などが使われている。

 例えばしゃぶしゃぶなどもその一例で、よほどの高級店ではない限り、しゃぶしゃぶの鍋の湯には化学調味料が使われ味付けがされており、食べ進むうちに胃が気持ち悪くなり、受け付けなくなるのである。

 そういったお店で食事をするたびに胃がムカつき、顔が青ざめるほど体調を崩すようことになったわけで、最初はアレルギーや自らの体調不良を疑ったが、特定の店舗や料理で起きる現象であったため、調べてみたところスープに原因があることを知ったのである。

 これが昆布などできちんと出汁を取るお店であれば、そういう気持ち悪さは発生せず、おいしく食事がとれるのだが、やはり価格の安い店は総じて化学調味料に頼っており、胃がムカついてしまうのである。

 また上海に来て以降も、そういったスープで気持ち悪くなる体験は何度もしており、最初はやはり体調不良を疑ったが、同じ店の特定の料理で気分が悪くなったことから、調味料を疑うようになった。

 例えば、上海ではしゃぶしゃぶのほかに、デリバリチェーンの「●祥餛飩」のワンタンや、焼き餃子の●海遊龍の酸辣湯など、これらは本来好きな料理なのに何度食べても気持ち悪くなったのである。
 これらは後から冷静に分析すればやはり化学調味料がたっぷり使われたスープだったようなのである。

 逆に、同じように割安であっても、近所のローカルの小さなお店などは、スープを飲んで胃がムカついたような経験は記憶になく、衛生面の心配は多少あっても化学調味料の大量使用ということは無いようである。
 つまり化学調味料に大きく頼らず意外と真面目に料理の味付けをしているようなのである。
(もちろん店によると思われるが)

 こういったことから考えると、上海でも日本でも同じことが言えるが、出汁が主体になっているスープや料理は十分気を付けて店を選ぶべきで、特にチェーン店系のお店は、コスト面から化学調味料の使用が疑われ、気を付けなければならないのである。

 ムカついてからでは遅いのである。

防腐剤は本当に悪か?

 先日、自然食品に関するセミナーや販売を行っている方が、とくとくとネット上で自然食品の大切さを語り、防腐剤の悪影響を語っていた。

 その人によれば、我々が日常に飲んでいる烏龍茶や緑茶などにも防腐剤が含まれており、その防腐剤ががん発症の原因になっているのだという。

 人間は古来から防腐剤など入っていない自然食品を食べてきたのだから、自然食品こそが身体に良いのだというような主旨の主張だったと思う。

 まあ、自然食品が身体に良く、防腐剤ががん発症をもたらす可能性があるという意見自体はそれほど否定すべきものではない。

 しかしだからといって茶飲料などに含まれている防腐剤を全て悪だと決めつけてよいものだろうかとちょっと疑問に思ったのである。

 まともな食品会社なら防腐剤が強すぎたり、品質が悪ければ身体に悪影響を与える可能性があることはよく知っているわけで、それでも防腐剤を使っていることを考えると、防腐剤を使うメリットがあるはずなのである。

スーパーに並ぶ飲料

スーパーに並ぶ飲料

 確かにかの自然食品論者の言う通り、現在市販されている茶飲料から防腐剤を一切排除すれば、社会全体のがん患者の数は減らせるかも知れない。

 しかしながら、自然の状態のままの茶飲料などを飲む場合、腐敗の進行は自然任せなのだから、当然のように腐ったお茶や食品でお腹を壊したり病気を発症する可能性が生まれてくることになる。

 これが抵抗力の低い子供や年寄りであれば当然死に至る可能性も高くなるはずである。

 つまり食品から防腐剤を排除することのトレードオフとして、腐敗した食品で人が病気になったり死んだりする可能性が出てくることになるのである。
 具体的な数字はあまり持ち得ていないが、例えば大自然で暮らすアフリカの原住民たちの平均寿命(余命)は40歳前後と言われ、自然食品だけを食べているはずなのに現代人より長生き出来ていない実態がある。

 特に乳幼児死亡率が高いため、平均寿命に大きく影響を与えているようである。

 これに対して、現代文明に生きる我々、つまり防腐剤の入っている食品を日々摂取している現代日本人の平均寿命は男女とも80歳を超えており、防腐剤の影響で寿命が縮まったとは言えないような状況なのである。

 もちろん日本人は長生きした分だけがんの発症率は高まっているかもしれないし、その原因の一端が防腐剤である可能性はあるのだが、一方で防腐剤などによる腐食防止によって、食品や飲料の安全が保たれ、乳幼児死亡率がかなり低くなっているという事実もあるのである。
 まあ長寿命を支える要因には様々なものがあるから、防腐剤一つを理由に語ることは到底できないが、少なくとも防腐剤がある社会の方が長寿命傾向にあるということはできるのである。

 故に食品への防腐剤を悪とみるか善と見るかは、目先の衛生管理をとるか、数十年後のがんリスクを取るかという二者択一の問題に置き換えることもできるといえる。
 人によっては防腐剤入りの食品によっていたずらに寿命を伸ばすということは自然の摂理に反するから、例え衛生悪化のリスクを負ってでも防腐剤を排除するという考え方もあるかもしれない。
 しかし、もしそこまで防腐剤を悪にする考え方があるとすれば、それは私から言わせれば一種の宗教のようなもので、普通は長生き出来る方法を選択するのではないかという気がする。

 防腐剤を排除してがんの可能性を低減できるには越したことはないが、それによって逆に早死にしたのでは本末転倒なのである。

 現代のまともな食品会社においては、防腐剤の使用は最小限に抑えられているはずであり、少なくともデータ上でがん発生の傾向に明確な影響が出るほどの量の防腐剤使用はされていない。

 近年の自然食品ブームで防腐剤は何かと悪者にされがちだが、適切に使うことによって使わないより現実的な安全性は高くなるというのが実際のところであり、安直な健康記事や自然食品業者の話をただ鵜呑みにしてやたら高い食品などを買わされないよう是非気をつけられたい。