Category Archives: 携帯電話

日本へ一時帰国に便利なWIFIルーターの格安レンタル

私のように中国に住みついていると日本に一時帰国する際の、ネット環境確保についてはいつも頭を悩ませていたが、近年の訪日外国人観光客の増加がその悩みを解消してくれている。

現在中国から世界中へ観光客が飛び出していく状況を受けて、旅行先現地で日常通りにスマホなどを使いたい人向けにWIFIルーターのレンタルサービスが充実してきているのである。

特に日本向けは利用客も多いことから価格競争が激しく値段がどんどん下がっており、業者によっては1日あたり5元(≒85円)なんて業者も出てきている。

下記は、中国のネット旅行サイトの大手のCTRIPであるが、このサイトでは各空港ごとに日本向けやその他の国向けのWIFIルーターのレンタルを行っている。

レンタルWIFIルーターの画面

CTRIPのサイト

申し込みも非常に簡単で、中国の携帯電話(スマートフォン)などから、電話番号などを登録し申し込み、WeChatなどから利用料金を払うと申し込みがあっという間に完了する。
あとは日本へ向かう飛行機に乗る前に空港で借り出し手続きをすれば、日本に到着した途端にWIFIルーター、つまりインターネットが使える。

日本の空港についてからの貸し出しも受け付けているようだが、飛行機を降りたらすぐにでもネットを使いたい方はやはり中国側で予め借りていった方が便利だろう。

なおこのレンタルの際には紛失などに備えて500元の保証金を取られるが、これは端末機器を返却すれば戻ってくるお金である。

で、ちょっと注意しなければならないのは、この保証金は現金では受け付けてもらえず、中国の銀行のキャッシュカード(銀聯マーク)かWECHAT口座などでしか払えないようである。

このあたりは業者によって対応がそれぞれ異なるので、申し込む際によく注意事項を読んでから申し込んでいただきたい。

さらに業者によって対応空港や窓口が設置されているターミナルに違いがあるので注意が必要である。

上海浦東国際空港のWIFIルータ―レンタル窓口

上海浦東国際空港のWIFIルータ―レンタル窓口

例えば上海浦東国際空港なら、第1ターミナルから出発する飛行機に搭乗するのに第2ターミナルにしか貸し出し窓口がなかったなどということもあり、出発前にバタバタとターミナル間を駆けずり回るなどということになってしまう。

こういった不安を解消するために、早めに申し込めば上海市内への配達なども対応している業者もあるようである。

で、肝心の現地での実際の使い勝手だが、日本国内で昨年11月に使った際は回線速度も速く、すこぶる快調だった。

写真はイメージ

もちろん中国で借りてきたかからと言っても中国国内のようなインターネット閲覧制限などあるはずもなく、YOUTUBEやFACEBOOKも普通に繋がる。

試しに速度計測したところ10Mbpsくらい出たときもあり、使用には全くストレスがなかった。

ただ、聞くところよると、業者によっては1日の転送情報量に制限をかけているSIMもあるようで、ある一定量を使用すると、回線速度が急に落ちるパターンもあるようだ。

この辺りは、業者ごとの利用者レビューを確認すれば様子が分かるので、価格の安さだけに惑わされないようにしたい。

また、WIFIルーターの電池容量にも注意する必要があり、日中の観光程度では切れることはないが、通信しっぱなしだと1日はもたないようなので、充電できる場所を見つけたら小まめに充電しておくに越したことは無い。

そして、このWIFIルーターレンタルサービスでさすがだなと感心したのは、旅行日程などが変更になってもネット上で急遽の延長申請も可能だったということ。

全ての業者で同じ対応が可能かどうかは確認していないが、私が借りた環球曼遊という業者では、Wechat上のアカウントから延長手続きが行えた。

当然、延長分の費用を払う必要があるが、これもWeChatから支払うので非常に簡単であり、上海に戻ってから遅れた言い訳とか延滞の手続きに悩まされることもないのである。

前回こうやって日本に11月に帰国した際に計7日間利用したが、合計56元(≒900円)の出費で滞在中のネット環境を賄えたのである。

その11月の帰国の際は以前書いたように飛行機の欠航などのトラブルがあり、空港で結構バタバタの対応を迫られたが、このレンタルWIFIルーターのおかげでネット接続で困ることなく迅速な対応が取れ、かなり救われた結果となった。

故に最近では中国を出国するたびに利用させてもらっており、先日も台湾を訪れたが、その際にもやはりレンタルWIFIルーターを利用し、非常に便利だったのである。

日本から海外へ旅行する際のレンタルWIFIルーターは結構高い価格のイメージがあるが、中国発の場合はこのように訪日中国人たちのおかげで、かなり割安となっており、中国在住の日本人の皆様にもぜひ覚えておいていただきたいサービスの現状なのである。

浅草の浅草寺

浅草の浅草寺


ガラケーから格安スマホに乗りかえた。

 昨年末に日本に一時国したさ際に日本契約の携帯電話を格安スマホに乗り換えた。
 上海に来て10年になるが、一時帰国の際や昔の人間関係から全く切り離されてしまうのも嫌だったので、日本の携帯番号はずっと維持してきたのである。
 で、この10年ガラケー端末のままずっと維持してきたのだが、一昨年から日本で格安スマホ制度が始まり、スマホであっても毎月の維持コストが比較的低価格でキープできそうな見込みになったので、機を見てスマホへの乗り換えをしようと目論んでいた。

浅草寺

浅草寺

 もちろん、日本に一時帰国するのは多くても年に数回なので今後もガラケーのまま維持しても良かったのだが、ガラケーのままだとデータ通信をWIFIに流せないので、帰国の度に料金プランを変更して帰国月のコスト上昇を抑えていたような経緯があり、それを携帯端末から操作したりするのが毎回結構面倒臭かったのである。

 これがスマホだと通信はWIFIが使えるので、レンタルのモバイルルータと組み合わせたり、市中のホットスポットの活用でデータ通信量を最小限に抑えることが出来、コストも抑えられると踏んだのが今回乗換えを目論んだ理由である。

 つまりスマホの高機能を求めるというより維持コスト削減に目的があり、当然ながらスマホであってもガラケー回線の維持費より安いプランを探す必要があった。

 しかし実際探してみると、わがままな要望だったと思っていた割には意外なほど簡単に商品が見つかった。
 今まで月額1500円ほどをAUのガラケーに払っていたが、これが1000円前後に抑えられるプランを各スマホキャリアに見つけたのである。
 ただ、長年(12年ほど)使っていたAUにも多少愛着があり、義理立てではないが、取り敢えずはAUショップにも赴き、まずは現時点で可能なプランを提示してもらったのである。
 しかし提示いただいたプランは、以前の認識よりはかなり安い価格帯まで下りてきているものの、やはり月額3500円程度が必要で、とてもじゃないがガラケーから乗り換える必然性を感じない価格だった。
 またAUの2年縛りの割引プランもちょうど更新のタイミングであることに気づき、乗り換えには絶好のタイミングであり、この機を逃す手はないという状況だったのである。

 そんな自分の現状を把握して腹が決まり、その後某格安スマホ会社への乗り換えに絞って検討を始めた。

 で検討を始めると上記のプランは確かに月額使用料が安いのだが、残念ながら端末代が別なので、スマホ本体をどこかで調達する必要があった。
 その格安スマホ会社にも端末とのセットプランなどが沢山用意されていたが、どれも数万円台であり、端末代金を分割払いにする手もあるが、それだと結局ガラケーの月額使用料を上回ってしまうし、まぁ日常から使うなら出す価値もあるが、年に数回の一時帰国のためにはちょっと大きすぎる出費かなと感じた。

 そんな時、ふと現在中国で使っているスマホにSIMスロットが2つ付いていることを思い出した。
 
 もしや日中のSIMを2枚差しでもいいじゃないのかと思い、早速ネットでその中国スマホの通信バンドやスロットの規格などを確認したところ、どうやら適合しそうだった。
 故に今回は最悪の場合は当面中国スマホに2枚差しになってもいいなと考えたのである。

 で、このように心が決まったので早速移行手続きの行動開始であり、まずはAU側の残存ポイントの整理から始めた。
 電話会社を移行してしまうと、こういったポイント類は一切無効になってしまうので、勿体ないので残っているうちに消費してしまうのである。
 まずAUポイントをAUプリペイドカードにチャージし、それを今度はマツキヨでの購入費用に充当した。
 商品の金額調整が難しく端数も出るので全額は無理だったが、おおよそ9割方を消費することに成功した。

浅草のマツキヨ

浅草のマツキヨ

 こうやってAU側を未練もない状態にした後はいよいよ本格移行の開始である。
 まずガラケー端末上で、現在の電話番号を移行するモバイルナンバーポータビリティ(MNP)をするための予約番号を取得する。
番号移行は10年以上も付き合ったキャリアを裏切るようでちょっと心が痛んだが、こちらも背に腹は代えられず、仕方ないと割り切った。
 そしてこの予約番号を持って格安スマホ会社に番号移行の手続きをする。

 ネット上で申し込むことも出来たが、私の滞在期間が限られていたため、手っ取り早くSIMなり端末なりを手に入れるため直接窓口に向かったのである。

 で、現場に着いていろいろ端末を見てみたものの、どうにも適当な端末の目星がつかなかった。
 それならばということで、窓口で中国から持ち込んだスマホで動作チェックをしてもらったところ問題が無いとの判定となり、結局中国スマホへのSIM2枚差しを選択し、SIMカードだけを契約したのである。

 ただ、中国スマホ端末には何らかの機能ロックが入っているようで、スマホ会社が用意するアプリがインストール出来ず、アプリによる格安通話サービスは受けられないようだった。
 これに関しては利用頻度も低いことから、将来的にいつか中古か格安の日本仕様スマホを見つければいいとの判断でその場は見送ることにした。
 これで取り敢えず電話番号を維持したままの目先の予算カット作業は完了した。

 これにより今後もし日本に一時帰国する日が決まればネット上でプランを変更すれば、数百円の差で通信量の増量も出来、上海に戻ったらすぐに元に戻せるようなので、無駄なコストを発生させず柔軟な運用が可能になった。
 まあたかが数百円の違いかもしれないが、コストのコントロールが可能になったという面で、大きな一歩となった今回の乗り換えだったような気がする。

80元プレゼント?というチェーンメール

 知り合いの中国人から微信(LINEのような通信アプリ)を通じて、一通のチェーンメールのようなものが送られてきた。

 その内容を要約すると
今日は中国移動と聯通(何れも携帯電話会社)が2013年にショートメール費用が100億元を突破した記念のお祝いとして、このメッセージを10人に転送すると80元分の電話代がプレゼントでチャージされる。私たちは今試したら本当だった。早く転送して!転送するのは微信でショートメールじゃないよ
というような内容だった。

 明らかにイタズラのチェーンメールである。

 何故なら、文章をよく読めば論理破綻しているのが分かるからである。

 この送り主は今転送して来ているのに、何故転送後の結果である80元分の電話代が加算されていることを知り得たのであろうか?

 今転送して送信しているということは、80元電話費用が欲しいから転送しているのであり、正しいかどうかの結果を知っているわけじゃないことになる。
 更にもし80元がチャージされたという成功の結果を知っていたなら、再び転送に挑戦するだろうかという疑問もわく。

 もちろん欲張りな人なら2度目を狙ってそうするかも知れないが、どう考えても文脈的におかしいし、微信のメッセージを転送するだけでお金がもらえるなんて、そんなうまい話はないのである。

 まあこのチェーンメールの発案者は、そういったパラドックスが読み取れるかどうかのテストをしているのであろうし、費用のかかるSMSではなく、WIFI接続なら無料で送信できる微信を指定しているのも、騙された人が送信費用を損をしたり、送信履歴に足がついて被害届けを出したりしないよう配慮しているのであろう。

 まあ遊びとして見れば笑って済ますこともできるが、やはり迷惑と言えば迷惑なこの手のチェーンメールである。