Tag Archives: WEB

ようやく旧ブログの取り込み完了

 昨年から始めた、旧ブログのワードプレス(wordpress)への取り込みか完了した。
 正確な本数は把握していないが、全部でたぶん1300弱くらいで、その後の書き込みを含めて現在ブログ総本数は1600弱くらいに達した。(調べればすぐわかるのだが)

 振り返ってみると最近は以前に比べて書くペースが落ちたような気もするが、換算すると以前も年間160本くらいであって、ここ2年の減り方は2割程度にとどまっており、移行作業に取られていた時間を考えればそれほど筆(キーボード?)を止めていたわけでもない。
また以前から斑のある書き方をしており、過去にも時々1か月くらい書かない時もあったので、ここ数年が特別遠ざかったわけでもないという気がする。

 まあとにかく、過去から現在までようやくブログがつながり、つまりサイト力という意味で言えば、ようやく本来の力に戻ったということになる。
 以前から何回か書いているが、WEBサイトというのはまずそのページ数が「力」であり、それを強めるのがページとページの繋がり方の構造であるというのが私の持論である。

 で、そのパワーアップを助けてくれる一つのツールがワードプレスなどのCMSということになる。

 もちろんワードプレスとて、決してただ無暗に力を与えてくれるツールではなく、上手に使わなければ、単なるハコモノで終わってしまうようなものである。
 そういった意味で、今回過去の書き込みをワードプレスへ移行すること自体が、やはりSEOをそこそこ意識した移行であり、そのために1年もの時間をかけてまで達成した作業なのである。

 まあここは私の個人ブログなので、SEOにそれほど力を入れる意味はないのだが、他のサイトを手伝う際の実験場としては非常に便利な存在でもあり、やはりSEO対策はそれなりに仕込んでいるため、理屈を実証するためにもなるべくページ数の多い状態、つまりパワーのある状態にするために完全移行を実施したということになる。

 その結果想定外のキーワードでこのブログに辿り着いてきていただける場合もあり、そこそこの結果を得られているのだが、もう少しキーワードを整理するなりリンクを改善するなりのチューナップすることにより、もっとSEO効果があるのではと期待している。

 ちなみに、先月サイトの表示速度を速める改善を行なったので、以前よりは快適にアクセスいただいているものと思っており、今後も改善の実験を進めようと思っている。

過去ブログのワードプレスへの移行作業

 現在合間を見ては、引っ越し前の過去のブログを少しずつ現在のシステムへ乗せ換える作業をしている。

 何故こんな手間のかかることをしているかというと、読み返すとなかなか我がブログながら興味深いことを取り上げていて、もう少しネット上で晒せる状態にしておきたいからである。 

am900_bi071

 現在の状態だと一応ネット上に公開されている状態とは言え、それぞれHTMLの単独ページで保管している状態なので、ほぼ倉庫の中に眠っている状態とあまり変わりなく、検索エンジンではあまり引っかからない状態になってしまっている。

 これをワードプレスのデータベースに載せることにより、プラグインを使って関連記事にその記事へのリンクを自動的に表示させたり、カテゴリ分類によるリンクで、閲覧者がそのページにたどり着きやすいルートを確保することが可能になるのである。

 また直接の閲覧だけでなく、ワードプレスで扱うことにより、カテゴリやタグの活用で、検索エンジンのクローラーが回りやすくなり、SEOという点でも非常に効果が出やすい

 ウェブサイトにとってはページ数のボリュームこそが一番のパワー源であり、SEOの強力な武器となるため、同じシステムに文章を載せかえることによって、ブログ全体としてまとまったパワーを持てるのである。

 さらにワードプレスで扱うことによって、そのボリュームパワーは加速度的に上昇が可能(うまく設定すればの話だが、、、)になるので、時間をかけても載せ換えることに意味があるのである。

 とはいえ、過去ページは数えてみると1300ページ近くあり、現在ようやく半分をちょっとを超えたような段階である。

 単純にコピペだけでも良いような物だが、いちおうSEOを考えて色々タグ付けなどの作業をしながら進めているので、思いのほか時間がかかる。

 しかも過去の自分の文章をいちいち読み返しながら自分の過去の歴史などを思い出しつつ作業をしているので、なかなか進まない。
 過去10年の自分の上海生活を振り返る気分になっている。

 誤字や文体のブレなども数多く見つかり、どうにも恥ずかしいので校正も入れつつやっているので、1文章あたり結構な作業量となるのである。

 さらに日付設定を忘れて過去文章が最新の状態などに出てしまうこともしばしばで、恐らく古いネタのタイトルで引かれてクリックしてしまった方も少なくなく、開いてくれた方にちょっと申し訳ないという状況も発生している。

 まあ個人作業なのでいつまでという期限はないものの、夏までには終えたいこの作業である。

いつまでもしつこいネットによる宣伝

 中国のニュースサイトを開くと、しつこいネット宣伝広告に出くわす時がある。

 まずページを開いた途端にポップ広告が差し込まれる。

 まあこれも日本的尺度で言えば腹立たしいが、WEBサイトも商売であることを考えると多少の広告は致し方ない面があり、1回目のポップ広告は目立たせるための手段として大目に見るほかないという気がしている。

 しかしである。

 「1回目は大目にみる」と書いたのは、2回目、3回目としつこい時があるからである。

 これらのポップ広告には必ず閉じるためのクリックポイントが広告の角に用意されており、これをクリックすると広告を閉じることができるが、問題はその一回目の画面を閉じた後である。

 クリックしてポップ画面を閉じた後に、なんと今度は小さいポップ画面が登場し、画面上に何とか居残ろうとするのである。

 恐らく、本来見たかった画面を邪魔するのを止めて、小さく縮こまってユーザーが本ページを読み終わるのを待つと言った姿勢なのかも知れない。

 こちらは広告内容に興味がなく画面をクリックする気が無いので、その小さなポップ画面を閉じるための×マークをクリックしようとするのだが、うっかり×マーク以外の場所にポインタを触れてしまうと、再び大きなポップ画面が登場してきてしまう。

中国のインターネット広告

中国のインターネット広告

 言っておくが、クリックではなくポインタで触れてしまうだけで大きなポップ画面が再登場するのである。

 もちろんクリックすれば、さらに別の画面が開かれ広告の内容が紹介されるが、そうでなくてもこの大きなポップ画面が再登場してくるので非常にうざく、まるでしつこい中国人そのものの如く中々退散してくれない。

 きちんと2回連続で×印をクリック出来ない限り、完全にポップ画面を閉じることが出来ないのでまるでゲームに参加させられている気分になる。

 そこまでして興味が無い広告のクリック率を上げさせたいのかと思うと、中国のネット広告業社の姿勢に非常に腹が立つ。

 ポップ広告を使って広告を目立たせることには多少の意味は有るかもしれないが、それが許されるのは1回目までであって拒否したあとの2回目以降は迷惑以外の何ものでもない。
 
 広告提供側にしてもこんなやり方で無理やりクリック数を上げてクライアントに数字を渡しても商品の売上げに繋がるわけがないから意味はないはずなのに、恐らくその相手のクライアントの広報担当者も上司に報告するのにクリック数によって効果を喧伝したいという思惑があってユーザーが犠牲になるしつこい広告を容認しているのだと思われ、中身の無いPRの負の連鎖が続いているのかと思われる。

 こんな意味の無い広告を続けたら、広告効果どころかマイナスの宣伝にしかならないと思うのだが、中国企業の広告業界にそういった自覚は無いというのが実情のようで、いつまでもしつこい宣伝を続けているようだ。