Tag Archives: WEB

ワードプレス(WordPress)がSEOに強い理由

 ブログなどをネット上にアップするのに広く使われているワードプレス(WordPress)だが、よくSEOには強いとは言われるが、そもそも何故SEO(検索エンジン適合化)に強いのか理解して使っている人は実は多くないのではと感じている。

 ワードプレスを紹介しているサイトを見まわしてもその理由まで詳しく触れているサイトはあまりなさそうな印象である。

 もっともこれはSEOを生業としている業者にとっては一種の飯のタネでもあるので、おいそれと無料のサイト上では公開できないのかもしれない。

 またSEO対策については、公開されていないGoogleなどの検索エンジン側のアルゴリズム(検索順位を決定づけるデータ)との闘いでもあるので、絶対的な正解が見つかるものでもない。
 ただ、やはり一般的なSEO対策と言われる方法は、時期によってそれぞれの効果度合いの匙加減の上下変動はあれど、基本を守ることによって、そのSEO効果にはプラスとなることには間違いがなさそうだというのが私の個人的な印象である。

 一般的にSEO対策の基本とされているものに、外的対策内的対策の2つがあるとされている。

 このうち外的対策とされているのが、被リンクの対策であり、別のドメインから自サイトへのリンクをどれだけもらうか、あるいはなるべく価値の高いサイトからリンクをもらった方が良いとされており、これを求めてリンク合戦的なSEO対策が横行した時期もあり、リンクばかりを集めたリンクサイトが沢山生まれた。
 しかしそういった手法は最近ではGoogele側で評価しなくなったこともあり、かなり下火になったらしく、その象徴であったページランクという評価ツールも停止となったようだ。
 ただ、外部から被リンクをもらったほう有利という基本ポイントは変わってない印象で、被リンク元のサイトが関連するテーマを持つ正常なサイトであり、自然な範囲のリンクである限りにおいては、やはり今でも効果があると感じている。
 
 一方の内的対策だが、ここがワードプレスが強いとされる理由の肝となるのだが、実はこのSEOの内的対策の何たるかがわかっていないため、ワードプレスを使ってもSEO効果を発揮できてないサイトは意外と多い。

 ではSEOに強くなる内的対策のポイントとは何か?

 第一に、ページ数の多いサイトであることが重要となる。
 私の主観ではあるが巨大なサイトほど、そのサイトドメインはパワーを持つのである。
 もちろん、各ページそれぞれがきちんと意味を持った内容であることが重要なのは言うまでもなく、そういった関連性の近い意味のある情報がたくさん集まったサイトは評価されることになりSEOに有利となる。

 第二に内部リンクが充実していることが重要となる。
 サイトの中にはトップページを頂点としたカスケード式のリンク体形で構築しているものもあるが、それでは末端のページは孤立状態になり、トップページを経由してからではなければたどり着けず、ページ評価としても低くなるし、実際アクセスもしづらい。

 従って、同じサイト内において複数のアクセスルートを確保するためのサイト内部における各ページの相互結合リンクが重要になる。

 これにより、検索エンジンのロボットは複数のルートを通ってそのページにたどり着くことになるので、そのページが評価されていると判断を受けるることになり、実際の評価もカスケード構造より高くなることになる。

 もちろん、機械的に単にリンクを貼りまくれば良いというわけではなく、当然ながら関連性において意味のあるリンク関係が結ばれている必要がある。

 このようにサイト内部の内部リンクが充実すると、各ページそれぞれの評価があがり、結果としてサイト全体の価値評価も上がることなる。
 サイト全体のページ数が多ければ、それだけ内部リンクも多く増やせることになり、評価をお互いに受け渡すことが出来るので、やはり上述のように巨大なサイトであればあるほど、SEOに有利な状態を生み出せるのである。

 実はこの考え方は、外部からの被リンクと一緒であり、Googel側でどういった評価比重を配しているかはわからないが、内部も外部も被リンクが重要だということには変わりがないことになる。

写真はイメージ

 では、この基本ポイントに対してワードプレスがどう作用するのか?

 重要なポイントとしてはカテゴリタグの設定にある。
 ワードプレスだけの特別な機能ではないが、この2つの設定が最も重要だと私は考える。

 「カテゴリ」は投稿された記事を、系統で分類するための区分であり、タグというのは、記事に含まれる要素を単語単位で抜き出したものと考えればよいだろうか。

 ただ、呼び名は違っていてもこの二つは基本的には同じような効果をもたらすものであり、無理に使い分ける必要もないが使い分けることによる効果も期待は出来る。

 まずカテゴリは、記事を大枠で分類することにより、関連性の高い内容の記事をグルーピングすることが可能になる。
例えば「旅行」を親カテゴリにして「海外旅行」「国内旅行」などと、各投稿ページでカテゴリ分類を設定すると、「旅行」といカテゴリのページが自動的に生成され、そこから各記事へのリンクも自動も貼られることになる。

 これだけで、関連ページが増えるし、各投稿記事は関連リンクも受けることができる。

 さらに、「海外旅行」などの子カテゴリもまたそのキーワードでグルーピングがされるので、やはり「海外旅行」カテゴリのページが自動的に生成され、そこから海外旅行関連の各記事へのリンクも自動も貼られることになる。
 このようにワードプレスを使用すると、投稿記事一つに対して、カテゴリ項目の分だけページ数も増やせるし、関連キーワードの記事を引き寄せてリンクで繋ぐことができるので、そのキーワードにおける評価価値を高めることが出来るのである。

 またタグについても効果作用としてはほぼ同様であるが、こちらはグルーピングというよりカテゴリ分類を飛び越えて単語単位で串刺しにするものであり、関連性がそのキーワードのみによって括られるので、形式的には同じ作用でも、実際のSEO効果としては自然とカテゴリ設定の方が高くなると思われる。

 ちなみに最近流行りのハッシュタグ「#」は、キーワードでページを繋ぐという意味では同じ作用ではあるが、ハッシュタグはツイッターなどの同一SNSのプラットホーム内で広く繋がるのに対して、ワードプレスのタグはネット全体を意識してサイト内の関連性強化のために設定するものである。

 つまりハッシュタグはSNS内からの呼び込みのために設定するものであり、タグはネット上全体からの評価を高めるためのものであるため、実際どっちに集客力があるのかとは一概には言えない。
 もちろんサイトをSNSにリンクして拡散を目指す場合は、そこにハッシュタグの設定は必須なのだが、SEOを含めたユーザー集客も考える場合には、サイトを強くするタグ設定は怠らないほうがよく、ハッシュタグにだけ頼るとワードプレスの良さが宝の持ち腐れとなることになる。

 なおワードプレスのSEOへの親和性については上記の「カテゴリ」「タグ」以外にも、リンクのアンカーテキストの設定が楽だとか、プラグイン導入によるページキーワードの設定が楽だとか、細かい機能によるものも幾つかあるが、いずれも自動的にSEO効果が得られるものではなく、効果が得られやすい状況を設定しやすくなる程度のものである。

 ただ、そういった細かい設定を怠らずやることによって、効果がそれなりに高まるのも事実であり、規則正しい生活や食事の内容一つ一つに気を配ることによって健康が保たれるのと同じでマメさが必要である。

 掲載する文章も同様で、検索エンジンは「言葉」をキーに検索されることを考えれば、「この都市」などの代名詞的表現は極力排して、「上海」など固有名詞を優先して使用するなどの気遣いによりSEO効果が高まることになる。

 ネットの潮流は時代とともにどんどん変化していくため、ワードプレスなどもいずれ時代の主流ではなくなる時は来るだろうが、ただ単にSEOに効果があるという言葉を信じてその理由も知らずに使うよりは、理屈をわかって使うほうが、いずれ乗り換える時代が来たとしても、納得して切り替えることができるであろうに思うのである。
 自らWEBサイトを構築したのに効果に悩んでいる方がいらっしゃれば、参考にしていただければ幸いである。

ようやく旧ブログの取り込み完了

 昨年から始めた、旧ブログのワードプレス(wordpress)への取り込みか完了した。
 正確な本数は把握していないが、全部でたぶん1300弱くらいで、その後の書き込みを含めて現在ブログ総本数は1600弱くらいに達した。(調べればすぐわかるのだが)

 振り返ってみると最近は以前に比べて書くペースが落ちたような気もするが、換算すると以前も年間160本くらいであって、ここ2年の減り方は2割程度にとどまっており、移行作業に取られていた時間を考えればそれほど筆(キーボード?)を止めていたわけでもない。
また以前から斑のある書き方をしており、過去にも時々1か月くらい書かない時もあったので、ここ数年が特別遠ざかったわけでもないという気がする。

 まあとにかく、過去から現在までようやくブログがつながり、つまりサイト力という意味で言えば、ようやく本来の力に戻ったということになる。
 以前から何回か書いているが、WEBサイトというのはまずそのページ数が「力」であり、それを強めるのがページとページの繋がり方の構造であるというのが私の持論である。

 で、そのパワーアップを助けてくれる一つのツールがワードプレスなどのCMSということになる。

 もちろんワードプレスとて、決してただ無暗に力を与えてくれるツールではなく、上手に使わなければ、単なるハコモノで終わってしまうようなものである。
 そういった意味で、今回過去の書き込みをワードプレスへ移行すること自体が、やはりSEOをそこそこ意識した移行であり、そのために1年もの時間をかけてまで達成した作業なのである。

 まあここは私の個人ブログなので、SEOにそれほど力を入れる意味はないのだが、他のサイトを手伝う際の実験場としては非常に便利な存在でもあり、やはりSEO対策はそれなりに仕込んでいるため、理屈を実証するためにもなるべくページ数の多い状態、つまりパワーのある状態にするために完全移行を実施したということになる。

 その結果想定外のキーワードでこのブログに辿り着いてきていただける場合もあり、そこそこの結果を得られているのだが、もう少しキーワードを整理するなりリンクを改善するなりのチューナップすることにより、もっとSEO効果があるのではと期待している。

 ちなみに、先月サイトの表示速度を速める改善を行なったので、以前よりは快適にアクセスいただいているものと思っており、今後も改善の実験を進めようと思っている。

過去ブログのワードプレスへの移行作業

 現在合間を見ては、引っ越し前の過去のブログを少しずつ現在のシステムへ乗せ換える作業をしている。

 何故こんな手間のかかることをしているかというと、読み返すとなかなか我がブログながら興味深いことを取り上げていて、もう少しネット上で晒せる状態にしておきたいからである。 

am900_bi071

 現在の状態だと一応ネット上に公開されている状態とは言え、それぞれHTMLの単独ページで保管している状態なので、ほぼ倉庫の中に眠っている状態とあまり変わりなく、検索エンジンではあまり引っかからない状態になってしまっている。

 これをワードプレスのデータベースに載せることにより、プラグインを使って関連記事にその記事へのリンクを自動的に表示させたり、カテゴリ分類によるリンクで、閲覧者がそのページにたどり着きやすいルートを確保することが可能になるのである。

 また直接の閲覧だけでなく、ワードプレスで扱うことにより、カテゴリやタグの活用で、検索エンジンのクローラーが回りやすくなり、SEOという点でも非常に効果が出やすい

 ウェブサイトにとってはページ数のボリュームこそが一番のパワー源であり、SEOの強力な武器となるため、同じシステムに文章を載せかえることによって、ブログ全体としてまとまったパワーを持てるのである。

 さらにワードプレスで扱うことによって、そのボリュームパワーは加速度的に上昇が可能(うまく設定すればの話だが、、、)になるので、時間をかけても載せ換えることに意味があるのである。

 とはいえ、過去ページは数えてみると1300ページ近くあり、現在ようやく半分をちょっとを超えたような段階である。

 単純にコピペだけでも良いような物だが、いちおうSEOを考えて色々タグ付けなどの作業をしながら進めているので、思いのほか時間がかかる。

 しかも過去の自分の文章をいちいち読み返しながら自分の過去の歴史などを思い出しつつ作業をしているので、なかなか進まない。
 過去10年の自分の上海生活を振り返る気分になっている。

 誤字や文体のブレなども数多く見つかり、どうにも恥ずかしいので校正も入れつつやっているので、1文章あたり結構な作業量となるのである。

 さらに日付設定を忘れて過去文章が最新の状態などに出てしまうこともしばしばで、恐らく古いネタのタイトルで引かれてクリックしてしまった方も少なくなく、開いてくれた方にちょっと申し訳ないという状況も発生している。

 まあ個人作業なのでいつまでという期限はないものの、夏までには終えたいこの作業である。

いつまでもしつこいネットによる宣伝

 中国のニュースサイトを開くと、しつこいネット宣伝広告に出くわす時がある。

 まずページを開いた途端にポップ広告が差し込まれる。

 まあこれも日本的尺度で言えば腹立たしいが、WEBサイトも商売であることを考えると多少の広告は致し方ない面があり、1回目のポップ広告は目立たせるための手段として大目に見るほかないという気がしている。

 しかしである。

 「1回目は大目にみる」と書いたのは、2回目、3回目としつこい時があるからである。

 これらのポップ広告には必ず閉じるためのクリックポイントが広告の角に用意されており、これをクリックすると広告を閉じることができるが、問題はその一回目の画面を閉じた後である。

 クリックしてポップ画面を閉じた後に、なんと今度は小さいポップ画面が登場し、画面上に何とか居残ろうとするのである。

 恐らく、本来見たかった画面を邪魔するのを止めて、小さく縮こまってユーザーが本ページを読み終わるのを待つと言った姿勢なのかも知れない。

 こちらは広告内容に興味がなく画面をクリックする気が無いので、その小さなポップ画面を閉じるための×マークをクリックしようとするのだが、うっかり×マーク以外の場所にポインタを触れてしまうと、再び大きなポップ画面が登場してきてしまう。

中国のインターネット広告

中国のインターネット広告

 言っておくが、クリックではなくポインタで触れてしまうだけで大きなポップ画面が再登場するのである。

 もちろんクリックすれば、さらに別の画面が開かれ広告の内容が紹介されるが、そうでなくてもこの大きなポップ画面が再登場してくるので非常にうざく、まるでしつこい中国人そのものの如く中々退散してくれない。

 きちんと2回連続で×印をクリック出来ない限り、完全にポップ画面を閉じることが出来ないのでまるでゲームに参加させられている気分になる。

 そこまでして興味が無い広告のクリック率を上げさせたいのかと思うと、中国のネット広告業社の姿勢に非常に腹が立つ。

 ポップ広告を使って広告を目立たせることには多少の意味は有るかもしれないが、それが許されるのは1回目までであって拒否したあとの2回目以降は迷惑以外の何ものでもない。
 
 広告提供側にしてもこんなやり方で無理やりクリック数を上げてクライアントに数字を渡しても商品の売上げに繋がるわけがないから意味はないはずなのに、恐らくその相手のクライアントの広報担当者も上司に報告するのにクリック数によって効果を喧伝したいという思惑があってユーザーが犠牲になるしつこい広告を容認しているのだと思われ、中身の無いPRの負の連鎖が続いているのかと思われる。

 こんな意味の無い広告を続けたら、広告効果どころかマイナスの宣伝にしかならないと思うのだが、中国企業の広告業界にそういった自覚は無いというのが実情のようで、いつまでもしつこい宣伝を続けているようだ。

インターネットは見た目ほど単純じゃない

 世界に窓口が繋がるという意味で、気軽にインターネット事業に飛び込む人がいるが、まあどんな世界でも同じだと思うが、実は成功するためにはその見た目ほど単純じゃないのがインターネットの世界である気がする。

 インターネット空間というのはバーチャルな世界であるが故の簡便性も存在するが、その構成要素というか配慮すべき要素は想像より遥かに複雑である。

 例えばインターネットショップを開店して儲けようとすることを考えた場合、私から見ればリアル店舗をオープンさせる方がよほど簡単だという気がする。

写真はイメージ

写真はイメージ

 もちろんリアル店舗は営業許可証やら店舗の準備やら何やらでそれ相応の投資が必要とされ、準備に多大な労力を要する。

 それに比べネット店舗はページ作成にまずそこそこの費用はかかっても、リアル店舗を開店することに比べれば遥かに容易にスタートすることができる。
 故に誰しもネットショップなら気軽に始められると思ってしまう

 しかし問題はそこからである。

 リアル店舗であれば店をオープンさせた時に立地さえよければ何もしなくても客を掴むことができ、例えば流行っている店舗の隣に店をオープンすることが出来れば全く広告宣伝しなくても客は入ってくる可能性がある。

 それに対してネット店舗というのはまずその存在を知ってもらうことが難しい

 当たり前の話だが、物凄いお金をかけて立派なサイトを構築しネット上に店舗をオープンしたところで広告も何もしなければ全く誰にもその存在を知ってもらえないのがインターネットの世界である。

 例えばそのネット店舗のページの同じサーバー内に、アクセス数の非常に多い超人気のサイトがあったとしても、ページ名がたった1文字違えば全く違うURLとなり、見つけてもらえないことになる。

 そのためネット店舗では、まずその存在を知ってもらうためにひたすら広告宣伝の努力が必要となる。

 費用をかけてのリスティング広告バナー広告、そしてリアルなテレビラジオ、はたまた新聞を使ったり人海戦術で名刺ビラに刷り込んだりしてとにかくその存在やURLを告知する必要がある。

 ひょっとするとその告知のための時間と労力はリアル店舗の開店を上回る場合だってあるかもしれないと私は感じる。

 そして大事なのはSEO対策と呼ばれるGoogleなどの検索エンジン対策で、その基本は何といっても他のページや自サイトのページどうしが繋がっていることになる。

 SEO対策にはいろんな諸説があるが、とにかく基本は意味のあるページとより多く繋がっていることであると私は思う。

 より多くの繋がり、つまりより多くのリンクの構築がユーザーの直接的誘導はもとより、SEO対策的にもサイトの価値を積み上げることになり有効な対策となるはずである。

 それ故SEO対策を主眼におけば、逆に一度作り上げたサイトは途中の都合で構造を換えたりすることは極力避けて、既にある繋がりを壊さないように注意する必要もある。

 例えばリアル店舗では例えお金がかかるにしろ店舗の移転や拡大・縮小などを行なうことによって店舗のコストパフォーマンスを容易に調整することが可能だが、ネット上のWEBサイトでは事はそう単純ではない。

 もし同じような外科手術をネットのサイト上で安易に行ない、URLの構造を変化させてしまえば、99%SEO対策などにマイナスの影響が出るの当たり前で、よほど緻密にやらなければアクセス数がプラスの状態になることは有り得ないのがネットの性質である。

 またリアル店舗において多用される店舗縮小や事業転換のリストラ的発想も、ネットの世界ではほとんど無意味で、マイナス方向の切り捨てをしてもハードディスク上のスペースがほんの僅かに空くだけでほとんどコスト削減には繋がらず、寧ろリンクの繋がりの消滅によるSEOのマイナス要素が大きい。

 故にもしサイト上にほとんどアクセスのない非アクティブなページがあったとしても、よほど間違っている情報などが載っていない限りは無理に削除したりせず、寧ろそのまま放置した方がサイト全体にはプラスに動くのがネットの発想である。

 そして例え1PVでもあればアクセスはアクセスであり、それをいかに束ねて1万PV、100万PVに持っていくリンク構造を構築するかがサイト構築のポイントで、1PVのアクセスを切り捨てない発想がネットで成功する基本のような気がする。

 もちろんサイト上で扱うコンテンツが人を惹きつける魅力的なものであるべきということは改めて言うまでもないことであるが、まあ、傍から見るほどインターネットの世界は単純じゃなく、無数の見えない繋がりによって価値が決まっていくので、リアル世界の発想はまず捨てるべきだという気がする。